パソコンが立ち上がらない場合  パソコン故障


パソコンが立ち上がらない場合ですが、
最初に電源ランプを確認します。

パソコンが起動しない症状にも
色々とありますので、
それぞれの症状により、以下を参照にして下さい。



@ 電源スイッチを入れても画面に何も表示されない場合

 電源スイッチを入れて電源ランプがついた状態で
 本体から通常の起動する音が聞こえるのに、
 画面には文字とかメーカーのロゴとか何も表示されずに
 真っ暗のままの場合です。

 この場合は、ディスプレイ側に問題がある可能性があります。

 デスクトップパソコンの場合には
 ディスプレイ側のスイッチや電源ケーブル、
 ディスプレイケーブル等が
 きちんと接続されているかを確認してみましょう。

 ノートパソコンの場合には
 ディスプレイあるいはマザーボードの故障の可能性が高いですが、
 ノートパソコンの部品を調達して
 自分で液晶ディスプレイやマザーボードを交換するのは
 かなり難しいと思いますので、
 中古ショップやオークションなどで
 同じ型番のパソコンを購入して
 ハードディスクを載せ換えた方が現実的です。
 この場合に、起動後、
 ドライバーやWindowsの認証の必要があり、
 認証できない場合には、別にOSを用意して
 修復セットアップをしなければならない場合があります。

 デスクトップパソコンで
 ディスプレイに問題がなかった場合には
 パソコン本体側の故障となるのですが、
 考えられる原因としては
 メモリやCPU、マザーボードが故障している可能性があります。
 
 グラフィックボードを使用している場合は
 グラフィックボードの故障の可能性もありますが、
 マザーボードにもグラフィック機能が
 オンボードで内蔵されているような場合は
 マザーボードの方のディスプレイ端子に繋いでみて
 表示されるかどうか確認する事ができます。
 
 この場合は、BIOSにて
 内蔵グラフィック機能を有効にするなど
 設定しなければならない場合があります。



A 電源スイッチを入れると本体からピーという音がする場合

 電源スイッチを入れてから、
 すぐにピー、ピーという音が数回または連続して続く場合、
 メモリまたはマザーボードなどの故障が考えられます。

 マザーボードのメーカーによって内容にも違いがあり、
 音の数などで原因がわかる場合がありますから
 マニュアルを読むか、メーカーに問い合わせるなど
 音の原因を調べてみましょう。



B Windows起動の途中で電源が切れる場合
 
 起動の途中で電源が切れる場合は、
 CPUの加熱による保護機能が動作している
 可能性があります。

 その場合には、まず本体の通風孔が
 壁などで塞がれていないか、
 通風孔にほこりが溜まっていないかどうか
 を確認してください。

 デスクトップの場合には
 CPUクーラーに、
 ほこりが溜まっている場合がありますので
 本体のパネルを外し、掃除します。
 
 その時、CPUクーラーのファンが回っているかどうかと、
 CPUクーラーがぐらついていないかも確かめます。

 CPUクーラーがぐらついていると
 CPUの熱が放熱板に伝わらないので
 オーバーヒートしてしまいます。



C Windows起動の途中で止まる場合

 電源を入れた後で
 画面に文字とかメーカーのロゴとかが
 表示される起動途中で
 動作が止まってしまう場合があります。

 この場合は、表示されている文字によって
 対応が違ってきますので、
 代表的なメッセージと対応方法をご紹介します。


・Operating System not found

これは、起動するOSが見つからないというメッセージです。
これが表示されましたら、まず、
フロッピーディスクが入っていないかを確認して下さい。

USBメモリが接続されていましたら
それらを外して立ち上げなおしてみて下さい。

起動メディアがハードディスクでない場合で
そのメディアにOSが入っていない場合にも
このメッセージが出ます。

フロッピーやUSBメモリなどが接続されてないのに
このメッセージが出る場合は
HDDが原因の可能性があります。

HDDの起動の修復については、後述しています。



・セーフモード選択の画面が出る

セーフモードの選択画面が出る場合
セーフモードで起動してみます。

一度セーフモードで起動できた場合
その後、再起動すると
通常起動ができる場合がほとんどです。

セーフモードでも起動できない場合も
後述のHDDの起動の修復を参照して下さい。




・次のファイルが存在しないかまたは壊れているため、Windows を起動できませんでした
[ \WINDOWS\SYSTEM32\CONFIG\*****(*****はファイル名が入る)]

この場合、システムの起動に使用するファイルが見つからないか
あるいは読めない状態にあります。

この場合は、回復コンソールによる復旧をするか
後述のHDDの起動の修復を参照して下さい。


・ブルーの画面に英語のメッセージが表示される

画面のバックの色がブルー一色になり、
白い英語のメッセージが表示される場合には、
メモリやHDDなどのハードウェア的な故障の可能性があります。

メッセージ内容によって違ってきますが
複数のメモリがある場合
1枚づつ挿して確かめてみます。

HDDの故障の場合には、HDDの起動の修復を参照して下さい。


◎ ハードディスク(HDD)の起動の修復

HDDに原因があってWindowsが起動できないような場合
一番簡単な方法は、
Windowsのシステムディスクでの修復セットアップです。

Windowsのシステムディスクがある場合
この修復セットアップを行う事で、
起動障害を解決できます。

今まで使用していた環境は、もちろんそのまま残ります。

WindowsXPの場合は修復セットアップによる復旧、
Windows7の場合はWindows 7 起動エラー修復 のサイトに
詳しく方法が載っています。

しかし、メーカー製でHDDに
リカバリー情報が保存されているようなパソコンの場合には
WindowsのOSのシステムディスク自体がないものや
修復セットアップ自体ができないものも多いので、

その場合には必要なデータを
別の外付けHDDなどにコピーした後で
パソコンをリカバリーしてデータを戻す作業が必要になります。

パソコンをリカバリーするには
説明書のパソコンのリカバリーを参照してください。


記事を作成するのに、かなり調べました。
今回は、パソコン故障原因どっとこむというサイトをメインに参考にしました。
次回以降も、色々とサイトを紹介したいと思います。
0
タグ: パソコン 故障 対策

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0




AutoPage最新お知らせ