2006/7/30

ラッパーなネコ公園にて、せみ、時を待つ。  




◇昨日は暑かった。
んでも、お昼からは仕事に行ったりして、ここんとこ朝がいまいちなおいら、暑い日は日中の散歩時間がなかなかままならぬのだ。
そんなわけで、寝る前、夜な夜なの散歩となる。

ゆんべのコース。
家〜川べり〜おおどおり〜博物館前〜こどおり〜コンビニ(週刊誌立ち読み)〜川べり〜家。

このコースは好きだ。
川べりを夜歩くのわ、実に良い。
日中はあまり感じられない川方面からのわさわさした音とか、そおいう謎めいた感じが、実に良い。
時折、音の正体を探ろうと、一生懸命に目を凝らしては川面を見渡すのだが、しっぽり、闇と同化したそれは、まったく、なにがなんだか解からない。

その解からないとこが、また、実に良い。

しばらくすると、わさわさした音は確かな波音となり、波音は、ばしゃん、ばしゃばしゃ、ばしゃんと、荒々しく不揃いな響きになり、やがて薄っすら見えてくる波打つ川面からして、その異様な状況を察することはいとも容易なのだが、それでも、ともかく、なんだか解からない。
あたまんなかでわ、でっかいマライガビアルっぽいワニがそこそこのでかい鯉を襲っている図がうかびあがる。。
マライガビアルって夜行性だったっけ?
だから昼間は見ないのかあ。
いやはや、すごいものだなあ〜やんや、やんや。
と、想像は尽きぬ。

そんな感じで、夜の川べりは、楽しくて良いのだ。

ふと足元をのたのた何かが横切る。
あぶらゼミの幼虫。
これこれ、ここわ道路だよ。と、ひょいと摘み上げる。
幼虫はおいらのてのうえでどひゃ〜とばかりごそごそするが、結構、往来のある夜のジョガーに踏みつけられるよりましだろう。


ラッパーな野良猫がいる公園はすごそこだ。
このぐらいの時間だと、奴わベンチにひょこんと座っているのだが、今夜は不良少年少女がたむろっている様子。おそらく木陰に隠れているに違いない。


クリックすると元のサイズで表示します
(やつのモンタージュ。模様でわあるが、あごひげがなんともらっぱあー)



公園の脇には大木が何本かある。
手の中のごそごそはその大木のどれかにしがみつかせればよい。
一番でかい樫の木はすでに他の幼虫たちで満員だ。
木に近づこうにも足元をよほど注意深く見て歩かないと、のこのこ地面を這い廻る別の幼虫を踏んづけてしまいそうだし。
ならばと、ごそごそ、のこのこ、徘徊している何匹かをも、つまみあげ、よっこらせ、と、木に這わせる。
そのすぐ上、地面から1メートルほどの高さで、今まさに脱皮中の子も。

クリックすると元のサイズで表示します



ずっと上のほうでわ、さらに何匹かが葉っぱに掴まりながら今にも落ちそうな姿勢で、青白い羽根が色変わりする時を待っている。


ああ、真夏の夜。真っ盛り。
頭の中はせみ時雨。

そんなわけで、ちぇ。今夜もまた、夜更かし、だ。


クリックすると元のサイズで表示します




2006/7/28

健康オタク  おもうこと



◇かも?
ま、そりわそりで大いに結構だけど。
もともとがのめり込む性質(たち)なので、こおいうパターンもある程度、想定内、だ。
で、オタクである以上、そこそこ、らしくなったのか?
いろいろ検証してみる。


クリックすると元のサイズで表示します



@この場合のオタク、これといってコスプレは、ないな。
「ハダカでエプロン」? いや、ちがうだろお。男だし。いや、男、とかじゃあなく、根本がちまう。
しいて言えば「不健康そうな面構え」か?
(だいたい自然食のお店に元気はつらつっ!って店主を見たことが無い)
そこで、鏡のおいら。
不健康そうといえば、まあそうだし、ひげが薄い、といえば、まあ薄いし、不細工と言えば、まあ不細工だし、う〜ん、この際、そのへんでOKということか?(か?)
あ、コスプレじゃないけど、夏でも絹の5本指ソックスは?
寝る時も脱がない。その上に綿の2枚重ね。ど?オタク度、アップ?


A「にんじんジュースで手のひら、黄色」
うんうん、こりわ難なくくりああ〜〜〜
ここんとこ、量をアップ!多い日は1りっとるの生にんじんジュースだでね。ぷぷぷ
10キロの通販にんじんが1週間でなくなりますぞん。馬かて


B「はやねはやおき」
ここ。問題は、ここ。
いやあ〜ここをつかれると、ちと、辛い。
いやね、夏場はさ、夜のお出かけが多いじゃない?花火大会とかさ、野球観戦とかさ、さまあらいぶとかさ。
んで、今までほとんど夏場に遊んだこと無いんで、おいら。ついつい、調子にのっちゃってる。
お出かけしたくなっちゃうわけ。
そおすっと、帰りが、ほれ、遅くなっちゃうわけさ。
で、ついつい、就寝時間が、これまた、遅れてしまうわけさ。
健康オタクたるもの、遅くても夜の10時にはグースカピーと寝入っておらんといかんわなあ。
んで、朝はやっぱ、遅くても6時起きだわなあ。
あ〜あかんあかん。2時間以上の誤差がああ。
ここんとこ、あかん。


クリックすると元のサイズで表示します
(ねぼすけサラちゃん。ほぼ一日寝ておる。健康なのか?)


C「禁煙・禁煙スピーカー」
自らの禁煙はもとより、最近は禁煙スピーカーなる『チョイおせ(っかい)オヤジ』禁煙班だ。
ここもしっかりくりあ〜。

チョイおせオヤジは夏の風物詩、チョイおせオババのように、おせっかいをやく。
(夏のチョイおせオババとは、街頭の浴衣姿の若い娘を見つけるや否や、ちゃちゃっと近寄って、帯やらあわせやらえもんやらをちゃちゃちゃといじって、ふんとにもお〜とかゆうて鼻息荒く立ち去ってゆく、あの、オババだ。)
チョイおせオヤジ(禁煙班)とてまったく同様のおせっかいに違いない。

知人が目の前でタバコを咥えようものならば、すわ!ごちゃごちゃ言い出す。
ほれ、おいらみたいになっちまうぞ、とか、うんうん、気持ちわわかる、とか、いや、絶対にやめれるって、とか、脅したりすかしたり、挙句、「外で吸っても7メートルは煙の害が拡がるんだぞ」「おいら、あっちに行くわ」と、すたすたその場を離れてゆく。

真剣に禁煙を唱えれば唱えるほど、チョイおせオヤジ度は高まる様相だ。


Dウオーキング(散歩)・気功なんかの呼吸系実践
ちおっと、まだまだって感じか?
ここんとこ朝寝坊なのと、雨続きで、なかなか散歩が出来ていない。
気功も手抜きだ。
でも、できるだけ、歩いてはいるのだけれど。
例えば、自転車でヤマダでんき(坂道あり)通いの折、呼吸を気功法でやるっていうのは反則か?
そおいう反則技も裏を返せばオタク技かも?ぷぷ


E「玄米菜食」「粗食のすすめ」「禁こおら」「禁けえき」「禁寝る前のらあめん」「禁寝る前の餃子」「禁寝る前のすいか1玉食い」「禁寝る前のその他、なんちゃら食い一般」
くりあ〜


F「サプリメント」
こりわどうなんかなあ
一応知識は入れたけど、あんま、全般に興味ない。
帯津病院で直感による選択!ってことで一種類、あと、もう一種。んだけ。
通常、健康オタクってば、この部分を指すことも多いようだけど、基本はお食事、って考え方のほうが理に適っているような気がするので。




あと、なんだろお?
なんだか「なんちゃらバトン」みたくなってきた。


例えばGお風呂は生ミントの46度、足湯もばっちりとか、H歯磨き一日10回とか、I健康サンダルひと月に一足履きつぶすとか、J赤信号、みんなで渡れば事故多発、とか、いろいろ足して「健康オタクバトン」やる?




2006/7/27

けなげピイマン・わしがわしがシシトウ  



◇我が『瑞穂の屋上ファアム』もこの長雨でなかなかぱっとしない。
なすやごおやはあんま、花をつけれずにいるし、葉ものもぱっとしない。
そんな中、なんだか、シシトウだけが、うじゃうじゃだ。
新聞の投書欄の、やはりこの長雨でへたりきった家庭菜園のシシトウを嘆く掲載を読んで、我がうじゃうじゃ軍団をお送りしたいぐらいだった。


クリックすると元のサイズで表示します


2日前、久々に午前中から会社に出て、お昼ごはんを近所のマクロビ食堂にて、と思ってお弁当も持たず、わくわくどきどき(わくわくの理由はそこのごはんがとてもおいしいからだ)出掛けると、どうでしょお!
『天候不順のため野菜が思うように手に入らず、今日のランチはでけません。夜は大丈夫だと思います。』と、でっかい看板が駐車場に掲げてあるでわにゃいか!
へたへたとへたれこみ、でも、急遽、とおくの別の食堂へと、へにょへにょ出かけたのでわあるけれど、この状況からしてみても、世の中、深刻な野菜危機の様相を垣間見ることができるのでありまする。(か?)

そんな過酷な状況下でのうじゃうじゃ軍団、いまや、我が『瑞穂の屋上ファアム』の花形すたあ、その名も、シシトウくん!ってわけなのだが。

んがあ、そんな花形シシトウの陰に隠れながらひっそりと、しかして、熱く、健気な、そして、永久(とわ)に語られであろう青春野菜物語(どんなジャンル?)が、在った。(トモロヲ口調で)

それは「京ぴいまん」(正確にわ京みどりぴいまん)くんのおはなし。

ぴいまんもししとおも、みんな実が小さいうちは見た目、おんなじよおな感じだ。


クリックすると元のサイズで表示します
(ちびっこのぴいまん。ししとうも大体こんな感じ)

まあ、仲間だからそんなもんだ。
だが、そこからの生育が違うのだ。
おいらは絶対違うような気がする。

京みどりぴいまんくんはある時期、一斉に花が咲く。
そこで、いくつかの実が育ちかける。
うちでわ一本に10個くらい。
そんである程度その10個が大きくなってくると他の小粒っ子のぴいまん兄弟はぽろんぽろん、落ちる。その実がちっこいまま、落ちる。
結局、大きくなりかけた10個以外、ちっこいブラザー・シスターは全て、落ちてしまう。
んで、その10個が無事育って、収穫が済んだころ、また一斉に花が咲いてくる。
そしてさらにまた、10個くらいを残し、ちびっこブラザー・シスターは落ちるのだ。
10個の命の育み、実りを願うかのごとく、ぽろんぽろんと。
そしてまた。って繰り返す。

うううう〜
けなげじゃあああ〜〜〜〜
おいらはちびっこぴいまんがそこかしこに落ちているのを見て、不覚にも、うるうるしてしまったぞ。

に、ひきかえ、どうじゃ、うじゃうじゃ軍団わ!
わしも!わしも!と、実るわ、実る!
実のらにゃそんそん、とばかりに、うじゃうじゃ実る。
ま、そりわ悪いことでわないけれど。
けっして悪くわないけれど。

そおいう怪しげな(怪しげか?)自然界の営みがどこかしこでずうううう〜〜と太古から続いていたのに。
おいらはこの歳でやっと、そおいうことを実感する。
雨が、天気が、夏が、野菜が、食べ物が、って、実感する、感謝する。

そおして、生きているって、実感する。
そおして、いきているって、感謝する。


クリックすると元のサイズで表示します
(あたりまえだけど、おっきいのがぴいまん)




2006/7/21

ツンドラなパンドラ  



先週末、こどもの学校に行った。

三者面談ではない。
校内水泳大会でもない。
親の呼び出しでも、ない。

下の息子は大学生をしている。

してはいるのだが、なんだかもう、ずうっと大学生をしているような気がする。
聞けば、4年生と言う。
でも、大学生って、もっと大学生な感じであってもよいはずなのに、長いこと大学生なくせに、どうも、大学生な感じでわない。
んで、なにかってえと、しょっちゅう、学校に泊まっている。
ええのか?ええのんか?

だいたい、学部からして妖しげだ。

芸術工学部〜Design and Architecture〜


クリックすると元のサイズで表示します



もっと、こう、「土木部」(あるか?)とか「電気部」(う〜ん)とか「水産部」(ぎり?)とか馴染みがあって、わかりやすいのがいかにもの大学生、でわないか?

げいじゅつこうがくぶうう〜〜???
ケミカルなもんばっか食って絵を描いているのでわなかろうか?
それとも、鋼鉄まんじゅう、古代木丸太の深海潜水艦、落花生の殻で高層ビル建設、なんかを学んでいるのだらうか?
謎は深まるばかりだ。

そこで、ちょっと学校に行って様子を見てくることにしたのであった。


先週末、ちょうど怪しげな仲間たちによるグループ展なるものが開催されており、18のプロジェクトを発表、展示していた。
基本は建築、プロダクト、グラフィック、映像、クラフトで、身近なものの繊維で和紙を作ったり、黄金比をパイナップルベースでオブジェにしたり、キッズゲルニカを描いてみたり、アニメーション作品があったり、で、なあるほど、こおいう芸術な工学を(なのか?)ぷぷぷ、ちょっと理解でき、そこそこ、楽しめた。



クリックすると元のサイズで表示します
(ゲルニ家族なるキッズゲルニカ↑)


ま、それはさておき、何がすごいって、こりがまあ、学校の校舎たるもの、さらに、備品たるもの、それらの充実ぶりに、おいらはびっくりこいたのだ。


クリックすると元のサイズで表示します


校舎内のあちこちには有名なデザイナーの椅子がオブジェっている。
聞けば相当な数があるとの事。
学生の感性を養うためだとか。
そんな学生の普段使いの椅子だってそこそこなデザインもの。
そんなのはごっちゃりごちゃごちゃ、山ほどある。
うちの会社で使っているボロ椅子の10倍はしそうだ。
さらには入り口、ロビーを筆頭に、ゆったりスペースの空間がこれでもかと在る、建物内部の構造。



クリックすると元のサイズで表示します



いや、あかんで、しかし、やすしくん、だ。(だれ?よこやま?)

大学は名古屋市立、ってことは公立大学、ってことは税金で賄っちゃったりする部分も多いわけで。
う〜ん。幸せだなあ〜
学生諸君。
なんだかんだとあるんだろうけど、あれやこれ、全部差し引いたって、この環境は幸せだよ、絶対。ええなあ〜学生諸君。

おいらがここの学生ならば、最低、10年はいたい。
できれば、ずう〜〜〜と、いたい。
時代をさかのぼって、35年はいたい。
最低でも、ときどき息子に代わってもらって学校行きたい。
あ〜いたい、いたい。



てな具合で、ちょっと様子を見るつもりが、あけてはいけないツンドラの箱(ちまう!)をあけてしまったのだった。
くわばらくわばら


クリックすると元のサイズで表示します
(息子の製作展示品で「かぐや姫な照明」だそうな)



2006/7/19

おくら、怒髪天を衝く!  



◇瑞穂の屋上ファームの新手野菜、おくら。

いやね、おくら、それほど怒ってるわけじゃないんだけど、なんだか、天に向かってそびえ立つ勢いが、ついね、怒髪天!!って。


クリックすると元のサイズで表示します



いやあ、おくらってこおいうふうにおっきくなるんだなあ〜
しらんかったあ〜
なんか、やっぱ、怒髪天!!どはつてええ〜〜〜ん!!!でしょ?


下呂産(ぽちっとな)の綿。
種まきから80日。
2色の花が咲きましたぞ。



クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します


うれしい、うれしい。
綿になる日もそう遠い日でわないのだ。
げろさん、げろさん。
ぷぷぷ



◇とかげかいっ!
あのサボ一家(ぽちっとな)
今年も順調に一家増殖。


クリックすると元のサイズで表示します


親分なんか、今年はこう↓



クリックすると元のサイズで表示します


親分、先っちょがへにょへにょになったので切っちゃった。
したら、でたでた!
出すぎ!


とかなんとか、すぐそこ、ほれ、なつっ!



クリックすると元のサイズで表示します
(ピンクパンサーもどきなまくさん。なつやせ?中。)




2006/7/18

マスクな♪インターナショナル!  



◇いまどき、大声で、みんながインターナショナルを唄うライブ、あるか?

あるんだなあ〜これが。

「ソウル・フラワー・モノノケ・サミット」のライブ。
ご存知(ないね)「ソウル・フラワー・ユニオン」の別働ちんどんユニット、先週の金曜日、名古屋初ライブだった(確か初?)



クリックすると元のサイズで表示します


今回は伊丹英子、内海洋子のメスカリン・ドライヴメンバーも完全参加なのだ。
おいらは中川敬の全部が好きだから中川敬が参加するユニットであれば他が誰であってもよいのだけれど、やっぱ、モノノケ・フルメンバーとなれば、それは全然、話が違う。
断然、このメンバーで演るライブは格別である。

前にもブログで書いたけど、いまどき、こおいうバンドがいるってこと自体、とにかく素晴らしい。
もちろん、音楽性の好き嫌いはあるだろうから、誰もが中川敬を認めているわけではなかろう。
なかろうが、彼の音が好きであろうがなかろうが、だ。
そんなこたあ、どうでもいいのだ。

肝心なことは、中川敬は音楽家として最高という事実だ。



クリックすると元のサイズで表示します


タバコ吸い放題、もくもくライブ会場はいまや禁煙なおいらにとって、どきどきスペースであるけれど、はあどなマスクで防御しつつの「インターナショナル」、こぎたねえタオル覆面なあの時代との、交錯ナイトでも、あったのかも。うふふ



2006/7/16

にんじん掌  がんになっちゃった




◇『ゲルソン療法』という厳格な代替療法がある。
ドイツのゲルソン博士が1930年代に開発、実践、世に知らしめた。

お塩を一切取らない。
生野菜ジュース(おもににんじん)を一日2,000〜3,000CC摂取。
砂糖、脂肪抜きの食事。
これらを柱にする、特殊な栄養療法、食事療法である。

がんを体全身の栄養障害、代謝障害と定義づけての考え方。
実際、エビデンスもあるようで、効果はかなり期待できるそうだ。

でも、本当に厳格な治療法なのですごい精神力など、要求される。
おいら、いろいろ本も読んだし、興味もすごくあるけれど、果たして、完全実践となると、今のところしり込みしてしまう。塩抜き、油抜き、ジュースの量など、毎日の生活の姿勢に密着する部分が多く、食事での治療に生活環境のかなりの比重を割く覚悟がなされていないからだ。

がしかし、今、おいらの実践している食事療法的なものと比較して、180度違うのかといえば、そうとも限らない。
厳密ではないがゲルソンに近い部分だってないことはないのだ。
にんじんジュースだって400〜500CCは一日に飲む。
そう。
にんじんジュースをそうやって飲んでいると、そおいう証が、でてくる。

なんだかこのごろ、掌が黄色いのだ。



クリックすると元のサイズで表示します


最初は、げ、黄疸?って。
でも、食養内科の先生がおいらの掌を診て、ああ、にんじんジュース、やってるの?って。
そう、生のにんじんジュースを毎日毎日飲んでいると「てのひら」はカロチン反応で黄色くなる。すげえ。

こうなると、なんだか、もっともっと黄色くしたくなるおいら。
まあちっと、にんじん量を増やそうかにゃあ〜と密かに思いつつ、ゲルソン博士にひっぱたかれそうな、きょうこのごろで、ある。


2006/7/14

川べりをさくさくと  


◇お病院の前には小さな川があり、それに沿って両脇の路が駅へ出る途中まで続く。
銭湯とか商店街とかもその路をたどる。
知らない土地でのこおいう地形はありがたい。

おまけに、川べりのあちこちは見所満載でちょっとした観光ルートのよう。

ジャングルなメダカ水族館では沖縄産の巨大アロエやドラゴンフルーツがひしめき、藻
の花が咲く深緑なコンテナにて、膨大な数のメダカ一族を観察できた。


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します



犬飼君が大学の時住んでいたような蔦の絡まるあぱるとまんも、あった。


クリックすると元のサイズで表示します


試しに、外階段を登りかけるものの、精神的な構造がくらくらしだして、ちゅうとであたふたと、引き返した。


そんなんでくらくらしても、時々、ちゃあんと時代考証を是正してくれる。↓


クリックすると元のサイズで表示します



東京って、こんなにも、あめいじんぐなんだ、って、わくわくした。
また、こなきゃって、どきどきした。





2006/7/13

黒豆の煮出し湯で  




◇食養内科のあるお病院は大田区の「池上」にある。

おいらはちびっこのころ、「池上」からすぐの「矢口渡」というところに、母親が病弱であったこと、その実家が当時、そこに在った、ということで1ヶ月の単位で、ちょくちょく、預けられていた。

その後、大学の時、一度だけ訪ねた覚えがある。

いつしか実家は転地をし、訪れることもなくなったのだが、今回、なあんだかこの距離、ということで、わくわく30年ぶりの「矢口渡」訪問を実行。

ところお〜が、30年はなかなか、まったくにして、30年だ。
なあんもわからないのだ。

当時のところ番地はすでに新しくなってしまっているし、実家だったその建物だって立て替えられているわけで、それでもまあ、なんとなく、胸騒ぎがした、ある一画を、訪ねる聖地とした。


クリックすると元のサイズで表示します
(あたりをつけたこの路地はなぜかここだけ、地道のまま。なんでだろお?ここだけ。)


当時、実家はちいさな町工場を営んでいた。
記憶では、同じような町工場は辺りにいっぱいあった。
旋盤やプレスの鉄、油の匂い、音。

実家があったであろう一画で、今でも営んでいる町工場からその匂いと音。
たたずむおいらは当時と交錯する時間の中をトリップする。

ふわふわした時間はとても、居心地が良く、そおして、いとおしい。
かってここいらで流れた夢の如く時間の一端をなぞるようで、いとおしい。


クリックすると元のサイズで表示します



◇この辺りの銭湯には真っ黒い湯がある。
温泉ということなのだが、詳しいディティールは知らない。
母親なんかは「東京の温泉は黒い」って、普通に言う。
もちろん、何でだかわ、「知らん」そうだ。


クリックすると元のサイズで表示します

一週間の滞在でタオルはこんな感じで染まった。
黒豆をぐつぐつ煮たお汁のやうな、なかなか黒い湯なのである。


2006/7/11

なごやはむすっす。  こんなこと




◇先週、まるまる一週間、東京のお病院で入院していた。



クリックすると元のサイズで表示します



入院とゆうても日本では珍しい「食養内科」ってのを備え持つお病院で、芳しいだろう、治療食をご教授願っておりましたわけで。
さしずめ、かしこまった検査とか、薬物治療とかは一切無く、一日三食、これがよかろう、お病院のお食事を、規則正しく、おいしいおいしい、と、ゆうては、ぱくぱくぱくぱく、頂くのである。

お食事の内容はいわゆる「粗食のすすめ」的なスタイル。
だからして、病は須く食事に所以、といった考えではない。
ではないけれども、やはり、あたりまえだけど、健やかなる「からだ」は、お食事に重き比重あり、だ。
通り一遍の栄養学だけでは、う〜ん、おそらくは計り知れないだろう、全ての人の個性、「こころ」「からだ」をも踏まえたうえでの「お食事」のありかた。
病と対峙する、そこでの戦略としての「お食事」。

そうなのだ。今、おいらにとって、「お食事」を考えるというのは、優先順位としてかなり上位にランクインする課題なのだ。

ま、そんなこんなでありまして、興味津々、日々鍛錬(?)、えっちらおっちら入院道具一揃い、東京まで運び込んでの、まるっとまるまる一週間、おいらの東京一人暮らし(?)だっちゃったわけでありまする。


クリックすると元のサイズで表示します

(お友達の「まんが宿」でお見舞いで頂いちゃった、オリジナル「鉄人ジオラマフィギュア」。いかしているのだ。)




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ