2008/6/24

6月某日、其のB  





◇6月某日、揖斐川源流・冠山登山で老妖精とで〜あう、の巻




予定していた6月某日の朝、名古屋はそこそこの雨。
引率のシェルパ・コジマこと、昔の美容師仲間で120年からの登山歴を誇るベテラン登山家は、それでも考えた末、ゴーサイン。
おお、いよいよ人生、初の山登りだ。

*****


目的地は昨今話題を集めた揖斐川・徳山ダムよりさらにもうちょい北上した、揖斐川源流の冠山、その頂上だ。
おいらたち夫婦わ見事な初心者ってことでシェルパ・コジマさまが思案の末導き出したコースが、この冠山。ショートコースなれど、そこそこのイベントがあるらしい。


クリックすると元のサイズで表示します



いやはや、ほんま、まったく、なあんも知らんおいらたち。

てきと〜に山から蹴倒されてもきっとそんなもんか、ってなくらい、素人。ま、山登りに限らず、人生の素人、ってことで、どうですか?
そんな人生の素人、とりあえず、足手まといにだけわならぬよう、前日からアミノ酸&グルコサミンのドーピングだ。

ってゆうのもですね、登山グッズを揃えるにあたって、スポーツオーソリティのにいちゃんに「そこの人生の素人っぽいお客様、中高年の登山わ靴の中敷とアミノ酸ですぞ!!いっひひ」と力説され、ハイエンドな中敷、買いましたし、アミノ酸ドーピング、信じてみましたの。どうですか?この見事な素直ぶり。洗剤や食パンもらって高級羽毛布団、50まんえんのロ〜ンだって組みまっせ、的な勢いが感じられますね。



まま、そんな素人のドーピング登山でわありましたが、ありがたや、ベテラン登山家シェルパ・コジマ氏の適切なご指導のもと、ほんま、すっげえ面白かった。初心者はベテランあっての山登りって、ほんとです。メルシー、シェルパ・コジマ。

で、冠山は登山口から頂上まで、ほぼ稜線に沿ってざっと1時間半くらいなんだけど、そこそこ起伏もあって、蛇もいる。頂上間際はちょっとした岩山でロープづたいに登ったり、登りきったら一気に雲行きが怪しくなってカミナリががんがんきて、雨わ降ってくるし、ガスわ出るし、そんななかでの下山ときたらまるでマタンゴの映画みたいだったし、ああ、おっしゃるとおり実に、この上なく、エキサイティングなイベント、盛りだくさん。


クリックすると元のサイズで表示します
(↑マタンゴの道。すげえガスってて絶対マタンゴが隠れてるに違いない道。)


◇下山後、登山口で着替えていると、お年寄りのカップルが車でやってきた。
カップルわ、徳山ダムの見学ついでにここまで来たとかで、ぐしょぐしょのおいらたちに「いや〜登山ですかあ〜すごいなあ〜。あの山ですか?すごいなあ〜尊敬するなあ〜」と褒めちぎる。いや、おいらわ初登山でして、なあんて言える雰囲気でわない。あ、そんな。ま、たいしたことないっす。が、人生の素人にして、この場での妥当な線である。
「いや、そんなことない。すごい、すごい。この雨の中を、ほんと、すごいよお〜。ねえ」
ここまで褒めちぎられるといや、これって、シェルパ・コジマ氏の仕込み?サービス?
あとで、しっかりサービス料とか請求されるのか?
ちゃんと領収書わもらえるのかしら?
登山とわそおいうものなのか?


いや、それともカップルわ妖精?
冠山の老妖精?
おいらの初登山を讃えにきたの?
請求書はないの?
登山とわそおいうものなの?



◇果たして、山をなめてわいけない。
なめているとこんなカップルに遭遇する。
いや、なめていたわけでわないので、遭遇する時わ遭遇するのだろう。
言える事わ、老カップル、高級羽毛布団一式のセールスじゃなくて幸いだったと思うのですが、そこんとこ、どうでしょう?


クリックすると元のサイズで表示します


*****


おーそれみおな冠山登山の一節↓






2008/6/22

6月某日、其のA  




◇6月某日、クリエーターズマーケットで遊ぶ。


クリックすると元のサイズで表示します


手作り作品を展示したり販売したりするイベント、とりあえず、クリエーターズのマーケットなのでなんかしら、おいらにも、クリエーターという肩書きがいるのである。
肉を食わずともすっかり脂肪肝、っちゅうのもある意味立派なクリエーターでわ?とのご意見わさておき、クリエーターとえば、「工房」なんとか、とか「アトリエ」ごちゃごちゃ、とか「パティシエ」なにがし、とか「クールポコ」やっちまったなあ、とか、そおいう理解の上、あれやこれやじっくり検討した結果、今回わ、すっきりと、「工房」なんとかに扮することに。(コスプレかい)


クリックすると元のサイズで表示します


題して、工房・チマチマノカタマリ、である。
チマチマの鎌足、でわ、ない。
おほほほほほほ

いずれにせよ、胡散臭いこと、このうえない。



◇今回の出店、ことの始まりわいまちゃんだ。↓

http://toco01.blog96.fc2.com/

どおいうわけか、いまちゃんが最近わ実にクリエータークリエーターしているので、おいらも便乗して知ったかクリエーターってわけ。ま、TKOのねたみたいなもんざます。
んで、同じブースでおいらも工房・チマチマノカタマリ作品をうにょうにょ並べた。


さて、おいらの作品、とわいえ、胡散臭さもうけてか、なかなか好評であったのである。
果たして、その作品とわ、文字どうり、チマチマしたお気に入りのアンティーク小物を、透明度の高いクリスタル・レジンで固めてペンダント・トップにした、天才的なインスピレーションに裏付けられし、なんとも芸術性の高いものである。(ぷ)

いや、まぢ。

ほんとに人気あったんだって。

だって、がんばって今回用に100個作って、んでもって、40個くらい売れたし。
売り上げだって、いまちゃんの前回出店の時と同じくらい、あったし。
「すいません、作品じゃないんですが、その着ているハワイアンシャツ、どこで買ったんですか?」って聞かれたし。
飲食禁止のブース内で、ばくばくばくばく、弁当喰ったし。
久々に玉子焼きもばくばく喰ったし。

てな具合でして、どうですか?チマチマノカタマリ↓






◇次回は12月。
ブースは今回の2倍で入り口真正面。
われわれは次回、クリエーターズ・マーケットの顔であるのだ。

で、おいらなんだけど、さて、いまちゃんの作品のプロダクションを立ち上げ、いっぱい商品を作っての卸販売に徹するか(おいおい)、はたまた、再び知ったかクリエーターで出品するのか、今後の動向わひたすらただただ11月頃のそんときの気分に委ねられるだけなので、そこんとこ、そおゆうことで、果たして、どうですか?


クリックすると元のサイズで表示します





2008/6/21

6月某日その@  





◇6月某日、初の、南紀、串本への貝がらひろいツアー。引率わ貝がらと共に100年と豪語、愛しのMIYOSHI博士くん。


クリックすると元のサイズで表示します



某日、クリエーターズ終了後の夜9時出発、車中一泊、ひたすら海辺、と、なかなかな「はあどイベント」であったのじゃが、しかして、この季節にて早、岩場での素潜りもありの海三昧、いやはや、実にエキサイティングでございましたの。


で、以下、いろいろ身につけた串本関係の知識。


*南紀わ名古屋から、実に遠い。
*南紀の雲丹は異常に、でかい。
*串本海中公園、ハナイカの赤ちゃん展示だけでも価値あり。
*MIYOSHI博士くんの乳リンは体に比べ、かなり小さいという事実。
*その博士の乳首を思わせる色とりどりの貝がらが串本にわ、在る、という事実。
*滞在中、ほぼ、博士の乳リン関係の話題が中心だったという、事実。
*帰りの車中、ジョイマンのラップで博士の乳リン、にゅうり〜ん、イビョンホン、って頭の中でぐるぐるしていた、事実。


クリックすると元のサイズで表示します






 ◇そんな素敵な2日間を、ざっくりとクラウスノミがご案内↓



   




2008/6/5

じつわへこんでいるおいらA  

           





         ◇へこむ〜 しこむ〜  おしむ〜復活



いや、じつわおいら、へこんでいる。
寝室横の洗面台でゴキブリ発見とか、けっこう菜食なんだけど脂肪肝とか、SONYのUSBダイレクト・ターンテーブルがどこも品切れとか、髪型がアッコとか、そおいうこともあるけれど、3日の定期健診でちょっと良くないことを言われちゃったからだ。

ま、いろいろ自分なりに努力してて、きっと大丈夫ってやってきてるんだけど、お医者の一言わ、なんたって、どん、ってくる。


クリックすると元のサイズで表示します
(ひろった石のコレクション。ぐるぐる巻きの石はなかなか気に入っている。いつか津軽でひろうんだい)


*****


帯津せんせいのいう命の循環ってやつ。
どんなにがんばって明るくしていてもお医者の言葉やちょっとした数値の変動で、するするって瞬時にへこむ。ど〜んてへこんで、哀しくなる。人は基本的に孤独で哀しい。そしてまた、哀しみの底から少しずつ希望を見出してゆく。なので哀しみは哀しみとしてあるのだけれど、決して嘆くことわない。希望はいつだってある。
命は循環してそこにあるからだ。ってような話。

病気に負けない為にわ、いつも笑って、明るくいなければだめだ、なあんてゆうのわおそらく、元気が一番、とゆうのと同じように空虚だ。
元気は一番でわない。
ゆうてるあなたが元気で嬉しい、というだけである。
生きる一番の価値は元気であるそのことでは、到底、ない。
元気でなくても生きる第一義は、必然として、在る。


人は基本的に孤独で哀しい。明るくたって、楽しくたって、へこむときは一瞬で、へこむ。
へこむのである。

ま、お病気はなかなかやっかいだ。
へこんで、はいつくばってへろへろして見つけれるものもまさしく、あるわけで、植木鉢なんかもしゃがんでじっくり見てるとちっこいアブラムシやわるもんが見えたりするし、とりあえず、まちっとへろへろしてみようと、きのうから漫画三昧のめだかざんまい。

なんか施しのしたい方、受付中です。




2008/6/4

じつわへこんでいるおいら@  





        ◇ネコのう○こにわネコのう○こで


玄関脇のスーパーウエーブ1畳農園に毎朝ノラネコのう○こが続いた。
う○こわこれでもかといわんばかり、でかい。
あまりでかいのでひとのう○こかもしれぬなあ、と嫁に告げると紙がないので違うのでわ?と。
いや、知っとるわい。
紙があるとかないとか、でわなかろ。
だいたい嫁わ常にすっとぼけだ。
ショーケンをはぎもとけんいちと、いうて憚らぬ。
それ、半分、きんちゃんだべ?

いずれにせよ、毎朝毎朝、実に正確に同じ場所に、そりわ、在る。
以前わ車庫を半日開けておいたら車庫のど真ん中に、ひとつ、どかん、と。

いつまでもほおってわおけぬ。
で、ネットで対策を探るも、闇サイト向け毒饅頭、トラバサミの類は別として、どれもこれも今ひとつ。ひとつ、どころか、同じ被害に泣き寝入る善人の多いこと。

ううむう、と、ひとしきり考えた挙句、とりあえずわ、テリトリーを誇示する為の脱糞行為という説にかけることに。
ネコのう○こにわネコのう○こで、作戦だ。


クリックすると元のサイズで表示します
(野生なネコわ精悍である。野グソのひとつやふたつ、大目にみとけ、的に精悍である)

****


我が家にわろくでもない4匹の飼い猫がいる。
まったくろくでもないのだが4匹とも生粋の家ネコで、う○こだけわ家の中、2箇所のトイレで用を足す。とわいえ、4匹とも見事にろくでもないので用を足すにわ足すが片付けるということを知らぬ。むろん、ケツなど生涯拭かぬ。おいらだって3回に1回わ拭くこともあるのに、だ。
まあよい。

さて、そんなろくでもない4匹のう○こがいよいよ大活躍する。
いうまでもない。ネコのう○こにわネコのう○こで、作戦だ。
言い換えれば、野糞ネコのテリトリー誇示を我軍のろくでもない4匹のミックスう○こでごちゃごちゃにしてやれ、大作戦、である。
なぜかいつの間にか大作戦、だ。

とわいえ、大作戦とゆうても、どってことない。
2箇所のトイレから回収したミックスう○こを(ミックスう○こ、て)オープントレイ(たこ焼き入れみたいなやつね)にてんこ盛りにして農園の3箇所に設置。
以上。作戦完了。

1畳ほどの農園に所狭しと我が軍のネコのとわいえ、3箇所ものてんこもりのう○こ。

この光景、朝見ると、果たして、ノラネコう○こよりやばくね?って話だけど。


*****

結果、翌朝、作戦わ大成功。
野糞、なし。
して、そのまま、3日3晩、常に新鮮なミックスう○こにて作戦わ続行され、ここ何日か、ミックスう○こ無しでも野糞ネコわあらわれてわ、いない。

ま、ゆうても、途中からわもう、どうでもいいやって、なんか、てきとーに、う○こに慣れちゃった感の後味の悪い作戦であったことわご想像どうりの結末でございまして、どうぞ、あはは、ご笑納くださいまし。






teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ