過保護のカホコ #8  アニメ/声優

麦野初くんサイコーだなぁハート
竹内涼真がこのキャラにハマリすぎてる!

7歳の時に置いて出ていった母親と再開するシーンの表情を真剣に観た。
そんな顔するだろうなぁって表情。初くんより先に私が泣いた。
で、その後おにぎり食べながら自然に流れた涙。
それから堰を切ったようにカホコへの甘えっぷり何……!たまらん!!
「カホコが居ないと自分の生きてる世界が嫌いになる。」とか。
何、今まで初くんそんなにまでカホコに耽溺してたん!?
ビックリ!
普段のサバサバしたイメージから掛け離れたものを隠し持ってたなんて……萌え!
でも初くんの生い立ちを考えれば
0

クーザかわいいー!! メタルファイトベイブレ ゴッド  アニメ/声優

クーザ・アッカーマンほんま可愛い!!
順ちゃん最高!!
発声が良いから主役食ってる!!

お馬鹿じゃなく利発で自信に溢れてる。
小柄で身体能力が高い。
性格は変わり種で感覚が他の子とはちょっと違ってる。(天然というほどおトボケではない。)
見てくれ(特に髪型)が変わってるのもあって変な意味で目立つが、笑顔が可愛く話せば好少年なのですぐに好印象。
一転、バトルの時のクールすぎる一面は何故なのか、と思わせるミステリアスさも兼ね備えてる。

そんなキャラやから順ちゃんの今まで聞いてきたキャラとは一層違った雰囲気を纏ってる。
うるさいでもなく馬鹿でもなく小気味良く元気に利発そうに喋るのがとても心地良い!
主役級の可愛さ!

誰かを思い出す発声やけど誰かわからん。勝平??
新一的な自信あり系の?
もっとこなれた江戸っ子系の喋りか?わからん。
けど何かを思い出すのになぁ。女性かも?
順ちゃんも大概べらんめぇ口調で喋るのは知ってるけど、喋ってる中で(笑)が入る崩れた喋り方をしないキャラがクーザ。
ブレないというか冗談や自嘲を言わないタイプの。
(まあ今日わざとダジャレは言ってたが。そういうのではなくて。)

なんやろなぁ?
関係ないけど今朝はプリキュア555の再放送1話がやってたからりんちゃんの声も聞いてる。
りんちゃんも珍しいタイプやよな。
よく見るのはプリキュアSSの健太系のちょけたキャラなわけで。

わからんけど三木眞以前に勝平好きやったことをちゃんと思い出した!
ラットルさんとかラットルさんとか。
0

田子ノ浦部屋監修 塩ちゃんこラーメン を食った  大相撲

賞味期限が17.7.11と一週間前に過ぎてしまったから、温存&死守してた「田子ノ浦部屋監修 塩ちゃんこラーメン」をとうとう食する。

クリックすると元のサイズで表示します

今から半年前の初場所中(=稀勢のんが大関時)に発売されて、場所後に横綱昇進が決まり、そのご祝儀のつもりで買ったやつ。


クリックすると元のサイズで表示します

あっさりとした野菜塩スープが油っこくなく飲めて美味しかった♪
0

境界のRINNE3 13話<通算63話> 「死神 乙女」  アニメ/声優

乙女がやっとこさ出てきたーーー!!!!

鯖人(山口勝平)と乙女(林原めぐみ)の掛け合いは男らんまと女らんまが一緒に喋ってるっていう変な感じがwww
なんか感動〜(*^∀^*)

しかも魂子さん(お祖母ちゃん)の夫(りんねちゃんのお祖父ちゃん、鯖人のお父さん)が緑川さんてこと忘れてたけど、本当に声優豪華だな〜このアニメ。

ほんま、らんまと犬夜叉が入り交じった面白さで楽しすぎるわRINNE!!


桜が苺(林原めぐみ)に言った言葉が超ウケたw

「ごめんね、このお兄さん本当に貧乏なの。」


りんねちゃん、お母さんに認識されてなくて可哀想……(。´Д⊂)
0

彼女と彼女の猫 ―Everything Flows―  アニメ/声優

KBS京都 4/15(土)pm8:00〜8:30放送

新海誠が自主制作時代の2000年に発表した5分間のショートアニメを元に作られたアニメ。

初めの言葉で、え、もしかしてもう…、と思ったよ。
動物の死にネタはダメだって〜。ぼっろぼろに泣いてしまうから。
案の定ぼろぼろろんだった。

終わり方がとても素敵だった。悲しいだけでは終わらなかった。
新たな命との明るい未来を感じられた。
動物と暮らした人には身に覚えがあったり、共感されやすい出逢いかもしれない。

Everything Flows = すべてが流れる
0

有頂天家族2 1話「二代目の帰朝」  アニメ/声優

矢四郎のショタっ気(毛)が薄れてるーーー(´;ω;`)
中原麻衣、声の出し方忘れた?なんて初めは思ってしまったけど、見ていると矢四郎ちょっと成長してるわ……。
小難しそうな『むつかしい電気磁気学』という本をツチノコ探しの最中にも読んでるし、矢三郎にも「エジソン」とか言われるくらい本好きになってる。
冒頭でも往来を歩きもって読んでるし。
甘えたですぐしっぽ丸出しになる全力ショタだった矢四郎は、ちょっと見ない間に成長してしまったのだ……(´・ω・`)
嬉しくもあり寂しくもあり……。
なんとなく、脚が伸びて頭身が伸びた気がする。
私はちょっと悲しい……。
以前の見てくれと言動で私を胸キュンさせてくれたショタ矢四郎よ…カムバック、って思うくらいには。
ショタボも悶えるほど可愛かったものなぁ……。あぁ……(´;ω;`)

四兄弟の中で矢四郎は一番勉強が得意っぽい。
将来は研究者か発明家かな?
長男の矢一郎は責任感の塊ゆえ偽右衛門を目指してるし政治家肌。
矢二郎は井の中の蛙ながら空を見上げものを考える「宇宙的規模の蛙」なので哲学者か坊さん肌。
矢三郎は顔が広く情報通で、人の懐に入りこむのが上手く年長者によく可愛がられ、ある程度信頼もされているのでお使いを頼まれることが多い、主体性のない阿呆。

ツチノコ探しをしている大文字山(如意ヶ嶽の支峰)で、空から天狗礫(つぶて)が突如降ってきた時、「危ないっ!」ととっさに弟に覆い被さって庇う矢三郎兄ちゃん最高!!!
その2ショは恐ろしく萌えた!(〃゜∀゜〃)

新キャラの三名も早速出てきた。
二代目と赤玉先生の親子の深い確執があるのは大体分かった。
玉瀾が矢一郎の想い人(狸??)ってのも丸わかりだw上手くいくといいね!w
銀閣銀閣の兄の呉一郎はよく分からん。
まず読みが分からん!「ごいちろう」でいいのかな?

第1話、面白かったけどまだまだ軽めのお話で、エンジンかかるのはこれからって感じ。
これが回が進むごとに周囲の狸&天狗関係も明らかになるにつれ徐々にエンジンがかかって、終いには手放しでのめり込むほど面白くなるんだろうなぁ。
という期待。
なぜなら、四畳半神話大系といい、有頂天家族一期といい、どちらもそのパターンだったから。
制作会社も監督も違うのにどちらもそうってことは、森見登美彦の原作がそうなんだと思う。
原作…読んでないから知らんけど…w

私はこの二作のアニメが面白かったので、数年前に珍しく原作者の小説を買った。
話の大枠も面白いが、小説本文を用いたと思われる独特の長ったらしい言い回しがアニメでも膨大な台詞として森見ワールドというべき世界観を構築していたため、その文章が気になったからだ。
買ったのは古本だが私が一番最近買った本が、その『夜は短し歩けよ乙女』だ。
たぶん、数十ページ読んで止まっている……w
本を読まないからなかなか進まないまま放置してしまったのだ。
そうこうして数年経つうちに、同作のアニメ映画が作られ、先週土曜日4/8に公開日を迎えてしまったwww
映画公開までには読んでしまおうとぼんやりした願望も微かにもっていたけれど、本の姿さえ未だ見ないままだ……。
映画は観に行かないだろうが、小説はいつかは読了したい。……するつもりだ。
0

Who is to be, or not to be.  その他

他人にあるものが私にはなくて他人にないものが私にはある。
類友か血筋か、恐ろしい不幸。
其々自分の正当性を疑わない。
自分が異常だって認めないのも開き直るのも同罪、か?
この歳になってまだ殺すか殺されるかに苦しむとはな。
一人で生きた気になって自分しか生かす能力のない害悪は死ね。
他者への思いやりも何もなく害悪でしかない人間は。
母が居なかったら私はとっくに殺されてる。か、殺してるだろう
母が居るから間に入って止めてくれてるから今も生きてる。
あの攻撃性は普通じゃない。
あれは一生あんなんだろう。
全く別にして生きていこう。
でないと殺し合いになる。
その準備をしないと。
これが32歳の誕生日の幕開けなんてね。
笑えない。
0

渡瀬恒彦さんの遺作となったドラマ  ドラマ

二夜連続ドラマスペシャル
アガサ・クリスティ「そして誰もいなくなった」

原作:アガサ・クリスティ 脚本:長坂秀佳
監督:和泉聖治 音楽:吉川清之
出演者:仲間由紀恵、向井理、柳葉敏郎、大地真央、國村隼、藤真利子、余貴美子、橋爪功、津川雅彦、渡瀬恒彦、荒川良々、沢村一樹
制作:テレビ朝日

放送は、3/25(土)、26(日)両日夜9時〜11時過ぎ。


ドラマの撮影は昨年、2016年12月20日から2017年2月13日まで行われたとドラマの終わりにテロップが出た。
渡瀬さんのクランクアップは2月12日だったという。
亡くなられたのはその一ヶ月後、2017年3月14日(火)である。
亡くなる直前まで役者として生きたなんて、なんてプロ意識の高い意思の強い人だろうか。

ベテランの豪華役者揃いで第一夜は見応えがあり面白かった。
犯人が誰なのかは、死んだかどうかの判定が一人だけ不自然だったことから、すぐに目星がついてしまって、それ以後謎解きとしては面白さはなくなったな。
あとは役者の演技や演出を楽しむしかなく。

渡瀬さんの演じた磐村兵庫(いわむらひょうご)という元裁判官の役は、最後にトリックの種明かしをする犯人自身という、ラスト作にしてとても美味しい役どころだった。
しかも奇しくも、磐村は末期癌を患っているという渡瀬さん自身と重なる役柄で……。
渡瀬さんはこの役をどんな気持ちで演じたのだろうと考えると、やはりこれが自身の最後の演技になるかもしれないという思いも心の隅では抱きながら、全身全霊で演じられたのではないかと思う。

この4月から放送予定だったドラマシリーズ「警視庁捜査一課9係」の打ち合わせを、亡くなる前日の3月13日にもしているというから、ご本人は決して上記の役を最後の役にするつもりはなかったことも確かだ。気持ちの上では全くそんな気はなかったのだ。
ただ、自身の体の限界はご自分では分かっておられただろう。翌日に容態が急変し、帰らぬ人となったわけなので。

磐村が末期癌であることはドラマの終盤で明かされるわけだが、連続殺人開始以前に撮ったであろうビデオメッセージに映る磐村は、鼻に酸素チューブを着けている。
だからか、磐村の挙動は、他の人が色々とアクティブに動く中、あまり動かないことが多かった。動くとしても、誰かが動いた後から。静かに。
津川雅彦や橋爪功の役の方が白髪があって、それよりは若いのにも関わらず。
國村隼の役は50〜60歳くらいだが、心臓病を患っていて薬を常用している割にはとてもアクティブに動いていた。
何が言いたいかというと、磐村の末期癌設定は渡瀬さんに寄せたのではないかということ。
そうすれば、芝居中に渡瀬さんが他の役者のように動き回らなくてもよくなる。
ただ、末期癌設定は終盤にならないと明かされないので、それまでは、「あんまり動かないなこの元判事は」と普通に思うのと、渡瀬さんの病状を知った上で観ているので「渡瀬さんの体調を気遣ってあまり動かないようにしたのか?」などと思って観ていた。


ドラマのラストでこちらを見つめる渡瀬さんの顔がこれでもかというほど、テレビ画面いっぱいの度アップになる。
このカメラワークは、確実に、絶対に、磐村兵庫という役を飛び越えて、渡瀬恒彦という役者を大写しにしている。
これが磐村兵庫という一犯罪者を写しているのなら、どう見てもやりすぎだ。
演出としてオーバーだ。

つまりこれは、渡瀬恒彦の渾身の演技であるということを印象づけるシーンであった。
これは、見様によってはゲスい演出であると言えなくもない。
物語の役ではなく、中の人である役者自身をクローズアップしているからだ。
しかし、私はこの大写しを好評価する。
このシーンの、渡瀬恒彦の特別扱いに私は満足感を得られたからだ。

私が想像するに、撮影して仕上げるまでに、このシーンをどんな風にしようか幾通りか悩んだのではないかと思う。
最後のシーンのカメラはカットがかかるまで相当長く回されて、カメラはどんどんズームし渡瀬さんの表情を余すところなく撮る。
その撮ったものを、編集の段階でどう使うかを色々と考えたと思う。
編集の期限までにどれだけ時間があったのか知らないが、撮影時、監督は渡瀬さんの体調を目の前で見て色々と感じるところがあったのかもしれない。
色々と考えて最後の大写しを決めたのかもしれない、とか想像する。

まさかとは思うけれど、渡瀬さんが亡くなったことがわかってからこの大写しを決めた、ってことはないよな?
放送までに日数はあったから、全くないとは言い切れないが……。

そもそも、磐村という重要な役を渡瀬さんに依頼したことからも考えて、もしかしたら、ラストシーンの演出はもう早い段階で決めてあったのかもしれないなとも思う。
(このドラマ制作の発端を知らないが、もしかしたら渡瀬さんありきでこのドラマの制作を決めたということも有り得るし)

ま、とにかく、役が役者とリンクするような役柄は観ている方は色々と面白いよ。
役者の気持ちはわからないけれど、演じる方も自分と重なる部分の大きい役は色々と思うことがあるのではないかな。



私、別に渡瀬さんのこと特別好きなわけでもないはずなんだけど(笑)こんなにも入れ込んでる。
ちりとてちん観て以後はなぜか「恒さま」と呼んでいたくらいには好きだけど、顔がタイプなわけでもないし。
逆に、顔や雰囲気が好きっていう上っ面が好きな人は腐るほどいるけど、そういうのには属さない好感なのかもしれん。と思った。
だって、この人が死んでこんなに泣けるなんて。あり得ない。

明日ってかもう今日(3/27月)だけど、今夜も恒様のドラマの放送あるんだよん♪
近年亡くなった俳優の中で、これだけ追悼ドラマが放送される人も他に居てない。
2014年11月に亡くなった高倉健の時には、追悼映画がいっぱい放送されたのは覚えてる。

たぶん、今回のテレビ朝日の「そして誰もいなくなった」の放送は、本来ならもう少し先だったのかもしれないなって思う。
それが、渡瀬さんが亡くなってこのタイミングになったのではないかな。
0

MARGINAL#4 11話  アニメ/声優

最後のキス音4連続…………!!!!

めっちゃ実用性あるwwww
スタッフ天才だぁwwww

CDケースに順番にキスしてるシーンだけど、普通にリップ音だけを楽しめるwww
イヤホンで聴いたらヤバイんじゃないかなwwww
シチュCDみたいな使用法ができるw

野村アール役の鈴木裕斗のキス音が一番エロ良いわぁ〜(^3^)/
そもそもあっち名義での演技好きだし聴き慣れてるしw
さすがプロのリップ音だ〜♪♪
0

金曜プレミアム・判事失格!?弁護士 夏目連太郎の逆転捜査  ドラマ

渡瀬恒彦さん追悼企画ドラマ(制作フジテレビ)

追悼ドラマの放送楽しみにしてた。
サスペンスドラマ久しぶりに真剣に観る。
2014年の撮影のがお蔵入りになってたらしい。
この頃ちょっと滑舌悪い。70歳かな。
昔の二時間ドラマの再放送はよくやってるからちょっと前とかの渡瀬さんは頻繁に観てるから一気に老けたように思ってしまうだけだろう。
明日も明後日も他局で追悼ドラマやる!
楽しみ♪
0




AutoPage最新お知らせ