2017/11/18

BurgundyNight154  

本日のお題はルーミエ!!
こちらもいよいよ手に入らない作り手となりましたね。




クリックすると元のサイズで表示します









POL ROGER B&B BRUT 08年

クリックすると元のサイズで表示します

酸はまだまだ強いですが豊かな果実味があり、香ばしくこの硬い酸が
ほどけてきたら素晴らしいシャンパーニユになると思います。














三種のマノワのアミューズ

クリックすると元のサイズで表示します













GEORGES ROUMIER CORTON-CHARLEMAGNE  04年

クリックすると元のサイズで表示します

南洋のフルーツ、マンゴーとかマンゴスチン、樽のヴァニラ、白い花などの
香り。
飲むと果実味は甘くトロピカルですが酸はしっかりとしていてバランスも
しっかりと取れています。
素直に美味しいと言える一本。
一票挙手が上がりました。












蝦夷鮑と北海道ひぐまのコンソメジュレ アヤメ雪かぶのムース

クリックすると元のサイズで表示します














GEORGES ROUMIER  CORTON-CHARLEMAGNE  03年

クリックすると元のサイズで表示します

リキュールっぽくて酸はしっかりとあるんですが果実味がたりなく
今一つバランスが悪い印象です。
時間経過と共にややバランスは良くなるもののやはり果実味が
抜け落ちた印象です。











GEORGES ROUMIER CHAMBOLLE-MUSIGNY 06年

クリックすると元のサイズで表示します

赤系の果実、チェリー、土、ミネラルなどの香り。
飲むと透明感があり、ややタニックですがバランスは取れてきています。
ストラクチャーはしっかりとしていてまだまだ熟成しそうです。
村名なのに(^_^;)










埼玉県小鴨のグリエ アンディーブとりんご

クリックすると元のサイズで表示します










GEORGES ROUMIER MORET-ST.-DENIS CLOS DE LaBOUSIER 06年

クリックすると元のサイズで表示します

こちらはかなり飲み頃になってきています。
土、ミネラル、肉、スーボアなどの香り。
飲むと果実味はしっかりしていますがじんわりとダシのような
味わいもあり旨みが強くなっています。
とても美味しい








北海道 北見 蝦夷雷鳥のロースト ジュと内臓のソース
千葉県の黒トリュフと共に


クリックすると元のサイズで表示します











GEORGES ROUMIER RUCHOTTES-CHAMBERTIN 04年

クリックすると元のサイズで表示します

赤系の果実、すもも、紅玉、スーボア、スパイスなどの香り。
飲むと果実味はとても芳醇で甘く、酸もしっかりとしています。
甘み旨みのアフターもありこれからも楽しみなワインです。









北海道上川町小熊のフィレ肉とロース肉のロースト ジュと赤ワインエピスソース

クリックすると元のサイズで表示します










GEORGES ROUMIER  RUCHOTTES-CHAMBERTIN 00年

クリックすると元のサイズで表示します

葉巻、スーボア、土、枯葉、シビエ、血、プラムなどの香り。
やや陰鬱なイメージのワインで飲むと果実味も強いのですが
酸タンニンと相まったボリュウム感を感じます。
生々しいワイン
もう少し熟成させたい
2票の挙手が上がりました。








GEORGES ROUMIER RUCHOTTES-CHAMBERTIN 94年

クリックすると元のサイズで表示します

完璧な状態です。
香りはスーボア、プラムのコンポート、ジビエ、東洋のスパイス豪華です。
飲むととにかく半端なく旨みが強くモンドールを想像させます。
94年というオフヴィンテージに作られたワインだとブラインドで
飲んだら誰もきずかないと思います。
ルーミエはオフヴィンテージに強いという伝説はまた証明された思いです。
5票の挙手が上がってキョウイチワインとなりました。







球体モンブラン

クリックすると元のサイズで表示します




とにかく熟成したルーミエは素晴らしい!!
但しその道程は半端なく長くそれ故にその道の途中で大半のワインは飲まれて
しまい真の実力を発揮できぬまま飲まれていると思われます。
しかしやはり魅力的なワインなので仕方ないとも思います。
私も熟成したものはほとんど少なくなっていますから(^_^;)

御参加いただいた皆様有難うございました。




クリックすると元のサイズで表示します

2017/10/21



今日のお題はデュジャック!!
セイスのワインいつまで飲めるのかな-(^_^;)


僕のお誕生月なので差し入れしていただきました!!
Fさん有難うございます。


クリックすると元のサイズで表示します





アミューズ

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します








GRONGNET BRUT SPECIAL CLUB 99年

クリックすると元のサイズで表示します

やや酸化のニュアンスはありますが、熟成感がたっぷりで旨みがたっぷりとしていて
酸の切れもしっかりとあります。美味しいですね。







クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します







DUJAC  MORET-ST.-DENIS 1ER CRU MONTS LUISANTS  11年

クリックすると元のサイズで表示します

白い花、ミネラル、おしろい、などの香り。
飲むとややミネラルの重心が重めですが酸がしっかりとしているので
爽やかに飲めます。
果実味は少し軽めでクリアーですが全体的にうまくまとまっています。







ヴィシソワーズ

クリックすると元のサイズで表示します








DUJAC  MOREY-ST.-DENIS 02年

クリックすると元のサイズで表示します

まだ強いですね(^_^;)
やはりセイスの造りとは違います。
それでもワインとしては完成されており精密です。
もうしばらくの我慢が必要ですね。
村名で15年経っているのに(^_^;)







ホロホロ鳥のパテアンクルート

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します









DUJAC MOREY-ST.-DENIS 94年

クリックすると元のサイズで表示します

これこれ!!!
これこそデュジャック香です!!!!!
さすがに果実味は薄くなっているものの見事に旨みに昇華していて
なんといってもこの香り!!
エロイ!!
妖艶な香り!!
グランクリュを差し置いて5票の挙手でキョウイチワインとなりました(^_^;)







サワラのマリネ

クリックすると元のサイズで表示します












DUJAC VOSNE-ROMANEE BEAUX-MONTS 95年

クリックすると元のサイズで表示します

すいません(^_^;)
ブレットでした








ウナギの燻製 栗のソース

クリックすると元のサイズで表示します










DUJAC CLOS ST.-DENIS 95年

クリックすると元のサイズで表示します

やや酸化しています。
それでもグランクリュらしくアフターは頼もしい
しかし...
セイスの香りがしないです(^_^;)









鮑のカルタファタ

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します









DUJAC  CLOS DE LA ROCHE 95年

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは完璧!!
が...
完璧がゆえにまだセイスの妖艶な香りがしてきません(^_^;)
それでも偉大な古典的なブルゴーニュでありまだまだ先に
飲むべきだったって事だと思いました。
こちらには1票挙手があがりました。








フランス リームザン産 子羊のロースト

クリックすると元のサイズで表示します












DUJAC GEVREY-CHAMBERTIN AUX COMBOTTES 78年

クリックすると元のサイズで表示します

偉大なる78年。
状態は完璧。
しかしやや飲み頃を過ぎたのは否めない
それでも今後セイスの78年を飲めるだろうか???
私はこちらに一票を投じました。











アヴァンデセール なす

クリックすると元のサイズで表示します












デセール 洋ナシ

クリックすると元のサイズで表示します









プティフルール

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します








クリックすると元のサイズで表示します



コンディションの悪いものも含まれていて意外な結果となりましたが(^_^;)
ワインは一期一会、いろいろあります。
やはりセイスのワインは97年までなのかなと思います。
04年などはなぜかセイスのニュアンス強いのですが...
でもジェレミーのワインも素晴らしいと思いますしむしろ世界的な評価
としてはより高いのかも知れません。
ただ個人的にはあのラベルを見るとどうしてもセイスの熟成した時の
独特な妖艶な香りを想像してしまい、なんだかなーと(^_^;)
まだセラーにのこっているセイスのワイン今後も皆さんと分かち合いたいと
思います。
御参加いただいた皆様有難うございました。









クリックすると元のサイズで表示します



2017/9/23


本日はルーロの看板ワインとも言えるムルソーテソンクロデモンプレジールを
ミニ垂直で飲んでいきます。




クリックすると元のサイズで表示します





JACQUES BEAUFORT  BRUT 04年

クリックすると元のサイズで表示します

香りはレモン、白い花、ミネラルなどの香り
果実味にやや甘みがあります。
ドサージュの量と思いますがこれはこれで美味です。
和食にも合いそうです。













三種類のアミューズ
 
クリックすると元のサイズで表示します

















ROULOT MEURSAULT TESSON CLOS DE MONPLAISIR 07年

クリックすると元のサイズで表示します

ドーブネのようなゴマを炒ったような香ばしい香りがしております。
白い花、蜂蜜、ミネラルの香り。
飲むと酸が凛としていてアフターにしょっぱいほどのミネラル。
スタイリッシュで素晴らしいワインです。
















北海道のサンマのマリネ ルバーブとビーツ サンマの肝のソース

クリックすると元のサイズで表示します














ROULOT MEURSAULT TESSON CLOS DE MONPLAISIR  06年

クリックすると元のサイズで表示します

こちらもミネラルの量が半端じゃありません(^_^;)
それでいて飲むと繊細。
素晴らしい味わいで4票挙手が上がりました。















鮑のパイ包み 鮑の肝とアカワインソース

クリックすると元のサイズで表示します










ROULOT MEURSAULT TESSON CLOS DE MONPLAISIR  02年

クリックすると元のサイズで表示します

前出のワインよりもこちらの方が若い(^_^;)
やはりヴィンテージなのでしょうね。
こちらはさらにシャープで凛としておりワインとしてのスケール感も
半端じゃありません。
もう数年寝かせたいですね。
06年と仲良く分け合いこちらも4票で今飲んで美味しい06年とスケールの大きさの
02年とでキョウイチワインを分け合いました!!










本日のメインが焼きあがりました

クリックすると元のサイズで表示します











ROULOT MEURSAULT TESSON CLOS DE MONPLAISIR  01年

クリックすると元のサイズで表示します

残念ながらやや熟成酸化しております。












和歌山県オスいのししフィレ肉のロースト 栗と茸のソース

クリックすると元のサイズで表示します












ROULOT MEURSAULT TESSON CLOS DE MONPLAISIR  97年 

クリックすると元のサイズで表示します

綺麗に熟成はしているもののややパンチがたりません。
それでもルーロのミネラルとスタイリッシュさは持っています。











JEAN TARDY VOSNE-ROMANEE CHAUMES  99年

クリックすると元のサイズで表示します

この辺りから具合が悪くなりあまり飲んでいないのですが(^_^;)
果実味の張りがパンとしていて堅い99年そのものなのですがようやっと
飲み頃にはいってきた印象です。
美味しいです。











北海道 函館オスの蝦夷鹿背肉のロースト 鹿のジュとごぼうのソース

クリックすると元のサイズで表示します













JEAN TARDY VOSNE-ROMANEE CHAUMES  96年

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは綺麗に熟成してきておりとてもセクシー!!
隠微な香りにウットリです。
てとも美味しいです。











洋梨とヴァローナチョコレート

クリックすると元のサイズで表示します




珍しく途中から体調悪く皆様にご心配おかけしてすいませんでした。
ルーロは89年以降は現当主であるジャンマルクルーロが作っていますが
やはり時代の変化に伴う造りの変遷が感じられました。
おそらくですが(また実際に飲んでみたいと思いますが)04年か05年ぐらいから
今のミネラリーなのにスタイリッシュなスタイルが確立されたものと思われます。
とにかく2010年のルーロを飲んでぶっ飛びそれまであまり買っていなかったものですから
今頃検証を進めているわけです。(^_^;)
また機会作って飲みたい作り手です。
御参加いただきました皆様有難うございました。









クリックすると元のサイズで表示します

2017/8/5

ChampagneNight14  Champagne Night

本日は年に一回のChampagneNightです。
お題はジャクソン!!
楽しみです。




JACQUESSON AVISE GRAND CRU CHAMP CAIN 04年

クリックすると元のサイズで表示します

白い花、ミネラル、マロン、白桃などの香り。
飲むと果実味も強いが、酸もとても強い。
今飲んでも美味しいけれどもう少し熟成させたい。










シャンパーニュアミューズ
マンゴーのガスパチョ

クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します











JACQUESSON AVISE GRAND CRU  97年

クリックすると元のサイズで表示します

アプリコット、南洋のフルーツ、白い花、蜜、ミネラルなどの香り。
綺麗に熟成していて酸も綺麗でボリュウミーなのにスタイリッシュ!!
透明感もあり素晴らしいシャンパーニュ!!









ブータンノワール

クリックすると元のサイズで表示します












JACQUESSON AVISE GRAND CRU  96年

クリックすると元のサイズで表示します

白い花、おしろい、マンゴー、蜂蜜、ミネラルなどの香り。
透明感があって果実味のボリュウムも凄いのに酸が上質で綺麗だから
スタイリッシュに感じる。
アフターも申し分なく長く5票を集めてキョウイチワイン
となりました!!











とうもろこしのムース


クリックすると元のサイズで表示します








JACQUESSON DEGORGEMENT TRADIF    88年

クリックすると元のサイズで表示します

バター、白い花、蜂蜜、南洋のフルーツ、熟成した良い香り。
飲むと圧倒的なボリュウムの果実味!!
アフターも長くて素晴らしいシャンパーニュ!!
こちらは3票を集めました。









シマアジのタルタルアボガドムース、トマトとオクラのジュレ

クリックすると元のサイズで表示します












HUBERT DE MONTILLE  VOLNAY TAILLEPIEDS  99年

クリックすると元のサイズで表示します

プラムのジャム、スーボア、シビエ、ミネラルの香り。
飲むとしっかりと張りのある果実味ですがこなれてきており甘く
酸とタンニンのバランスも良く今飲んでもとても美味しい!!
柔らかくてもう飲めます!!
 


 





小鳩と腿のサラダ

クリックすると元のサイズで表示します











HUBERT DE MONTILLE  VOLNAY TAILLEPIEDS  93年

クリックすると元のサイズで表示します

スーボア、プラムのコンポート、ジビエ、皮などの香り。
飲むと甘く良く熟した果実味と綺麗な酸、ゆややタニックなのは93年の特徴。
こちにも今飲んでとても美味しい。









松本シェフが焼きあがったパイを持ってきてくれました!!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します









HUBERT DE MONTILLE  VOLNAY TAILLEPIEDS  88年

クリックすると元のサイズで表示します

スーボア、プラムのコンポート、ジビエ、東洋のスパイスなどの
熟成したブルゴーニュの素晴らしい香り。
飲むとガツンとした果実味。伸びやかな酸、タンニンととてもバランスは良いが
ここまで熟成してようやくこの味になったという味。
きっと頑固な親父さんが仕込んだワインに違いない!!
素晴らしい








スズキのパイ包み ショロンソース

クリックすると元のサイズで表示します











JACQUESSON ROSE 96年

クリックすると元のサイズで表示します

このロゼも絶品です!!
あくまでもドライでわずかに果実味の甘みを少し感じる程度。
それでも強い果実味と強い酸!!
まだまだ熟成も可能だし今飲んでも美味しい。
アンクルート、ショロンソースともとても良く合っていました。









韃靼そば茶のブランマンジェ ゲラン塩のアイスクリーム

クリックすると元のサイズで表示します










無花果のコンポート

クリックすると元のサイズで表示します



ジャクソン美味しかったです!!
96年97年共に最後の一本でした(^_^;)
沢山飲んできましたがそろそろ良いだろうと思い今日いただいたのですが
結果まだまだ熟成可能の熟成途上でありました。
やはり本当に良いシャンパーニュは超熟ですね。
うちのセラーにゆうに12年以上はあったはずなのに(^_^;)
御参加いただいた皆様有難うございました。







クリックすると元のサイズで表示します

2017/7/15


今日のお題はルイカリョン!!
今は二人の息子が継いでおり造られていないドメーヌですね。
飲み頃の92年の水平楽しみです。
 


クリックすると元のサイズで表示します






MARGUET

クリックすると元のサイズで表示します

杏、熟した南洋の果実ミネラルなどの香り。
飲むと甘みのある穏やかな果実と切れのある酸が上手くバランスが取れていて
とても美味しい。









三種のマノワのアミューズ

クリックすると元のサイズで表示します








LOUIS CARILLON PULIGNY-MONTRACHET CHAMP CANET 92年

クリックすると元のサイズで表示します

栗、アプリコット、白い花、蜜、ミネラル大人しめの香りですが
しっかりとしていて良い香りです。
飲むと旨みの塊のような果実味と穏やかな酸そしてしょっぱい様な
ミネラルまさに熟成のピーク!!
美味しいですね。








北海道ムラサキウニと魚貝のタルタル雉のコンソメジュレ

クリックすると元のサイズで表示します








LOUIS CARILLON PULIGNY-M. PERRIERES  92年

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは先ほどのワインとほぼ似ているのですが更に酸にもミネラルにも
切れがありより引き締まっていて良い意味でタイトな感じでした。
しょっぱい様なミネラル感は同じでこちらも素晴らしいワイン。
こちらには2票挙手が上がりました。







岐阜県鮎のコンフィ 

クリックすると元のサイズで表示します









LOUIS CARILLON PULIGNY-MONTRACHET LES REFERTS   92年

クリックすると元のサイズで表示します

こちらはさらにバランスが良くてストラクチャーがしっかりとしています。
より強く豊かで魅力的なワイン。
こちらにも2票挙手が上がりました。








LOUIS CARILLON PULIGNY-MONTRACHET LES REFERTS  88年

クリックすると元のサイズで表示します

こちらはさらにヴィンテージのせいなのか純粋で綺麗な酸とミネラルがあり
素晴らしいワインでした。
3票を集めキョウイチワイン
となりました。







徳島県 鮑のロースト 肝と赤ワインソース

クリックすると元のサイズで表示します








POUSSE D`OR VOLNAY CLOS DES POUSSE D`OR 95年

クリックすると元のサイズで表示します

スーボア、プラムのコンポート、皮、ジビエなどの熟成した素晴らしい香り。
飲むと甘みのある果実味と旨みに溢れていて酸とのバランスも完璧!!
享楽的な素晴らしいワイン。









POUSSE D`OR VOLNAY CLOS DES POUSSE D`OR 93年

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは更に東洋のスパイスを香りに織り込んでいてとても
エキゾチック。
飲むとヴィンテージの影響でややタンニックではあるものの
こちらもとても美味しい!!









岩手県奥州市サフォーク産仔羊背肉のロースト

クリックすると元のサイズで表示します












POUSSE D`OR VOLNAY EN CAILLERETS 90年

クリックすると元のサイズで表示します

スーボア、プラムのコンポート、ジビエ、東洋のスパイス、ミネラルなどの
熟成した素晴らしいブルゴーニュの香り。
飲むと張りのある果実味、酸タンニン、ミネラルがまさに高い次元で融合していて
完璧球体!!
素晴らしいブルゴーニュ!!
参加者の皆様には今日はルイカリョンの会ですからと言いながら(^_^;)思わず
私一人このワインに挙手しちゃいました(^_^;)














山梨県一宮桃の瞬間コンポートとシャンパーニュのムース

クリックすると元のサイズで表示します












熟成したブルゴーニュの白はやはり到達点が高いですね。
この世界観はやはりブルゴーニュにしかないと再確認いたしました。
赤もやはりプスドールの97年までは(97年にジェラールポテルが亡くなるまで)
実際はニコラがほとんどのワインを作っていたと思われますがやはり素晴らしいです。
特に90年はヴィンテージも完璧なので本当に美味しかったです。
最後の一本でしたが(^_^;)
御参加いただいた皆様有難うございました!!


クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します

2017/6/17



今日は150回の節目の会。
というわけでPMOの可能性の高いラモネの96年の検証の会を!!(^_^;)


クリックすると元のサイズで表示します


私の方から150回なのでサーヒースで(^_^;)


クリックすると元のサイズで表示します




トマト

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します




HENRIO Cuvee Enchantelurs 98年

クリックすると元のサイズで表示します

アフリコット、蜂蜜、ミネラルの香り。
飲むと熟成感のある甘い果実味と伸びやかな酸がとてもこうばしく美味しい。
いつも気分を上げてくれるシャンパーニュです。




メロンのスープと鮎のフラン

クリックすると元のサイズで表示します







RAMONE CHASSAGNE-MONTRACHET LES BOUDRIOTTES   06年

クリックすると元のサイズで表示します

レモン、樽のヴァニラ、白い花、ミネラルの香り
飲むとしょっぱさを感じるほどのミネラル感果実味も、酸もタイト
いわゆる06年のよく言われる緩さは無い。
美味しいですね!









アマゾンカカオ いちぢく

クリックすると元のサイズで表示します







RAMONE CHASSAGNE-MONTRACHET LES BOUDRIOTTES   00年

クリックすると元のサイズで表示します

洋梨、白い花、蜜、ミネラルの香り。
飲むとしっかりとした果実味と伸びやかな酸。
こちらはすっかり樽の感じも落ち着いてきています。
丁度飲み頃に入っており美味しいですね!







いわし 赤ナス

クリックすると元のサイズで表示します










RAMONE BIEBENUES BATARD MONTRACHET 96年

クリックすると元のサイズで表示します

さていよいよ96年検証です(^_^;)
結果とすればやはりPMOの影響は色濃いです。
飲めないような酸化具合ではないですがやはり個人的には好ましくないですね。
こんなワインが好きと仰る方から一票挙手が挙がりました。









花ズッキーニ アオリイカ

クリックすると元のサイズで表示します









RAMONE MONTRACHET 96年

クリックすると元のサイズで表示します

前出ワインほどではないにしろ、残念ながらこの偉大なワインも
やはりPMOの影響を否定できないワインとなりました。








フォアグラ

クリックすると元のサイズで表示します











RAMONE MONTRACHET 95年

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは150回ということでIさんに提供いただきました。
Iさん有難うございました。
こちらはさすがです!!
まさにブルゴーニュの頂点(除くDRC)!!
素晴らしいワインで5票を集めてキョウイチワイン
となりました!!







イサキ

クリックすると元のサイズで表示します









LEJEUNE POMMARD LES RUGIENS  89年

クリックすると元のサイズで表示します

干し草、甘草、干し肉、プラムのコンポートなどの熟成したブルゴーニュの
素晴らしい香り。
飲むとエキスがとても強く果実味は少し薄くなっていますがその分エキスが
濃くてとても美味しいです!!












クリックすると元のサイズで表示します










LEJEUNE POMMARD LARGILLIERE  88年

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは前出ワインをさらに進ましてエキス分が強くなった感じです。
良く熟成されていてこちらも美味しワインです。










韃靼そば茶のブランマンジェとゲラン塩のアイスクリーム

クリックすると元のサイズで表示します










マンゴー

クリックすると元のサイズで表示します


モンラッシュの色を96年と95年で外観から見比べた段階で96年の方が
色が濃く見えたのでかなり怪しいと思っていました。
御参加の皆様にはもちろん事前にお伝えしたうえでご参加していただいたわけですが
高い会費をお支払いただいた上に検証にお付き合いいただき誠にありがとうございました(^_^;)
今日150回を迎えられたのもそんな私にお付き合いいただいてる皆様のおかげ様です。
今後とも宜しくお願いいたします。






クリックすると元のサイズで表示します




いつもお世話になっております。ラペさんとマノワさんにも感謝です。
いつも本当に有難うございます。



クリックすると元のサイズで表示します 



2017/5/20

CALIFORNIA NIGHT16  California Night


クリックすると元のサイズで表示します

本日は年に一回のカリフォルニアナイトです。
今日もお題はマーカッサン楽しみです。





JACQUES BEAUFORT POLISY BRUT B&B 00年

クリックすると元のサイズで表示します

香りはパイナップルやマンゴーなどの南洋のフルーツやはちみつなど。
飲むと少し果実の甘みとドサージュが多めではありますが、きちんと
バランスが取れていて酸も伸びやかでとても美味しいです。
染み入るような癒し系の美味しさ!!







三種のマノワのアミューズ

クリックすると元のサイズで表示します











JOSEPH PHELPS FREESTONE VINEYARDD CHARDONNAY 11年

クリックすると元のサイズで表示します

グレープフルーツや柑橘系の果実の香りや白い花、ミネラルなどの香り。
飲むととてもさわやかで引き締まっています。
ミネラルもとても強く感じてもう少し熟成させたらとても良いと思いました。










こごみのブランマンジェ、川エビのフリットと鹿のコンソメクレソンのアイスと共に
クリックすると元のサイズで表示します









KONGSGAARD CHARDONNAY  01年

クリックすると元のサイズで表示します

なんと...
だいぶ熟成酸化のニュアンスが強いです(^_^;)
並みのカリフォルニアワインなら16年経っているので仕方ないとは思いますが
コングスラードですよ..
同じ年のジャッジどうしよう???(^_^;)
それでも強く甘い果実味と酸はしっかりとしているのでそこそこは飲めました。
この手のワインがお好きな方もいらっしゃって一票挙手が入りました。







ホワイトアスパラの゜ロティと山菜

クリックすると元のサイズで表示します









MARCASSIN ALEXANDER MOUNTAIN UPPER BARN 00年

クリックすると元のサイズで表示します

さていよいよマーカッサンです!!
ほらね!!
こちらはビクともしてないです。
っていうかまだまだ強く険しい感じすらします。
飲むと果実味も強いですがそれを支える酸が美しくこの一本ですでに
満足している自分がいます。流石です。









MARCASSIN CHARDONNAY MARCASSIN VINEYARD 00年

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは更に硬く強い印象ですが時間経過と共に大きな果実味が出てきて
伸びやかな酸と相まって素晴らしい味わいを醸しています。
タイトでスタイリッシュとても美味しい。
とにかく塩を舐めながら飲んでいるようなミネラル感がとても強く印象的でした。
素晴らしいワインです。
こちらには二票挙手が上がりました。









猪外もものロースト フレッシュモリーユソースで

クリックすると元のサイズで表示します












MARTINELLI PINO NOIR BLUE SLIDE 01年

クリックすると元のサイズで表示します

マーカッサンとの比較試飲をしました。
同じヘレンターリーが手掛けている作品ではありますがやはり比べてしまうと(^_^;)

カンゾウなどの東洋のスパイスや熟した黒系や赤系の果実の香り。
飲むとこれはこれで甘い果実味に支えられてとても美味しい!
但し下記のワインを飲むまでは(^_^;)





MARCASSIN PINO NOIR BLUE SLIDE 01年

クリックすると元のサイズで表示します

香りの深みが違います。
スーボア、プラムのコンポート、ジビエ、ミネラルなど
まるで熟成したブルゴーニユのようです。
飲むとピタリと焦点の定まった集中力のある果実味。
伸びやかな酸。素晴らしい。
こちらにも二票入りました。











ヒグマのフイレ肉のロースト 熊のフォンと赤ワインエピスソース

クリックすると元のサイズで表示します










MARCASSIN PINOT NOIR MARCASSIN VINEYARD 00年

クリックすると元のサイズで表示します

言い過ぎかもしれませんがブラインドだったら思わずDRCのリシュブール???
大げさではなくそれほど深く偉大なワインの香りがしています。
飲むとパンと張った集中力のある果実味と伸びやかな酸。
バランスが良くて今飲んでもとても美味しい!!うーん素晴らしい!!
やはりマーカッシンはマーカッシンの独特な世界観があります。
三票を獲得してキョウイチワインとなりました。








さくらんぼとヴァローナチョコレートの球体

クリックすると元のサイズで表示します






やはりマーカッサンの世界観は半端ないです!!
もう買えない価格になってきているので後何年飲めるかな(^_^;)

御参加いただいた皆様ありがとうございました。





クリックすると元のサイズで表示します


2017/4/22


本日はジャンラフェの会です。
優しく熟成したジャンラフェ楽しみです。




クリックすると元のサイズで表示します






POL ROGER BRUT MILLESIME 04年

クリックすると元のサイズで表示します

樽の香ばしい香り、ミネラル、蜜、白い花。
飲むと甘い果実味と切れのある酸。
申し分のないスタートです。







シャンパーニュアミューズ

クリックすると元のサイズで表示します




クリックすると元のサイズで表示します








POL ROGER B&B BRUT 00年

クリックすると元のサイズで表示します

ゴージャスな樽のニュアンス、白い花、柑橘系果実など
飲むとB&Bなのに果実味も厚くアフターもかなりしっかりとしている
美味しいですね。
薙鮎のフリットにもピッタリでした。











稚鮎のフリット

クリックすると元のサイズで表示します









PIERRE MOREY  MEURSAULT LES CASSE-TETES 02年

クリックすると元のサイズで表示します

甘く香ばしい樽由来の香り。グレープフルーツやマンゴーの香り、ミネラル
飲むと豊かな果実味としょっぱいぐらいのミネラル
会の最後まで落ちることなくとても美味しい








カツオのマリネ 新玉葱とウドのサラダ

クリックすると元のサイズで表示します









PIERRE MOREY   MEURSAULT PORUSOT  00年   

クリックすると元のサイズで表示します

6本ぐらいは買ったのですがボトル差がかなり大きい
このボトルは依然飲んだものよりやや平坦な印象
ミネラルは豊富で良い









ホワイトアスパラとボタンエビフリット

クリックすると元のサイズで表示します










RAPHET CLOS DE VOUGEOT 01年

クリックすると元のサイズで表示します

なんといきなりのブショネ(^_^;)
次のワインを急いで出していただきました。










RAPHET CLOS DE VOUGEOT 00年

クリックすると元のサイズで表示します

カシス酸味のある赤系果実
アタックは強くないが旨みは強くアフターも綺麗
こちらには3票の挙手が上がりました。











リーダニョー モリーユ茸

クリックすると元のサイズで表示します









RAPHET CHARMES-CHAMBERTIN 98年

クリックすると元のサイズで表示します

薄い赤系の果実、スーボア、なめし皮、ミネラルなど
飲むととてもシルキーで薄いんだけど旨みが凝縮していてたまりません。
結果5票を得てキョウイチワイン
となりました!!










金目鯛ポアレ 桜海老のソース

クリックすると元のサイズで表示します












RAPHET CHARMES-CHAMBERTIN 88年

クリックすると元のサイズで表示します

なんと二本目のブショネ
しかも今日のメイン




FAIVELEY CHARMES CHAMBERTIN  06年

クリックすると元のサイズで表示します

急遽代わりに予備のワインを
安定の美味しさです。









仔羊ロースト ポートワインソース

クリックすると元のサイズで表示します









ROSSIGNOL TRAPET  CHAMBERTIN  97年

クリックすると元のサイズで表示します

さらに皆様のカンパにてこちらも開けました。
いやーさすがです!!
皆様大人の事情を配慮していただき誰もこちらには挙手されなかったです(^_^;)










メロンのスープ

クリックすると元のサイズで表示します









プティフルール

クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します







いゃー参りました(^_^;)
長年ワイン会をやっておりますとたまにこういうこともあります。
しかしジャンラフェのワインは熟成と共に果実味が旨みに昇華していき
素晴らしい香りと旨みに溢れた滋味深いワインであることは間違いありません。

御参加の皆様深いご理解有難うございました。

2017/3/18


本日のお題はポンソです!!
01年のミニ水平ですが果たして飲み頃になっているのか???



クリックすると元のサイズで表示します







AGRAPART B&B AVIZE G-C EXTRA BRUT AVIZOISE

クリックすると元のサイズで表示します

白桃、蜂蜜、ミネラルなどの香り。
飲むと酸がとても生き生きとしていて切れ味も抜群。
アフターもしっかりとしていて好きなタイブ!!
美味しいです!!









三種のアミューズ
クリックすると元のサイズで表示します










TOLLOT-BEAUT CORTON-CHARLEMAGNE 05年

クリックすると元のサイズで表示します

蜂蜜、プロポリス、ミネラル、白い花などの香り
飲むとまだまだ強く飲み頃には少し早いけどしょっぱく感じるほどの
大量のミネラルには思わずニンヤリしてしまいます。
コルトンシャルルマーニュらしく低重心のミネラルではありますが
悪くない!
将来有望














ロワール産ホワイトアスパラガスと帆立と菜の花とキャビア

クリックすると元のサイズで表示します












TOLLOT-BEAUT CORTON-CHARLEMAGNE 00年

クリックすると元のサイズで表示します

香りは果実味の甘い香り、蜂蜜、白い花、ミネラルなど
飲むと果実味は甘く豊かですが酸はしっかりとしていて何より重心のやや低い
ミネラルがこちらも大量です(^_^;)
苦みを感じるくらいに
飲み頃に入っております。












今金男爵で包んだひよどりそのジュと柑橘
クリックすると元のサイズで表示します











PONSOT CHAMBOLLE-MUSIGNY CIGALES  08年

クリックすると元のサイズで表示します

いよいよポンソです
色はやや薄く明るい色です
香りはチェリー、スミレ、赤系果実、ミネラルなど
飲むととても綺麗な果実でエレガント!
酸もだいぶ大人しくなってきており軽やかです。
C-Mらしい可憐さ!
まだまだ熟成するものの今飲んでもこれはこれで美味しい!














PONSOT CHAMBOLLE-MUSIGNY CIGALES  02年

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは下の写真で解るとおり6年も前に作られているのですが
遥かに濃く黒系の色をしています。
ヴィンテージの背景がでていますね(^_^;)
香りはスーボア、プラム、なめし皮など
飲むとたっぷりとした果実味は背景の酸タンニンのストラクチャーが
かなりしっかりとしており前出のワインとは大違いで濃いです。
今飲んでも美味しいですが更なる熟成が必要です。
さすがは02年






クリックすると元のサイズで表示します

左が08年で右が02年です。
同じワインとは思えないですね(^_^;)








スコットランド産ベキャスのロースト その内臓のソースとホタルイカ

クリックすると元のサイズで表示します











PONSOT GRIOTTE CHAMBERTIM 01年

クリックすると元のサイズで表示します

グリオットの甘く酸っぱい果実の香りがきちんとしています!
その他にスーボア、スパイス、ハーブ、プラムなど
飲んでみるとやはり甘く豊かな果実味とそれを支える綺麗な酸
アフターまでしっかりと楽しませてくれます。
今飲んでももちろん美味しいし更なる熟成もOKです!
この愛想の良い素敵なワインには一票の挙手が上がりました。











PONSOT CLOS DE LA ROCHE 01年

クリックすると元のサイズで表示します

まだ少しだけ硬いですが時間経過と共に素晴らしい香りと味わいに
変わっていきます。
引き締まっていてタイトな最初のイメージは少しずつこなれて行きます。
会の終わりごろには間違いない崇高なミネラルがあるまさにドメーヌの
看板ワインそのものの味わいだったのですが...
皆様早々に飲み終えたようです(^_^;)
今なら抜栓してから2時間ぐらいたってからが真の飲み頃です。
お二人でゆっくりと飲まれるならとても良いですよ!!
こちらには三票の挙手が上がりました。











2月4日岐阜県網獲りマガモのロースト サルミソース
クリックすると元のサイズで表示します










PONSOT CLOS ST.-DENIS  01年 

クリックすると元のサイズで表示します

さてこの年はなんと815本しか作られていないレアなワインです。
プラム、東洋のスパイス、スーボア、ミネラルと魅力的なエキゾチックな香りです。
飲むと甘い果実味と酸のバランスが素晴らしくグリオットとは違った更に深みが
ありながら愛想の良い素敵なエレガンスなワインです。
今飲んでも美味しいしかなりの長い熟成も可能です。
四票の挙手を集めてキョウイチワインとなりました!!










さくらのクレメダンジュととちおとめのソルベ
クリックすると元のサイズで表示します






クリックすると元のサイズで表示します



本来熟成しないととんでもない肩すかしをくらうこともあるポンソでしたが
今日は何とか飲み頃に入ってきていることが確認できました。
やはり私的にはクロサンドニも素晴らしいワインではありますがやはり
クロドラロッシュが看板ワインであると思いました。
今でも忘れられない90年のクロドラロッシュ...
あーできる事ならもう一度飲みたいけど無理ですかね(^_^;)
どなたかお持ちの方いらっしゃいましたらお誘いお待ち申し上げております!!
御参加いただいた皆様有難うございました。







クリックすると元のサイズで表示します




本当久しぶりにygさんと行っちゃいました(^_^;)



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します




クリックすると元のサイズで表示します


楽しかった!!

2017/2/18


本日のお題はヴォギュエ!!
楽しみです。





ULYSSE COLLIN B&B EXTRABRUT LES ROISES

クリックすると元のサイズで表示します

柑橘系、白い花、ミネラルなどの香り。
飲むとドライで酸が強い。
将来的には素晴らしいシャンパーニュになると思いますが
まずは熟成が必要ですね。








シャンパーニュアミューズ
クリックすると元のサイズで表示します










ULYSSE COLLIN BLAN DE NOIRS EXTRABRUT LES MAILLONS

クリックすると元のサイズで表示します

こちらはブランドブランほどの険しさはありません。
飲むと果実味の甘みを感じます。しかしまだまだ引き締まっていて
酸もいくらかドライに感じるのでこちらももう少し熟成させた方が良さそうです。










ウフブイュ

クリックすると元のサイズで表示します











C.G.VOGUE BOURGOGNE Blanc 08年

クリックすると元のサイズで表示します

白い花、石油香、蜂蜜、ミネラルの香り。
飲むと濃厚な蜜のような果実味。
アフターも重厚な厚みがありまぎれもないグランクリュ。
と思っていたら2015年からいよいよグランクリュになるそうですね。
こちらに一票挙手が上がりました。
素晴らしいワインだと思います。








赤座エビのショーフロアー

クリックすると元のサイズで表示します














C.G.VOGUE CHAMBOLLE-MUSIGNY 05年

クリックすると元のサイズで表示します

カシス、赤系の果実、土、なめし皮、ミネラルなど
飲むとしっかりとしたボリュウムのある果実味と綺麗な酸
それでもとても飲みやすく05年の育ちの良さを感じる。
まだまだ熟成も可能でとても美味しい。









ホロホロ鳥のぜりー寄せ

クリックすると元のサイズで表示します










C.G.VOGUE CHAMBOLLE-MUSIGNY  04年

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは04年のキャラクターが出ていて薄旨系、出し汁系です。
スーボア、プラム、土、ミネラルなどの香り。
飲むと果実味は薄いけど見事に旨みに変わってきており
しみじみと旨い。
同じワインでもたった一年違うだけで年による極端なキャラクターの違いが
面白い。









ソール アベールソース
クリックすると元のサイズで表示します












C.G.VOGUE BONNES-MARES 00年

クリックすると元のサイズで表示します

ほんの少し熟成が入ってきています。
スーボア、プラム、ミネラルなど
飲むとしっかりとした果実味とトーンの高い酸。
いつも思うけれどヴォギュエのボンヌマールは本当に独特です。








メインが焼けたようです。
クリックすると元のサイズで表示します












C.G.VOGUE CHAMBOLLE-MUSIGNY AMOUREUSES 97年

クリックすると元のサイズで表示します

チェリー、野イチゴ、スーボア、ミネラルなどの香り。
飲むと甘く柔らかい果実味と透明感のある綺麗な伸びやかな酸があります。
全体の印象としてはエレガントで多くの人がシヤンボールミュジーニに
寄せるイメージそのものです。
やはり人気高く4票の挙手があがりキョウイチワイン
となりました!!












ウズラとフォアグラのパイ包み ペリグソース

クリックすると元のサイズで表示します












C.G.VOGUE MUSIGNY V.V. 97年   

クリックすると元のサイズで表示します

スーボア、プラム、ミネラルなどの香り。
飲むとかちっとした張りのある果実味とごっつい酸(^_^;)
そして大量のミネラル(^_^;)
去年も97年の同じロットを飲んでいるのですがその時は小躍りするぐらいに
開いていたのですが...
今日はこちらから探しに行かなければ中々その姿を見せてくれません。
会の終わりごろには表情が変わってきたのでゆっくり一本を飲んでいれば
また違っていたかもしれませんね。残念!!
こちらには3票の挙手が上がりました。









韃靼そば茶のブランマンジェ

クリックすると元のサイズで表示します













サバランモード 2017

クリックすると元のサイズで表示します








クリックすると元のサイズで表示します


やはりヴォギュエのミュジーニは手強い!! (^_^;)
ヴォギュエ復調の年と言われている88年以降で美味しいと感じたのは
89年、92年、97年でしたので今日は行けると踏んだのですが...(^_^;)
いつの日か全開になっているヴォギュエのミュジーニを飲みたいですね。
御参加いただいた皆様有難うございました。

でも個人的には哲学的な陰鬱な表情のワイン大好きです(^_^;)



クリックすると元のサイズで表示します






teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ