BIKE BIND自転車日記ブログ

おりゃあ馬鹿だなあ。と自身を思う、自転車馬鹿・bikebindのブログ。

 

TIME

カレンダー

2017年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Rakuten

かしこい旅、エクスペディア

NINJA

過去ログ

最近のトラックバック

 

天気

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

管理人

HN:bike bind
自転車が構成成分の80%を占める自転車野郎。残りは動物とロボ。 あちゃらこちゃらを徘徊し、自転車情報をこのブログに書き記すのがライフワークになりつつある。 ただし体調により更新がつまずくことも。 用がある人は『bind.bike.bind@gmail.com』までどうぞ。
RSS
« プロライトのカーボンホイールの製作現場を見てみよう2016 | Main | ホープ、ディスクブレーキ用アシストレバー! »

2016/10/2

「ケーンクリーク・DBコイルIL登場」  サスペンション
先日出て来たOEM用のCクエントに続いて出て来た、エントリーグレードのコイルスプリングバージョンでしょう。ショートストローク向きだそうですが150、140ミリリヤトラベル用ということなので、エンデューロ用という事なのでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
http://www.pinkbike.com/news/cane-creek-dbcoil-il-crankworx-2016.html

■スペック
●ダンパー ツインチューブダンパー、ロースピードコンプレッション、ハイスピードコンプレッション、ロースピードリバウンド、ハイスピードリバウンド
●スプリング コイル(軽量モデルVALTスプリングは130ドルアップチャージ)
●ロックアウト クライムスイッチ
●価格 550ドル

見ての通りリザーバータンクがありません。最初、廉価版と書きましたが、4WAYダンパーが付き、さらにクライムスイッチまでついていることを考えると、軽量版という側面もありそうです。本国サイトでも販売しているので、OEM専用ではないですね。このサイトとの価格は違いますが、DBコイルCSは665ドル、このDBコイルILは490ドルなので随分お手頃です。

基本的なスペックは申し分ないほど引き継いでいるので、かなり面白いバイクを作れそうです。スプリングもフォックスも採用しだした軽量スチールタイプも揃えているので、エアスプリングモデルとも戦えそうです(笑)。


4
投稿者: bikebind
トラックバック(0)
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。

Big

amazon

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ