2016/10/22

BurgundyNight143  

本日のお題はデュジャック!!
2000年の水平です。


クリックすると元のサイズで表示します








HENRIO Cuvee Enchantelurs 00年

クリックすると元のサイズで表示します

切れのある酸、安定の美味しさ!!
テンションあがってくるシャンパーニュです。












アペリティフ

クリックすると元のサイズで表示します













DUJAC MORET-ST.-DENIS BLANC   09年

クリックすると元のサイズで表示します

相変わらず重心の重いミネラルですが決してやぼったくはならないところは
デュジャックの白の良さですね。
果実味は柔らかく抜けた感じもありますが酸はとても綺麗で美味です。












ボタンエビのタルタル

クリックすると元のサイズで表示します
















DUJAC MORET-ST.-DENIS BLANC   08年

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは果実、酸、ミネラルのバランスがとても良いですね。
キュッと引き締まっていてスタイリッシュ!!
やはり僕は09年のスタイルよりも08年のスタイルの方が好みです。













ウニタルト

クリックすると元のサイズで表示します















DUJAC MORET-ST.-DENIS BLANC  06年

クリックすると元のサイズで表示します

香りは柔らかく飲んでも果実味はやや柔らかく甘いですが酸はとても綺麗ですね。
09年を熟成させたような感じです。













北海道産ブリ炙り 柚子パウダー添え

クリックすると元のサイズで表示します















DUJAC CHARMES-CHAMBERTIN 00年

クリックすると元のサイズで表示します

香りはキイチゴのチャーミングな香り。
飲むと酸タンニンがまだまだ前に出ていて少し堅い印象。
デュジャックのG-Cの中ではいつも最初に飲み頃になるワインなのですが
今日はまだ表情を隠しています。













牡蠣フラン

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します














DUJAC ECHEZEAUX 00年

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは樽の甘い香りやローストの香りを中心にグイグイ入ってくる
魅力的な香り。
飲むと完全にステージの違いを感じさせる端正な男前なワイン。
一票挙手が入りました。














鱧と松茸 クロケット

クリックすると元のサイズで表示します



















DUJAC CLOS ST.-DENIS 00年

クリックすると元のサイズで表示します

甘い果実の魅力的な香り。昔のデュジャックのような熟した果実を
ギュッとつぶしたような香りとは違いますが、これもとてもシンプルで
魅力的です。
飲んでも果実味の柔らかさと酸ミネラルが端正でとてもバランスが良い。
ある理由によりこちらが7票の挙手を獲得してキョウイチワイン
となりました!!








メヌキのポワレ ノワゼットソース

クリックすると元のサイズで表示します














DUJAC CLOS DE LA ROCHE 00年
  
クリックすると元のサイズで表示します

うーん うーん
ちょっとだけブショネ
この余計な香りさえなければキュッとしまったミネラルのこのワインが
間違いなくキョウイチワインとなっていたはずです。
残念!!












香鶏ロースト

クリックすると元のサイズで表示します










追加でメオカミューゼ V-R レショーム  04年

クリックすると元のサイズで表示します

というわけで急遽こちらのワインを
甘く妖艶な香りの素晴らしいワインでした。






デュジャックの2000年はまだまだしっかりとしていてまだ飲み頃に
差し掛かったばかりといった印象でした。
他のブルゴーニュがすでに飲み頃に入っている中やはりセイスの
作っていた時よりも抽出が濃いせいなのかまだ少し早かったかも
知れません。
個人的にはセイス時代と比べてはいけないことは承知しているのですが
やはりあのラベルを見ながら飲んでいると期待が大きくなってしまって
しょうがありません。
無いものをねだっても仕方のないことですからしっかりとこれらの
ワインに向かい合っていかないといけませんね。
でも04年なんかはセイスっぽいんだね(^_^;)
ご参加いただいた皆様ありがとうございました。




クリックすると元のサイズで表示します



2016/9/10

BurgundyNight142  

本日のお題はルーロ!!
ムルソーの作り手の中では特に親父さんの代から村名のワインを畑ごとに
仕込んできた作り手で89年ごろより息子のジャクマルクルーロになってからは
より洗練されたミネラリーなワインを醸しています。
今日は親父さんの代のワインまで含めたルシェの畑のミニ垂直!!
赤はセラファンのシャルムのミニ垂直楽しみです!!


クリックすると元のサイズで表示します








DEUTZ Cuvee William Deutz 00年

クリックすると元のサイズで表示します

久しぶりに00年のキュヴェウィリアム飲みましたが美味しいですね!!
とてもクリーミーなきめの細かい泡でとてもリッチなアロマがあります。
飲むと果実味がとても柔らかく今飲んでとても美味しい状態です。
酸はしっかりと伸びやかで幸せなシャンパーニュですね。





三種のアミューズ

クリックすると元のサイズで表示します












ROULOT MEURSAULT LES LUCHETS  09年

クリックすると元のサイズで表示します

果実味が柔らかいのは09年の傾向として理解していたけど
酸がとてもしっかりと伸びやかであったことは大収穫!!
そしてしょっぱいぐらいのミネラル
08年10年と比べる事は難しいけれど09年の白としては緩んだところが無く
大成功と言えると思います。







青森県ムラサキウニと夏鹿のコンソメ

クリックすると元のサイズで表示します









ROULOT MEURSAULT LES LUCHETS 08年

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは08年らしく涎が出てくるくらいの強い酸味があって更に硬質で
締まったミネラルを大量に感じます。
それでも野暮ったいところが無くてスタイリッシュに感じる仕上げを
しているのはさすがはルーロと言わざるを得ません。
08年のスタイルはとてもルーロの造りと合っていると思います。
こちらには一票挙手が上がりました。










北海道秋刀魚の炙りとコンフィした秋刀魚の肝と海藻のソース 新玉葱のアイスと共に

クリックすると元のサイズで表示します









ROULOT MEURSAULT LES LUCHETS  06年

クリックすると元のサイズで表示します

06年の白はやや弱かったりしまりの無い部分があるワインが見られるヴィンテージですが
こちらはやや08年の後なのでやや弱い部分もいなめないけれど今飲んで
美味しいワインだと思います。









伊豆河津 雄夏鹿ロース肉のロースト そのジュと共に

クリックすると元のサイズで表示します











ROULOT MEURSAULT LES LUCHETS  88年

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは先代の頃のワインです。
さすがに熟成のピークはやや超えたあたりにあるとは思いますが
やはり熟成した白の香りは素晴らしいです。
ガッと樽は効いてはいますが長い熟成とともにワインとリンクして素晴らしい
香りになっています。
飲むと柔らかく穏やかな果実味、酸も綺麗でまだまだミネラルもしっかりと
しています。
こちらのワインには3票入りました。








何のかたまり肉でしょう??(^_^;)

クリックすると元のサイズで表示します






SERAFIN CHARMES-CHAMBERTIN 95年

クリックすると元のサイズで表示します

スーボア、ジビエ、プラムのコンポート、東洋のスパイスやら
熟成した完璧なブルゴーニュの香り。
飲むとパンと張りのある果実味のアタックから口の中を甘さと旨みが
交互にその味わいを楽しんだ後に長い余韻のあるアフターへ綺麗に繋がります。
素晴らしいワイン!!
ルーロの会なのに(^_^;)4票を獲得してキョウイチワインとなりました。






北海道オスグマの肩のロースト 赤ワインソース

クリックすると元のサイズで表示します









SERAFIN CHARMES-CHAMBERTIN 93年
クリックすると元のサイズで表示します

こちらも前出ワインと続く印象ではありますが93年らしくややタニックで
アフターにかけてはやはりタンニンがさその中心になります。
それでもより熟成感がありとても美味しいワインです。










SERAFIN CHARMES-CHAMBERTIN 88年
クリックすると元のサイズで表示します


こちらは本当にバランスが良く熟成の頂点にあると思います。
やや酸が強く果実味に勝っていますがそれは正しくヴィンテージを
反映していると思いますしブルゴーニュの古酒としてはとても素晴らしい
ワインです。









沖縄マンゴーとヴァローナチョコレートの球体


クリックすると元のサイズで表示します







今回はセラファンのシャルム95年の状態の良さと飲むタイミングがとても良く
奇跡の一杯に負けましたが(^_^;)
一昔前の樽香ムンムンの昔のムルソーではなくスタイリッシュで切れがあって
ミネラルの要素の強い現代のムルソーをルーロは代表する作り手だと思います。
次回こそはリベンジしないとですね。
ご参加いただいた皆様有難うございました。








クリックすると元のサイズで表示します





PS:ワインの写真を撮るのを失念してしまいNさんに撮っていただいたのを
載せましたので画質、アングルがいつもと違います。
(^_^;)


クリックすると元のサイズで表示します

2016/8/7

ChampagneNight13  

本日は年に一度のシャンパーニュの会です。
お題はボランジェ!! RDのミニ垂直豪勢だな(^_^;)




クリックすると元のサイズで表示します








BOLLINGER LA GRANDE ANNEE  02年

クリックすると元のサイズで表示します

白桃、ハーブ、栗、白い花などの香り。
飲むと果実味がとても強くそれを支える強い酸があります。
とても壮大な作品で今飲んでも美味しいけれどまだまだ熟成させた方が
より美味しく飲めると思います。









アミューズ

クリックすると元のサイズで表示します











BOLLINGER LA GRANDE ANNEE   99年


クリックすると元のサイズで表示します

こちらはリンゴなどの香りが追加されてだいぶ熟成された香りがしてきます。
飲むと果実味は柔らかく酸もこなれてきておりとても美味しいです。











とうもろこしのムース

クリックすると元のサイズで表示します











BOLLINGER  LA GRANDE ANNEE  97年

クリックすると元のサイズで表示します

レモン、シトラス、リンゴ、蜂蜜、白い花など熟成して複雑な香りがしています。
飲むとやはり熟成していて柔らかく見事なバランス!!
美味しいな











黄パプリカのガスパチョ
クリックすると元のサイズで表示します












BOLLINGER  RD    96年

クリックすると元のサイズで表示します

さていよいよRDの登場です。
白い花、プロポリス、白檀、りんごなどの香り。
飲むと圧倒的なボリュウム感です。
まさに飲む者を圧倒するような強さ。
そして完璧なバランス。
素晴らしいさすがとしか言いようがありません。
こちらには3票挙手が入りまして85年と共にキョウイチワイン
を分け合いました。










鱧のベニエ
クリックすると元のサイズで表示します













BOLLINGER   RD   95年

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは前出の派手さがない代わりにより深みがあります。
まさに光と影
ヴィンテージによって味わいの違いも楽しいですね。
もちろん両方とも素晴らしいです。











穴子のキャラメリーゼとフォアグラソテー


クリックすると元のサイズで表示します







クリックすると元のサイズで表示します

メインのスズキのアンクルートが焼きあがりました










BOLLINGER  RD  85年

クリックすると元のサイズで表示します

至極の旨さ!!
完璧なバランス!!
言葉になりません!!
こちらにも3票入ってキョウイチワインを96年と
分け合いました。
もちろん私はこちらに入れましたが...
若くてピチピチしたのが良いのか熟成したムンムンが良いのか好みが別れましたね。












スズキのパイ包み ショロンソース

クリックすると元のサイズで表示します












TOLLOT-BEAUT CORTON BRESSANDES 99年

クリックすると元のサイズで表示します

プラム、スーボア、ジビエ、スパイスなどの香り。
飲むとシルキーでまだ酸タンニンはしっかりとしています。
とても美味しいワインで飲み頃はこれからもかなり続くものと思われます。
トロボー好きだな。













MEO-CAMUZET  CORTON 96年

クリックすると元のサイズで表示します

スーボア、ジビエ、鉄、ミネラルそして薔薇の香り。
熟成感が出てきてとても素敵な香りです。
飲むと果実味は強いのですが酸が軽やかですいすい飲んじゃいます。
素晴らしいワインでえっメオのコルトンってこんなに美味しかった???
と思っちゃいました(^_^;)
こちらにも2票挙手があがりました。














韃靼そば茶のブランマンジェ ゲラントの塩のアイス
クリックすると元のサイズで表示します







デセール
クリックすると元のサイズで表示します








プティフルール

クリックすると元のサイズで表示します



ボランジェ当たり前ですが素晴らしいシャンパーニュだと再確認しました。
やはりRDはそのボリュウム感で飲む者を圧倒しますね。
その印象は初めて飲んだ時から何も変わりませんでした。
ご参加いただいた皆様有難うございました。







クリックすると元のサイズで表示します

2016/7/16



本日はBurgundyNight141お題は4月5日にお亡くなりになったアンヌクロードさんを
偲びつつルフレーブです。



クリックすると元のサイズで表示します









LANSON NOBLE CUVEE B&B 00年

クリックすると元のサイズで表示します

マロン、モカ、白い花などの香り。
熟成感があって果実味の甘さ、そして酸の切れ。
美味しくコスパ素晴らしいですね。






三種のマノワのアミューズ 穴子と焼き茄子、海老のタルタルとガスパチョ、くぬぎマスとラディッシュ

クリックすると元のサイズで表示します










LEFLAIVE PULIGNY-M. CLAVOILLONS  97年

クリックすると元のサイズで表示します

シトラス、ゴマ、樽のヴァニラ、白い花、蜂蜜などの香り。
飲むとしょっぱいほどのミネラルと切れの良い酸。
状態も素晴らしくとても美味しい!!
なんと3票入りました(^_^;)










岐阜県天然のすっぽんのコンソメジュレとサザエとミル貝


クリックすると元のサイズで表示します











LEFLAIVE PULIGNY-MONTRACHET LES FOLATIERES 97年


クリックすると元のサイズで表示します

香りは前出同様素晴らしい香りです。
飲むとよりタイトでしっかりとしています。
ミネラルは相変わらずしょっぱい(^_^;)
こちらも素晴らしいワイン。










山口県 アマダイの松笠焼き フヌイユの香り

クリックすると元のサイズで表示します











LEFLAIVE PULIGNY-M. PUCELLES 97年

クリックすると元のサイズで表示します

より強いストラクチャーを感じます。
味わいも深くミネラル感はより強いです。
やはり素晴らしいワイン。














広島県うりぼうの腿肉の香草フュメ そのジュ

クリックすると元のサイズで表示します







クリックすると元のサイズで表示します














LEFLAIVE BIEBENUES BATARD MONTRACHET 97年

クリックすると元のサイズで表示します

残念なことにやや熟成酸化。
アフターはしっかりとあるだけに小さな傷がもったいない。











LEFLAIVE BATARD MONTRACHET 97年

クリックすると元のサイズで表示します

いつものバタールに感じる濃さやスケール感を今一つ感じません。
やはりヴィンテージなのか?
それともやや早いのか??









LEFLAIVE CHEVALIER-MONTRACHET 97年

クリックすると元のサイズで表示します

こちらはやはり物がはつきりと違います。
桁違いなミネラル感
アルコール度数が違うかのような長いアフター
7票を集めて圧倒的なキョウイチワインとなました。











鹿児島県アナグマの腿肉でミンチ肉を包んでロースト ねずの実の香り

クリックすると元のサイズで表示します









HUBERT DE MONTILLE  POMMARD LES PIZEEROLLES 76年

クリックすると元のサイズで表示します

こちらが残念な事に完全にBでした(^_^;)
久しぶりです。色はとても良かったんですが...







PERRUCHOT POMMARRRD PLATIERES 83年

クリックすると元のサイズで表示します

こちらを急遽代わりに出させていただきました。






山梨県一宮の桃の瞬間コンポート シャンパーニュのムース

クリックすると元のサイズで表示します




ルフレーブにモンラッシュはいらないと昔良く言われました。
それほどまでにルフレーブのシュヴァリェは完成度が高いという事だと
思いますが、本当に素晴らしいワインだと思います。
でもモンラッシュはもっと高みにあるかと思うとわなわな震えちゃいますけど(^_^;)
一度94年をお出ししていますがいつになるかは解りませんが...
皆様とふたたび味わう日が来るといいですね!!
その為には健康を持続せねばですね(^_^;)

ご参加いただいた皆様有難うございました。




2016/6/18




クリックすると元のサイズで表示します


今日のBurgundyNightはコシュデュリ!!
最近はすっかり高くなって買えなくなってしまいました。
楽しみです。




DUVAL LEROY FEMME 00年

クリックすると元のサイズで表示します

味わいは濃くて酸も強い。とてもしっかりとしている。
ミネラル感も強くもう少し寝かせてから飲みたい。
でも素晴らしいシャンパーニュです。










鮎最中 パテドカンパーニュ

クリックすると元のサイズで表示します










COCHE-DURY  MEURSAULT  00年         

クリックすると元のサイズで表示します

最初からきてます!
レモン、シトラス、白い花、ゴマの香り。
飲むと果実味の甘み、旨みの後にしっかりとした酸その後にミネラル由来の
しょっぱさや苦み。
やはりコシュデュリは素晴らしい!!











バジルアイスとミニトマト

クリックすると元のサイズで表示します













COCHE-DURY MEURSAULT DOMAINE SELECTION   00年

クリックすると元のサイズで表示します

ドメーヌセレクションとの飲み比べ!
こちらは前のワインよりもより強く立体的で冷涼感も強く感じます。
こちらは確かヴィルイュの畑だと思いますがより強さを感じます。










アオリイカとアワビタルタル 三種の緑のソース

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します











COCHE-DURY MEURSAULT CHEVALIERES 00年

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは前出の二本のワインの良いとこを集めた感じで
とてもバランスが良くてミネラル感が更に強く冷涼感も
更に強い。
美味しいですね。もうこれ一本で十二分に満足してしまいそうです。
こちらには3票集まりました。










ポロネギのフラン

クリックすると元のサイズで表示します













COCHE-DURY  MEURSAULT CAILLERETS 96年

クリックすると元のサイズで表示します

綺麗に熟成していて香りがとても深いです。
飲むと果実味の甘みが強く酸ミネラルとも申し分なく素晴らしい。
アフターもかなり長くてやはり畑の優位性とヴィンテージの良さが反映されています。
5票を獲得してキョウイチワインとなりました。










穴子のロースト とろなす セルバチコソース

クリックすると元のサイズで表示します












MARQD`ANGERVILLE VOLNAY CAILLERETS 04年

クリックすると元のサイズで表示します

香りはカシス、プルーンのジャム、スーボア、ジビエなど。
飲むと甘く豊かな果実味と伸びやかで綺麗な酸。
そしてミネラル由来の苦み。
04年のネガティブなところを感じずにゆっくりと一本飲みたくなるような
満足ワイン。











金目鯛ポワレ ブールブランソース

クリックすると元のサイズで表示します












MARQD`ANGERVILLEVOLNAY TAILLEPIEDS 00年

クリックすると元のサイズで表示します

熟成されていてとても穏やかなワインになっています。
角が無くてとても飲みやすくするすると飲めてしまいます。
丁度飲み頃になってきていてとても美味しいですね。









和歌山県産 鹿ロースト ポワブーラードソース

クリックすると元のサイズで表示します













MARQD`ANGERVILLEVOLNAY CLOS DU DUCS 00年

クリックすると元のサイズで表示します

こちらも穏やかなんですが、飲むとより果実味に深みがあって
とても気品が高くより洗練されています。
さすがのフラッグシップワイン。
素晴らしいワインだと思います。










韃靼そば茶のブランマンジェ ゲラントの塩のアイス

クリックすると元のサイズで表示します











ココナッツムース エキゾチックジュレ

クリックすると元のサイズで表示します












プティフルール

クリックすると元のサイズで表示します




コシュデュリを満喫いたしました!!
やはり素晴らしいワインですね。
来年もまた飲みたいと思います。
ご参加いただいた皆様有難うございました。









クリックすると元のサイズで表示します

2016/5/21

CALIFORNIA NIGHT 15  California Night

今日は一年に一度のCALIFORNIA NIGHTです。
毎年一年に一度この会でマーカッサンを飲むのが楽しみで仕方ありません。






クリックすると元のサイズで表示します









PIERRE PETEPS BRUT CUVEE SPECIALE LES CHETILLONS 00年

クリックすると元のサイズで表示します

白い花やミネラルの香り。
飲むと濃密で果実味の甘さを感じる。
酸もしっかりとしていてアフターも長くとても美味しい。









三種のマノワのアミューズ

クリックすると元のサイズで表示します









KISTLER VINEYARD  DUTTON RANCH 01年

クリックすると元のサイズで表示します

おーっ!! 熟成酸化のワインが多いキスラーですがこちらは素晴らしい!!
白い花、ミネラル、樽のヴァニラ。
飲むと豊かな果実味ですが締まっていて硬いミネラルとしっかりとした酸が
素晴らしい!!
久しぶりに美味しいキスラー飲みました。











北海道ホワイトアスパラと長野グリーンアスパラと山形アスペルソバージュ
北海道フレッシュモリーユのソース

クリックすると元のサイズで表示します













KISTLER VINEYARD  CHARDONNAY KISTLER VINEYARD  01年

クリックすると元のサイズで表示します

先ほどのダットンランチでしたので大きく期待が高まりましたが...
いつもの熟成酸化
少しですが先ほどのボトルが良すぎて目立ってしまいます。














KISTLER VINEYARD  CHARDONNAY CUVEE CATHLIINE 01年

クリックすると元のサイズで表示します

こちらはほんの少しだけ熟成酸化のニュアンスを感じますが
リッチで旨みの強い果実味を持ちながらミネラル感が素晴らしい!!
全体的にパワフルですが酸とミネラルがしっかりと支えていてとても美味しいです。
一票入りました。











長崎アマダイの松かさ焼き、長野根曲りだけ、ワラビ、サフランの香り

クリックすると元のサイズで表示します












MARCASSIN  CHARDONNAY MARCASSIN VINEYARD 00年

クリックすると元のサイズで表示します

さていよいよマーカッサンです。
粘度が高くまるでリキュールのようです。
白い花、蜂蜜、ミネラルの香り。
飲むと圧倒的な果実味とふつふつと湧き出てくるような硬質なミネラル!!
かみしめるような果実味の甘さと、ミネラルの苦み、しょっぱさ。
全てをまとめる上質な酸。そして長い長いアフター。
さすがです!!
しかしながら私の一票のみ












イタリア仔豚の背肉と腿肉のロースト 北海道行者ニンニクの香り


クリックすると元のサイズで表示します












MARCASSIN  PINONOIR MARCASSIN VINEYARD 00年


クリックすると元のサイズで表示します

香りはプラムのコンポート、東洋のスパイス、腐葉土、漢方薬など
とてもエキゾチックな香りです。
飲むと陰鬱で深みがあってまるでヴォギュエのミュジーニのようです。
アフターも長く素晴らしいワイン。
こちらも一票でした。













鹿児島アナグマの腿肉でミンチ肉を包んでロースト ねずの実の香り

クリックすると元のサイズで表示します













DAIAMOND CREAK LAKE 90年

クリックすると元のサイズで表示します

さて私も初めていただくレイクです。
綺麗です!!
標高の高いところでとれたカベルネなのでまったくカリアォルニアのイメージが
無いんです。
まるで上質なブルゴーニュを飲んでいるようと言ったら言い過ぎでしょうか?
とにかく洗練された華奢な果実味と酸がとても上質でいて綺麗です。
こちらが5票獲得してキョウイチワイン
となりました!!



キスラーにはいつも期待しているのですが...
熟成にはどうも難があるようで勝率悪いです。
やはり若くして飲んだ方が良さそうですね。
マーカッサンはやはり今年もマーカッサンで唯一無二な存在だと思います。
但し極端な熟成は無用なように感じるようになりました。
驚いたのはレイクでした。
こんなカリフォルニアのカベルネがあったのかと衝撃的でした。
これだからワインはやめられませんね

ご参加いただいた皆様有難うございました!!











クリックすると元のサイズで表示します






2016/4/16


今日のBurgundyNightはJJコンフェロン!!
以前はあまり人気のないドメーヌでしたが畑はシャルルノエラの
所有していた畑ですし、熟成すると本当に正統派な素晴らしいブルゴーニュです。
楽しみです。





クリックすると元のサイズで表示します







CHARLES HEIDSIECK 05年


クリックすると元のサイズで表示します

桜桃、白い花、モカなどの熟成した香りもあります。
飲むと芳醇で酸の切れも良くてアフターもそこそこあります。
安心のお味です。








前菜2種

クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します






クリックすると元のサイズで表示します









LOUIS CARILLON  PULIGNY-MONTRACHET LES REFERTS 98年

クリックすると元のサイズで表示します

蜂蜜、プロポリス、ミネラル、白い花の香り飲むと透明感もあって
酸もミネラルも綺麗でとても美味しい。










ホワイトアスパラスープ


クリックすると元のサイズで表示します










LOUIS CARILLON  PULIGNY-MONTRACHET LES REFERTS 93年


クリックすると元のサイズで表示します

前出ワインにとても満足していましたがこちらを飲んだらびっくりでした。
香りはまるでドーブネのようなゴマの香りがします。
飲むととてもバランスが良くてミネラルに透明感があって素晴らしい!!
久しぶりの熟成した完璧なブルゴーニュの白です。
こちらに一票挙手がありました。









アボガドフォンダン ウニ コンソメジュレ


クリックすると元のサイズで表示します











J.JACQUES CONFURON NUITS-ST.-GEORGES FLEURIERES  02年


クリックすると元のサイズで表示します

チェリーのジャム、ジビエ、赤いバラなどの香り。
飲むと香り同様とても洗練されていてN.S.Gっぽくありません。
エレガントで洗練されていてゆっくりと時間変化を楽しみたい一本です。










春キャベツ イイダコ

クリックすると元のサイズで表示します










J.JACQUES CONFURON NUITS-ST.-GEORGES FLEURIERES  99年


クリックすると元のサイズで表示します

なんて華やかな薔薇の花束のような香り。
熟成がこうまでワインを良くするものなのか?
99年という年のせいなのか?
甘い果実味、穏やかな酸エレガントで洗練されている。
美味しいです。










フォアグラソテー 京都竹の子添え バルサミコソース

クリックすると元のサイズで表示します










J.JACQUES CONFURON  NUITS-ST.-GEORGES CHABOEUFS 96年

クリックすると元のサイズで表示します

ウーン特に劣化とは思わないけれど、コアがしっかりとしていなくて
このワインらしさが今一つ出ていません。
残念










イトヨリ スープドポワソン

クリックすると元のサイズで表示します













J.JACQUES CONFURON CLOS DE VOUGEOT  96年


クリックすると元のサイズで表示します

こちらは期待通りに綺麗に熟成しております。
ジビエ、スーボア、プラムのコンポート、血など熟成した
ブルゴーニュの素敵な妖艶な香りです。
飲むと豊かな果実味を保ちつつ酸とのバランスも完璧で飲むものを
魅了します。
こちらには3票挙手が上がりました!!










石黒農場さんのホロホロ鳥 モリーユソース

クリックすると元のサイズで表示します











J.JACQUES CONFURON ROMANEE-ST.-VIVANT 96年

クリックすると元のサイズで表示します

こちらはまだ熟成の途中です。
しかし深遠で穏やかな緑の草原を歩いているような爽やかな
気持ちにさせてくれます。
今飲んでももちろん素晴らしいですが後5年は待ちたい素晴らしいワイン。
4票を獲得してキョウイチワインとなりました。









デセール

クリックすると元のサイズで表示します








プティフルール

クリックすると元のサイズで表示します







JJコンフェロンはやはり正統派の素晴らしい作り手でした。
G.Cの二本で好みが別れましたね。
今飲んでピークとも思われるクロヴージョと更にピークまでに
数年を要すると思われるが遥かなポテンシャルを秘めたR.S.V
どちらも素晴らしいワインでした。

ご参加いただいた皆様有難うございました。

クリックすると元のサイズで表示します

2016/3/19


今日のBurgundyNightはアルマンルソー!!
2000年の三銃士の水平です。
まだ少し早いかなとは思いますが早いなりの美味しさがきっとあると思います。
楽しみです。

     


クリックすると元のサイズで表示します









R&L LEGRAS CUVEE SAINT-VINCENT 00年

クリックすると元のサイズで表示します

香りは白桃、や白い花そして香ばしい樽のニュアンスもありますね。
飲むとドライで、綺麗なミネラル切れ味のある酸。
美味しいですね。









三種のアミューズ

クリックすると元のサイズで表示します











PIERRE MOREY MEURSAULT BOUCHERES 00年

クリックすると元のサイズで表示します

樽の甘い香り、ヘーゼルナッツ、白い花、蜜、ミネラルなどの香り。
飲むととてもバランスが良くて凛とした酸や透明感のあるミネラルを
感じる。これは当たりです。











ロワール産ホワイトアスパラガスとレフォールのアイス


クリックすると元のサイズで表示します










PIERRE MOREY MEURSAULT PERRIERES 00年

クリックすると元のサイズで表示します

香りは蜂蜜、白い花、ミネラルの香り。
飲むとクリアーで凛としてとても深遠です。
さすがペリエールですね。
状態はブッシェールの方が良かったですね。











静岡県みかん畑のヒヨドリのカイエット みかんの香り

クリックすると元のサイズで表示します










ARMAND ROUSSEAU    GEVREY-CHAMBERTIN 06年

クリックすると元のサイズで表示します

以前飲んだ時にはすでに飲み頃だったのですが今日は凛としていて
少し閉じた感じでスタートしました。
しかし果実味の旨みと甘さが強く。
しらずしらずの内に飲んでしまうルソーらしい美味しさでありました。
もう少し時間をかけて飲めば本来の美味しさを引き出させと思います。










一か月熟成させた岐阜県網獲りマガモのロースト

クリックすると元のサイズで表示します












ARMAND ROUSSEAU   GEVREY-CHAMBERTIN CAZETIERS 02年

クリックすると元のサイズで表示します
こちらはもうトロトロですね。
熟成したブルゴーニュの色っぽい香りがしています。
飲むとヴィンテージの影響か酸はまだまだしっかりとしていて
まだまだ熟成していきそうです。
バランスは取れてきていて今飲んでも十分に美味しいですが
これからももっと美味しくなっていくと思います。













一か月熟成させたスコットランド産ベギャスのロースト
クリックすると元のサイズで表示します














ARMAND ROUSSEAU  GEVREY-CHAMBERTIN CLOS ST.JACQUES 00年

クリックすると元のサイズで表示します

さていよいよルソーの三銃士の始まりです。
まだ若いには若いですが果実味に集中力があって甘さもあって今飲んでも
当然のように美味しいです。
しかしあのルソーの色っぽい香りがしてくるまではもう少しまたなければ
ならないですね。








ARMAND ROUSSEAU   CHAMBERTIN 00年

クリックすると元のサイズで表示します

まさに太陽のような明るさと人を受け入れて魅了する陽気さを兼ね備えたワインです。
たっぷりとした果実味と甘さ。飲むとやはり偉大なワインで
アフターもとてつもなく長く太いです。
素晴らしく偉大なワインです。
こちらには1票入りました。












ARMAND ROUSSEAU   CHAMBERTIN CLOS DE BEZE 00年

クリックすると元のサイズで表示します

こちらはまさに月。
どこか陰鬱な部分があり香りにも飲んだ時にもより深みがあってまるで
海の底にどんどん深く沈んでゆくような感覚に陥ります。
私がこのように感じるのはルソーのクロドベーズ以外にはデュガのグリオット
だけです。
見事7票獲得してキョウイチワインとなりました。












薔薇と苺のヴァローナチョコレート

クリックすると元のサイズで表示します











クリックすると元のサイズで表示します

ルソーの三銃士はやはり一度に飲むべきだと思います。
もちろんそれぞれに素晴らしいところがあってシャンベルタンと
クロドベーズはいつも良きライバルで一般的にはクロドベーズの方が
早く飲み頃になるという方が多いですが、色々なヴィンテージを飲み比べると
やはり僕はクロドベーズは動と静なら静でまさに太陽と月の表現が一番
合っていると思います。
同じように熟成には時間がかかると思います。
そして熟成した暁にはより陰鬱で深みのあるクロドベーズが個人的には好きです。
いずれにしてもブルゴーニュの最高のワインであることは間違いないですけどね。

ご参加していただいた皆様有難うございました!!








クリックすると元のサイズで表示します









以下はいつもの場所にて




クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します




クリックすると元のサイズで表示します




クリックすると元のサイズで表示します




クリックすると元のサイズで表示します




クリックすると元のサイズで表示します

2016/2/20


本日は一年に一回のローヌナイトです。
お題はシャーブ!! 熟成した時のシャーブは気品高く大変味わい深い
ものになります。今日も楽しみです。


クリックすると元のサイズで表示します







Christian Etiennne Brut Millesime   92年  MG

クリックすると元のサイズで表示します

シャンパーニュのマグナムはやはり品質が安定していて良いです。
少し甘みが気になりますが(ドサージュ多いのかな)酸はしっかりとしていて
アフターも伸びやかでとても美味しいです。







アミューズ

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します










J.L.CHAVE HERMITAGE BLANC 98年

クリックすると元のサイズで表示します

香りは白い花、ミネラル、柑橘系果実など。
飲むと果実味もまだ若くやや重い感じです。
アフターもやや重くこれから数年の熟成でどう変わるのか?
また確認したいです。













鰆の燻製 インカのめざめ添え アンチョビソース 

クリックすると元のサイズで表示します














J.L.CHAVE HERMITAGE BLANC 97年

クリックすると元のサイズで表示します


こちらは素晴らしい!!
シナモン、スパイス、白い花、プロポリスなどの香り。
飲むととにかくしょっぱいほどのミネラルが特徴的で酸もメリハリのある
凛とした素晴らしいもの。
アフターも長くとても美味しいワインです。
結果は割れたのですが3票獲得してキョウイチワインとなりました!!












リードヴォーと紋甲イカのソテー コンソメトリュフのスープ仕立て

クリックすると元のサイズで表示します













J.L.CHAVE HERMITAGE 97年

クリックすると元のサイズで表示します

カシス、紅茶、スパイス、シナモン、ミネラルの香り。
飲むと果実味は深みがあって深遠な味わい。
とても繊細なワインでそれでいてどのくらいの深さをもっているのかまだその姿の
全ては見せない。
素晴らしい!!
こちらにも1票挙手がはいりました。













フォアグラソテー バルサミコソース

クリックすると元のサイズで表示します

















J.L.CHAVE HERMITAGE 96年

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは前出ワインに比べてやや緩さがあります。
味わいはとても似ているのですがややタイト感に欠けてどこかに緩さを
感じてしまう。
ヴィンテージだろうか。
















サバフクのムニエル ノワゼットソース

クリックすると元のサイズで表示します













J.L.CHAVE HERMITAGE 95年

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは素晴らしい!!
全てにおいてバランスがきっちりと取れていて
胸をすくような爽快感があって、綺麗に整った端正な顔立ちのワインです。
こちらは2票獲得しました。私はこのワインに挙手しました。












仔羊背肉のロースト 赤ワインソース

クリックすると元のサイズで表示します












J.L.CHAVE HERMITAGE 94年

クリックすると元のサイズで表示します

前出に比べるとやや薄くタニック、果実味は甘くスパイシーです。
94年を既に飲むのは確か6回目ですが、私的には今日はやや峠越えた感じがしました。
今回は赤は夕方5時にすべて抜栓していただき、直前にデキャンタージュしていただいたのですが
94年に関してはデキャンタージュせずに一本を二人でゆっくりと飲むのが良い
タイミングに差し掛かっていると思います。
こちらはやはり熟成した感じが好きな方から2票獲得しました。









韃靼そば茶のブランマンジェ

クリックすると元のサイズで表示します










アンリジロー ラタフィエ

クリックすると元のサイズで表示します

ご参加の女性の方からバレンタインの月なのでということで
嬉しい差し入れをいただきました。
Kさんご馳走様でした。







チョコレート マカロン

クリックすると元のサイズで表示します









プティフルール

クリックすると元のサイズで表示します





やはりシャーブはいいです。
熟成するとその味わいはより深く精妙になり、飲むものに感動を与えてくれます。
来年はいよいよデキャンタいらずの70年代あけようかな(^_^;)

ご参加いただきました皆様有難うございました。






クリックすると元のサイズで表示します

2016/1/16


今年の第一回目のBNはリニエ!!



クリックすると元のサイズで表示します








BRUNO PAILLARD BLANC DE BLANC LE MESNIL 90年

クリックすると元のサイズで表示します

香りに少しヒネは混じるものの、モカ、蜂蜜、白い花のゴージャスな香り。
飲むととても旨みが強くて酸もしっかりと厚みがある。
アフターも厚みがあって長い。
これでヒネ香がなければ完璧なのに!









三種類のアミューズ

クリックすると元のサイズで表示します










GUFFENS HEYNEN POUILLFUISSE 1ER JUS DES HAUTS DE VIGNES 06年

クリックすると元のサイズで表示します

栗、洋ナシ、白い花、蜂蜜、ミネラルなど。
飲むと甘い果実の後にミネラルが押し寄せてきてとても美味しい!!








鰆の炙りフュメ カリフラワーとキャビア

クリックすると元のサイズで表示します











GUFFENS HEYNEN POUILLFUISSE VINIANA L`ANNEE LOUISE 96年

クリックすると元のサイズで表示します

一度しか作られていないとてもレアなワイン。
ヘーゼルナッツ、樽のヴァニラ、白桃、ミネラルの香り。
飲むと甘く豊かな果実味と酸がとても強く伸びやかそして大量のミネラル!!
素晴らしいワインです。
こちらに二票入りました。









キジ鳩のグリエ 焦しバターと柑橘

クリックすると元のサイズで表示します












LUCIE ET AUGUSTE LIGNIER MOREY-ST.-DENIS 1ercruVV 04年

クリックすると元のサイズで表示します

香りは甘い赤系の熟した果実。
飲むとたっぷりとした甘い果実味はあるんだけどアフターにかけて
ややドライでタニックな面もあります。
十分に美味しいんだけどもう少し熟成させたい一本です。











岐阜県 網獲り天然鴨のロースト サルミソース

クリックすると元のサイズで表示します











LUCIE ET AUGUSTE LIGNIER MOREY-ST.-DENIS VV 01年

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは村名ですが、かなり良い感じて熟成されています。
スーボア、ジビエ、プラムのコンポートなど。
飲むと甘く熟した果実味でとても美味しいのですがややテンションが低く
ストラクチャーに欠け薄く感じてしまいます。
1erCruの後なので余計に感じてしまう部分もあるかも知れません。
香りは最高でもう少しだけ厚みがあればいう事なしなのですが...
村名なのでそこまで期待してはいけませんね。








長野県上田の処女のいのししロース肉のロースト そのジュ

クリックすると元のサイズで表示します













HUBERT LIGNIER CLOS DE LA ROCHE 01年

クリックすると元のサイズで表示します

さていよいよフラッグシップのクロドラロッシュの垂直です。
赤系の熟した果実の香り。飲むと果実味は甘いけれどややタンニンを強く感じる。
やっと飲み頃に入ったばかりでもう少しまてば更に良くなることと思います。







HUBERT LIGNIER CLOS DE LA ROCHE 00年

クリックすると元のサイズで表示します

茸、スーボア、プラムのコンポート、ジビエなど綺麗に熟したブルゴーニュの香り。
飲むと甘く豊かな果実味と酸がとても綺麗。
まさに飲み頃。こちらには一票挙手があがりました。









HUBERT LIGNIER CLOS DE LA ROCHE 99年

クリックすると元のサイズで表示します

香りは集中力のある赤系の果実がどっしりと詰まった香りがしています。
飲むと全ての要素が強いけれど素晴らしい完成度でまだまだ熟成するだろうなと
思いながらも将来におけるポテンシャルという面だけで納得して飲めてしまう。
もう少し熟成させたいでも今飲んでもそのポテンシャルの高さで美味しく
飲めてしまう。
ということで5票挙手がありキョウイチワイン
となりました。







いちごはヴァローナチョコレートとピスタチオのアイス

クリックすると元のサイズで表示します











クリックすると元のサイズで表示します


99年ブルゴーニュにとってはとても良い年とされていますが、その良さうえか
なかなか飲み頃が難しいヴィンテージだともいえると思います。
95年も同じような印象がありますが今はどうなっているんでしょうね???
ご参加いただいた皆様有難うございました。








明日はゴルフもないのでYgさん行っちゃいますか








クリックすると元のサイズで表示します



めくるめく世界は続きます!!





クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します







クリックすると元のサイズで表示します








クリックすると元のサイズで表示します











クリックすると元のサイズで表示します










クリックすると元のサイズで表示します













クリックすると元のサイズで表示します









クリックすると元のサイズで表示します


マスターご馳走様でした!!



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ