2017/4/13

EDを予防する食べ物  

夫婦生活に大きな悪影響を与える“夫のED”。その原因はストレスや運動不足、飲酒や喫煙などさまざまあります。「まさに今うちの夫も……」と悩んでいる人もいるかもしれません。

『WooRis』の過去記事「ゲッ…毎日食べさせてる!あなたの夫の“EDがどんどん悪化する”NG食べ物」では、脂肪分の多い食品がEDを悪化してしまうとお伝えしました。

一方で、ある成分を含む身近なフルーツを口にするだけで、なんとEDを予防できるということが研究により分かったそうなんです!

そこで今回は英イーストアングリア大学やハーバード公衆衛生大学院の研究を基に、EDで悩む夫に積極的に食べさせたいフルーツを紹介します。



■精力剤より効果あり!? 男性の勃起不全はフルーツで予防

植物などに含まれる抗酸化物質の一種である“ポリフェノール”。太陽の光を浴びすぎても酸化ストレスで植物が枯れない理由は、ポリフェノールで自らを守っているからなのです。

ちなみにポリフェノールの一種がフラボノイド。よく耳にする、ブルーベリーやイチゴなどの青や赤色をしたフルーツに含まれている抗酸化物質のアントシアニンは、このフラボノイドの一種です。

英イーストアングリア大学やハーバード公衆衛生大学院の調べで、このフラボノイドが男性のEDを予防してくれると判明したそうなんです。

予防効果は男性が若いほど大きいとか。今まさに「子どもを授かりたい」と頑張っている夫婦には、耳寄りな情報ですよね。



■勃起不全リスクを21%予防する場合も

上述した英イーストアングリア大学などは、1986年までさかのぼって5万人以上の中年男性の健康状態や食生活などを調査しました。

EDに影響を与える肥満に関わる運動不足の有無、喫煙などの状況も考慮した上で分析すると、上述のフラボノイドを食品から多く口にしている男性ほど、EDになる危険性が低いと分かりました。

フラボノイドを多く含むフルーツを食べるだけで14%のリスク減。フルーツに運動がプラスされると、なんと21%もリスクが減るとされています!

フラボノイドは基本的にほとんどのフルーツ・野菜に含まれていますが、フラボノイドの中でも例えばアントシアニンを含む代表的なフルーツは、イチゴやブルーベリー、ブドウなど。

ちょっとつまむくらいの量でも効果が確認されているそうですから、忙しくて外食が続き、野菜が不足しているという夫には、フルーツを毎朝食べさせる習慣を身につけさせてみては?


以上、EDの予防に効果的な食べ物を紹介しましたが、いかがでしたか?

ED予防・改善のためには、運動不足や喫煙、過度の飲酒、ストレスの多い毎日を解消するとともに、フルーツの摂取も忘れさせないようにしたいですね。
0

2017/3/7

バイアグラと同じ?勃起不全に効くと話題のマカの効果とは  

勃起不全(ED)に悩んでいる男性は少なくありません。精力を高めるためにも、マカのもつパワーを知っておくとよいでしょう。

マカとは

マカはアンデス山脈に自生している植物で、アンデスの女王とも呼ばれています。球根の部分にアミノ酸やミネラルをはじめとした栄養がたっぷりと含まれているので、古くからスタミナ源として重宝されてきました。色が濃いほど栄養価が高いとされており、濃い赤色や紫色をした「マカ・モラーダ種」というマカは特別なものとして大切にされています。厳しい環境下で土壌の栄養分をぐんぐん吸い取って成長するため、マカを栽培した後の土地は使い物にならないといわれているほどです。

マカは勃起不全(ED)に効くのか?

マカに含まれているアルギニンという成分は、一酸化窒素から一酸化炭素を生成して勃起機能を向上させるといわれています。さらに、成長ホルモンの分泌や精子の形成にも必要とされている成分です。さらに、精力を向上させる作用があるといわれるグルコシノレートという成分もマカには含まれています。バイアグラのような即効性は期待できませんが、このように勃起機能や精力を高める働きがあると考えられています。

マカの栄養成分とその他の効果

マカには主成分である炭水化物の他に、必須アミノ酸を含む豊富なタンパク質や食物繊維、ミネラル、ビタミン、アントシアニン、サポニンなど数多くの栄養成分が含まれています。そのためマカに期待できる効果は、他にもたくさんあります。

たとえば、必須アミノ酸の1つであるアルギニンには老化を防ぐ働きがあります。活性酸素による血管の老化を防ぐ抗酸化作用もあるので、動脈硬化の予防にもつながるでしょう。他にも、女性ホルモンの乱れが原因で起こる更年期障害によるうつ症状や不安症をやわらげる効果や、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)を予防する効果も期待されています。

マカのサプリメントを正しく使用するために

マカにはさまざまな効果があると注目されていますが、医薬品ではないので効果が必ずみられるわけではありません。特に海外から個人輸入したものは品質が保証されていないので注意してください。また、バイアグラと併用する場合は問題がないか、念のため医師に相談しましょう。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ