2005/3/31  22:10 | 投稿者: Dora

岐阜600V線区の最後を見てきました。
家から高速を使って岐阜駅まで1時間程度。
本当に近くなったものです。

黒野行き最終、忠節行き最終とも電停付近は大変な状況。
黒野行き最終列車発車時にはちょうど岐阜市営最終便の花バスが並ぶという光景が展開。
ちょっと感動。

しかしその後残念な事態が発生。
美濃町線で列車がコンクリート片を撥ねるという事故が発生しました。
どうも列車妨害のようです。
そのため最終列車は大幅に遅れて(23:09発→23:45発)しまいました。
名古屋方面行き最終の関係で、最後まで見送れなかった人も出たのではないでしょうか?

岐阜駅で発車を見送った後、車で新関へ。
最終列車を出迎えました。
すでに0時を回ったというのに、大変な人出。
駅員さんへの花束贈呈など、ささやかなセレモニーが行われていました。
その場に集まっていた地元の方がポツリと洩らした「さみしくなるねぇ」という言葉が心に残りました。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/3/28  21:45 | 投稿者: Dora

尾張瀬戸駅から万博会場まで名鉄バスによるシャトルバスが運行されていますが、こんなカラーのバスを見ることが出来ます。

クリックすると元のサイズで表示します


赤の面積が多く、昔の塗装に戻った感じ。
何だか懐かしさを感じます。
ただ昔の塗装は方向幕周りも赤でしたが…。

このバスを横から見ると下のような感じ。

クリックすると元のサイズで表示します


帯が細く、通常の名鉄カラーとは全く違います。
このバス、元は↓のようなカラーでした。(写真は別のバスです。)

クリックすると元のサイズで表示します


中部国際空港の開港で名古屋空港アクセスバスが用途を失い、塗装を変えたようです。
しかも飛行機マークや名鉄ロゴを消し、前面は「山」塗装を行っただけのようです。
そのためこのような変わった姿になってしまった模様。

このバスを撮影したい方は、「国土交通省 スマートプレートデモンストレーション」で「尾張小牧 200 か 0069」を探してみると捕まえやすいかも。
0

2005/3/26  21:58 | 投稿者: Dora

最近は電車内広告で工夫を凝らした物を目にすることがあります。
広告は如何に注目され、印象に残るかが重要です。
従来ならキャッチコピーを工夫してみたり、色使いを目立つようにするなどの手法が採られていました。
ところが最近は広告の素材を変えたり立体物にするなど、さらに進化が見られます。

今日瀬戸線の車内でこんな広告を見つけました。

クリックすると元のサイズで表示します


窓に貼られたステッカーですが、実物大のチョコレートの箱が貼られています。
つまり出っ張っているわけです。
こんなの初めて見ました。
そこでふと思った疑問。

「窓、開くのだろうか?」

早速試してみた結果、6000系では何とか開きました。
しかし他系列では不明。
今度試してみよっと…。
(6600系あたりが怪しい…。)
0

2005/3/24  23:09 | 投稿者: Dora

愛環に入線する383系を撮るために瀬戸市駅に向かうと、JR東海バスに導入されたハイブリッドバスがやってきました。
運用を始めたようです。

クリックすると元のサイズで表示します


中水野駅まで早速試乗してみました。
乗ってみた感じでは普通のバスとの違いはほとんど感じられません。
HEVや燃料電池バスとは違い、加速にあわせ回転数の上がる普通のエンジン音です。
ただブレーキ時に回生制動かな?という感じの音がします。
ですから「最新のハイテク車に乗っているという感動」は正直ありませんでした。

ただ瀬戸市内をノンステップバスが走っているという事実には感動。
途中から乗車してきたおばあさんも乗り易さに感動されているようでした。
JR東海バスは陶生病院への足にもなっていますので、今回のノンステップバスの導入は利用者に喜ばれることでしょう。
0

2005/3/24  22:55 | 投稿者: Dora

いよいよ明日愛知万博が始まります。
今日は開会式が行われたようで、VIPが集まっていたようですね。
会場周辺の警備や交通規制は相当なものだったと想像できます。

愛環でも383系による開会式出席者の輸送が行われました。
ダイヤは公表されていませんが、時刻表の3月24日昼頃のエキスポシャトル愛環線内運休という記述を見て「ピン」ときた人も多いはず。
輸送の内容が内容なだけに、通過する愛環の駅でも警備は厳重でした。
普段誰もいない瀬戸市駅もホームに愛環職員の姿が…。

クリックすると元のサイズで表示します


383系の車内は外国の方が多数乗車されていました。
万博に出展されている国の関係者でしょうね。

それにしても383系10連を地元瀬戸市内で見ることが出来るとは…。
以前だったら考えられなかった事でしょうね。
0




AutoPage最新お知らせ