2013/5/22

医療事務を取得する男性が増えているのに職が見つからない現状  医療事務

医療事務というと女性のイメージが強いですが、やっぱり雇う側としは男性よりも女性が望ましいのだとか。もちろん中には男性でも資格があれば雇うところもありますが、「医療事務として岐阜で働きたい」など勤務地を限定してしまうと、男性は不利になりがちのようです。

だから医療事務を取得する男性が増えているのに、職が見つからずに悩んでいる人が多いのだとか。特に勤務地限定で、しかも小規模の医療機関を希望すると、こうした傾向が目立ちます。

実際には大規模な病院などでは、男性も医療事務として活躍していますが、でもやっぱり割合的には男性よりも女性が多いみたいです。

逆に女性よりも男性を求めるところもあります。
それは結婚、出産、育児などで休んだり、仕事を辞めてしまう女性よりも、安定して長く働いてくれる男性の方がいい。と考えるからです。

なので働き先によって、女性がいい、男性がいいという点が違ってくるので、男性も諦めずに求人を探してみるといいですよ。

特に男性を求めている大規模な医療機関の求人になると、給料が割といいところが多く、さらに経験もあると幹部候補として働くことができて、幹部になればさらなる給料アップを望めます。

とにかく医療事務という仕事は、資格だけあっても経験がなければ職に就くことが難しいです。だから「未経験者OK」という求人をみつけたら、まず最初はそこから攻めてみるのもアリです。

最初から高望ばかりしていても希望する職は見つからないので、最初のうちは経験と知識を高めるつもりで頑張ってください。


0

2013/3/3

医療事務に年齢は関係なし  医療事務

どんなものであれ資格取得ってなると「若いうちがいいかしら」とか「40代からって遅いんじゃない?」って思ってしまいがちですが、医療事務の資格取るなら年齢は関係ありませんよ。

実際に40代半ばで医療事務の資格を取得し、転職に成功している人もいます。というのも医療事務という仕事は、年齢制限が設けられていないことが多いので、資格を取得して経験を積めば優先的に雇ってもらえることもあります。

医療事務の資格を取るためには、通信講座あるいはスクールに通って勉強し、資格取得を目指すことになります。ここで最初のポイントとなるのは、講座選びです。

例えば、ニチイや日本医療事務協会など医療事務の講座を設けているところはたくさんあります。それらの中から、自分で好きな講座を選んで学ぶことになります。

そこで、医療事務の資格が欲しい!岐阜で受講できる教室を見つけました!のように地域を限定して講座探しをしたいときにおススメなのが、「ケイコとマナブ.net」というサイトです。

講座探しにインターネットを利用するなら、できるだけ、

・無料で各講座の資料請求ができる
・講座の予約が簡単
・受講期間や費用などが一目でわかる
・エリアや受講する時間帯など細かく設定して講座探しができる

などサービス内容が充実したサイトを選ぶといいです。
多くの講座情報を掲載しているサイトほど、自分の条件にピッタリ合った講座探しに役立ちます。


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ