2008/11/26  20:38 | 投稿者: Dora

最近、名鉄に乗っていて感じる事があります。
自社の商品のPRに熱心になっているなと。

瀬戸線でも券売機で販売中の限定トランパスの掲示を出してPRに熱心だったり、大曽根駅では駅長オススメ商品としてポスターの掲示を行ったり。
加えて最近は窓口などに下の写真ようなフリーきっぷのPR用のポップが掲示されるようになりました。

クリックすると元のサイズで表示します

この手の告知があっても今までは白い紙に味気無いワープロ文字という事が多かったと思うのですが、今回登場したものは電車のイラストを使用した凝ったデザインになっています。
パノラマカーのイベントでも毎回手の込んだ乗車位置の表示などが出ていますし、ホームの転落防止用ポスターにも路線に合わせた車両を使用しています。
担当者の中にこのような掲示や案内に凝っている方がいらっしゃるという事なのかな…。
0
タグ: 名鉄

2008/11/24  21:40 | 投稿者: Dora

このところ毎週のように行われているパノラマカーのイベント列車。
今日は三河湾号が運転されました。
三河湾号は8月にも運転されたのですが、今回は白帯が復活したのに加えて最近ではパノラマカーの入線が無くなっていた蒲郡まで運転され、ようやく本来の「三河湾」号らしくなりました。

クリックすると元のサイズで表示します

蒲郡線といえば海を入れた構図とか考えられたのですが、今回は時間の都合でかなりギリギリのスケジュールで現地入りしたため、撮影も駅の近くで済ませました。
列車交換のあった東幡豆駅で先客の隙間から何とか撮影…。

クリックすると元のサイズで表示します

パノラマカーの蒲郡入線ってどれだけぶりなんでしょうか?
かなり久しぶりの筈です。
駅前で撮影していたら、名鉄バス東部の蒲郡に移動した1228がやってきました。
豊橋ナンバーに若干の違和感が…。

クリックすると元のサイズで表示します

愛称列車の系統板ですが、緑色の板に赤い文字って実際にあったのでしょうか?
あまり見覚えがありません。

クリックすると元のサイズで表示します

系統板を外したら、下の方向幕も三河湾でした。
種別が試運転なのは…。
0
タグ: 名鉄 7011F 三河湾

2008/11/9  20:57 | 投稿者: Dora

今日は、舞木検査場に2両が静態保存される事になった7001Fのフェニックスエンブレムを取り付けた姿での復活運転が行われました。

クリックすると元のサイズで表示します

復活運転は1度きりという事に加えて、復活運転の区間が舞木〜本宿〜伊奈と短区間であったため、沿線にはファンが集中し大騒ぎとなっていました。
私も出掛けたわけですが、有名撮影地に加えて目ぼしい場所はすでに先客が見えるという状況で、撮影場所探しに苦労させられました。
結局適当に編成が写せる場所でお茶を濁す事に…。
後ろの標識等を処理したかったところですが、無理でした。

伊奈駅では撮影会が催されました。
ただ留置線に止まった編成を周辺道路から撮影するという形でしたので、踏切などは大混雑。
名鉄へ苦情も入っていたそうですので、今後のイベントへの反省点が出来たのではないかと…。
今後のイベント開催に支障が出ない事を祈るばかりです。

クリックすると元のサイズで表示します

復元されたモ7001のお顔を…。
逆富士・フロントアイ・電気連結器の撤去、スカートの復元などが行われており大変スッキリとした顔になりました。
ワイパーも赤く塗装されていますね。
逆富士姿しか記憶に無い自分にとっては、スッキリしすぎで逆にちょっと違和感を感じるのが正直な感想です。

ちなみにピカピカになっているのは7001の先頭部だけです。
時間的に無理があったのでしょうが、もっと綺麗になっていることを期待していただけにちょっと残念な点でした。
保存の時にはもっと手が入れられるのでしょうか?

クリックすると元のサイズで表示します

逆側はフェニックスエンブレムを模ったイラスト板が取り付けられていました。
行先は7001Fの最終目的地となる「まいぎ」。

クリックすると元のサイズで表示します

伊奈から舞木検査場に戻った7001Fは今日猿投検車区から回送されてきた7033Fと並べて、関係者による取材?が行われていました。
どちらも営業運転はもう無いかと思うと寂しい撮影会でした。
0

2008/11/1  19:30 | 投稿者: Dora

最近は様々なラッピング広告車が登場するようになっていますが、また名鉄に新たな広告車両が登場しました。
広告主は日本郵便で、発売が開始された年賀はがきをPRするものとなっています。
注目はラッピングされた編成で、初めて5000系(5005F)へラッピングが施されました。

クリックすると元のサイズで表示します

広告部分は赤帯より下側となっていますが、広告も赤ですのでツートンカラーのようになっています。
どうせなら全身赤くしてと思う名鉄ファンも多いのかもしれません。(^^;

この写真を撮影後すぐ5005Fは再び新川検車区の車庫内に入り、今度は海側のラッピング作業をしているようでした。

クリックすると元のサイズで表示します

年賀はがきの広告車ですので、今年中は走るのでしょうか?
0
タグ: 名鉄 5505F 日本郵便




AutoPage最新お知らせ