*菜の庭学舎*は、 天王寺ナーサリーとして、乳幼児の発達と親の学びの親子クラスと新生児の訪問ケアを、天王寺学舎として小学生クラス、大人向けのアントロポゾフィーの講座を開設しています。 場所は大阪市内、天王寺周辺。 すべての講座に関してのお問い合わせ、お申し込みは、kodomonojikan_osaka★yahoo.co.jpもしくはフェイスブックのメッセ−ジでご連絡下さい。(★を@に変えて下さい。) フェイスブックではクラスの様子をお伝えしています。 https://m.facebook.com/kodomonojikan.osaka/

2016/6/25

小学生・親クラス'16 ー1  大人の学びクラス

子どもたちの発達の遅滞について日々思いを巡らせています。
今年度から小学生クラスには親のクラスを併設しています。

学力(日本の文科省の基準の)には問題ないが、対人関係に問題があるという発達障害と言われる状態について観察を深めていくとそこには子どもたちの普遍的な発達原則を無視した(無理解)の中で対応され続けてきた状態が浮かび上がってきます。

先日ナーサリークラス在籍のある親御さんから職場で「今日他者にしてもらったことを6個書いてください」という課題を出されたというお話をお聞きしました。ほとんどの方が6つ書けなかったそうです。

先日の小学生・親のクラスで同じ質問を投げかけました。
「席を譲ってもらった」「声をかけてもらった」2、3点で発言が止まりました。
私にとっては、30代のママたちに見えてる景色と感じてる感情、思考の働く領域について確認できた瞬間でした。

日頃から親御さんがお子さんを見る視点の方向性や焦点の当て方、その深さについて探っていた私にとって、
それはそれは衝撃的でもあり、こちらからお伝えしていることが伝わらないはずだと納得せざるを得ないものでした。
自分の感覚(標準、普通)180度違うということを認識する事は驚きでもあり、不可解でもあり。
けれど、他者を理解するためには避けて通れない衝撃でもあります。

この衝撃(感情の領域)を静かに沈殿させると、新たな問いに向かいます。
これほどまでの視野狭窄状態の背景にはどのようなプロセスがあったのだろうと。

ここのサイトを訪れてくださっているみなさんは、
今日、起きてから寝るまで他者にしてもらったことはいくつありましたか?

宜しければコメントして下さい。
そのコメントを踏まえながら久しぶりにこちで(ツイッターでの対応は休止して)、
ナーサリークラスでお伝えしていることを文章化していこうと思います。
0



2016/6/28  11:08

投稿者:Nakano

山口県在住の中野と申します。
4歳男の子の母親です。
自らの子供に対する過干渉、心配性など改善したく、
いつもツイートで勉強させていただいています。
このような機会を作っていただいてありがとうございます。

朝起きてから寝るまでに他者にしてもらったこと、6つ。
(週末メモ書きで書いていたこと)
・一つ目、仕事のために朝からお昼まで母に子供をみてもらったこと
・二つ目、子供のスイミングの受付で夏休みのスケジュールのチラシを頂いた
こと
・三つ目、スイミングのコーチに今日子供ができなかったことについてアドバ
イスを頂いたこと
・四つ目、スイミングの子供の友達が私に向かって笑顔で挨拶してくれたこと
・五つ目、夜は外食で母にご馳走になったこと
・六つ目、外食のお店で、お店の人にお箸・お水を追加で持ってきてもらった
こと

2016/6/27  10:51

投稿者:sakura

早速ですが、書かせていただきます!

昨日の朝起きてから夜寝るまで、、、

友人が息子を預かってくれた
ファミサポの人が、急なお願いにもかかわらず娘を預かってくれた
映画の上映会にいったのだが、私が遅れたにもかかわらず、映画を見ていた係
の人が受付に戻って対応してくれた
別の係の人がわざわざ私の席まで来てお金を取りに来てくれた
忙しい中、映画に登場していた人が会場に来てくれて、映画への思いを話して
くれた
会場に同席していた人たちがいい質問をいっぱいしてくれて、質疑応答の時間
がとても実りあるものになった
担任の先生が、小さなことではあるが気になる出来事があったと言って、わざ
わざ連絡をくれた
息子が私の分のお好み焼きを焼いてくれた

これ以上は手が止まってしまいました。

誰かと話をしていると、相手の視野の狭さにびっくりすることがありますが、
きっと自分もそうなのだと思います。

視野の広さによって、日々対峙する様々な出来事の捉え方が今と全く違ったも
のになるだろうに、自分自身の視野を自分自身で広げていくということが、す
ごく難しいです。

また、子どもの視野の狭さを日々のなかで感じることが多々あります(すぐそ
ばにあるものでも、中々見つけられなかったり)。


2016/6/27  1:15

投稿者:古瀬

こんばんは。37歳3人のこども(4歳おとこ、2歳7ヶ月、1歳5ヶ月)の母です。こどもを見る際の、視点の方向性や焦点の当て方、その深さについて学びたいです。

起きてから寝るまで他者にしてもらったことをコメントします。

だんなさんがこどもたちとスカイプを通してあそんでくれた
友人が10年ぶりにわたしを思い出しメッセージをくれた
たくさんのひとたちが私たちがゆっくり進むのを待ってくれた
居合わせた数人の人たちが電車に乗り降りするのを見守ってくれた
警備員さんがトイレに行こうとしたらparents roomの場所を教えてくれた
居合わせたひとが長男のトイレを見守ってるときに、残り2人のこどもを気にかけてくれた
男性が、電車で席を替わってくれた
市場で買い物中、店員さんがベビーカーを通りやすくしてくれた
お店のひとが、わかりやすいようにゆっくり英語を話してくれた
ミュージシャンたちがウキウキする音楽を演奏してくれた
掃除のひとが食べ終わるまでゆっくり待ってくれた
板チョコを作ったひとが、丁寧にひとつひとつパッケージングしてくれている
電車のとなりの席のひとが、こどもたちにみかんを分けてくれた
優先席に座っていた赤ちゃん連れのお父さんが、わたしたちがちゃんと座る場所があるかどうか落ち着くまで気にかけてくれていた
たくさんのひとたちが、気持ちのよい挨拶をくれた

自分の思い込みが元で現れる感情がコントロールできないことや、視野狭窄が原因でこどもに負担をかけている自覚があります。変わりたいです。

どうぞよろしくお願いします。

2016/6/27  0:13

投稿者:たじま

今日、一日を振り返っています。
他者にしてもらったこと、挨拶してもらって、マッサージしてもらって、話しかけてもらって、話を聞いてもらって、仕事を教えてもらって、私に気付いてもらって、物を拾ってもらって、私を気にして連絡してもらって…他にも色々な場面が浮かびます。
他者との関わりの中で、考えていることがあります。
仕事で出会う人で、他者を理解しようとしない人が増えている…?という感覚から、他者への理解、自我感覚…触覚の不足…と。

また、私たち30代は…と言われてきて、ピンとくるまで時間がかかりましたが、
今、私が20代10代と接するなかで、明確に傾向を感じ、その傾向がどこからくるのかと考えたときに、教育、親、社会の傾向だと感じています。

文章化について、
日々ハッと気づいたことが自分の中で残らないのは、文章化していないからだ…
文章化することは、自分の中へ落としていく作業なんだ…と気付き、メモを持ち歩き、文章化するようにしています。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ