BIKE BIND自転車日記ブログ

おりゃあ馬鹿だなあ。と自身を思う、自転車馬鹿・bikebindのブログ。

 

TIME

カレンダー

2017年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Rakuten

かしこい旅、エクスペディア

NINJA

過去ログ

最近のトラックバック

 

天気

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

管理人

HN:bike bind
自転車が構成成分の80%を占める自転車野郎。残りは動物とロボ。 あちゃらこちゃらを徘徊し、自転車情報をこのブログに書き記すのがライフワークになりつつある。 ただし体調により更新がつまずくことも。 用がある人は『bind.bike.bind@gmail.com』までどうぞ。
RSS
« クレメンからディスク対応シクロクロスホイール登場 | Main | ケーンクリーク・DBコイルIL登場 »

2016/10/3

「プロライトのカーボンホイールの製作現場を見てみよう2016」  ホイール
以前取り上げたもののロングバージョンです。早送りも少なめになっています。





カーボンリムは、ひたすら手作りです。型にペタペタ貼っていきます。改めて見ると、アルミリムがほとんど機械的流れ作業で出来るのと比べ、値段が数倍から数十倍高いのも納得できます。

バルーンは入れるタイミングが各社違うようで、イーストンなんか半円を別に作って入れます。今は亡きメーカーですが、MDプリプレグを丸く切り出して合わせていくなんて手法もありました。このプロライトはプリプレグを貼っている途中で仕込んでいます。

完成形が同じように見えても、違う物ですねえ。だからカーボンは怖いです(笑)。







8
投稿者: bikebind
トラックバック(0)
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。

Big

amazon

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ