2012/10/16

統合失調症はどんな経過を辿るのか  

統合失調症は前兆期、急性期、休息期、回復期という経過を辿り、個々の疾患で各種の状態が引き起こされます。
■前兆期
特筆するような状態が認められませんが、本人は異変を察知しています。
眠れない、集中力がわかない、イライラするなどの状態が起こりますが、前兆期に治療をスタートすると、なかなかの治療効果が得られるです。
■急性期
幻覚や妄想、混乱というように、本人は変だとおもいながらも疾患だという認識がないため、周りが理解しがたいような言動が認められるようになっていきます。
周囲で起こっている事に過敏になり、強い不安や緊張に襲われます。
急性期にはなるべく早い段階でしっかりとした治療をうける必要があるそうです。
■休息期
消耗期ともいうのですが、この病期は統合失調症の治療をうけた事で状態が軽くなってきた状態を意味しています。
幻覚や妄想をはじめとする状態は起こりにくくなっていきますが、意欲がわかない、自身の殻に閉じこもるなどの状態が起こり、長い時間眠るようになっていきます。
だらしないだけという印象をうけがちですが、治すためには大事な病期となっていきます。
身近にいる人は本人の状態に理解を示し、薬を適切に使用し、睡眠や休息をしっかりとる事が出来るようにする必要があると思われます。
■回復期
段々と心身共に安定してくる状態となっていきます。
統合失調症の患者自身も、活動の幅を広げようという気もちがわいてきます。
薬の使用は再発を防ぐために継続しなくてはいけません。
エリアの社会資源も有効使用しながら、身近な人が余裕を所有して関わる事が大事です。
0

2012/10/5

1人でストーカー対策をする事の危険性  

ストーカー被害に悩まされており、対策を自身1人の力だけで行おうとするのはすさまじく危険な事です。
たとえ、男の人が婦人ストーカーの被害に遭っていてその対策を取得しようとする場合でも、1人で行う事は避けたほうがよいです。
中には知人や、ネットでしり合った人と協力して嫌がらせ行為をしてくる人もいます。
そういった人に対して1人でたちむかうのはすさまじく危険だといえるでしょう。
実際に、自身1人でストーカー対策をしようとして失敗し、暴行されたり、さらわれてしまったという場合も少なくないので注意することが要求されます。
加害者が特定できていて、それほど攻撃的な人ではないという事を理解していたとしても、やはり1人で会う事は避けたほうがいいでしょう。
中には警察などをとおさず、自身で解決したいと思っている人もいるそうです。
例えば、元恋人や会社の人間が加害者であった場合、あまり警察沙汰にしたくないと思ってしまう人もいるのだと思っています。
直接話し合いの場を設ける事が出来るとしても、第3者にたち会って貰うようにしたほうが安心です。
また、相手がよく知っている人だったとしても、相手がストーカー行ために及んでいる以上、安全だとはいえないでしょう。
普段おとなしそうな人だから1人で呼び出して注意しようと思ってはいけません。
急に攻撃的になってしまう事も十分にかんがえられるので、知人などに協力をおねがいし、身の安全をかんがえた対策を取る事がすさまじく重要となってきます。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ