2016/2/2  21:18 | 投稿者: Dora

クリックすると元のサイズで表示します

2月2日、日本車輛から京成3000形の増備車3031Fの甲種輸送が行われました。

クリックすると元のサイズで表示します

昨年12月に甲種輸送された新京成のN800形増備車では前照灯がLED化されていましたが、こちらはハロゲンのまま。
同じく日車ブロック工法を採用している名鉄や名市交ではレーザー溶接を使用するようになっていますが、こちらは旧来のスポット溶接のままのようで、側面にポツポツと跡が確認できました。
2

2016/1/24  19:49 | 投稿者: Dora

クリックすると元のサイズで表示します

1月になり本線系統の6000系や100系の先頭を数種類のイラスト系統板が飾っています。

6007F…受験生応援キャンペーン
6008F…名古屋行き最終列車
6028F…とよかわ参歩
116F…とよかわ参歩

しばらくは撮影が楽しくなりそうです。
0
タグ: 名鉄

2016/1/23  22:32 | 投稿者: Dora

クリックすると元のサイズで表示します

2015年から新しいカラーリングへと変更が開始された名鉄1700系。
早いもので4編成のうち1701Fと1702Fの2編成はすでにカラーリング変更を終えて運用中。
舞木に検査入場中の1703Fも塗装変更を終えており、まもなく運用に復帰する模様です。

残るは1704Fの1編成。
近いうちにこの「黒い顔」は見納めになりそうです。
3
タグ: 名鉄

2015/9/3  19:41 | 投稿者: Dora

クリックすると元のサイズで表示します
▲西大寺バスセンターにて 2015.9/2

エンジンは発電機として使い、走行はバッテリーに貯められた電気でモーターを回して走行するというシリーズ式ハイブリッドシステムを採用した三菱ふそうの「エアロスターエコハイブリッド」。
名古屋では名鉄バスが基幹バス用として24台を導入したため私としては地元でよく見るバスでしたが、全国的に見たら希少な車です。
さらに昨今はバッテリー更新問題や故障頻発などにより各社に導入された車両も早期に引退し、名鉄バスからも8月末をもって全てが引退したようで、ますます希少種となりました。

岡山の両備バスが導入したSOLARVEはエコハイブリッドをさらに改造し、ソーラーパネル設置や車内の改造など、大きく手が加えられています。
観光用車両としての面がある車だけに簡単に引退させるわけには出来ないと思いますので、今後はどうなるのか気になります。

SOLARVEに乗り久しぶりにエコハイブリッドバスの走行音を楽しめました。
2

2015/8/13  21:38 | 投稿者: Dora

内装などの更新が行われることになった名鉄パノラマSuper一部特別車編成。
1本目となる1112Fの工事がほぼ完了したようで、試運転が行われました。

クリックすると元のサイズで表示します

一番目を引くのは新たに採用されたカラーリング。
特別車側前面はどことなく京急っぽい感じがあります。

クリックすると元のサイズで表示します

一般車側は赤くなった事で1384Fのような雰囲気があります。
ライト周りは黒くなりました。

車内は色々と手が加えられていますが、行先表示は一般車側が方向幕のままだったり、制御装置やパンタグラフには手を加えなかったり…。
必要以上に手を加えず中途半端感があるのが名鉄らしいところかな…。
6
タグ: 名鉄




AutoPage最新お知らせ