2005/10/14

おいらの思い  



何であの時、あんな気持ちになったんだろう。

病院で先生と話した時。


おいらは昔美容師だった。
B級の講師もしていたので、全国あちこちで講習とかもやっていていろいろな美容師さんとも話をした。

良い美容師ってなんなのか?

(B級ってのは一流の講師の先生が都合で行けれなくなったり、ギャラの問題でお安くないと困る、っていった場合、登場できるのである。)

美容師は一応、プロの資格である。
であるから、誰もが出来ないことをする。

お客様は自分では出来ないので希望のスタイルを美容師さんにある程度委ねる事になる。
そこで起こる問題は決まっている。

全然思ったのと違う。
短すぎる。
イメージと違う。

美容師はプロであるが故に自分の感性を持ってしてお客様のスタイルを考える。
それぞれのお客様にはどんな長さがフォルムがイメージが良いのか、考える。
基本的には『お客様の立場になって』考える。
仮にお客様が長さを切りたくないと思っても、いや、あなたは短いのが絶対お似合いですよ、と、美容師さんの感性を押し付けることもある。
場合によってはさっさと切ってしまう。

お客様は自分でその技術が無いゆえ、プロに委ねるわけだがすべて感性もなにもかもを委ねる人ばかりではなかろうに。

プロ意識をはきちがえるとそおいう事がまま、ある。

おいらはそおいう美容師の在り方に不満があった。
自分の技術を持ってして個々のお客様を満足させてこそ、プロじゃないかと思っていた。
自分の感性に合わないからといってじゃあ他所へ行きなさい、おいらは出来ません、というのも嫌だし、こんなはずじゃなかったと涙を浮かべられる(本当に泣きますからね、みなさん)のはもっと嫌だった。

たかがヘアースタイルである。
2ヶ月もすればもう、全然、なんでもなくなる。

そんなヘアーに関してでさえ、そんなもんだ。

おいらにはあの時のお医者の言葉がそおいうプロ意識をはきちがえた高慢な態度として感じられたのだろう、と思う。


クリックすると元のサイズで表示します


たかがネコの生きる、死ぬ、である。
実際、そう思う人だって世の中にはどっちゃりいるし、好むと好まざるに係わらず、そういう状況になる時だってある。
それ以外、そうではないと思える人がいて、その中でもこうしたい、ああしたいと考える人がいて、でも、ネコがお病気になって自分ではどうすることも出来なくて、プロのお医者先生に治療を委ねるのである。

お医者先生のひとつの感性によってのみ、全ての飼い主の感情がひとつの方向に向いて丸く収まると思うのは、まったくの思い上がりであり、あまりにも思慮が足りないと、思う。
私のいう事がわからなければ他所へ行け、というのならば、もってのほかだ。
お医者先生はおいらたちの出来ない素晴らしい技術と知識を持っているからである。
その技術と知識をひとつの感性だけで放棄するというのは稚拙だ。


おいらは自分の手の中でマクさんが死んでいくのを望む。
勝手だけど、自分勝手だけど、そう思う。

もし、病院で死んでしまっておいらがそばにいられなかったら、それは先生の感性が言わしめる、よかったでしょ?病院で苦しまずに死ねてよかったでしょ?家で苦しい顔を見ずにすんだでしょ?ネコは帰りたくなかったんだよ。って1億回言われても、一生後悔するだろう。

おいらはそんなふうに思った。


2005/10/12

マクさんの苦しみ  


おいらの書くことは間違っているかもしれない。


マクさんがかなり弱っている。
今朝もご飯を食べず、ほとんど寝たままだった。

夜、ネコ病院へ奥さんが連れて行く。
戻ってきたのは奥さんだけ。
かなり様態が悪いので入院だと言われたらしい。

おいらは何匹かのネコを家で死なせている。
マクさんの今日の衰弱からして、おそらくもう、長くは生きられないだろう。

入院して元気になって戻ってくるということは、多分無い。と、思う。

マクさんは病院へ行くのをすごく嫌がる。
今日だって、あんなに衰弱していたのに、大きな声で何回でも鳴いた。
良くなるんだからがまんしな、って、いつもは思う。
今日は、そう思えなかった。
かわいそうだなあとしか、思えなかった。

おいらは悲しかった。
マクさんを病院へ置いておきたくなかった。

クリックすると元のサイズで表示します

おいらはすぐ病院へ出かけた。
マクさんを連れて帰ろうと考えたからだ。
死んでいったほかのネコのようにマクさんも家で見ててあげたいと考えたからだ。


マクさんは病院の奥の部屋にあるゲージで点滴を刺されていた。
目は虚ろだったがそれでも病院へ行く前よりかはいくらか元気があるように見えた。

しばらくマクさんを見ていた。

先生に話をする。

マクさんはどうでしょう?
最後は家で見たいのですが。

先生は言う。

まだ、なんとも言えません。
ただ、今は苦しんではいません。
3日経っておしっこが出なければだめでしょう。


だめなようなら家につれて帰りたいのですが。


家に帰れば苦しんで死にますよ。
苦しんでのた打ち回って死んで、よかったよかったって、思いますか?


このバカ医者は何を言っているのだ、と思った。
誰に話をしているのだと思った。


そんなこと思うわけ無いじゃないですか!
そんなことおもうわけないでしょお!

おいらは泣きながら言った。

家のネコはここ10年くらいこのお医者に診てもらっている。
ネコに対しての気持ちの一生懸命さは有名で、遠くからもわざわざここまで来るネコ好きも多いと聞く。
家のネコも何匹かはこの先生に最後まで診てもらっている。
良い先生なのだろう。


先生/
ネコの気持ちになって考えて御覧なさい。
無理やり家につれて帰られて苦しい思いをして死ぬのですよ。
あなただったらそれでいいのですか?
人間でも同じです。
家に連れて帰って死なせてあげたいと思っても本人は病院へ行くことを願っていますよ。
苦しむのが嫌だからです。
ネコも人も同じです。
家で死んだ猫がどんなに苦しい顔をしているか知っていますか?
ここで死んだ猫は皆、安らかな顔をしていますよ。
みんな病院で死なせたかったって後悔しますよ。
最後まで病院で診ているシステムは日本でここだけです。

私はただただ長く生きさせようとは思わない。
今の苦しみを出来る限りとってあげたい。
ネコの気持ちになってね。


得意げに話すバカ医者をなぜだか無性に殴ってやりたい衝動が走った。


おいら/
家でも苦しい顔で死んでいった猫を何匹か見ていますがおいらは後悔していません。
それに、延命させず、苦しみをとるというのならば、それは、安楽死が一番良い手段に聞こえますが。


先生/
その問題は宗教的な問題です。
例えば・・


とバカ医者は得々とこの場では必要の無い宗教論や安楽死を説く。


おいら/
今その話はいいです。


先生/
いや聞きなさい。


おいら/
それはまたどこかで勉強します。おいらは別に安楽死を望んでいるわけでも無いですから。



おいらはマクさんに何もしてあげれない。
家に連れて帰っても背中をさすることしか出来ないだろう。
それすら、マクさんにとっては苦しい余計な行為かもしれない。
おいらは、ただ、ただ、かわいそうだと思う事しか出来ない。

苦しむのが解かっていてそうさせたいとも思わないけど、この病院では死なせたくないと思った。
無性に思った。

飼い主にも思いはある。
飼い主それぞれ、いろいろな思いがある。
ネコの気持ちを説きながら飼い主の複雑な気持ちを無視しても良い、というものでもなかろう、と思う。


おいら/
人とネコは違いませんか?


先生/
いや、同じです。


同じらしい。
おいらは違うと思う。
おいらは死ぬ間際に苦しければ病院へ行きたいと思う。
家族だって病院へ連れて行く。

マクさんは家族だけど、ネコだ。
それが、人はこうだからネコもしかるべきだ、と言われても果たして、おいらは辛いだけだ。

あなたが連れて帰ったネコが苦しんで死んでいくのをよかったよかったと、喜べますか?
笑顔で手を叩いて飼い主に問うこのバカ医者が、例えどんな名医でも、おいらは絶対に好きにはなれない。

おいらは何もすることが出来ない。
マクさんは今は落ち着いている。
おいらは先生に頭を精一杯下げ、くれぐれも宜しくお願いして、病院を出た。
先生のご判断で、だめなようなら、すぐ連絡下さい。家に連れて帰ります。とだけ、伝えた。

マクさんはほんとうに寂しくないのだろうか?
マクさんはお病院がよいのだろうか?
おいらはマクさんの入院が絶対嫌なわけでは無いし、少しでもよくなれるならば、マクさん、がまんしなって思える。
でも、このままお病院で死んでしまうのだけは絶対に嫌だ。
家に連れて帰りたい。


今、おいらはとても悲しい。

おいらは間違っているのかもしれない。





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ