2006/6/29

東山荘のもじゃもじゃの秘密  てきと〜な




◇家の近所に「東山荘」という名古屋市の管理する古い建物とお庭がある。


クリックすると元のサイズで表示します


入り口の看板の屋根のもじゃもじゃに(あおいやじるしの辺り)、なんか、もっともじゃもじゃがにょきにょきしていた。

(もじゃもじゃは写真をぽちっとするともじゃもじゃ度合いが増しますぞ。)

こんなもじゃや↓


クリックすると元のサイズで表示します


こんなもじゃも↓


クリックすると元のサイズで表示します


もじゃもじゃはわりと好きだ。



クリックすると元のサイズで表示します


2006/6/28

瑞穂の屋上ファーム  こんなこと




◇ここ2〜3日熱っぽくて体がだるくって、食欲がなくて頭が痛かったりする。
普通なら風邪、風邪!ってなもんだが、ほれ、こころが弱むしで軟弱なおいらは、びびる。
体の元気は弱虫の心の支えなので、体調が芳しくないと、びびる。
こうしたちょっとした体調の変異にビクビクするのがいちばんいかんのに、いちばんいかん考えがつい、つい、過ぎる。目的が見えなくなる。


あ〜めんどくせえ〜って、ど〜んって、構える強いお人に、なれんもんだろうか?
それを食べるだけで、そおいう北斗神拳の伝承者みたいにどおお〜んとなれる食いもんって、ないだらうか?仙人の桃みたいな、んなやつ。
ってか、そんな都合の良いもんじゃったらば、それ食ったらどんな病気も治るわなあ〜

ってな具合で、ぐるぐるぐるぐる、しょおむない脳の回転を繰り返し、ナスなんか収穫するわけである。(え?)


クリックすると元のサイズで表示します



◇ふふふ。そうなのだ。ここ「瑞穂の屋上ファーム」では今や、ナスなんかの収穫がはじまったのだ。ふふふ



クリックすると元のサイズで表示します



懸念された外敵は芋虫以外これといってあらわれず、「ちっこ過ぎるぞプランター」と世間から避難ごうごうの、確かにちっこいプランターでの特別栽培野菜でわあるが、まあ、まあ、なんとも嬉しい実りでわないか。

ししとうが最初に「ししとう」になった。そのあとピーマンでナスやごおやは今日が始めて。


クリックすると元のサイズで表示します



ごおやはチャンプルーで。
ナスは焼いて。
本当においしゅうございました。

ふふふ。これが仙人の桃だな。
体の元気が戻るな、きっと。



クリックすると元のサイズで表示します

2006/6/26

こりわなに?ぱーとV  



◇雨の日の山椒。


クリックすると元のサイズで表示します


ん?山椒?
山椒やみかんはやばいのだ。



クリックすると元のサイズで表示します



ここ、ここ!こいつです!



クリックすると元のサイズで表示します



ちょいと前、たくさんの卵、発見。
おいらんちの山椒はまだ子供なので全部孵化したら一晩でまるはだかにされること、間違い無し。
でっかいみかんの木とかならいっくらでも食べさせてあげるのになあ〜と、思いつつ。
う〜ん、申し訳ないけど、卵は葉ごと、切り取ることに。
その後、見落とした卵から何匹かが孵ってしまったようで葉っぱ、かなりむしゃむしゃ状態に。
うううう、すまんのお〜。って、これまた切り取ったんだけど、この一匹は見落としてました。

見事なアゲハチョウの幼虫、青々と最終段階。
ま、ここまできたら最後まで育ってもらいましょお〜
おねがいだからあんた一人で全部喰うなよ〜



クリックすると元のサイズで表示します


2006/6/25

こりわなに?ぱーとU  




クリックすると元のサイズで表示します

◇なんだか見覚えのあるタッチ?





クリックすると元のサイズで表示します

これは後姿。





クリックすると元のサイズで表示します

久々、SHAGもんをオーダーしてみた。
去年かなんかのサンディエゴ・コミック・コンベンション限定のQEEで、おなじみカジノシリーズの8インチ・ソフビねこ。
以前、陶器のTIKIとか限定であったけど、そおいやあ、SHAGのフィギュアってあんまり無いよね。
けっこうレアかなって思うんだけど、あんま、売れとらんみたい。
おいらはすきなんだがにゃあ〜



ついでなのでこれもオーダーしちゃった。

クリックすると元のサイズで表示します


クラゲメカモアイのピンズ。
おいらとしてはブラックキャットやTIKIより、こいつが一押しキャラですな。
全て良いとこどりのスーパーキャラとゆうても、過言でわにゃい!

はよこんかなあ〜



2006/6/24

まあ、爆発のひとつって感じ?  



◇こりわなんでしょう?


クリックすると元のサイズで表示します


第二次大戦中、日本陸軍が秘密裏に開発した鉄人のプロトタイプ?
ぱちもんの自由の女神?
とげとげ軍曹?
いやいや。

名古屋の北区のこんなお寺に鎮座(?)しておりまして。



クリックすると元のサイズで表示します


こおんなサインもありまして。


クリックすると元のサイズで表示します


なんでもその価値10億円(なんでも鑑定団調べ)とか。


でも、10億円、勝手に触ったりぴちぴちしたりごんごんしたりもできまして。


クリックすると元のサイズで表示します


昭和40年に岡本太郎先生がこさえた「歓喜の鐘」ってやつです。


クリックすると元のサイズで表示します


いやあ〜なかなか見所満載でした!
名古屋在住の方わ是非、ぴちぴちやりにいきましょお〜




2006/6/21

お気に入り新兵器  



◇どうでしょお?
この乾燥マシン。



クリックすると元のサイズで表示します


友人宅の近くの農協へ新鮮野菜を買いに行ったとき見つけちゃったもの。
一回目に見つけたときはすげえ欲しかったんだけど、さして使いどころも無いような気がして買わなかった。
んで、2回目にますますどうしても、ってくらい、欲しくなっちゃって、いざとなったらCDでもいれればいいやあ〜、どうでもいいやあ〜ってな具合で、購入。

でっかいのはすっごくでっかくて立派で、お値段的にも割安なのだが、さすが、いざとなったらCDだけでは物足りないだろうってことで60センチくらいのちっこいサイズにした。

いや、これがまあ、なんか、いい。
今のところ、普通に、ハーブの葉っぱなんかを干していたりする。

ど?


クリックすると元のサイズで表示します

干してるっ!って感じが、いかにも良いでわないか。
こおいうどうでもいい事に喜びを見つけ出せるのわ、至極、良い。
果たして、そお言う喜びをいくつ見出せるかが、さしあたりの重要な課題だ。(か?ほんとか?)


◇メダカの日除けの内側の感じも好き。
なんだか夏夏して、良いでわないか。
ついつい足のしびれるのも忘れ、じっと見入ってしまう。


クリックすると元のサイズで表示します


立ち上がる時へにょへにょになるのだが、それでもまた、次の日も、見入っている。
重要な課題だからだらうか?(ちまうとおもう)




2006/6/19

アンチエイジング  がんになっちゃった




◇「抗老化」って意味なのだそうだ。
高齢化社会の健康スタイルって感じか?

クリックすると元のサイズで表示します

(↑お気に入りの八つ頭の葉っぱ。すっげえ勢いなのだ。)


土曜日に「第1回アンチエイジング国際シンポジウム&エキスポ東京」っていうのに行って来た。
その会場で『ガン患者のアンチエイジングとは?ガンに負けない!ゆったり いきいき「スローヘルス患者学」のすすめ』という市民講座があったから。

関根 進さん(スローヘルス研究会会長)とか黒川 宣之さん(前「週刊金曜日」発行人)とか翻訳家の藤野 邦夫さんとか女優の宮崎 ますみちゃんとか、なかなか渋めのガン関係者による講演、ディスカッションという内容。

関根進さんは元週刊ポスト編集長でご自身のガン体験をベースに多数の本も出版され、日本のホリスティック医療推進の要に位置するお一人。
帰りがけにちょっとだけ直接お話が出来て「冬に入る前は死んじゃいやすいから気をつけないとね」ってニュアンスの一言が、さすが堂に入ったガン患者さんぶりで、おいらはとても感銘した。

んで、今回も思ったのだけれど、一言でガンと闘うって言っても、その内容は実に豊富だ。
いざって時は、まったく、あの方法、この方法と、試すにいとまが無さそうである。
それは関根進さんのいう「ガンとの闘いは情報戦」であり、それを知ることはまた、とても心強い。

そんなこんなのあっという間の4時間、とても良い市民講座でございました。


クリックすると元のサイズで表示します

(↑玄米を発芽させ埋めておいたら苗になったのだ。田植えたうえ!)

◇おいらはそれほど世の中、「アンチエイジング」でなくても良いのでわないかと、思ったりもする。
自然に老いて行くのは良いねえ、と、思う。
おじいさんに腹筋やキントレはいらない、と、そんな感じでの思いだけど。

自分をだんだん、ああ、自分は自然の中の一部だったんだって感じれる、そんな老いが良いねえ、と思う。

普段から粗食とか散歩とか早寝早起きとか、普通で歳相応な自己管理をしながら「アンチエイジング」を意識せずに自然な老いに徹する。それがいいねえ。そんなんがいい。
んで「冬に入る前は死んじゃいやすいから気をつけよっと」って、そんな感じが、うん、実にいいと思うのだ。




2006/6/15

りにゅーあるに不満  



◇昨日の話し。

今月、おいらの会社は決算だ。
んで、決算ちゅうと、おいらしか出来ない精算ってのがあって、毎年、おいらはそれを、どうしてもやらなければならない。
んがあ、毎年のことだが、はかどらない。めんどうだからやりたくない。
今年も、いっこうに、やりたくない。はかどらない。
ちょっとやっては煮詰まってしまう。
今は療養半分って感じなので、やりたくないことに根を詰めるのはいかがなものかと。いかがなものかと、でわない。やらなきゃいかんのだ。でも、療養半分なのでいかがなものかと。でわない。やるんだ。すると、療養は? ええ〜い、きりがない。もお〜でかけてしまえ!(すんません、先生)

名古屋のテレビ塔が14日からリニューアル・オープンしたのだそうな。
そおいえば、愛知県美術館でわ「愛知曼荼羅・東松照明写真展」もやっている。
2本立ての理由だ。(すんません、先生)

昨日は実に暑かった。
散歩もかねて地下鉄で出かけたことはいいが改造人間のおいら、現地に立てば汗でずくずく。半端な汗でわない。
目標変更。とりあえず目指すわユニクロ。
下着を買い替える。
いまからこんな汗まみれな改造人間で、ああ、この夏、いったいどうなるんだ?

東松照明写真展は「表現者東松照明の原点と戦後日本の原風景に迫ろうとするもの」ってことだったけど、比重の多くは東松照明のアーティスティックな原点、って感じで、おいらの望む戦後日本の原風景としてはいまいちだった。
そおいう点では寺西二郎の見た昭和が、まさに、戦後日本の原風景だった。
ま、いろいろご意見はありましょうが、おいらとしては、で。


クリックすると元のサイズで表示します

(テレビ塔展望台よりオアシス21とか愛知芸術文化センターを望んでみる↑)


んで、テレビ塔。
昭和29年に出来たってことで、おいらのいっこした。
いっこしたのくせに、去年、登録有形文化財になっちゃってる。
とても出世した塔なのだ。


クリックすると元のサイズで表示します

   (昭和29年開業日の写真↑)


まあ、リニューアルって言われても、それ以前が何十年も前に来たっきりなのでどこがリニューアルなのか、だ。
塔全体に銀色のペンキが塗りたくられた感じはあるのだがそれ以外、リニューアルっぽいところ、例えば、エレベーターの扉が素敵なテレビ塔モチーフだったのでガイドさんに聞いてみると、いや、これは前からです。ってなもんだ。

せっかくだから、リニューアルなテレビ塔土産でも買って帰ろうと、あたりを詮索してもそれらしいお土産売り場は見当たらない。
入り口にはかっこいいカフェやレストランやギャラリーがかっこよく並んでいて、こやつらがリニューアルな目玉なのだろう。
ああそうか、お土産は展望台でこっそり売っているのだと、おいらは600円のチケットを買ってエレベータへ。
でも、展望台は展望台だけ。お土産屋さんはどこにもない。こっそりでも、ひっそりでもなく、なあんもないのだ。

げ、である。

東京タワーはすごいのに〜
滅多に手に入らない東京タワーのプラモデルまで売ってたのにぃ〜

帰り際にかっこいいカフェの前の案内でお土産売り場はどこですかあ?って尋ねると、「クスクス、リニューアルに際してなくしちゃった」だって。クスクスじゃあねえだろお〜おお〜??

かっこいいだけがえれえんじゃねえぞお〜
プラモデル、うれえ〜〜
あんちもにぃ〜のタワ〜、うれえ〜〜
タワ〜の横に鹿かなんかいるやつ、鏡とかついて、バックに名古屋城もあって、そおいう、かっこわるいの、うれえ〜〜
なめとるとモスラに繭かけさせるぞぉ〜〜 お〜ん?


クリックすると元のサイズで表示します

2006/6/13

宇宙大戦争な水草  



◇ウオーター・マッシュルーム。


クリックすると元のサイズで表示します


水草として育てても、てきと〜に植えても育つ、って書いてあった、まあるい葉っぱの草。
土半分、水半分で窓際に置いた。


クリックすると元のサイズで表示します



おいらのちびっ子時代、東宝で「宇宙大戦争」(1959年)って総天然色なSF映画があった。
宇宙人が地球に攻めてきて、地球防衛軍が迎え撃つ、っちゅう勇ましい話だった。
おいらはこの「宇宙大戦争」に、ミステリアンとかモゲラが出ていたのだとばっか思っていたんだが、実わ、この3年前(1956年)に「地球防衛軍」ってのがあって、そいつらはそっちの映画に出ていたことがつい最近、判明した。
なんのことわない、おいらの中でわ、この2本の映画の記憶がごっちゃになってしまい、豪華絢爛な2本立てストーリーな「宇宙大戦争」がず〜〜とあったわけだ。

ほかにもそおいう事例が記憶の中にあるやもし?
七色仮面と多羅尾ばんないを混同していないか?
いや、そこわ、だいじゃうぶ。
隠密剣士に白影が出ていた?
いや、白影はでとらんでとらん。
ま、そんなこたあ〜どうでもいいのだが。

ともかく、ちびっ子のおいらはその「宇宙大戦争」なる映画が大好きじゃった。
駄菓子屋で当たり付きプロマイドをいっぱい買い、それを見ながら怪しげな円盤やロケット、攻撃用のレーダーをあちこちに描きまくってはひっぱたかれていた。
特に、なぜだか、その攻撃用のレーダーにおいらは、とてつもなく、こころひかれたものだ。
それはでっかいパラポラアンテナみたいなレーダーで、ひょおうううううううう〜〜〜と光線が発射される。
うむ、レーダーは攻撃用だったのだ。その昔。
すかぱーどころでわないのだ。

その攻撃シーンに伊福部ミュージックがかぶる夢を、ちびっ子のおいらは幾度となく見てうなされていたそうな。

なあんであんなにレーダーがよかったんだろうなあ〜
レーダーだったんだろうなあ、なんとなく。

でも、まあるっこいアトミックなオブジェは今でも好きだし、マンションにごっそりとあるパラポラアンテナ群が皆、あらぬ方向に向けられているのを発見すると、やっぱ、どきどきしたりする。

窓際で、いかにも外の世界に対峙するかのごとく威嚇する勇ましいウオーター・マッシュルームの姿!!


クリックすると元のサイズで表示します

こやつらはその「気」を虚空に向けて静かに♪ひょおおお〜〜〜〜って放っているのだらうか?
ああ、どきどきする。




2006/6/10

く〜さんとかマクさんとか  



◇この場合の「く〜さん」は名古屋水族館のしゃちの「く〜さん」ではない。
うちの黒い「く〜さん」だ。
「く〜さん」はひどい。
なにがひどいって、いろいろひどい。

ひどいうちのひとつ、攻撃前の「にゃんぴょう」みたいな「く〜さん」の顔はひどい↓


クリックすると元のサイズで表示します


まくさんと一緒にしょっちゅう椅子の上で寝る「く〜さん」だが、あまえてあまえて「でぶねこく〜さん」はその勢いでやせっぽちのまくさんに覆いかぶさり、まくさん、圧死寸前に追い込まれる。
そおいうときに「く〜さん」をしかると、「く〜さん」はなぜか、照れる。
まったくひどいったらない。


クリックすると元のサイズで表示します


まくさんは最近ほとんど目が見えない。
夜は本当に見えにくそうで、トイレに行くのに何度でも壁にぶつかり、テレビにぶつかり、何とか辿り着く。
ときどき辿り着けず、もらしてしまうのだが、まくさんだから誰もなんとも思わない。
あ〜残念だったねえ〜まくさん〜がんばったのにねえ〜ってな具合で。
これが「く〜さん」だったりしたらひっぱたかれてご飯抜きだな。やっぱ。
そんな「く〜さん」だけど、ま、いいとこもいっぱいあるし、いっぱいかわいいけどね。


クリックすると元のサイズで表示します





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ