2013/5/10

星野監督「もっと野球を勉強」勝利も喝!  

星野監督「もっと野球を勉強」勝利も喝!

勝っても、喝〜!! 楽天は連勝を今季最多5に伸ばし、4月13日以来の貯金を手にしたが、星野仙一監督(66)はおかんむりだ。「島内らしい。みんな、もっと野球を勉強しないと!」と、2年目外野手を突き放した。

 問題は5−2で迎えた8回。四球の先頭ジョーンズの代走で、島内が起用された。1死後、高須の打席で2ボール2ストライクからエンドラン。打球は右前へ抜けた。作戦成功だったが、島内が二塁を蹴った後に止まりかけた一瞬を、星野監督は見逃さなかった。島内は三塁の鈴木コーチが腕を回すのを見て再加速し三塁到達。一、三塁とし事なきを得たが、監督には隙のあるプレーに映った。

 島内にも言い分はある。チーム屈指の俊足で、打球は緩かった。走る速度を落としても「あの打球なら三塁まで行けると思いました」。そこで、念を入れて三塁コーチの動きを確認したという。ただ、星野監督としては、エンドランのサインを出した以上、一気に三塁まで駆けてほしかった。

 続く森山の左前打で島内は生還。貴重な追加点となり、逃げ切った。勝っても、星野監督が厳しいのには理由がある。「勝たないと次につながらない」が持論。「“意味ある負け”なんて監督の言い訳だよ。先発が好投しても勝てなかった時に言えるぐらい」と話す。勝っても内容が大事。発展途上のチームを率いるからこその厳しさだった。

 島内も「代走なんで、しっかりしないといけない」と糧にした。今日10日からは、首位ロッテと3連戦。ギュッとかぶとの緒を締めて挑む。【古川真弥】

 [2013年5月10日6時56分 紙面から]

星野監督、投打+コーチのバランスが取れてきましたね、乗りましょう。
楽天美馬、前回9失点の屈辱晴らす4勝目

<日本ハム2−6楽天>◇9日◇札幌ドーム

 屈辱を晴らした。楽天美馬学投手(26)が先発し、5回1失点で4勝目を挙げた。1回に2死から1失点するなど、本調子ではなかったが、2回以降は粘りを見せ、最少失点に抑えた。前回登板の3日は同じ日本ハム相手に自己ワーストの9失点。大敗の悔しさをぶつけ、リベンジに成功。チームを今季初の5連勝に導いた。

 序盤から美馬の気持ちがにじみ出ていた。4点リードをもらった直後の3回、無死一、三塁のピンチ。それでも投げきった。小谷野を内角シュートで三ゴロ併殺。続く中田を四球で歩かせ、アブレイユを二ゴロに打ち取り無失点に抑えた。グラブをたたいてガッツポーズを見せ、勢いよくベンチに戻った。本調子ではない中「1失点で何とかしのいで、耐えたという感じです」と気合でカバーした。

 負けられなかった。前回登板の3日、同じ日本ハム相手にボコボコにされた。中田に2打席連続本塁打、ホフパワーには満塁弾を浴びるなど、自己ワーストの9失点。試合後、通常は負けても気丈に報道陣の質問に答える美馬だが、その日ばかりはうつむき、足早に引き揚げた。「どうにもならなかった」と頭は真っ白だった。あれから1週間。「やるしかないです」と決意して臨んだ一戦だった。

 失敗から考え抜いた答えは「メリハリ」だった。登板前日「高めなら高め、低めなら低めにしっかりと投げないと」と話していた。前回登板ではボール球要求でストライクを投げてしまうことや、逆球が目立っていた。この日は、明確な意識が見られた。1回、1点先制されてなお2死二、三塁でホフパワーから空振り三振を奪った。決め球の6球目、捕手の嶋の要求は高めのつり球。ボール球だったが、意図通りに投げきり追加点を許さなかった。

 昨年は8勝10敗と負け越したが、初めて先発ローテーションに定着した。プロ3年目だが、実質、今季が真価の問われる2年目でもある。現状では、星野監督から「2年目のやつらがみんなダメだ」と釜田、辛島らとともに厳しい評価を下されている。チームを5連勝に導いたが「打ってもらって守備でも助けてもらって、本当に感謝です」と美馬にも笑顔は少なかった。次回は満点回答で監督を笑わせる。【斎藤庸裕】

 [2013年5月10日10時50分 紙面から]

美馬投手、「スカッー」としたでしょう、よかったですね。
「心技体」が一つになった時が、最高の力が発揮されます。
最後は、気持ちの持ち方です、無理するな!!


スポーツを楽しもう


GOOD
0

2013/5/7

星野監督・歴代勝利数単独10位!!  

星野監督1067勝!神様川上氏超え単独10位

<楽天10−3オリックス>◇6日◇Kスタ宮城

 楽天星野仙一監督(66)が歴代単独10位となる1067勝目を挙げた。前日5日、巨人川上監督に並んだばかりだが、最速で抜き去った。「私だけじゃなく、コーチたち、選手たちのおかげ。しかってきた選手ばかりだけど」とユーモアを交えつつ感謝した。思い出の1勝を問われると「今日でしょう。まだまだ積み重ねて、このチームを強くしないといけない」と貪欲だった。

 [2013年5月7日7時31分 紙面から]

神様川上」さんを知らない人へ:巨人軍の第1期黄金時代の4番また、
長島・王選手(両氏共国民栄誉賞受賞者)を率いて巨人軍の9連覇を
指揮した監督です。その人を超えたんです、すごいことですね。
おめでとうございます。




しかってきた選手ばかり」/星野監督



 歴代単独10位となる1067勝目を挙げた楽天星野仙一監督のコメント。

 「私だけじゃなく、コーチたち、選手たちのおかげ。しかってきた選手ばかりだけど。(思い出の1勝は)今日でしょう。まだまだ積み重ねて、このチームを強くしないといけない」。

 [2013年5月7日7時4分 紙面から]

星野監督、一人じゃ出来ませんから、周りに感謝感謝ですね!!

スポーツを楽しもう

GOOD
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ