BIKE BIND自転車日記ブログ

おりゃあ馬鹿だなあ。と自身を思う、自転車馬鹿・bikebindのブログ。

 

TIME

カレンダー

2017年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Rakuten

かしこい旅、エクスペディア

NINJA

過去ログ

最近のトラックバック

 

天気

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

管理人

HN:bike bind
自転車が構成成分の80%を占める自転車野郎。残りは動物とロボ。 あちゃらこちゃらを徘徊し、自転車情報をこのブログに書き記すのがライフワークになりつつある。 ただし体調により更新がつまずくことも。 用がある人は『bind.bike.bind@gmail.com』までどうぞ。
RSS
« キンダーナイ・油圧変速内装14段ハブ! | Main | ケーンクリーク・ダンパーヘッドセット »

2016/10/21

「ルイヴィトン、ピナレロを買収!?」  ニュース
正直、なんの冗談かと思いましたが……。

どうやら本当の事らしいです。

うーん、うーん、ど、どう捉えればいいんでしょう?

クリックすると元のサイズで表示します
http://www.bikeradar.com/road/news/article/louis-vuitton-to-buy-pinarello-48400/
http://www.bikeradar.com/road/news/article/louis-vuitton-to-buy-pinarello-48400/



文に依れば、高級ブランドコングロマリットであるLVMHグループがヘルス&スポーツ分野に進出するにあたり、ピナレロを買収するとのこと。ただし社長のファウスト・ピナレロはCEOとしてそのまま残るようです。ほかのピナレロファミリーも事業から撤退はしないとか。

ここら辺は当然でしょう。いくらお金持ちな会社とはいえ、自転車とはまったく異なるジャンルですから。バイク製作ノウハウを買うということですね。で、それらの開発陣とは別にグループから営業や経営の人間が送り込まれる……、おう、ビジネスだ(笑)。

私、正直に言ってブランド物はさっぱり分かりません(笑)。そんな人間でも知っているルイヴィトン。エントリーグレードが随分増えたとはいえ、最上級モデルのドグマはやはり目玉が飛び出るほどの高価格商品、すなわちプレミアム商品として十分価値を持つであろうピナレロ。

この2社の行く末はいかに?




9
投稿者: bikebind
トラックバック(0)
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。

Big

amazon

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ