2017/1/2

姫神山元旦登山  

元日恒例の大曲山彦会主催の姫神山(太平山)登山へ
晴天の予想の中出発
今年は雪が少なく薬師神社の鳥居のところまで除雪してあり、
楽々の道路歩き。

山彦会は幟旗を新調、いいですね。
クリックすると元のサイズで表示します

朝焼けの兆し
クリックすると元のサイズで表示します
雲海に町は沈んでいます。

しかし、雲に阻まれ日の出は残念。

三角点タッチ
クリックすると元のサイズで表示します

雲の切れ目からの日差しが雲海を照らします。
うねうねが綺麗です。
クリックすると元のサイズで表示します
前の枝がじゃま

下山は誰も通ってない道を蛭川口へ
この日差しはもうけもの、太陽のパワーを感じます。
クリックすると元のサイズで表示します
ウサギも楽しそうな足跡
クリックすると元のサイズで表示します

薬師神社前広場では、恒例のお雑煮のふるまいとミカン撒き
山彦会の皆さんいつもおせわになっています。
クリックすると元のサイズで表示します
横断幕も新調ですね。

雪が少ないので旧道の参道を通ってかえります。
立派な金精さん
クリックすると元のサイズで表示します
そして三十三観音の石仏群
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

五本に分かれている大杉
クリックすると元のサイズで表示します
名前は??

昼過ぎからは六郷に戻って恒例の新年会でした。

今年も黒森通信よろしく!

6

2016/12/8

保呂羽山・勝軍山・鉢位山  登山

会の総反省会という名の忘年会で、
天気がいいので、「近くの山へ行こう」ということなって、
保呂羽山と勝軍山へ行くことに。

赤字の看板
クリックすると元のサイズで表示します
やる気が出ます

山門が立派
クリックすると元のサイズで表示します

参道は急な長い階段
クリックすると元のサイズで表示します



保呂羽山登山口
クリックすると元のサイズで表示します

急な鎖場、掴みやすい独特の形状の鎖
クリックすると元のサイズで表示します

山頂部から奥羽山脈を眺める
岩手山まで見える眺望
クリックすると元のサイズで表示します

山頂神社
クリックすると元のサイズで表示します

四隅は力士が支えています
クリックすると元のサイズで表示します

ランチタイムは神社の縁側
12月なのにひだまりが温かい
クリックすると元のサイズで表示します

雑木林の切れ目から鳥海山がよく見える
クリックすると元のサイズで表示します

ムキダケとりにトライ
クリックすると元のサイズで表示します

いい感じの稜線が続きます
クリックすると元のサイズで表示します

鉢位山登山口
クリックすると元のサイズで表示します

すぐ山頂
クリックすると元のサイズで表示します
山頂広場の神木が桜の巨木で、開花の時期に花見に訪れてみたい

もうけものの天気の中、
「大森三山」と勝手に命名した里山歩きでした。
7

2016/11/16

太平山登山  

晴天を引き寄せて、秋田市太平山登山

旭川の源流にかかる橋を渡って登山開始です。
クリックすると元のサイズで表示します

馬場目岳の稜線もきれいに見えます。
クリックすると元のサイズで表示します
来年はあそこかな。

ちょうど中間地点御手洗(みたらし)
クリックすると元のサイズで表示します

ベンチがあってブナの林の中の気持ちいいところクリックすると元のサイズで表示します

葉が落ちた繊細なブナの梢もいいなぁ
クリックすると元のサイズで表示します

しかし山頂に近くなると、ガスが濃くなり展望はなし
クリックすると元のサイズで表示します

記念写真を撮ってそそくさと下山
クリックすると元のサイズで表示します

雨が降ってきて、雷に脅されながらも無事下山。

帰りのお楽しみの温泉は、
露天風呂が新設されてという貝の沢温泉
クリックすると元のサイズで表示します

2

2016/11/1

甑山登山と瀬見温泉「喜至楼」湯治  登山

この時期毎年行っている、秋山と自炊温泉泊まりの旅を、
今年は真室川町側から甑山(981m)に登り温泉を瀬見温泉「喜至楼」に決めて出かけました。

横浜から、青森から遠方の先輩会員も参加の人気事業です。

あいにくの雨降りで雄勝の道の駅では
「石巻に行って牡蠣を食おう」などといった軟弱な意見も出たが(僕から
とにかく登山口まで行ってみようということで、行ってみました。

雨具を着込み、名勝沼往復ということで、出発。
クリックすると元のサイズで表示します

名勝沼を前にキノコ発見! 夜のおかずを、みんなで頑張ります。
クリックすると元のサイズで表示します

沼は静かできれい
クリックすると元のサイズで表示します

ランチは悠森舎という名前の小屋でいただく。
クリックすると元のサイズで表示します

瀬見温泉「喜至楼」別館
クリックすると元のサイズで表示します

名物ローマ風呂 まんまテルマエロマエ
クリックすると元のサイズで表示します
混浴であるが、我々だけ。

脱衣室の彫り物クリックすると元のサイズで表示します

こちらは
クリックすると元のサイズで表示します

これ
クリックすると元のサイズで表示します

廊下
クリックすると元のサイズで表示します

本館玄関
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

下駄は赤
クリックすると元のサイズで表示します
渋いです。

夜の宴はムキダケのイモの子汁と天然なめこのおろし添えをメインに盛りだくさん。
お酒は初孫純米
クリックすると元のサイズで表示します

翌日天気も上がり、小国川向こうの亀割山に行ってみることに。

本館前で記念写真
クリックすると元のサイズで表示します

登山口神社
クリックすると元のサイズで表示します

こんなところも通る
クリックすると元のサイズで表示します

山頂到着
クリックすると元のサイズで表示します
杢蔵山が正面、反対側が葉山ちょっと見えにくいが月山と鳥海山
いい眺めです。

ランチはムキダケカレーうどん
クリックすると元のサイズで表示します

ぶなのグラデーション
クリックすると元のサイズで表示します

沢山時間をかけて下山、沢山収穫
クリックすると元のサイズで表示します

帰りは花立峠を通って
クリックすると元のサイズで表示します
栗駒山は初冠雪
2

2016/10/26

クサジャ遺跡発掘  

美郷町六郷東根四天地山中にあるクサジャ遺跡を発掘に出かけました。
いろんなところで募集したら、集まってきた人たちが多く多彩で面白い。
歴史研究の人、民族研究の人、ここの洞窟の昔語りをしている人、
隧道掘りの経験者、この洞窟に小学2年の時に遊びに来た方、ただのもの好き(俺ね)
年齢は30歳台前半から70歳代後半まで幅広く、総勢19人で出発。

クリックすると元のサイズで表示します

まずは、御神酒とろうそくを灯し、伝説の落ち武者の物語を聞きます。
クリックすると元のサイズで表示します

いよいよ掘り始めます、出てきた土は土嚢に入れて積み上げ。
クリックすると元のサイズで表示します

クサジャカフェOPEN
クリックすると元のサイズで表示します
もちろん、クサジャ清水の湧水です。

最後に洞窟の中で発煙筒を焚いてみました。
クリックすると元のサイズで表示します
奥の岩の割れ目から煙が出てきました、繋がっているいる可能性大です。

今日の仕上がりで記念撮影
クリックすると元のサイズで表示します

来年も2回ほど発掘してみるとのことで、解散。
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ