トレーニング開始から5分〜60分程度で「あがり症」を克服!?行列のできる、とよだクリニック監修【あがり症克服プログラム】
今なら、こちらからお申込みされた方には、めちゃ盛り特典をプレゼント



  | 投稿者: とよだクリニック監修【あがり症克服プログラム】

一口にあがり症と言っても、
・電話をするだけで緊張する
・面識のない人と会話すると緊張する
といった日常的なあがり症もあれば、

・大勢の前で話すと焦って訳がわからなくなる
・人前では緊張して普段通り振る舞えない
一般的によく言われるようなあがり症もありますが、
本教材ではどちらにも対応しています。

そして、あがり症を克服するには

この2点を解決する必要があります。
当然、本教材では両方の問題を解決する為の方法を網羅していますが、
ただただ、あがりを克服する為の方法を書き記しているだけではありません。

あがり症を治す為には、何からやればいいのか?どんな順番でやれば良いのか?
きちんと設計されていますので、どなたでもあがり克服を実感出来るようになっています。



この教材のあがり克服編に書かれている事とは。


まずは、緊張や不安、失敗への恐怖心をキレイさっぱり消し去るトレーニングをします。

緊張や不安を「消し去る」というのがポイントで、
緊張しない方法を覚えるとか、失敗してもすぐに立ち直れる精神力を身につけるとか、
そういった事ではなく、
「ガタガタ震えて緊張しても、ある事をやれば、
緊張という気持ちそのものが消えてしまう」という事です。

普段からのトレーニングを必要とせず、
本当に、「パっとやって、すぐに緊張や不安がなくなる」こんな感覚です。

日本ではほとんど知られておらず、
使われているとしても医療系やメンタルセラピスト系がほとんどなので
あがり症の克服や、話し方教室などでこの方法を聞く事はまずありませんが、
特別な道具を必要とする事はないので、お金はかかりません。
自分の体一つで、いつでもどこでも効果を発揮する事が出来ます。

最初はやり方を覚えたり、準備をしたりで、30分〜60分ほどかかると思いますが、
慣れてくれば3〜5分で行うことが可能です。

緊張や不安に悩まされてきた方にはとても信じられない事だと思いますが、
インチキな方法ではないという証明の為、テキスト中にメディアで取り上げられた例を
20ほどご紹介しています。( たくさんありすぎて載せきれないので主だったものを選んで掲載していますが、海外ではテレビ、雑誌、書籍など多数の
媒体で数多く取り上げられている方法です)

信頼もあり、改善例も多い方法ですので安心してお試し下さい。
自分の変化に驚くことでしょう。

この時点であがり症が治ってしまう方も多いのですが、
当然ながら、本教材に書いてある克服法はこれだけではありません。



  ▼     ▼     ▼     ▼     ▼     ▼

行列のできる、とよだクリニック監修【あがり症克服プログラム】

※こちらから「トレーニング開始から5分〜60分程度で「あがり症」を克服!?行列のできる、とよだクリニック監修【あがり症克服プログラム】」を、お申込みされた方にはめちゃ盛り特典を無料プレゼント!
詳しくは、トレーニング開始から5分〜60分程度で「あがり症」を克服!?行列のできる、とよだクリニック監修【あがり症克服プログラム】のお申込みページをご覧下さい。

0

  | 投稿者: とよだクリニック監修【あがり症克服プログラム】

ここで、2万、3万するような教材やセミナーで
教えてくれる内容をご紹介しましょう。
説明の仕方や言葉の違いはあれど、共通して下記のような事が書いてあります。
あがりを認める、告白する
  (今日はすごく緊張してしまってなど相手に伝える)
→確かに気持ちが楽になります。

誰も期待していない事を知る、周りの評価を気にしない
→ちょっと話しに詰まっても、聞いてる人はあまり気にしていないのは確かです。
 ただ、周りの評価を気にしないというのはムリがあるでしょう。

体調を整える
→規則正しい生活、きちんとした食生活をしようという事です。
 わざわざ言われるまでもありません。

深呼吸をする、腹式呼吸をする
→否定はしませんが、
 緊張や集中に対してはもっと効果が認められている呼吸法があります。
 というより、深呼吸して落ち着けるならばあがり症ではないと思います

禅、瞑想
→一朝一夕に効果が感じられる方はほとんどいないでしょう。

結果を気にしない、ダメでもともとの心構えで臨む
→クヨクヨするな、開き直っていけ!という事ですが、心構えとしてもヒドいですね…。
 なんの為にあがり症を治そうとしてるのか、意味がわかりません。

自律訓練
→心身の健康の為にも、リラックスする為にも、覚えておくと便利です。
 ただ、すぐに効果を感じる事は出来ません。継続した練習が必要です。

体を動かす
→手をブラブラさせたり、肩をグルグル回したり、
 やった事がある方は結構いらっしゃるのではないでしょうか。

場数を踏む事が大事
→そもそも普通の人はそんなに場数を踏む機会がありません(苦笑)
 また、あがりを克服する事と、同じ事を繰り返して慣れる事は違います。
 慣れとあがりを混同してはダメです。

緊張を無理に消さなくていい
→適度な緊張感を持ったほうが良い結果が出るという心構えですが、
 そもそも頭が真っ白になってしまうほどのあがり症で悩んでいるのに
 こんな事を言われても全く響きません。

苦手な環境に身を置く
→人見知りなら、積極的に人に話しかけるとか、知らない人が居る場所に行ってみるとか、あえて辛い環境に身を置いて普段から体を慣らしておけば大丈夫という事です。
間違ってはいませんが、一歩間違えると精神的な病気になってしまいそうです。

リハーサルをする、準備をしっかりする
→事前準備と練習は重要です。絶対やりましょう。

起こってもいない事は気にしない
→失敗したらどうしよう…。間違えたらどうしよう…。
 と先の事は気にするなという事です。

あがってないように振る舞う、成功者のように振る舞う
→効果があります。
 ただ、そうしようと思ってすぐそんな事が出来れば苦労はしません。
 そうやって振る舞えないからあがりを克服しようとしているのです。

笑顔を作る
→鏡の前で笑顔を作る練習など、効果があります。

ハッキリ大きな声で喋る
→当たり前ですね。

あがり症は治るものと信じる
→心構え的なものです。

会場の下見をする
→出来ればしたほうが良いです。
 ただ、出来ない場合のほうが多いでしょう。

気持ちを前向きに
→前向きな気持ちだけであがりは治りません。

相手を気にしない、背景だと思う、かぼちゃだと思う。
→冗談とかではないですよ。本当にこう言われる事があります。
 相手が居ないものと思い込めれば、あがらないでしょうが、
 実際にはとても難しいでしょう。例えそう思い込む事ができてあがらなくても、
 相手の表情もわからずに話し続けて良い結果が出るでしょうか?
 あがらない事だけにフォーカスして、目的を見失っています。

イメージトレーニング
→イメージトレーニンには様々な役目があって非常に効果がありますが、
 一般的に言われる、「目をつぶって、本番の状況をイメージして」
 というものはほとんど効果が感じられません。

大体、こんな感じです。
これらのポイントを元に、ちょっとづつ肉付けしていけば
1冊の本なり、セミナーなりになってしまう訳です。

ウソだと思うのであれば、実際に教材を購入するなり、
セミナーに出るなりしてみると良いでしょう。

「うゎ〜!こんなにすごい事を教えてくれるんだ!」
と思うのか、
「ウソでしょ?こんな当たり前な事を教えられるだけなの?」

と思うのかはあなた自身の判断ですが、「これで充分わかった!」
という方は、あがり症克服にお金を払う必要はありません。
市販書籍すら必要ないでしょう。

本教材は、
「心構えばかり教えられても納得出来ない」
「もっと具体的に何をすればいいのか教えてほしい」
そんな方達に向けたものです。

具体的で実行しやすく効果がある方法のみを採用し、
あがり症克服の教材やセミナーでは触れられる事のない方法も多数収録しています。


  ▼     ▼     ▼     ▼     ▼     ▼

行列のできる、とよだクリニック監修【あがり症克服プログラム】

※こちらから「トレーニング開始から5分〜60分程度で「あがり症」を克服!?行列のできる、とよだクリニック監修【あがり症克服プログラム】」を、お申込みされた方にはめちゃ盛り特典を無料プレゼント!
詳しくは、トレーニング開始から5分〜60分程度で「あがり症」を克服!?行列のできる、とよだクリニック監修【あがり症克服プログラム】のお申込みページをご覧下さい。

0

  | 投稿者: とよだクリニック監修【あがり症克服プログラム】

あがり克服に関する情報は今や、書籍、教材、セミナーなど
様々な形で知る事が出来ますが、その95%以上は、

・元々あがり症だった方
・カウンセラー
・話し方教室の先生
・セラピスト

いずれかの方が書いたものであるという事をご存知でしょうか。
別にこれが良いとか悪いかという事は一切ないのですが、
一つ、とても気になることがあるのです。



一度でも、あがり症に関する書籍や教材に目を通したり、
セミナーに出た事がある方は共感して頂けると思いますが、
一般的なあがり克服法というのは、
「簡単にそんな事が出来れば苦労しないんだけど」
思わずため息を漏らしてしまうような方法ばかりなのです。

・あなたは、リラックスしろと言われたら
どんな状況でもすぐにリラックスする事が出来ますか?

・周りを気にするなと言われたら、気にしないように出来ますか?

・本番をイメージして喋ろう!
目の前に人が大勢居ると思って練習しよう!と言われてすぐにイメージ出来ますか?

出来ないですよね。

抽象的な表現や、心構えが多く、
言ってる事はわかるけど、実際どうやったらいいものか。
そう感じる方がほとんどではないでしょうか。

リラックスしろと言うのであれば、リラックスする具体的な方法を教えてほしいし、
周りを気にするなと言うのであれば、周りが気にならなくなる方法を教えてほしいと。



  ▼     ▼     ▼     ▼     ▼     ▼

行列のできる、とよだクリニック監修【あがり症克服プログラム】

※こちらから「トレーニング開始から5分〜60分程度で「あがり症」を克服!?行列のできる、とよだクリニック監修【あがり症克服プログラム】」を、お申込みされた方にはめちゃ盛り特典を無料プレゼント!
詳しくは、トレーニング開始から5分〜60分程度で「あがり症」を克服!?行列のできる、とよだクリニック監修【あがり症克服プログラム】のお申込みページをご覧下さい。

0




AutoPage最新お知らせ