Team No Limits! チーム 走ろうぜぃ!で一緒に走りませんか? ○仲間と一緒に走りたいときに、時間曜日が合う人で一緒に走りましょう。 ○チーム走ろうぜぃに 規則・会費はありません。(ただし、マナーを守るのは当然です) ○みんなでバイクを楽しみましょう。 ○ツーリング・ジムカーナ練習会・サーキット走行 サポートします。 リンクは必ずmailをください、無断リンクお断りいたします。

応援しています!!

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

最近の投稿画像

最近の投稿画像
感動の、天に・・・…

最近の投稿画像
感動の、天に・・・…

最近の投稿画像
感動の、天に・・・…

カレンダー

2017
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

過去ログ

検索



このブログを検索

Powered by

teacup.ブログ

なかのひと?

RSS

季節はずれのお墓参り 2

なんだかアクセスがとんでもないことになっておりまするwwww



おくさんのブログで紹介?されたおかげ様ですね。




初めての方にはおかしな名前の奴だな〜と言う感じでしょうが

たしかに

このブログは面白くも無いブログです。



ごく一部では偽善者呼ばわりもされていますwwww



でもね



ヲレ様を信頼してくれる人が全国に沢山いることに感謝しつつ



今日の記事をアップします。





さて




当日(2/5) 釧路を含む北海道は天気だったのですが




目的地 東京の天気が


東京地方 雪!!それも大荒れ!!



マジ? 飛行機飛ぶの??





まぁ



天気と泣く子には勝てませんから




釧路空港    定刻離陸





東京国際空港(羽田) 定刻 到着





こんなもんなんですよね〜










モノレールに乗って




浜松町で山手線に乗り換えて



日暮里で常磐線に乗り換えて



松戸で常磐線各駅停車に乗り換えて




北小金下車





徒歩 1分で




ココへ到着
クリックすると元のサイズで表示します





待っていてくれた店長さんが出てきちゃいました
クリックすると元のサイズで表示します












ヲレ様は以前東京都内で仕事をして住まいは千葉県柏市のとあるところ。
(知っている方は知っている豆知識(アハハハ))






その当時柏の駅前の某店の店長さんをやっていたのがこのO店長なんですよね、




O店長さんとは10年チョイの職人と客の関係、



床屋さんでこうしてこんな風にカットしてと言う会話が嫌いなんですよね。




ヲレ様耳に障害があります、今現在は補聴器を使用しています。




当時は補聴器を使用してないかったので




小さな声で話しかけられると聞こえない状態でした。




O店長さんは声のメリハリがしっかりしていて聞きやすい(大きな声ともいう 笑)











そのお店は沢山の職人さんがいたのですが


いろんな人に

カットをやってもらうたびに



ママ、どうこのカットは?



『うーん イマイチ?』



そして


『うーん 良いんじゃない』と言われた担当が




O店長さんでした、以来ヲレ様は店長を指名して髪を切ってもらっていたんですよね。





奥さんも職人さんになって(当時は見習い)




二人で本部にも遊びに来てくれた仲。














店長は津田沼のお店に転勤していたので(聞いていた記憶)





柏のお店に勤めている店長の奥さんにカットしてもらう連絡をしたところ





現在、O店長さんは北小金店にいることが判明♪




そりゃー行くしかないですよね〜










カットしてもらいました♪
クリックすると元のサイズで表示します




気合を入れてカットしてくれました♪




カットしてもらいながら




アーダコーダ近況を話して






カット終了後もお店の裏側(関係者以外立ち入り禁止)で



話が弾む弾む












ココで泊まるわけではないので




後ろ髪引かれながら(後ろ髪は刈上げなので無いけどね)







次へ移動





北小金から常磐線各駅停車で




柏へ





駅から徒歩3分





O店長が以前勤めていたお店にいる奥様に会いに♪







ジャン
クリックすると元のサイズで表示します
ちょうど5年前髪をカットしてもらいました。(O店長移動してたからね)







ちょうどお客様が途切れた時間(外は夕方&雨)



だったのでアーダコーダお話をして




ここでも無いはずの後ろ髪を引かれて(笑)





次へ





柏駅前 1630
クリックすると元のサイズで表示します






常磐線柏駅から





快速電車で





荒川沖へ(予定の17時に6分遅れ)














駅前で待っててくれたのは以前の会社の大先輩と言うより

大師匠様か。






師匠の家でとりあえずの乾杯♪
クリックすると元のサイズで表示します





ヲレ様は普通高校を優等な成績で卒業したのですが
(アキナカ 今笑ったな? 外で1時間立ってなさい!)




いろいろあって


なぜか東京に本社のある土木系の会社に転職





それもオペレーターとして。


土木系の会社の中でも道路工事が主な仕事なので



ロードスイーパー

タイヤショベル

路面切削機

タイヤローラー(ゴムタイヤ)

マカダムローラー(鉄輪)

アスファルトフィニッシャー

ブルドーザなど等各種機械は

お手の物♪(上手いか下手かは別にしてね 笑)


ダンプも10t水タンク車、ユニックも何でも来い。




機械施工管理技師の資格も取得




それから監督をやるのに必要な資格をコツコツと勉強して取得に成功。





社内の職種変更をしてもらい
(コレは前例がなかったのですが当時の支店長が本社に掛け合ってくれて実現)






身分は監督さん♪





といっても




資格がアレば監督の仕事が出来るか???




ハイ、まったく出来ませんよね。(一つ一つの作業はオペとしては出来る)





そのときに師匠が



『ヤル気があるなら俺が仕事を教えてやるけど?』と言ってくれたんですよね。







教えてください。





以来師匠の下で



小さな現場を貰い



計画の立て方

仕事の段取り

実際の施工管理


材料の発注&確認など教えてもらいました。





師匠の教え方は



一つ一つ丁寧になんてスタイルではなく


最初から自分で考えもせずに聞くな!!


ガンガン怒られながら


実際の現場で監督として働けるように指導を受けました。



結果

師匠の厳しい指導のおかげさまで

自分の担当した仕事で赤字は出したことがありませんでした。





そして家族付き合いもしていただいて




師匠から認められるまでの域に達したのですが母親の死去により



ふるさとへUターン。











今回の旅は



@ 福島の墓参り(ヲレ様の爺ちゃん婆ちゃんの)


A 東京で新年会


の二泊三日で予定していたのですが







ママが


『福島行くなら途中で師匠のところも寄ってきたら?


       ホントは寄りたいんでしょ』






ぎょえぇぇぇぇぇー



3泊4日になるけど良いのか??




『なんとかなるでしょ♪』





ほんとにママには感謝です。








実は会社の仕事上、常に資格者がいないといけない業務なんですよね、



なのでツーリングも1泊2日が限界だし



何泊ものロングツーリングなんてムリムリ






2泊3日で出かけたのは



五年前、師匠の娘さんの結婚式に茨城まで来たのが最初で最後?



当時は親父が生きていたので出かけられましたが。
(あっ遅れましたが親父は昨年5月天寿を全ういたしました、ご縁のあった方々には礼を失することとなりましたが故人の意思なので許してね)




ダガシカシ〜





去年その資格をママも取得♪
(だからといっていつでも出かけられるわけではありませんけどね)









師匠に確認したところ



『歓迎してやるから来い!』とお言葉をいただきました。



師匠の愛娘さんも来てくれて




歩いてすぐの居酒屋で師匠とホントの乾杯

クリックすると元のサイズで表示します



師匠の娘ちゃんからもお酌してもらって
クリックすると元のサイズで表示します




霧筑波
クリックすると元のサイズで表示します


美味しくいただきました。



五年立ったら

娘ちゃんも二児の母(男二人)


ちょうどきていた息子さんの二人娘と一緒の飲み会(笑)
クリックすると元のサイズで表示します



つまり



娘と孫四人と親父二人の宴会でした(奥様は会社の飲み会に参加で不在)








帰宅後入浴して消灯




師匠は


『オマエと寝るか!』と



同じ部屋で枕を並べて寝てくれました。




いつになったら




墓参りがでるのか・・・・




つづきます。
0
投稿者:akumakozo
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:akumakozo
舞夢さん

>昨年は新盆だったのですね。
 ちゃっかりお邪魔しちゃって申し訳なかったです。

 親父もお客さんが来るのは喜んでいたので親孝行です♪気にしないでください。

>人が集まるのには、やっぱりちゃんと理由がありますよね♪

 皆さんが来てくれるわけはわかりません(笑)

 でも今年・来年もお待ちしていますよ〜

http://red.ap.teacup.com/akumakozo/
投稿者:akumakozo
わん’Sさん

 参加ありがとうございました。

>初めてお会いさせていただき、うれしかったです。

 ヲレ様もあなたにあえて嬉しかったです。

>あの事故で強制的に人生を変えられた人が沢山いることを忘れないでほしいと思います。

 そうですよね、今日記事を書いてみます。

http://red.ap.teacup.com/akumakozo/
投稿者:akumakozo
ガチ山さん

>昔の師匠にお会い出来たなんて感動ですね!師匠も喜ばれたのではないでしょうか

 師匠はあまり酒は飲まないのですが(赤くなる)

『今日の酒は美味い』って最後は一緒の部屋で寝るって・・・嬉しかったです。

>コチラも親分の色んな過去の歴史を聞けて感動しました!(^^)v

 まだまだあるよ悪魔のトリビア♪

http://red.ap.teacup.com/akumakozo/
投稿者:akumakozo
samuさんの相方さん♪

 お疲れ様でした。

>先日は大変お世話になりました。

 段取りしたのはアキナカ氏ですからね、ヲレ様は行っただけです。

>お会いできて本当に嬉しかったです!

 ほんとに皆さん元気に来てくれて嬉しかったですよ〜

>盛りだくさんで充実の3泊4日でしたね♪

 盛りすぎましたね、帰ってから疲れが・・・(笑)

>親分さんと皆さんの深く熱い繋がりを、改めて感じます。

 ひとえに皆さんのおかげ様ですよ♪

http://red.ap.teacup.com/akumakozo/
投稿者:akumakozo
タカさん

>やっぱ親分は熱いっすね!
ですが、重機はさっぱりわかんない(笑)

 舗装工事に使う機械なので

 現場は暑いっす(爆) 機械はググッてみて

>酒にママさんの笑顔が浮かんでたのは私にも見えましたよ♪

 うまい!!

http://red.ap.teacup.com/akumakozo/
投稿者:akumakozo
POCOちゃん

>親分もやっぱりカットの出来上がりはママに審査して貰うんですね。

 だって他に家族いないんだもん

>ところで、1枚、親分の後ろにもう一人いますよね。

 細かいところ見ているね♪ 職人さんが一人気を使って隠れています。

 この写真は問題にしていないので点数は付けられません(笑)

http://red.ap.teacup.com/akumakozo/
投稿者:akumakozo
samuさん

>現場は自分で考えて経験しないと、ですもんね。


 一つ一つ指示されたことをやるだけなら、自分でやっていることにならない!
 自分で考えてやってみてこうしたほうがああしたほうがと相談なら受けてくれるということです。

>今も続く家族ぐるみの師弟関係、良いですね。^^

 だってね
 
 『お前と一緒に寝る』って言われたら

 感激ですよね〜

http://red.ap.teacup.com/akumakozo/
投稿者:akumakozo
かもしかさん

>師弟関係ってやはり良いものですね。

 良いも悪いもありません

 師匠は絶対です。でも二人の会話は周りからみると仲良し兄弟みたいだって言われます♪

>一人私に教えていただいた方はすでに他界されてますから、こんな羨ましい関係は 泣けます。

 それは残念ですね、ヲレ様の師匠は生きているので幸せです。

http://red.ap.teacup.com/akumakozo/
投稿者:舞夢(MAIMU)
昨年は新盆だったのですね。
ちゃっかりお邪魔しちゃって申し訳なかったです。

ナンか和室が違うなぁ〜っと思ったのですが、
鈍感な私は気が付きもせず・・・

本当にさり気ない心遣いを感じます。
人が集まるのには、やっぱりちゃんと理由がありますよね♪


http://blog.goo.ne.jp/kenny1212/
投稿者:わんず
今回はありがとうございました
初めてお会いさせていただき、うれしかったです。
多くの人に福島のゴーストタウンを見て感じてほしい・・・自分もそう思います。いいことであれ、悪いことであれ、あの事故で強制的に人生を変えられた人が沢山いることを忘れないでほしいと思います。


次回は北海道でお会いできることを楽しみにしております。
1|2
AutoPage最新お知らせ