2005/11/24

いろいろ、その後、そんで今日。  

  

いろいろ、その後の事など。

10月後半は夏前からのとばしっ放しによる体力の限界から拾っちゃったらしき風邪やら、なんじゃかんじゃの精神的ダメージやらとで、何年かごと、不定期周期でくる『へにゃれ期』に入っていた。

『光の帝国』(恩田陸)のあの人たちの『虫干し』みたいなもの、っていえば解る?

おいらの『虫干し』は大体2〜3週間、へたれる。
1週間がピークでその間は何もできないでいる。
仕事も話も何もしない。
人とも会わない。
部屋でただ、寝る。
ご飯は、一応、食べる。
誰も部屋に入れないので(猫以外)ご飯は部屋の外においてある。
食べたらまた外に置いておく。
明日から食事量は半分にしてください。って言う、『優子』(乙一)の旦那さまみたいに。
さすがに人形は並べないが。

マクさんは10月17日の月曜日に無理やり退院させた。
バカ医者曰く「つれて帰ったら2〜3日」って捨て台詞。
元気になったとはいえないけど、アレからすでに1ヶ月以上、生きている。
おいらは11月の10日にコロンバスに発った。
「帰ってくるまで絶対に死ぬなよ」って約束を、マクさんは忠実に守ってくれている。
ご心配していただいた皆様にご報告が遅れたこと、本当にすみません。
そして、感謝です。

んで、成田経由で23日の夜、名古屋へ帰るはずだったのが、エンジン不良の為シアトルで緊急着陸。第四エンジンがいかれたとか何とかで成田に着いたのは4時間遅れ。
結局、23日の名古屋への乗り継ぎが出来ず、今はまだ成田周辺のホテルに。
100回以上アメリカ路線を飛んでるけどエンジン不良での緊急着陸は初めて。
お病人やら天候不順でのそれはあったけど、エンジン不良ってのはちょっと緊張した。
アナウンスも『詳しい事は解らない』ってぼそぼそ言うし。

ただ、天候不順とかの延着と違っていろいろな手配やそこそこの費用は航空会社もち。
飛行機、雷で飛べないから明日ねっ!って放り出されるあれよりはなんぼかましだけど。

今回はたまたまハンドキャリーの商品があって荷物がどっちゃり。
明日の代替便名古屋行きも用意してくれたけど、どうがんばっても名古屋着がお昼ごろになってしまうらしく、仕方なし、早めの新幹線で帰る。
ので、今のところ、山のような荷物の移動を思うと、とてもわずらわしいのである。

(写真はラリー・ジョンソンちの『マウンテン・マウス』。もちろん、売り物。全部で3ドルでどうだ?とか言っていた。買ってないけど、ラリーはこれ売っていくら儲かるんだろお〜?)

クリックすると元のサイズで表示します





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ