2017/12/3  20:00 | 投稿者: Dora

前回の記事からちょうど1年となってしまいました。
このままではマズいという事で、久々の投稿です。
1年前と同じく甲種輸送の話題。

2017年12月3日、豊川の日本車両から小田急の新型特急車70000形の甲種輸送が行われました。
注目の新型車両が日曜日に出場という事で、各地撮影地は混雑していました。

クリックすると元のサイズで表示します

DE10に牽引されて日車専用線から豊川駅へ入線。

クリックすると元のサイズで表示します

イメージ図が発表された時から赤に近いカラーリングといい前面展望できる構造といい、名鉄パノラマカーをイメージさせると言われていました。
今回の甲種時は各所に目隠し用の養生が実施されており、それがさらに白帯のように見えてしまいます。
写真で見ると赤く見えますが、実際のカラーリングはロマンスカーのオレンジ色で名鉄スカーレットよりも黄色寄りです。

クリックすると元のサイズで表示します

豊川の鉄橋を渡る甲種輸送列車。
電車移動であったため時間の都合で光線が悪いこちらからの撮影になってしまいました。
2

2016/12/3  21:25 | 投稿者: Dora

東武が2017年春より運行予定の新型特急車500系の甲種輸送が兵庫の川崎重工から東武に向けて行われました。

クリックすると元のサイズで表示します

東海道線の各ホーム上はかなりの人出だったため、桂川駅前の歩道橋から…。

クリックすると元のサイズで表示します

柔軟な運用形態を行うために分割・併合が可能な3両編成で、先頭車には貫通路が設けられています。
連結部は幌で繋がっていますね。

クリックすると元のサイズで表示します

正面に窓の無い貫通扉があり、名鉄ミュースカイにも似たデザインです。
500系の方がスピード感のあるシャープな顔ではありますが…。
LEDを用いた自由な形状の前照灯はいかにも「最新車両」という感じがします。
2

2016/2/2  21:18 | 投稿者: Dora

クリックすると元のサイズで表示します

2月2日、日本車輛から京成3000形の増備車3031Fの甲種輸送が行われました。

クリックすると元のサイズで表示します

昨年12月に甲種輸送された新京成のN800形増備車では前照灯がLED化されていましたが、こちらはハロゲンのまま。
同じく日車ブロック工法を採用している名鉄や名市交ではレーザー溶接を使用するようになっていますが、こちらは旧来のスポット溶接のままのようで、側面にポツポツと跡が確認できました。
2

2015/7/26  20:47 | 投稿者: Dora

クリックすると元のサイズで表示します
▲2015.7/25 浜松工場にて

7月25・26日の2日間、浜松工場で毎年恒例の「新幹線なるほど発見デー」が開催されました。
新幹線を間近で見る事が出来る数少ないチャンスという事で、毎年多くの家族連れで賑わうイベントですが、今年はドクターイエローで車体上げ・載せ作業の実演をするという事で、普段以上に人出が多いように感じました。

ドクターイエロー自体は毎年展示されるわけですが、検査入場とイベントが重なるのはそうそうない事で、「空飛ぶ黄色い新幹線」という貴重な光景を見る事が出来ました。
3

2015/7/8  21:12 | 投稿者: Dora

クリックすると元のサイズで表示します
▲2015.7/8 尾張一宮にて

今年の6月末で高山線からキハ40系列が引退したのは記憶に新しいところ。
次の置き換え対象は紀勢・参宮線で、キハ25の新製が続くようです。
今日キハ25形1500番台(M103〜105編成)が日本車両を出場し、回送を兼ねた試運転が行われました。

JR東海は続々とこの白い顔が増えていきますね。
2




AutoPage最新お知らせ