BIKE BIND自転車日記ブログ

おりゃあ馬鹿だなあ。と自身を思う、自転車馬鹿・bikebindのブログ。

 

TIME

カレンダー

2017年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Rakuten

かしこい旅、エクスペディア

NINJA

過去ログ

最近のトラックバック

 

天気

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

管理人

HN:bike bind
自転車が構成成分の80%を占める自転車野郎。残りは動物とロボ。 あちゃらこちゃらを徘徊し、自転車情報をこのブログに書き記すのがライフワークになりつつある。 ただし体調により更新がつまずくことも。 用がある人は『bind.bike.bind@gmail.com』までどうぞ。
RSS
« み、みんな……、気をつけるんだ(ガクッ) | Main | キンダーナイ・油圧変速内装14段ハブ! »

2016/10/27

「ファストフォワードの組み立て風景を見てみよう」  ホイール
なかなかピッチが上がりませんが……、ここは我慢の一手で(笑)。

ハンドビルド・イン・ホランドとリムサイドにでかでかと貼られているのがここの商品の特徴でもあります。ホランドと読むか、ホーランドと読むか、はたまたオランダと読むかは……、その人次第で良いみたいです(笑)。昔の記憶をほじくり返すと、そうだったなあと思い出しますねえ。



日本に入っているラインナップはえらく絞られていますが、本国では50くらいあります。でも基本的にはハブ違い、リム違い(チューブラー、クリンチャー)なので、最低限の用途は抑えています(在庫にないのは取り寄せ可能ですね)。ここは昔ながらの作りが代名詞ともなっています。この動画も、カーボンリムを使用していながらも昔からのホイール組みを思い出すような光景がよく見られます。

ワイドリムへの切り替えも進みつつあります。いつの間にやらMTBホイールも用意されています(笑)。デザインが統一されており、何年か経っても古びて見えないのが好みの天でもあります。
14
投稿者: bikebind
トラックバック(0)
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。

Big

amazon

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ