2017/11/6

高松岳登山と泥湯湯治  

晩秋の恒例行事で自炊温泉で鍋を囲み、温泉近郊の山に登山する会です。
今年は、泥湯温泉小椋旅館に宿を決めて高松岳と雄長子内岳に登る計画です。
川原毛から山伏岳に登り高松岳⇒小安岳をめぐる縦走

登山口の紅葉は盛りでした。
クリックすると元のサイズで表示します

山伏岳山頂
クリックすると元のサイズで表示します

高松岳避難小屋昼食
クリックすると元のサイズで表示します

出発
クリックすると元のサイズで表示します
あいにくのガスでしたが、縦走路からは屏風岳や
数年前に訪れた赤湯又の源頭部も時々見られました。
是非天気の良い日に再訪してみたいものです。

葉の落ちたブナ林
クリックすると元のサイズで表示します
この季節のブナの繊細な梢も大好きですね。

そして、ナメコ
クリックすると元のサイズで表示します
ムキタケもたくさん、今宵の肴。

泥湯小椋旅館
クリックすると元のサイズで表示します
しっとりと佇んでいます。

クリックすると元のサイズで表示します
お湯はのぼせないさっぱりとした泉質

温泉直行組も加わって大宴会
クリックすると元のサイズで表示します

翌日は雨、増田の蔵観光に変更でした。
クリックすると元のサイズで表示します
5



2017/11/15  19:43

投稿者:沢Day

おー!尾根に松なので、松茸がと言う話は聞きましたが
今の時期、何茸でしたでしょう?? まさか!!

2017/11/13  20:59

投稿者:黒森通信編集長

沢Dayさん
その後、うちのホープが雄長子内岳行ったところキノコがなんとなんと(^^♪だったそうです。

2017/11/9  19:35

投稿者:沢Day

行ってこられましたね、それにしても楽しそうです。
雄長子内岳残念でした、また今度あの高度感を楽しんでいただきたいです。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ