燃えよ!エンドリケリー!!

2017/12/9

ロゴーヌ・ビキール  

我が家のロゴーヌ川産ビキールです。
クリックすると元のサイズで表示します
ロゴーヌ川はチャド湖に注ぐシャリ川の支流ですから、これも「チャド・ビキール」のバリエーションと言えます。
私は最初に飼ったワイルドビキールがチャド産だったので、チャドビキにはひときわ強い思い入れがあります。
確かに初上陸したトゥルカナビキールの衝撃はあまりにも大きすぎ、かつその迫力が圧倒的だったため、その後に登場したチャドビキはどうしても見劣り感が否めませんでした。
だから、以前ブログにも書いたことですが、「いつかトゥルカナよりカッコいいチャドビキを探してみせる!」とずっと思い続けていました。
そして月日は経ち、ついに素晴らしいチャドビキ達が入荷する時代になりました。
クリックすると元のサイズで表示します
美しさではトゥルカナビキールを完全に凌駕しています。
クリックすると元のサイズで表示します
長く飼っているとビキールはどうしても体色が黒化していきますが、この個体にはその兆候が見られず明るい体色を維持出来ています。
すでに72センチありますが年齢はまだ若いと思われ、更なる巨大化も期待できそうです。
クリックすると元のサイズで表示します
あと何年かすると太さが出てまた印象が変わってくると思います。
クリックすると元のサイズで表示します
ビキールは最高のポリプですね^^
2

2017/11/12

トゥルカナって何なんだ?その2  

最近はSNSで海外のポリプマニアさん達と絡む事もあるんですが、海外にも熱いマニアさんて結構いるんですよね。
もちろん日本ほどポリプに恵まれた国は珍しいのですが、皆さんとても熱心にポリプを研究していて、意外にもトゥルカナビキールを欲しがるマニアさんが多いんです。
それはもちろん嬉しい事なんですが、困る事もあります。
以前ある方から「どうやったらトゥルカナビキールを入手できるか?」とか「いくら出せば買えるか?」とか質問攻めにあったことがあり、その熱心さに脱帽し、不慣れな英語で必死に返信していたのですが、呆れたのがその後の質問でした。
「トゥルカナ産って他のビキールとどこが違うの?」という例のアレでした^^
それって結局トゥルカナビキールの特徴ではなく「ブランド」を欲しがっているだけだった、という事ですよね?
う〜ん、こういった事はなにもポリプだけの話ではないんでしょうが、一体何のため、誰のため、の趣味なんでしょうか?
もちろん、これは私自身への戒めでもあるんですが、夢の魚だったビキールを初めて水槽に泳がせた当時を思い起こせば、ビキールの産地に良し悪しなど絶対に語れない筈なんですね。
日本でもかつて「チャド産ビキールは偽物」と言っていた似非マニアがいた事ですし、「産地偽装」のポリプも出回っていたりもしますが、結局ディープな趣味では「自分が目利き」になるしかないんですよね。
まあ、ウンチクはこれくらいにしておきます^^

久々に家のビキール勢です。

先ずはトゥルカナの雌。
クリックすると元のサイズで表示します
最近太さが増してきて中々良い感じになってきました。
クリックすると元のサイズで表示します
エンドリもそうですが、雄と比べると雌は優しい顔つきです。
クリックすると元のサイズで表示します
雌は元々のシルエットが丸いので太らせて楽しむの有りかもしれませんが、個人的には程々にしておきたいです。

次にトゥルカナの雄。
クリックすると元のサイズで表示します
もう70センチ位になったでしょうか?
この個体は採集時がベストプロポーションだと思っていますので、ともかくいかに原型を崩さず維持していくか?をモットーに飼育しています。
クリックすると元のサイズで表示します
雄はゴツいです。

クリックすると元のサイズで表示します
ビキールはやはり良い!

1

2017/11/11

トゥルカナって何なんだ?  ビキール雑記

久しぶりにブログ書きます。
長い間待っていたトゥルカナ湖産ビキールが入荷しましたが、諸事情により随分高値での流通となっていますね。
世の中にはお金持ちさんが沢山いらっしゃいますからたとえいくらでも即決!という場合もあるでしょう。
しかし私ら庶民はそうもいきません(泣)
今家の水槽にもう一匹トゥルカナビキールが入ったらそれはそれは夢の水槽の実現でしょうが、それに伴う経済的圧迫は甚大なものになります。
何しろ切り詰めれば1年位は食って行ける金額なのですから.....
ともあれ、今日の本題ですが結局「トゥルカナ」って何なんだ?について私見を少々。
実はツイッターやフェイスブックで「トゥルカナ産と他産地のビキールの違いは?」という質問を度々受けるんですが、自分なりに詳しく説明したつもりでも中々理解してもらえません(汗)
それで感じたのは、「初便のビキールの衝撃」を経験した世代かどうか?によるものが大きいのではないか、という事です。
私ら昭和世代にとってビキール亜種といえばラプラディが全てでした。
ところがこのラプラディ、迫力という点では今一歩エンドリには及ばない、その理由はズバリ顔つきでした。
もっと突っ込んで言うと、ラプラディは下顎の突出が弱いポリプなんです。
ブーレンジャーによるビチャータイプポリプの大前提が下顎の突出であり、これを欠くラプラディはどうしても萌えないポリプ、私がエンドリびいきになったのもこの一点に理由がありました。
もちろん、それはあくまで当時のお話で、現在では凄いラプラディも沢山入って来ていますね。
「ビキール種はエンドリ種より迫力が足りない」そんな認識を覆したのが日本初上陸の「トゥルカナ産ビキール」でした。
とにかくその発達した下顎、輸入直後で痩せているのにその色気のあるフォルム、ただ一言「カッコいいなあ〜」としか言い様がありませんでした。
その後何度かトゥルカナ産ビキールが入荷し、やがてチャド湖産のビキールも入荷してきました。
大型のチャド湖産ビキールなどはトゥルカナに遜色ないくらい迫力あって立派なものでしたが、ただ一つ「下顎の突出」だけは足りなかったのです。
正直、私がトゥルカナに拘る理由はただこれだけです。
体色はどっちが良い悪いもなく、しいて言うならトゥルカナ産は総じて規則的なバンド模様が入り、多少黒化してもバンドがクッキリ残ります。
チャドはそれこそ模様のバリエーションが豊富で、トゥルカナのようなフルカラーライプから殆ど模様が潰れてしまうタイプまでかなり多様化が見られます。
体型はトゥルカナはずんぐりしていますが、チャドはスリムな個体が多い、という感じでしょうか?
元々チャドはロングヘッドの個体も多く、さらに最近では従来見られなかった下顎がキッチリ突出するタイプが見られるようになりました。
こうなるともうトゥルカナに固執する必要は全くなくなり、むしろトゥルカナよりカッコイイ!という個体も登場しています。
もちろん、それでもトゥルカナ独特のシャクレ顔に後ろ髪引かれる思いはあるのですが....

3

2017/2/18

どうなる?今年のマイアクア???  

久しぶりにブログ書きます。
特に新魚ネタとかはないんですが、一応生きてま〜す!という報告です。
最近は色々と物入りで生活にゆとりもありませんので魚費は大幅にカットしているのですが、時々は「これ、欲しいなあ」と思う入荷もあるんですよね。
ただ、今後はともかく設備増設が最優先課題ですので、涙を飲んで踏みとどまっております。
というわけで代わり映えのしないマイアクアですが、少しだけうれしい変化として、アロワナの発色が徐々に始まって来たことですね。
前回の記事ではゴールドだかレッドだかよく分からないアロワナでしたが、その後急激に変化が始まりまして、ようやく「誰が見ても赤!」と言える個体になりました。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
やはり、「スプーンヘッド系は発色が遅れる」という俗説は本当なんだなあ、と実感しております。
白色のLEDでこの体色ですから、赤い照明を使うとそこそこのレベルに見えると思います。
そんなわけで、じっくり飼おうアロワナ!
4

2016/10/7

ポリプと他魚の混泳  その他の魚

例のガー特定外生物指定問題をきっかけにそれまで大事に飼っていたトロジャンを手放しました。
さらにポリプと同じくらい好きなテキサスシクリッドも死んでしまい(多分寿命)、現在ポリプの混泳魚でいるのがレッドアロワナのみです。
アロワナとポリプとの混泳は一般的に奨励されていますし、多く実現されてはいますが、ことアジアに関しては正直あまりオススメは出来ません。
アジアアロワナは性格が相当きつく、気の弱いポリプだとノイローゼになる恐れがありますし、水温も相当高温にしなければなりません。
経験的にポリプに最適な水温は25〜26度前後で、アロワナとは相当な開きがあります。
餌に関しても、生き餌はほぼアロワナに独占されてしまい、先日記事で書いた「ポリプへの適切な給餌」などとても実現出来ないと思います。
「では何でお前は飼ってるの?」と言われると困るのですが、実は先日アロワナを手放す決心を一度しました。
しかしながら、ショップの店主さんに説得され結局は飼育を続ける事にしたのですが、しかし正直に告白してしまうと、アロワナマニアからはお叱りを受けるような飼い方をしているのですね。
家はあくまでポリプが主役ですから、冬場の水温は22〜23度位まで落とします。
明らかにアロワナには低すぎる水温ですが、それでも輸入直後の幼魚サイズから2年で55センチまで育てました。餌食いも落ちる気配はありませんし、病気にもなったことはありません。
水質に関しても、ビキール重視のセッティングなので弱アルカリ性にしています。
レッドアロワナをこんな飼い方しているのは私位でしょうね(;´∀`)
ただ、そのせいか肝心の体色が全くダメダメです(泣)
因みにこのアロワナ、ディナミカ産メタルレッドF4ですが、店主から「赤さは折り紙付き」と言われたんですけどね.....
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
正直、この個体が真っ赤に染まるなど夢のまた夢でしょうが、嫌味のない程よいスプーンヘッドと長い胸鰭、巨大な後方三鰭と体型に関しては文句なしです。
まだ二歳ですから体色ももう少し濃くなっていくと思ってます。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
注意すべきは、腹を減らし過ぎるとポリプをどつき出すのでなるべく空腹にしないこと。しかし、太り過ぎたアロワナはみっともないので餌は基本控えめ。
このあたりのさじ加減が難しいのですが.....
いずれきちんと単独飼いにしてベストな環境を与えてあげたいのですが、いつになることやら....
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ