退院したのはいいけど  両親の事

ここ暫く何事も無く過ぎ去ってゆきます

・・・・ってか!

父が退院しました

よかったね、おめでとう



そう、誰にでも言ってもらいたいのですが・・・´_`

退院して一日して、既に母は疲れ切ってます

退院に向けて私は賛成できませんでした  反対でした。


母にも何度も言って聞かせました、回りの家族が疲れきってしまうよ

病院での父と帰ってきてからの父はきっと違いがでてきて我儘になっちゃうよ

特に、一日中一緒に居る貴方は(母は)回りの人以上に疲れきってしまう、と

弟にも、すべてが整ってからでも退院を考えても良いのでは?とも


それでも、病院では父が一緒にデイに行くからと言う言葉を信じた母

しかし、退院したその日(夜)から眠れぬ母、5分おきには同じ話をする父

母の姿が見えないと、母さんは?と捜す父

『あんたは嘘を付いた』と母

『なんの嘘ば付いたか』と言う父

其の時、病院を出たいばっかりに言った嘘なのか、いや、其の時は嘘ではなかったのでしょう

認知症が悪さする事で、昔の事はよく覚えています、新しい事から忘れてしまいます。







翌日父の様子が気になり、弟にメール

すると、退院は失敗だったかな?と言う返事


夕飯は食べようとせず、水分も中々取らず

せっかくベッドを準備してたのにベットは嫌だと聞かず、下に布団を敷いて寝たとか

今朝も、ご飯は食べようとせず布団から出ず・・・と

それを聞いた私、気になって朝早くから実家へバス

9時半に到着

父は布団の中でごろごろしておりました

『父さん、もう、9時過ぎてるよ、起きてご飯も食べないと』って起こそうとするが

『よか、起きても何もするものが無いから寝とく』と

日がな一日、どこにも行かないからとパジャマ着てゴロゴロするのもどうかな

ちゃんとしなきゃ!

起こして、朝食の支度して『さ、食べなさい』・・・『よか、食べとうなか』

じゃー薬だけは飲もうね。飲ませました。

様子見ながら暫く雑談、繰り返し繰り返しの話に何度も同じ返事する私

これじゃー 回りの人間は神経すり減らし、疲れるよねぇ

退院当日はお風呂に入ってなくて、私が入れなければ入れてもらえないか、入らないだろう

お風呂を貯めてもらい父をお風呂に入れた。

服の脱ぎ着〜体洗いすべてこちら任せの父

そんな父が『ごめんね、なんもできんけん』と一言、許せた

私も頻繁にはいけず、その間のお風呂はどうなるのやら?気がかり

この日、包括支援センターの人が様子見に来られた

母と父、私の三人、両親の窓口であるお嫁さん隣の部屋
(私が居るからいいと思ったのでしょうけど、そうじゃないでしょう!!)



支援センターの方は、両親の寝室からトイレへの距離など見て回りました

ものがあふれ掃除が行き届いてない通路、恥ずかしくて´_`

しかし、ありのままを見せることが良いのだろうとあえて其のままに

今週土曜日からでも母と一緒に父がデイに行ってくれたら、それがこれからの課題です

体の疲れは、寝たら治る、しかし、精神的な疲れは寝ても取れず、日に日に溜まってゆき
その内、体も疲れはてどこかしら不調となってくるのです。

自分自身の両親の事で、旦那さんを使うのはどうにもこうにも気が進まず


義父母の事も義妹にまかせっきりなので申し訳なくて

時々ではあるけど、電話で義妹の愚痴を聞いてあげるくらいしか出来ない私

私の愚痴は娘が聞いてくれてるけど、本当はそんなそんな愚痴は聞かせたくないのが本心

そんな愚痴をいっぱい聞いてくれる人がいればスッキリ出来るのにと時々思う

一番身近な人、旦那さん?聞いてるのかなぁ?聞いてくれてるの?

話はすべて途中でストップ、もう、いい、話したくない!そうなることの方が多い

それで、ストレス倍増

これからは何度となく実家へ通う日々が増えてくると思う、腹立たしくてイライラもするけど

実の両親だしほっても置けないし



もし、ここに両親が居るのであればもっと色々としてあげれるししてやれるって旦那さんが

ありがたい言葉でした・・・が、

同じ家の中で両親の世話しながら、旦那さんには今以上に気を使わないといけなくなる
(何の、気を使ってるかと言われそうだけど)

別に住んでて自分が動いて通って世話したほうが気持ちは楽
(疲れも溜まるかも知れないが)

あ〜これからどうなってゆくのでしょうか?

とにかく父がデイに通ってくれさえすれば一つの課題が消え去るのですが

それが出来ないと先には進まないこと間違いない´_`

下手すれば、食事も取らず、何にでもイヤ、よか!と言うことになってきたら

いやいやながらでも父は病院へ逆戻りとなる可能性有り








AutoPage最新お知らせ