BIKE BIND自転車日記ブログ

おりゃあ馬鹿だなあ。と自身を思う、自転車馬鹿・bikebindのブログ。

 

TIME

カレンダー

2017年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Rakuten

かしこい旅、エクスペディア

NINJA

過去ログ

最近のトラックバック

 

天気

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

管理人

HN:bike bind
自転車が構成成分の80%を占める自転車野郎。残りは動物とロボ。 あちゃらこちゃらを徘徊し、自転車情報をこのブログに書き記すのがライフワークになりつつある。 ただし体調により更新がつまずくことも。 用がある人は『bind.bike.bind@gmail.com』までどうぞ。
RSS
« ケーンクリーク・DBコイルIL登場 | Main | ニコンのアクションカメラは3種類? »

2016/9/30

「ホープ、ディスクブレーキ用アシストレバー!」  ディスクブレーキ
油圧ディスクブレーキ用のアシストレバーです。どこかがやるだろうと思って居ましたが、ホープでしたか!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
フロント

クリックすると元のサイズで表示します
リヤ
http://road.cc/content/tech-news/206054-hope-unveils-new-inline-hydraulic-crosstop-brake-levers-paul-oldham-winning
http://road.cc/content/tech-news/203735-eurobike-2016-hope-show-new-road-calipers-and-hubs

いやいや、再開したとたんパソコンが不調になるというのも嫌な話です(涙)。あれこれクリーニングしたら戻りましたが……、ひょっとすると新しいOSのが出て来たせいかなあなんて邪推しています。MAC OS SIERRAですか? いつの間に出ていたのやら? 世の中はiPHONE7の話題ばかりだったので……。もはやコンピュータは話題にする価値がないとか?

それはさておき、

昔からの自転車乗りにはホープというのはどうしてもディスクブレーキかハブというイメージがあります。しかし最近はあくまでMTBに軸足は置きつつも、ロード用のコンポーネントも積極的にリリースしています。このアシストレバーもその一環です。

ワイヤ式だと本筋側のブレーキングフィールが損なわれてしまうこともままありますが、油圧式ならそれもまずないでしょう。しかもおそらくはほぼ100%のストッピングパワーも出せるでしょう。

いまのところホープは電動シフトを作る力はないでしょう。というか電動シフトの社外品は基本的にありませんから、パテントか技術かなんらかの障害があるんでしょう。ホープだけにクリアしろというのは無茶ぶりですね。でもレバーの先のアシストレバーとキャリパー本体を作ってきたのは立派です。確かホープはドットフルードでしたから、ミネラルオイル対応ということになるのでしょう。

これも良くできていますが、私見ではディスク用アシストレバーにはラジアルマスターの方が適していると思っています。理由は簡単、より内側にセット出来るからです。ハンドル幅が狭い女性やアジア人などはよりメリットがあります。ま、ここらへんは今後に期待ですね。

ああ、これは本格的なグラベルロードにも広く受け入れられそうですね。荒れ地でのハンドルの押さえ込みは、どうやっても横一文字がやりやすいですからね。


7
投稿者: bikebind
トラックバック(0)
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。

Big

amazon

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ