2009/6/3

イチゴ狩りと一万発の花火  

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します崖の上の館長のご配慮で、あるイチゴハウスの、最後の収穫をさせていただき、大勢で押しかけた5月の末。朝からビール狩り?をしていた俺も、何故かたくさんの収穫で(部会長の奥様に恵みを受けた。部会長及び腹部会長Sはともにビール狩り)画像の通りイチゴにジャムを乗せたり、ご飯に掛けたりと美味しい毎日。次週には、家の近所で大草原の花火(有料で、パンフには園内の入場者でないと、花火は見えないようにしてある、とあった。)へーえ、と、目が点になったが、音が聞こえてきたので2階の窓から見ると、かなりの迫力で、1時間以上見とれていた。写真はうまく撮れなかったが、お金払った方、御免。
3

2009/5/22

アブドーラ  

昨日、お湯割を飲みながら、息子と話をしていたら、特殊メイクの話かなんかになり、30年ぐらい前の話を持ち出したら、即座にGod of mountain(訳すと鬼嫁)が、その話は何百回も、聞きました。酔っ払うたびにね、と。これはかなり悔しい、だって,酔って話したことなど、覚えているわけないし、自分としては、3回目ぐらいかな、と、思ってたし。悔しいのでここでまた、言ってしまお。1960年代生まれの人あたりまでは、アブドーラ・ザ・ブッチャー(プロレスラー)を、知っていると思う。俺が高校に遊びに行っていた頃、アントニオ猪木や、馬場を、栓抜きを隠し持って血祭りに上げていた、ものすごい悪役だ。(何故か最後には、自分が血祭りになってしまうけど)二十歳の頃、知り合いの店で(プロレスの奴らがよく来ると言うので、連れて行かれた)アロハシャツを着た彼らがやってきた。普通のひとの倍ぐらい肩幅があり、3人の白人だったが、内一人は額にたて3本の傷があり、冗談のつもりで、あ、ブッチャーが来た!と、言ったら、本物だった。えっ!えっ!だって、色白いよ!後に、ヒールから、ヒーローに転じ、飲料水のCMなどに出ていた彼は、イギリス人であり、あの黒人と言うより、茶系の肌の色は、メーキャップだったのだ。顔はメチャメチャあの怖さだが、握手をしてくれたグローブ(いや、キャッチャーミット)のような手は、優しく、俺たちのリクエストに応じて、スタンダードナンバーのダニーボーイを歌ってくれた。
1

2009/5/20

新型インフル  

最近の世の中、確かにおかしくなっている。ここ100年来、と言うより。100年の都市化政策を進めて以来、確実におかしくなっている。これは、養老孟司先生の受け売りだが、先日講演を聴き、感銘を受けた。今、猪や熊が、里に下りてきて悪さをするのは・・・飼い犬を鎖でつなぎ、野犬を処分したからだよっと。つまり、人間が秩序と言うものを作り出せば、全く同じ分量の無秩序が生まれる。と、いうことらしい。100年前の山野の写真と、今の山野の写真を見せ、昔の写真はどっち、と問うと、必ず今の方を(緑青々としている方を)全員で選ぶそうだ。昔はエネルギーを山に頼っていたから、ほとんど裸山状態だったらしい。便利な化石燃料で各家庭に、秩序をもたらすと、山が、無秩序になるらしい。ウィルスも、滅びたくないので年々進化をしているらしい。つまり、薬と言う秩序に対して、耐性という無秩序で我々に対向しているのかな?よって、ここに着て頼れるのは薬にあらず、我が血に脈々と生きる、免疫であると。
0

2009/5/13

求道者  

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します片方の画像は、目隠しをして、お客さんが口に銜えているバラの花を落とすパフォーマンス、2枚目は、1.5mの台の上から、ここから7mの高さまで、いすをひとつづつ積み上げていく、当日は、強風が吹いていた、MCのおっちゃんはさかんに、危険、危険ね、と、中国訛りの日本語で叫んでいた。信号機よりも高いところで、積み重ねた椅子の上で逆立ちをされると、見ているほうの背筋が寒くなる。そこで平常心でいられると言うのは・・・求道者とは、求道者とは。
0

2009/5/10

大道芸  

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します楽しい人たちだった。でも、デモンストレーターは、見るべきと思う。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ