2012/5/1

責任者  日記

朝から僕はいる

僕より早い朝の人いるけど

僕より早く帰る

次の午後の人もくる

僕はまだいる

午後の人も帰る

僕はまだいる

夜の人がくる

僕はまだいる

夜の人が帰る

僕はまだいる

夜の太陽が消える

僕は帰る
0

2011/9/28

一発書きです 読み返し清書しておりません。消します。  日記

宇宙兄弟15巻を読んで

今回の話は月でのミッション中に事故にあい

奇跡の生還を果たした日々人が

その後

宇宙服を着るパニック症候群を発祥してしまう体になってしまう

この症状の克服のために、ソユーズの訓練という名目のもと

ロシアに向かう

そこで、同じく父がパニック症候群であったロシアの英雄イヴァンに

リハビリの手伝いをしてもらうことに

しかし、依然として宇宙服をきると症状が出てしまう日々人は

焦り、「こんなことなんてことはない。ここは月ではないんだ」と

自分自身に訴えかけ、暗示をかけるが、成果が出ない日々

そんななか、イヴァンは自分自身が出来ないことに

いくら暗示をかけたって、自分の実力以上はでないと諭す

パニック症候群を治すにはまず自分自身が出来るんだと、自信をつけさせること

なにかトラウマにもなりそうなひどい事故が発生した時に

その物事から遠ざけることも大事だが

これからも自分自身に必要な事例のうえでの事故ならば

早い段階でもう一度同じ土俵に立たせることが

パニック症候群を回避するうえでの

重要なのである

早い段階でもう一度やることのメリットは

自分が失敗した箇所を早期に繰り返せるという点では

いつも以上に慎重になるだろうし、緊張もする

それゆえに余計な自分自身へのプレッシャー(追い込み)が

期間をあけてやるよりも少なく、同じミスをする可能性は少ないということだ

しかし期間を長くあけてしまうと、人はあれこれ考えてしまい

必要以上に見えない恐怖心を抱くことになり、それがパニックを起こす

引き金になってしまう

なので、早い段階でチャレンジさせて自信をつけさせる

これがパニック症候群を回避する上で重要なことなのだ

次に、発症してしまった場合は遠回りになったとしても

少しづつ段階を踏むような形で徐々に自信をつけさせていく

やり方で改善を目指す

例えば、宇宙服が着れないならば、ヘルメットは?ラクビーのプロテクターは?

などの感じだ

そうやって、徐々にハードルをあげていくような訓練の様子が

当巻に描かれていた



これを読んで、僕自身も以前自宅以外で食事が出来なくなるという

摂食障害(笑)を発症したのを思い出した

かれこれこれは4年間くらい続き

せっかくの友達との食事、家族との外食、修学旅行等々

場の雰囲気を微妙なものにしてしまう

なかなかどうしてやっかいなものだった

食べ物を前にしなくても、もうそろそろお昼の時間だとか

「何食べる?」とか食事をにおわす会話などにも反応してしまい

気分が悪くなってしまう

だから、食べない

そうすると、今度は空腹で気分が悪くなると

どっちに転んでも気持ち悪くなるといった最悪の循環

っと、熱くなりすぎました(笑)

まぁ、結局今は克服して外食大好きになりましたが

治ったきっかけは先ほど紹介した「宇宙兄弟」の中にあった

徐々に自信をつけさせるということではなくて

僕の場合は急に治ったというのが当てはまります

その症状が出てから4年

大学生になった僕は今年一年のカリキュラム作成も終わり

あって間もない友人候補生たちと昼食を食べることに

若干の緊張となれない作業で頭をつかったこともあり

空腹だった僕はいつもならメニューを見るだけで気持ち悪くなる

シチュエーションだったのだが

すんなりというか、ペロリとご飯を平らげることが出来た

あの時の嬉しさっていったらなかったけど

いきなりそんな話をすることは出来ず

一人ジャンプしてガッツポーズをしたい気持ちを隠しながら

黙々と食べていたのを思い出す

あれから、いろいろ考えたけど何が良かったのか?

空腹がタイミング良く回ってきたのがよかったのか

自分自身が作った外食が出来ないというルールを続ける体力がなくなったのか

それとも両方なのか

ともかく、この一回の食事のおかげで自信がつき

それ以降は発症することはなく幸せに暮らしている

最後に、まとめとして少しずつ段階を踏んで克服したという気持ちはないが

これを克服する最大の必須項目は「自信」「結果」だと思う

自分自身でやれたこと(結果)にたいする思い(自信)は確固たるもの

少しづつそれを形成するか、いきなりそれを形成するかなんて

ただ単に遅いか早いかだけ

4年もかかってるから、それって早いの?って聞かれると

困ってしまうけどw

まー往々にして、自分には精神病?みたいなのってB型人間なので長く続かないんだろうなって結論を出しました。

今はそれでスッキリしてます

これも今から考えれば、えーーーっと、大学一年のときのはなしだから、9年くらい前の話になるけど、酒を飲みながら「宇宙兄弟」を読んでて

ふいに書きたくなったんでかきました(今までである調だったのに)

たぶん、明日起きてみたら文法とかぐちゃぐちゃで内容もひどくて後悔

するんでしょう

そんなの夜中に送るメール、飲み会での会話などでしょっちゅうだけど

書いてる、話してるそのときはそれでいい!!っておもってるんで

今の充実感を得るために、明日後悔をするんでいいです(意味不
















たぶん明日消します
0

2010/3/10

動物園  写真館

クリックすると元のサイズで表示します
「こっち見んなw」

クリックすると元のサイズで表示します
「こっち見んなww」

クリックすると元のサイズで表示します
「職人」

クリックすると元のサイズで表示します
「井戸端会議」

クリックすると元のサイズで表示します
「鬱だ 死のう」

クリックすると元のサイズで表示します
「賢者タイム」

クリックすると元のサイズで表示します
「引きこもり」
0

2010/2/2

がらくた山盛りでb  写真館

クリックすると元のサイズで表示します

「がらくた山盛りでb」
0

2010/1/28

トリミングと明るさコントラスト修正  写真館

今回、初めて画像のトリミングと明るさ、コントラスト修正をやってみました。

この画像

クリックすると元のサイズで表示します

空港の近くから撮影したこの写真

あの時は飛び立つ音とか大きな機体が迫ってくる圧迫感と臨場感!!

それがあったんだけどな〜〜〜

これがこんな「・」みたいな写真

悔しいっす

おれ悔しっす!


っと、いうことでダメもとでトリミングと画像調整を試みてみました

写真の大部分を取っていた背景を大幅に削り

飛行機だけを残しそのまま拡大

そして、明るさとコントラストを調整し

飛行機がクッキリでるように。。。

で、こんな感じ


クリックすると元のサイズで表示します


おぉー微妙^^;

だけど、前の写真より飛行機っぽいでしょ?

まだまだ僕の腕がしょぼいってのはありますが

うまく使えばこれは使える技術なはずなんで

精進していきたいと思います^^
おまけ
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ