2005/8/29  22:23 | 投稿者: Dora

東京3日目。
今日は昼過ぎには東海道線を下る必要があるため、あまり時間がありません。
ホテルを出てまず、小田急江ノ島線湘南台駅を目指します。
目的は神奈中の連接バス「ツインライナー」。
休日ダイヤではツインライナーは走っていませんので、平日・土曜を狙うしかありません。

湘南台駅に着いたのは9:06。
運が悪い事にちょうどツインライナーの発車する時間で、乗り換えは不可。_| ̄|○
次のツインライナーは9:50。
待つのも退屈なので普通のバスで慶応大学へ移動し、湘南台行きに乗車しようと考え、とりあえずバス停にいたバスに乗車。
しかし慣れない地域のバスに乗ると、とても不安。
ちゃんと目的地に着いてくれるか…。
外にいた運転士さんが乗り込み「さて発車」と思ったとき、運転士から突然の案内。

「申し訳ありません、系統勘違いしていました。」

不安になったので慌てて降りてしまいましたが、どうやら慶応大学まで結局そのバスが先着したようです。
降りてしまったものはしょうがないので、後続のバスに乗車。
そのため慶応大学バスターミナルに到着したのは、湘南台駅行きのツインライナーが発車する寸前でした。
危ない危ない…。

さて、ツインライナー初乗車。
車内の雰囲気はバスというより連接の路面電車のよう。
連接部で上下に揺れているのを見ると、折れてしまわないかとちょっと不安に…。
交差点を曲がる時はもうバスとは思えない感じ。

クリックすると元のサイズで表示します

そんなこんなで雰囲気を楽しんでいると、あっという間に終点に。
降りて写真を撮ろうと思いますが、長大なバスを狭いロータリーで狙うのはちょっと無理があったようです。
うまく車両がファインダーに納まらず、上手く撮れませんでした。
辛うじて非公式側の写真だけ…。

クリックすると元のサイズで表示します

さて、このあと小田急で都内を目指します。
相模大野まで各停で移動し快速急行に乗換えとなるのですが、調べるとちょうどまもなくVSEが相模大野を通過する時間である事が分かったため、それを撮影することに。

クリックすると元のサイズで表示します

展望席はお子様でいっぱい。
家族連れに大人気のようです。

撮影後は都内を目指し、渋谷・秋葉原などを経由後、東京駅から長い普通列車の旅となりました。
0

2005/8/28  23:14 | 投稿者: Dora

東京2日目。
今日はまず京急の撮影から。
京急では2100形と600形の2編成を青く塗り替え、「KEIKYU BLUESKY TRAIN」として運行しています。
今回の撮影の主目的はそれ。
世の中便利になったもので、当日の運行情報と運用表はネット上に流れています。
今回はそれを有効活用させていただいて、時間を節約。
わずかな待ち時間で撮影する事が出来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

京急の撮影後はつくばエクスプレスへの対抗策として常磐線に登場した特別快速&E531系体験です。
品川から京浜東北線で上野へ。
上野に着くとすでにE531系はホームに入線していました。
この特別快速で取手まで向かいます。

クリックすると元のサイズで表示します

車両の形は基本的にE231系近郊タイプと同じ。
ただ顔がちょっと異なります。
個人的にはこちらのデザインの方が好みです。

車内に入るとまず目立つのが黒色のつり革。
今までない色だけに、違和感大です。
E993系「ACトレイン」で試験採用されていたものを本格採用したそうですが、なぜ黒色?

クリックすると元のサイズで表示します

特別快速の売りは130km/hの高速運転。
しかし本当に出していたかは分かりませんが、乗っている限りではあまりその速さを感じられず。台車の妙な異音だけが気になりました。
前日のつくばエクスプレスの静かな走りが良かっただけに…。

取手から守谷まで、つくばエクスプレスの影響をもろに受けるであろう関東鉄道常総線で移動。
都市近郊で複線非電化の私鉄というちょっと珍しい存在。
地磁気観測所への影響で直流電化できないためとか。

クリックすると元のサイズで表示します

守谷でつくばエクスプレスに。
駅前はお祭騒ぎ。開業のイベントなのかな?
つくばエクスプレスは前日車両の撮影が出来なかったため、今日は撮影中心。
八潮でヘッドマーク付き編成を数本待ち、何とか撮影出来ました。
(↓ちょっと失敗)

クリックすると元のサイズで表示します

その後秋葉原まで移動しますが、浅草駅で1つの疑問が。
駅に着いてドアが開くと何かうなぎを焼いたような香ばしい匂いが…。
換気装置の位置の関係なのか、たまたま乗客にうなぎを持っていた人がいたのか?
今度は一度降りて確かめてみたくなりました。

そんなこんなで夕方。
ホテルに帰ろうと思ったのですが、青春18切符の元が取れていない事に気付き、急遽中央線の大月を目指します。
理由は富士急行のBトレインの購入のため。
201系のロングシートに揺られつつ、大月についたのは19時43分。
もう辺りは真っ暗です。
富士急行の駅窓口でBトレインを購入し、10分程度の滞在時間で東京へとんぼ返り。
同じ201系のロングシートに長時間座る事に。
ちょっと疲れたゾ。

大月駅構内にはフジサン特急の姿が…。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/8/27  21:54 | 投稿者: Dora

ちょっと前の話題になってしまいますが、東京に行った時の話を…。

期待のつくばエクスプレスが開業したという事で、初乗車を目的に東京まで出掛けてきました。
まず26日の夜、ムーンライトながらで名古屋を立ちます。
前日のながらが台風の影響で運休になったためか、金曜の夜のためなのか知りませんが、車内は大混雑。
通路の移動もままならない他、席の横に立たれて気になって仕方ありません。
毎度の事ながら指定券を持っていない客の乗車が事実上認められている状況は何とか改善できないものなのだろうかと思いつつ、東京へ到着。
しばらくフラフラした後、まず目的の1つである東急東横線へ。
東急では8000系1編成の赤帯を撤去し、昔の姿を再現して走らせています。
まずはそれを撮影することに。
運用は前もってレールファン東急にて発表されていたので、難なく捕らえる事に成功。

クリックすると元のサイズで表示します

正面の行先表示もLEDに改造されていたものを幕式に戻すなど、なかなか気合が入っています。
東急は最近、このような鉄道ファン向けのイベントを積極的に行っており、好印象です。
ファン向けに情報を積極的に公開している点も○です。

横浜まで行った後、京急で品川へ。
山手線で高田馬場へ移動し、今度は西武の入曽駅を目指します。
27日に西武の南入曽車両基地の公開があり、またそこで限定のBトレインの先行発売があった為。
個人的にあまり馴染みの無い西武を見るのにも絶好の機会です。
車両基地は入曽駅から徒歩20分程度との事。
高を括っていたのですが、早めに歩いてもホントに20分かかるんでやんの。汗だくです。(^^ゞ

クリックすると元のサイズで表示します

鉄道関係で他のイベントも重なったためか人も多くなく、比較的のんびり出来た見学会でした。
限定Bトレインも余裕でゲット。

もう少しのんびりしたかったのですが、もう1つのイベントJR東日本東京総合車両センターの公開へと向かいます。
こちらは急速に数を減らしている103系が目玉。
3色の並びが行われていました。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし私個人的には普段見る事の出来ない工場内が見える事の方が面白かったりして…。
下の写真はクモハ12のモーター、MT15だそうです。
つりかけ用のモーター、さすがに頑丈そうです。
6750系もM車の台車の奥をのぞくと、これに似たような形のモーターが確かに鎮座していますわ。

クリックすると元のサイズで表示します

大量の空気ばね

クリックすると元のサイズで表示します

ずらりと並ぶ車両

クリックすると元のサイズで表示します

首都圏の大量の電車を扱うため、工場の規模がぜんぜん違います。
とにかく広い。そして工場内は意外と綺麗です。
0

2005/8/27  21:08 | 投稿者: Dora

東京総合車両センターを出た後は、今回の主目的であるつくばエクスプレスに向かいます。
しかし往復つくばエクスプレスというのも芸がないので、往路は東京駅から高速バスを利用することに。
当然メガライナーを狙います。
前日ネットで時刻を調べ、関東鉄道担当の16:00の便に乗ろうと乗り場に…。
しばらくしてやってきたのはJRの普通のバス。
案内のおじさんに聞くも「16:00は普通のバスですよ」という返事。
「?」と思っていると、ある事に気付きました。

土曜日は平日ダイヤ

休日ダイヤと勘違いしていました。_| ̄|○
だって世の中、土曜日は休日ダイヤになってきているじゃないですか。
平日ダイヤだと17:00がメガライナー。
おかげで東京駅で1時間待つ羽目に…。

つくばエクスプレス開業でどうなっているかと思いましたが、空席はあるがポツポツと乗車している印象。
ただ聞くところによればそれ以前はバス停に大行列が出来るほど乗っていたそうで、かなり減っているみたい。
確かに空席がある状況ならメガライナーは必要ないですし。

クリックすると元のサイズで表示します

途中高速道路ではライバルとなるつくばエクスプレスの高架を見つつ、終点のつくばセンターへ。
乗客の大半は途中バス停で降りており、終点まで乗り通したのは明らかにファンと思われる人ばかりでした。

つくばからはいよいよつくばエクスプレスです。

クリックすると元のサイズで表示します

ただ東京駅での1時間遅れが影響し、日没後となってしまい景色が楽しめません。ちょっとがっかり。
さらにつくばエクスプレスのホームは6両編成分ギリギリしか造られておらず、ホームドアもあるため撮影がうまく出来ません。
日中ホームに進入してくるところを狙うしかないようです。
またもやがっかり。

クリックすると元のサイズで表示します

駅構内はこんな感じで、開業記念の装飾でいっぱいでした。

18:49発の区間快速で秋葉原へ。
車両も線路も新しく、揺れも少なくすべるような走り。
新幹線に乗っているような気分でした。
それにしても区間快速、快速といえども結構駅に停まります。
4駅しか通過しないんですね。
デッドセクションを確認しようと思い、外を凝視。
高架の壁面に書かれた赤線で辛うじて確認。
室内灯も消えないので、普通に乗ってるとまったく気付く事はなさそうです。

そうこうしている間に秋葉原に到着。
地下新路線の宿命でしょうか、秋葉原駅は結構な深さがあります。
JRへの乗り換えは結構大変でした。
毎日となるとちょっとしんどいかもと思った、最近体力不足を感じる私でした。
0

2005/8/23  22:44 | 投稿者: Dora

今日は青春18きっぷの消化のために大阪にでも行こうかと思っていたのですが、寝坊してしまったため取りやめに…。○| ̄|_
天気も悪かったという理由をつけて、納得することに。

さて、キヤノンのデジタル一眼レフEOS20Dが去年発売され、私としてはそれがずっと欲しいと思っていたのですが、買えないまま今日までズルズルと…。
そうしたら今日更なる新製品が発表されてしまいました。

EOS5D

目玉は35mmフルサイズCMOS(1280万画素)が搭載されたことです。
今まではフィルムの1コマと同じ大きさ(フルサイズ)の撮像素子を搭載した機種は100万円近くするプロ用の高級機に限られ、ハイアマ・アマチュア用としてはAPS-Cサイズといわれるちょっと小さい撮像素子が使われてきました。
小さい素子のため写真の中央部だけをトリミングしたような格好となり、写真はレンズの焦点距離が長くなったような感じになる特徴があります。
また同画角の写真を撮った場合、銀塩やフルサイズ機と比べるとボケ難いという特徴があります。
しかしフルサイズの撮像素子となればそういった条件はフィルムと同等になり、銀塩からの乗り換えの違和感も少なく行える事になります。
そのフルサイズ機が40万弱という今までと比べると破格値で登場してきたわけです。

しかし、安くなったとはいえ40万弱はやっぱり高いです。
20Dが2台買えそうな値段。
そんなお金、私には何処にもありませんから。(T T)
買えたとしても私のような使い方では、宝の持ち腐れになるのは明らか。
また望遠を使う機会の多い鉄道写真では、逆に望遠気味になるAPSサイズの方が都合が良かったりします。
私としては「20Dの後継機をお願いします」といったところか…。
0




AutoPage最新お知らせ