BIKE BIND自転車日記ブログ

おりゃあ馬鹿だなあ。と自身を思う、自転車馬鹿・bikebindのブログ。

 

TIME

カレンダー

2016年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Rakuten

かしこい旅、エクスペディア

NINJA

過去ログ

最近のトラックバック

 

天気

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

管理人

HN:bike bind
自転車が構成成分の80%を占める自転車野郎。残りは動物とロボ。 あちゃらこちゃらを徘徊し、自転車情報をこのブログに書き記すのがライフワークになりつつある。 ただし体調により更新がつまずくことも。 用がある人は『bind.bike.bind@gmail.com』までどうぞ。
RSS
« 2013 ルック・675登場! | Main | awaken! »

2012/6/30

「2013 クオータ」  自転車
なんか毎年言っているような気がしますが、どのメーカーもずいぶんと発表が早いこと(笑)。色々大変ですねー。

2013年のロードトレンドは『軽量エアロ』といったところでしょうか。今までは重量制限でしょうがなく材料が必要なエアロロードを作っていたという感じでしたが、レースバイク作りの宿命、軽量化はどこのエンジニアも取り組まなければならないようです。

クオータ・KOM EVOはKOMエアーへとモデルチェンジします。重量は770グラム(XSサイズ)と200グラムというとんでもない軽量化を果たしています。EVOはどちらかというと剛性重視のモデルチェンジだったので、KOMの本領、山岳や上りでの性能を重視してきたというところでしょう。

トレックの新マドンもそうなのですが、エアロロード、そしてフラッグシップマシンが700グラム台に載る時代がやってきました!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
↑KOM エアー

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
↑Kウノ

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
↑クラーロ

クリックすると元のサイズで表示します
↑カルマ

クリックすると元のサイズで表示します
↑コルサ

クリックすると元のサイズで表示します
↑クイーンK

http://www.cyclinside.com/Technews/Biciclette/Corsa/Kuota-2013-+-Ecco-Kom-Air+-Kuraro-e-tante-novit%C3%A0.html

KOMエアーの重量は昔ながらのちょっとずるいデータ(XSサイズなんて……(苦笑)ですが、まあ努力を買いましょう。エアーという名称があるのでもうちょっと空力に手を入れているのかと思いきや、どうやら軽いという意味でのエアーみたいですね。最初のエアロロードの下りは、読み飛ばしてください(汗)。

BBはどうやらプレスフィット30に移行するようです。シマノとスラムには対応するとありますが……、カンパやFSAは? まあそんなに特殊な規格でもないので対応策はあるとおもいますが、ちょっと投げやりですな(苦笑)。といってもこの部分で100グラム近い軽量化ができるようなので、フレームメーカーとしては宣伝できる数字をとったということなのでしょうか? クオータは一応カンパと同郷なんですけどね。もちろん現在のBB30規格車はほとんどそのメリットを享受できていません。なぜならほとんどのバイクがアダプターかアダプター兼BBの装備を余儀なくされているからです。BB30なのに結局BBシャフトが24ミリというのは……、何も意味がありませんから。

この軽さはカーボンのレイアップスケジュールの見直しによるようです。シートチューブも細くなり、ピラーが31.6ミリから27.2ミリにダウンサイジングされています。これも実は良くあることの繰り返しなのですが、フレームで手が回らなくなった突き上げをシートピラーに負担させています。KOMエアーの一方で他のモデルは専用のエアロピラーを装備するなど、比較的高剛性方向に振っています。エアロスタイルも性能面では正しいですしスタイルも良いのですが、ここもフレーム、ホイールなどをセットで考えなければいけませんね。難しいところです。


他に注目すべきは、クラーロでしょうか。新型のエントリーモデルのようです。ですが最上級モデルのKOMをベースとしているようなので性能面でも興味深いですね。カーボンの時代になって、エントリーだからと言って侮ることができなくなりました。軽さや剛性、振動吸収性が使い分けることが可能になり、軽量性だけを重視した最上級モデルよりもバランスが取れているということもままあるからです。クラーロはちゃんと電動対応になっていますし、プレスフィット30やワンポイントファイブテーパーコラムもちゃんと装備しています。カルマも相変わらず良いモデルだとおもいますが、値段の差によってはクラーロの方がアツいモデルとなるかもしれませんね。

日本ではあまり関係ないのですが、機械式はスラム、電動はシマノとずいぶん割り切ったアッセンブルとなっています。さらにホイールはコールというマニアックというかニッチというか、面白い装備としたものです。電動コンポを装備したモデルがアッパーミドルくらいからちゃんとそろっているのも、高ポイントですね。ここしばらくユーロが安定しないので最終価格はまだ不明のようですが、価格競争の激しさもあるんでしょう。

2013年はロードバイクとトライアスロンに力を入れると宣言しているようなので、KOMエアーのできばえが気になります。





129
投稿者: bikebind
トラックバック(0)
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。

Big

amazon

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ