BIKE BIND自転車日記ブログ

おりゃあ馬鹿だなあ。と自身を思う、自転車馬鹿・bikebindのブログ。

 

TIME

カレンダー

2017年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Rakuten

かしこい旅、エクスペディア

NINJA

過去ログ

最近のトラックバック

 

天気

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

管理人

HN:bike bind
自転車が構成成分の80%を占める自転車野郎。残りは動物とロボ。 あちゃらこちゃらを徘徊し、自転車情報をこのブログに書き記すのがライフワークになりつつある。 ただし体調により更新がつまずくことも。 用がある人は『bind.bike.bind@gmail.com』までどうぞ。
RSS
« スラム・フロントシングル、スパイダーレスへ | Main | TRP・シクロクロス用ディスクブレーキカーボンフォーク »

2014/12/17

「ベルのヘルメット強度実験をみてみよう」  自転車
チンガードが見事なまでにゆがむのですが、スプリング効果とでも言うべき高い弾性によって見事に中身を守っています。

基本的に自転車のヘルメットは壊れることによって内部を守るクラッシャブル構造なのですが(このベルのヘルメットも頭頂部を含むメインの部分はそう)、チン部分は別の構造を与えられたようです。こういった役割だと、カーボンよりもグラスファイバーのほうが向いていそうですね。



もはや自転車乗りに必須となったヘルメット。安全面でもまだまだ進化するんですねえ……。
3
投稿者: bikebind
トラックバック(0)
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:とっぴん
私は、3度ほどヘルメットに命を救われています。
安物ですが、KABUTOのちゃんとしたヘルメットです。
一度はガードレールに接触し、反動で横転して縁石で側頭部を打ちました。
ヘルメットが無ければ、頭骨が割れているかもしれません。
一番弱いところですから。
また、雨の日にコーナーリング中、道路上の泥にタイヤを取られ横転。
肘の肉をえぐりましたが、頭は無事でした。
三度目は、コーナーリングしたときに、停車中の軽トラに突っ込みました。
衝撃で唇を割り、むち打ちになって、ヘルメットも割ってしまいましたが、頭は無事でした。
発泡ウレタンの軽いヘルメットですが、効果絶大です。

Big

amazon

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ