2007/3/21

じれったいうぐいす  




◇ここんとこ、すげくさぶかったり、かと思えば、ちょっぴりあったかだったりで、ええ〜い、じれったいっ!


そんな時こそ、あがた森魚である(か?)。
あがたしんぎょ?
あがたもりぎょ、でわない。
あがたもりうお、でもない。


クリックすると元のサイズで表示します

あがたもりお、と読める境目のお歳は果たしておいくつからだろお?
もりお、って読めないのわ、つまり、あがた森魚を知らない世代なわけで、ざっと、おじさん、おばさん以上であれば、ああ、はいはい、赤色えれじいの人ね、ってなる。んで、調子が良いと、さわりを歌いだしちゃったりも、する。

クリックすると元のサイズで表示します


1970年代初頭、ちょっとしたムーブメントを興したりしたあがた森魚だが、そのちょいと前に、ムーンライダースの鈴木慶一とバンドをやっていたことはあまり知られていない。(のちにそのバンドわはちみつぱいになるのだ。)
というのも、あがた森魚って、どっちかっていえばミュージシャンっていうより、なんか、70年代アーティストって感じだったような気がせんですか?
おいらわそんな印象が強いのでありますが。


クリックすると元のサイズで表示します

で、70年代の1〜3枚目(特に2枚目)のアルバムは良く聞いてたけど、ま、その後はほったらかし。
最近も、特に気になっていたわけじゃなかったんだけど。

たまたまツアーのお知らせ。
名古屋にも来るってことだったけど、最近のおいらのお気に入り、亀山は月の庭でもライブがある。
月の庭オーナー、闘魂の舞踏家、歌舞伎昌三氏の参加はないらしいけど、なんてったって月の庭はごはんもおいしいからね。
ライブとおいしいばんごはんのタイミングは都合がつけば、そく参加、と、おいらの最近の相場でわ決まっているのだ。ぷpu


**********


そんなわけで出かけてまいりました3月16日、月の庭2階でのあがた森魚ライブ。

クリックすると元のサイズで表示します


いやはや、これがもう、あなた、素晴らしかったのだ!

初めて聞く曲も多かったけど、どれもこれもすげえ好かったのだ。
おまけに知ってる何曲かでわなんでだか、思わずほろほろ。
ううむう。
ここにきてあがた森魚(58歳)、おいらをくすぐること。


********

あったかライブの次の日、会社整理の在庫商品を持って長野は清里の市場へ(骨董競り市ね)。
これが、すっげえさぶいのなんのって。
んで、次の日は下呂温泉であったまって。
でも、夜には雪が降ってきて。


******


あ〜じれったい。
さぶい、あったか、さぶい、あったか、んで、さぶい。



ま、そんなこんなであるけれど、

   あるけれど
   
   春はきぬ
 
   春はきぬ

 初音やさしきうぐひすよ、か?



クリックすると元のサイズで表示します




2007/3/11

3月11日な記念  



◇それわ名古屋国際女子マラソン記念か?
はたまたそりわ時代劇専門チャンネル・剣客商売Tの第一回放送記念か?
いやいや、おもいきって買っちゃったワンパック1,000円のイチゴが大当たりですんごい甘くておいしかった記念か?

いやどれもちまう。(まあ、ちがうだろうけど)
それわおいらの退院一周年記念日なのだ。ぱちぱちぱち

想えば幾年(一年だけど)。
幾歳(いや、一年なんだけど)を偲び。
はや一年(そうゆうとるけど)。


クリックすると元のサイズで表示します


いまんとこ無事なおいらは手術一周年記念(2月27日)と、本日、退院一周年記念をたて続けに味わったのだ。
味わうとゆうても、今日は朝から卵を食ったとか、お昼のソバにニシンを入れたとか、そんな程度の味わいだったり、ま、ぎこちないまま、なんとかかんとか季節を辿ってみたこの一年は、やっぱりおいらにとってそこそこエキサイティングであったりもして、いやはや、今年はどうなることやら、と、先を案じても始まらない、生きるという、じつわ、稀有な己の存在自体を問う想いの重なりなんかも、チョイ味わい〜の、んな、てっくすめっくす(?)的な味わいか?

いずれにせよ、季節を辿るぎこちなさ、というのはまったくもって、好い。
これはまさに此処に在る生の、存在の、醍醐味ともいえるエキサイティングなイベントに間違いない。
はたして、それわ、ガキの頃の夏休みを垣間見る事しかできないもどかしさ、そいつを、ぎこちないなりに再構築するスリリングな3次元パズルであったり、だ。


******


件の名古屋国際女子マラソンなんかも、ぎこちなく、観る。


クリックすると元のサイズで表示します


会場の競技場は家から歩いて5分のところにあってなお、ぎこちない。
どれくらいごこちないかといえば、え?なんだ、Qちゃんがいないじゃないか。ぐらいのぎこちなさだ。
嫁はよめで、2人のペースメーカー選手にそんな心臓でだいじゃうぶだろうか?と心配するぐらいのぎこちなさだ。(実話)


クリックすると元のサイズで表示します
(応援の旗振りにご満悦のぎこちな国王↑)


走行20キロくらいの時点で会場でわ来場者抽選会とかがあって、そこはそれ、期待しちゃって、みごと、はずれちゃって、で、すごすご帰宅だ。
ゴールは家でソバを食いながらのテレビ観戦、っちゅう、ぎこちない王国に君臨した。


クリックすると元のサイズで表示します


*******


ガンは治ったり治らなかったり。
おいらは一年前、そう思って退院した。
いまは、っていうと、一寸違って、ガンは治ったり治らなかったり、(ここまではいっしょ)でも、今が在るからまあ、だいたい、良いか。となる。
自分で言うのもなんだけど、うむ、一年にしてなかなかの進歩だ。
なんたって、いろんな人の想いに触れたからね。

そおいう想いに、じつわ、とても感謝していて、ほんとうは、今日は、そおいう感謝の記念日でもあったわけで、みんなに感謝したくていたんだけど、だけど、恥ずかしくて、なんか恥ずかしいから、ここでこっそり、ぎこちなく。


え〜いろいろほんとに有難う。
そおして、しんぱいかけてごめんなさい。
みんなの想いがとても嬉しいです。
きっと、おいらはもう元気です。
ありがとう。
ほんとうに、いっぱい、ありがとう。
感謝。(こっそり)




2007/3/8

きらきら、その後  

クリックすると元のサイズで表示します



◇赤ペン・アンダーラインは「キラキラした脂肪肝」と読む。
砂漠ダイヤや蔵王の雪には程遠いが、ううむう、なるほど、きらきらしている。

*******

先日、仙台で3回目の10の10乗軍団を点滴投入した折、クリニックの先生がサービスで(サービスってのもいかす)エコーをしてくれた結果だ。

「これが腎臓。ね?黒っぽくみえるでしょ?で、こっちのキラキラが、肝臓。なんかしっとりって感じ?」
先生はすい臓とかとも比較したりしておいらの肝臓がいわゆる霜降り、もしくわフォアグラな状況であると説明してくれる。
さらに、ご丁寧にもプリントアウトしたお持ち帰り用写真にも先生自ら、上記の記入をしてくれた。

おいらはかなりびっくりした。
ま、お病気以前、自慢じゃないけど霜降りの肝臓はなかなかのものであった、そうな。
そこわ十分自覚しておった。
しかしだ、お病気をして早1年。
本格的な玄米菜食にして10ヶ月。
お肉やあぶらっこいものなど何一つ、口にしていない!
なのになのに、ああ、肝臓はあぶらまみれ状態が続いておるわけだ。

ここんとこ、そりゃあ、手術後一番やせていた時より、4キロくらい太ったかもしれん。
いや、かもじゃない。
ふとっているのだ。
ふつう、やせるはずの養生・玄米菜食にして、おいらは、太る。
なかなかどうして、おいらは、やっぱ、太りに関してのプロ、条件など無視、他者の追従を寄せ付けぬ聖域に君臨しているかのごとく、この事実。
さらにキラキラした脂肪肝。

おほほほほほおほほほっほ
あたしわでぶよ。でぶの玄米菜食者なのよ。そうら、つかまえてごらん。おほほほほ


*****


先生曰く、きっと長年かかって巻き込んだ脂肪だからねえ、長年かからないととれないんじゃない?って。
ほんまか?
ほんまなのか?

術後はあんま、運動しとらんでなあ〜
地上でわ小走りするだけであいかわらず手術部がめっちゃ痛っいでねえ。
とりあえず、会社の整理が終了せし5月からは近所のプールに通うことをこころに誓うおいらであった。







teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ