2008/1/29

俳優・真水稔生  




◇この人を俳優として知っている方わ、かなりのマニアである。
いや、かといって演劇マニアとかAVマニアとか、そおいうんじゃなくて、え〜と、ソフビ(怪獣)のマニアだ。



クリックすると元のサイズで表示します




俳優・真水稔生〜彼自身が筋金入りのソフビ怪獣マニアであり、俳優という世界での知名度は今ひとつ・ふたつ・みっつ・・ながらも、ソフビ界でのそれは突出している。故に、当然ながらソフビ界での彼を知る者こそが彼の今の生業はプロの俳優であることをも、知るところであるのだ。

さらにもう一段マニア度をアップするならば、90年代、「セーラーファイト!」っちゅう、名古屋ローカルで深夜枠、おまけに見事な低予算ヒーローおちゃらか番組があった。
その中でまだプロの俳優になる以前の真水稔生は「小規模に縮小されて3人しか隊員のいない地球防衛軍・日本支部のマミズ参謀」という重要なキャストで怪演していた。ただ残念なことに何故かわ知らぬが参謀の台詞、すべてアフレコで真水本人の声でわなかった。
ともあれ、おいらはこの時のマミズ参謀役がとても気に入っていたし、怪しげな参謀キャラを半眼訥々(?)演じ続ける素人・真水稔生が、果たして、役者に向いているんじゃないかって思ったのわ、きっと、おいら一人ではなかったはずだ。


さて、そんな素人・真水稔生はある事情により、40歳にて本当に役者を目指すこととなる。
 
 その件は以下の真水本人の手記・”真水稔生の『ソフビ大好き!』”で綴られている。


>>役者には子供の頃から憧れてはいましたが、
それは、あくまでも夢の世界の人たちであって、
職業として俳優をめざそう、とか、本格的に勉強しよう、とか、
そんな事は考えもしませんでした。
自主制作映画のようなものに出演したり、劇団の養成所でレッスンを受けたりはしていましたが、
僕にとって、それは、ソフビ怪獣人形のコレクションと同じで、
趣味・道楽のひとつでしかありませんでした。
老いた両親もいたし、結婚して子供もいたので、
目の前の生活を地道にこなしていく事が僕の人生だと信じていたのです。

でも、何が起きるかわからないのが人生。
離婚して子供たちとも離れ離れ、両親も他界してひとりぼっちになり、
30年ローンでせっかく建てたコレクションルーム付きのマイホームも、
たった4年住んだだけで手放さなくてはならなくなりました>>


そして、真水は無常の世を知る。


>>日々の暮らしが自分の決して望んでいない方向に傾いていくのを、
元に戻す事はもちろん、食い止める事すら出来ない、
そんな自分自身の無力さを痛感し、

“人生なんて、自分ひとりの力ではどうなるものではない”
“未来は、自分の思い通りになるとは限らない”

という、当たり前の事を強く実感しました。
だったら、
好きな事だけやって人生を楽しんで生きよう、
そう思ってサラリーマンを辞め、役者になりました。>>




クリックすると元のサイズで表示します




なかなかな役者的人生である。
ただ、真水の真骨頂はこんなものでわ、ない。

人生の無常を風速300メートルで体感し、まさに、自身の非力を享受したそのどん底の中でさえ、膨大なソフビ怪獣コレクションをひとつとして手放さなかったというのだ!

ここに真水稔生の本質がある。

もう、役者だろうが、サラリーマンだろうが、左官屋だろうが、詩人だろうが、そんなの、まったくもって、どうでもよい本質が、ある。
筋金入りという、本質だ。


****


日曜日、俳優・真水稔生のお芝居を観た。小劇場で演ずるそれはお世辞にも完成されたものとは程遠い。
だけど、おいらはそも、訥々として、筋金入りの真水稔生が気に入っている。
そおいう役者が何かを演ずるのであれば、そこにはきっと、始めっから心棒が入っているからだ。
あらためて思えば、あのセーラーファイトで感じた想いこそが、きっとそのことに繋がっていたのだろう。
そして、いつか、あのマミズ参謀を水天髣髴させるようなキャスティングに恵まれるだろうことを、おいらは願って止まない。

がんばれっ!俳優・真水稔生!!




2008/1/18

湯ノ山温泉/おばかなあたし  




◇三重県わ菰野町の程近く湯ノ山温泉〜御在所岳はある。
自慢じゃないがおいらは近隣の観光地に滅法弱い。
ま、長年、近隣とわいえ観光地たるもの、まあず、行った事が無い、というか観光地そのものが日々の生活にまったく無縁な存在である環境を自ら作っていたので、いたしかたないのでわあるが、ともかく、我が家から車で1時間走れば、その、湯ノ山温泉というそこそこ山の中の温泉地にすっくり、立つことが出来る。

はてさて、この湯ノ山温泉、さらにわそこからロープウエイで御在所岳に登れること、勿論、全然知らないわけでわなかったし、多分、小学校の頃、遊びに行っているのだ。記憶はまったく無いけど写真があるからね。

で、つい最近、やたら時間だけは豊富でジョニデくんとDNA似(丼談)のこのおいらのこみみに(こみみ?おおみみ?ちゅうみみわ?)『御在所岳で樹氷がみれる』的な情報が囁かれた。誰?囁いたのは誰?夢の中のサイババ?うそつき江原?

おいらはこの1〜2年『樹氷』っていうのになかなか弱い。
去年だって樹氷見たさに山形蔵王と宮城蔵王に行ったんだっけ。
それが、ああた、え?なに?家から車で1時間でじゅひょおお〜〜??まあじいかよお〜〜??江原よおお〜〜


◇かくして、樹氷はほんまにありました。
いや、なかなかの良い感じな世界。
鈴鹿おろしが作るこざっぱりしたサンゴの枝みたいな樹氷群は蔵王のそれとわ違うけど、なるほど、ある意味圧巻だ。

果たして、ロープウエイに乗るまでは半信半疑なおいらであったけれど、さすが頂上、標高1,212メートルは別世界であったのだ。
別世界でわあったのだけれど、見事、バッテリーの入っていないデジカメを持参せしおいらは泣く泣く携帯のカメラでしょぼしょぼと記録。
ど?↓


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



御在所岳の樹氷は毎日必ず見れるわけでわ無いようなのだが基本的には1月が比較的大丈夫だそうな。
頂上はスキー場もあるのだけれどこの日は雪不足とかで積雪20センチ、滑降禁止。なのでまったく人影もまばら。まさに樹氷群貸切状態。さぶいけれど、お得感満載であった。


 ふもとの湯ノ山温泉でわこの時期、500円でだいたいどの旅館の温泉にも入れるイベントをやってて、帰りはぬくぬく露天風呂コースだ。で、ここもだあれもいなくて貸切露天風呂になるし。温泉のロビーにわ、ただ(0円)の甘酒サービスなんてえのもあって、いやはや至れり尽くせりじゃ。(なんだかCMっぽいけど、ほんと、ええ感じ。)


****


◇湯ノ山温泉ははっきり言って温泉地的にわ、ひなびている。ひなびているけれどもひなびたなりに味がある。そおいう楽しみ方はおいら的に好きだ。
たとえば、ひなびた温泉地のひなびたお土産やさんにわ、昭和30年代のおみやげ物が売れ残っていたりする。(店番の83歳のばあちんわやたら耳が遠いもののスーパー計算高いので要注意だけれど。)
これらだって普通に店頭で売っていたんだぞ。↓(わん、つう、すりい)


クリックすると元のサイズで表示します
(カッパの図柄の御猪口、一見カバ?と見紛うばかりな、まんまる日本カモシカ爪楊枝たて、わけのわからんダチョウカップル、起き上がり蛇こぼしなどなど。見事なモダン昭和30年代グッズ。う〜たまらん〜)


いや、買っちゃうんだなあ、ついつい。
もう、コレクションなどしまい、と、想いつつ、ああ、ついついと。
ああ、おいらのばかばか。
でも、蛇の起き上がりこぼし、ええわあ〜
カモシカのまんまるさもたまらん〜〜
だちょお〜なんなん?
ああ、ばかばかばか。おいらのヴぅわかあああ〜〜〜〜





2008/1/17

なかなかお気に入りである・二題  




◇お正月が明けてネコの額のそのまた右端先端部くらいな我家の庭をちょっと綺麗にした。
あ、「綺麗にした」とわまた聞こえが良いが、早い話、のび放題の庭木を切ってもらっちゃって、熊手で掃除をしただけである。

すぺしゃるゲストな庭師さんはお友達のお友達がアルバイトでやってくれたのでばっさばっさとお切りになって、果たしてその対価、驚きの\2,000円だ!勿論、本職なお方である。
2せんえん、て。
ま、いかにも、その庭や庭木のしょぼさが想像できようってな話ではないか。

そんなこんなで、数年ぶりにすっきりとした庭でわあるが、すっきりとしたらしたでなんだか物足りない。
とくに庭木の切れ目、蹲あたりがさみしいでわないか。
ああ、なんかが足らない!
なんか置きたいっ!(植樹しろよ、普通に)
なんかおいらん家のような、いかにも、おいらの庭って感じで、なんか置きたいっ!

で、見つけ出したのがこれだ↓(わん、つー、すりい)

クリックすると元のサイズで表示します


おいらをよく知る人々わ、ほほお、なあるほどと一目で理解(侮蔑)できたはずである、ほどのいかにもなおいら的であるでしょ?(画像をぽちっとすれば画像はでっかくなります。念のため)
このへんてこなが果たして、おいらにもなんであるかわ定かではなく、しかして、骨董の競り市にて格安に競り落とした重い焼き物では、ある。

 とにもかくにも、見事、新春にふさわしき、すっきりとお色直しせし庭は、これをもってしてその完成度たるや、ぐぐっとあっぷしたようである。(なわきゃない)



◇このクリスタルタワーで結界を結んだぼんさん↓もなかなかお気に入りだ。

クリックすると元のサイズで表示します

ううむう、素敵である。
おいらの家ならばこその、「これでよいのか?新春・床の間飾り」は果たして、この一年、我が家に何をもたらすのかエキサイティングな幕開けであるのである。




2008/1/2

あれやこれやな日々(3)  





◇12月30日の同じ


前の年と同じ年末、30日、夜明けと共にごそごそとお魚市場へ買出し→朝っぱらから市場の寿司屋でしこたま飲む→赤鼻でうだうだ、の図。


クリックすると元のサイズで表示します
(↑街路灯に透かして見上げるコブシの芽の輝きったらない。ああ、綺麗。)


クリックすると元のサイズで表示します
(↑さぶいけど街の夜明けも魅力がいっぱいだ。なんだかわくわくしてしまう。)


1年ぶり、同じ場所、同じカウンターの席。
1年でなくなったもの、そしてかわらないもの。

生きているのはなかなか不思議だ。
季節はこうして、きっと、なんの不思議もなく、どこまでも繰り返され、そのなかでおいらは、あ、多分誰もがなんだろうけれど、やっぱり何の不思議もなく一回性の人生を生きる不思議。
そも、当たり前の不思議。
そしてまた、次のとき、と思う不思議。

ただ、宇宙人のジョーンズじゃないけれど、この星の年末の朝、寿司屋の酒は、うまい。


クリックすると元のサイズで表示します




◇たまにわへんなもんも、買う

なんだかごっそり、買う。
たまにわ買ってみる。
オークションはつい、熱くなる。
つい、ごっそりと、買う。
とりあえず並べる。
ひととおりながめて、思う。

う〜〜なんで買ったんだろ?


クリックすると元のサイズで表示します
(↑とこときしたこけしがいっぱい。もちろん、かっぱもいるのだ。)




◇謹賀新年

皆様が、そおして、おいらもまた、この一年、健やかでいられますよう。



クリックすると元のサイズで表示します
(2008年元旦。ハワイアンな玄関脇もお正月ばあじょんである。)





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ