BIKE BIND自転車日記ブログ

おりゃあ馬鹿だなあ。と自身を思う、自転車馬鹿・bikebindのブログ。

 

TIME

カレンダー

2016年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Rakuten

かしこい旅、エクスペディア

NINJA

過去ログ

最近のトラックバック

 

天気

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

管理人

HN:bike bind
自転車が構成成分の80%を占める自転車野郎。残りは動物とロボ。 あちゃらこちゃらを徘徊し、自転車情報をこのブログに書き記すのがライフワークになりつつある。 ただし体調により更新がつまずくことも。 用がある人は『bind.bike.bind@gmail.com』までどうぞ。
RSS
« 2013の噂 | Main | 一応復活です。 »

2011/10/18

「Gokiso、コンプリートホイールスタンバイ!」  自転車
最初は小話から……、なんて思っていました。ですがこれを見たら血が、血が……うずくんですよー!!

まったくの業界外から突如現れた超絶回転ハブ、ゴキソ・エアロスペースハブ。その訳の分からん超高性能は、通常の自転車用ハブとは桁が違うにも関わらず納得してしまうほどのものです。

以前これに触れたのは昨年のサイクルモードの後でしたが、今回はその前に出してきました。海外の航空ショーに合わせてのようです。

待望の完組ホイールの登場です!!!

クリックすると元のサイズで表示します




http://www.gokiso.jp/products/wheel.html



ライダーの重量制限100キロ、最高時速300キロに耐える完組ホイールです。

……なんかここまでくると凄すぎて、笑っちゃうしかないですね(笑)。

価格はハブの正規価格が21万円(ロードバイク用)になるのに対して、なんと! 28万円(フルカーボンリム チューブラー、リムハイト33o F20/R24H)という何かの冗談かな? と思ってしまうプライスタグとなっています。もちろん正式な価格発表で多少前後はするでしょうが、大きくも変わらないはずです。

フルカーボンクリンチャーでも6000円アップなだけです。

ゴキソさんゴキソさん。価格の付け方間違っているんじゃありません(苦笑)? もしくは誰かに騙されたとか(苦苦笑)?

バリエーションはリムハイトの違い、そしてチューブラー、クリンチャーの違いです。ハイトは33、38、45、50oの4種類。スポークは通常のステンレスのエアロかバテッドのようです。

通常、カーボンリムホイールの場合、リムがクローズアップされてハブ&スポークは後回しなのですが、流石ゴキソ「リムなどは脇役じゃあ!」と言わんばかりです。ここら辺は個人的にはライトウェイトと真逆なコンセプトな気がします。あっちはハブ部分はいつの時代も他社からの流用ですから。さてこの違いはどのように性能に現れてくるのか? とても興味深いです。

重量も最も軽い33oハイトチューブラーでF680/R900グラムと、ホイール完成体となればあまり不自然ではないくらいに収まっています。一番重い55oハイトクリンチャーはF870/R1170グラムとなっていますね。

現行では高級品なだけに、エンヴェなどの高級&軽量リムと組み合わせていることがちまたでは多いようです。総合の価格も40万近くになってしまうのも必然です。ですが今回の完組ホイールはゴキソの高性能が一気に身近になってくれるかも知れません。28万円という価格が安いとは貧乏人の私には口が裂けても言えませんが、その価値は十分にあるのではないかと思います。

ちょっと気になるのはハイトでしょうか。かなり細かい設定ですね。他社は大体35oの次は50oくらいまで飛んでいます。この15oの差がかなり空力的に大きいらしいのです。それを克服したのがジップのファイアクレストに代表される太リムなのですが、ゴキソは38oで予定していたワイドリムの発売を今回見送ったようです。うーん、残念。こっちの方はプロではないので、仕方ないのでしょうか。


いやあ、日本のホイールで心躍る製品が久々に現れてくれました。遡ればアラヤもありましたが、あれは黎明期だから許されたシマノハブまんま流用モデルでしたし。コールに供給していた時期もありましたけど、あれはよそさんですから。ホシのフルアルミホイール・フォーテストは乗ったとたんにホイールが崩壊していくという伝説を残したほどです(苦笑)。スズエも一時MTB用を作っていましたね。ウカイは……、なかったですか。インターマックスもアラヤ状態でしたし、トレカも同じようなものでした。ただしここはバトンホイールも作っていましたから、ちょっと別格です。

となるとシマノ(PROも含む)以外にはメジャーリーガーはいませんね。でもボーマも頑張っていますし、グラファイトデザインもこっそりテスト中らしいです。そこに参入するとなれば……、いいですねえ!

日本の自転車部品メーカーは、市場や普及具合からしても異常に少ないと思います。シマノにおんぶにだっこというか……。もっと出てきて欲しいですね。だって出来るんですから!

ねえ?







17
投稿者: bikebind
トラックバック(0)
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:よぺ
どもです
おかえりなさい、あまり無理せずボチボチいきましょう

このホイールは  売れないでしょうねー(笑)
ハブだけ見ると超一流品だーっていうにおいがしますが
完組みになっちゃうとすごく中途半端な感じになっちゃってるような気がします
完組み30万以下で出すなら、まずハブを買える値段にしろよ と
ハブはスペシャルだけどリムは平凡、スポークも平凡、重量は重め、価格は・・・
どこかチームで使ってくれると違うんでしょうが

300キロ出したらハブは耐えてもリム、スポークは吹っ飛びますな(笑)

Big

amazon

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ