2012/10/26

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0

2012/10/26

難聴と補聴器  

補聴器を購入する費用もかかりますし、使用する煩わしさや、面倒も感じるでしょうし、その上、聞こえ方の悪さもあるでしょう。
音が聞こえづらいから、補聴器を使おうと思っている方は、まず、自分の難聴が、どのような原因に分類されているのか、それを知ることが重要です。
難聴は、感音性、伝音性、突発性、老人性などに、分類されますので、自分の症状がどれに属するか、それによって補聴器が有効か、どうか、決まってくるでしょう。
聞こえづらくなったからと言って、すぐに補聴器を購入することのないようにしたいですね。

音は聞こえているが、その中身が分かりづらいと言う症状の感音性難聴は、補聴器を使用したとしても、状態を改善することは難しいです。
補聴器を使っても、会話の内容がわからず、相手が何を言っているのか理解できないことが多いです。
また、大きな音ではないと聞こえない難聴が、伝音性難聴です。
症状が重くなると、大音量でやっと察知することができます。
症状が軽度や中度であれば、極端に困らないので、補聴器がなくても普段の生活を送れるケースが多いです。
重度の場合は、補聴器が活躍します。
補聴器を使用すれば、よく聞こえるようになるので、伝音性難聴の方でしたら、補聴器が有効になるケースが多いです。

それから、感音性難聴は、補聴器で劇的な改善は望めないことが多いです。
片側の耳だけに症状が出ることが多い、突発性難聴ですから、もうひとつの耳によって音を聞き分けられます。
http://blog.oricon.co.jp/masaya39/
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ