BIKE BIND自転車日記ブログ

おりゃあ馬鹿だなあ。と自身を思う、自転車馬鹿・bikebindのブログ。

 

TIME

カレンダー

2017年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Rakuten

かしこい旅、エクスペディア

NINJA

過去ログ

最近のトラックバック

 

天気

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

管理人

HN:bike bind
自転車が構成成分の80%を占める自転車野郎。残りは動物とロボ。 あちゃらこちゃらを徘徊し、自転車情報をこのブログに書き記すのがライフワークになりつつある。 ただし体調により更新がつまずくことも。 用がある人は『bind.bike.bind@gmail.com』までどうぞ。
RSS
« ニコンのアクションカメラは3種類? | Main | 曲尺(かねじゃく)が出来るまで »

2016/9/23

「2017 トムソン、カーボンシートポスト登場! 他」  コンポーネント
ついにトムソンもカーボンポストを投入します。ハンドルバーもカーボン製が最初から準備されていたのである意味予想されたことでもあるのですが。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
シクロクロス&グラベル用ドロップバー


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
ハイトアジャストシートポストもバージョン2へ
http://www.bikerumor.com/2016/09/21/ib16-thomson-adds-alloy-road-cross-adventure-handlebars-carbon-seatpost-updating-dropper-post/

シートポストは27.2ミリだと35グラムの軽量化、30.9ミリだと10グラムの増加だそうです。……おや(笑)? まあまだ最終段階ではないそうなので、これからに期待しましょう。

さらに中折れではない、ヤグラ部で250ミリオフセットさせたモデルも登場します。ロード乗りでは待ち望んでいた人も多いのではないでしょうか? 

ハンドルはアップ部に対してドロップ部が20ミリほど広くなります。荒れた路面ではハンドルが広い方が抑えが効いて安定するので、昔から使われてきた手法です。

ハイトアジャストシートポストもよりガタが少なく、スムーズな動きになっている模様。

余談ですが、どうやらカーボンステム、35ミリハンドル&ステム、さらにフラットペダルも開発中とのこと。

トムソン、やる気ですなあ(笑)。



11
投稿者: bikebind
トラックバック(0)
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:CODA
再開をお待ちしておりました。トムソンのアルミシートポストは99年頃の物がまだ現役です。コンポメーカーになるなら大歓迎ですが、商売敵も多いですよね。シンクロス、レースフェイス、クランクブロス、リッチー、LPコンポジティ(懐)

Big

amazon

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ