ドラフト(E)  

中村紀洋を解雇し、メジャー挑戦の岩隈の東北楽天ゴールデンイーグルス。
今季68人から福盛・リンデン・小坂・憲史・石川 賢・藪・宮出・ヒィリップスが退団。
岩隈・中村を入れると既に10人減。
指名は大石達也を外してしまい5人。育成が3人でした。

新入りは
塩見貴洋・・・今中慎二タイプ?ドラ大野は上体の強い剛球左腕。塩見は下半身をうまく使った美しいフォームでスローカーブを使う。

美馬学 ・・・顔は小泉孝太郎タイプ?一年前ネタに登場した“炎のストッパー”はこの美馬です。http://red.ap.teacup.com/applet/manekigotenn/msgsearch?0str=%82%A0&skey=%83K%83X&inside=1&x=54&y=9神宮で見た社会人野球で先発した左腕(タイガースのドラ1榎田大樹)をドラフト候補と友人に解説されましたが、ピンとこなかったけど、美馬は一目で凄い!と直感。俺の目はプロレベルなのか(笑)このドラフトで一番注目してました。
クリックすると元のサイズで表示します

阿部俊人・・・ 田中賢介タイプ?東北福祉大の遊撃手。背番号1の塩川達也も福祉大の遊撃手だったよな。

榎本葵 ・・・九州のイチローは川崎市多摩区中野島中学出身。

勧野甲輝 ・・・清原和博以来のPL1年生4番。

育成の3人
加藤貴大・・・ヤクルト幹典の弟。二人とも偏差値66の高校出。

木村謙吾・・・仙台育英・投げるおかわり君。見覚えある。このクラスで育成枠指名とはプロに都合の良い制度だな。
クリックすると元のサイズで表示します

川口隼人・・・双子の兄も巨人の育成枠

育成枠・・・巨人もソフトバンクなど育成枠利用して3軍編成で好評価を受ける風潮がある。確かに他球団から補強ばかりするとバッシング受けるし、以前経費かかる2軍不要説で批判浴びた球団もあったような記憶があります。
若者の受け皿は必要かも知れませんが、プロ球団はあくまで最終目標は1軍の優勝。
3軍まで作って選手を飼い殺しするより、少数精鋭30人選手枠で優勝が理想だが、
せいぜい2軍も廻る60人くらいでいいと思う。
3軍級の若手育成は独立リーグや米マイナーリーグのように別組織を作りるべき。

巨人の山口や松本が“もしもラフト1位指名”で新人王なら巨人のスカウトは称賛に値する。
0

ドラフト(D)  

戦力充実のドラゴンズで通用する選手との高いハードルから指名は2、3人だけ?
との報道もありましたが一般的な5人指名。
今季67人からセサル・バルデスは帰国したが日本人退団者は発表されていない。
退団人数が増えそう。
年齢的・日本シリーズ40人登録から漏れて年齢26才以上は

金剛弘樹31(通算27登板0勝1敗)
齊藤信介28(通算36登板3勝2敗)
小笠原孝33(通算183登板31勝38敗)
長峰昌司26(通算69登板5勝5敗)
佐藤充32(通算33登板11勝10敗)
−−−−−
西川明26(通算20試合3安打1本)
澤井道久31(通算81試合8安打0本)
柳田殖生28(通算14試合3安打1本)

以上8人。みな戦力になる可能性はあるのだがこの中の誰か。。。><

新入り5人は
大野雄大・・・杉内俊哉タイプ?ドラの先輩左腕川井進も改名して“ユウダイ”だが、太いの雄太。
背番号はチェンが退団するなら21が空くが良い番号の空きがまったくない。
ルーキー捕手・松井雅人の47を譲る?

吉川大幾・・・西岡剛タイプ?PLの主将

武藤祐太・・・松坂大輔タイプ?昨年フラレタ諏訪部貴大と同じホンダ所属

森越祐人・・俊足、好守の遊撃手(打撃は鍛える)ドラ谷哲也タイプ?名城大は鎌田・英智・清水昭とドラ多し

関啓扶(菰野)・・・川上憲伸タイプ?三重県コモノチョウの高校生。

戦力充実のドラゴンズ・・・セリーグ優勝したからではなく、1軍半の人材が豊富ってだけ。いでよ!長距離砲。


0

立ち上がり  

ふと、海月商会の試合結果早見表
【海月商会株式会社→業務報告→試合記録】をみていると
今年は借金10

1月から4月くらいまでがずいぶんと青い文字が目立つ。
3月まではオープン戦とか、ストライキで4月中旬開幕(1994の大リーグ風)とか、そっからカウントなら勝率5割くらいの成績・・・だから?

一言欄みると1月のダブルで、渡辺、8タコの衝撃。悩める安打製造機…あるので
先週の7タコはまだまだ底ではない模様。
“ながーい連続打席ヒット無し”イベント発生は毎年頻繁に起きています。
 心技体が高いレベルで揃わないとヒットが出ないし、
こちらが3つ揃った状態でも相手投手がカモじゃないと打てないし。
 草野球始めた頃から、タコorマルチの極端なタイプで、最低1安打確保とかコンスタントに出来るタイプではありません。

昔々は最初に打てば交替なし、逆に2タコはヨコタ選手と交替とかが多く、
率より安打数を狙っているので残念感もありつつ、
打率の低下を回避出来て救われた感も。


 チームに話を戻すと昨年はオープン戦で逆に赤い文字ばかり。

08年、06年は黒文字ばかりとザックリ流していて目を引いたのは

06年3月の“同伴出勤参加も大炎上!”・・・懐かしいですね。

この頃は“わごむ”との対戦がやけに多いけど、どんなチームだっけ・・・

0




AutoPage最新お知らせ