2009/6/11

吃音(どもり)はコミュニケーション障害である  吃音

お子様に吃音(どもり)の症状がある場合、家族が言語障害だと勝手に判断せずに医療機関の診察を、きちんと受けられる事をお勧め致します。
吃音(どもり)はコミュニケーション障害であるため、克服するためには、周りの人間のサポートが、大変必要となってきます。そして大事な事は、自分に自信を持つ事、それから、あせらず、ゆっくり吃音(どもり)と向きあっていくことだと思います。




>>吃音(どもり)についての詳しい情報はこちらです。

1

2009/6/11

吃音(どもり)と言語障害の違い?  吃音

吃音(どもり)は言語障害と思っていらっしゃる方が多いかと思いますが、吃音(どもり)と言語障害とは、違うと言われています。言語障害の場合も、吃音(どもり)の場合も、しゃべり方が一般的なしゃべり方と異なっていて、症状自体が大変よく似ているため、間違われやすいのです。
しかし吃音(どもり)はコミュニケーションの障害なのです。そのため、家族や社会とコミュニケーションをうまくとる事で、吃音(どもり)の症状が治まることがあるのです。
吃音(どもり)は言語障害の一つであるとして、脳卒中などからくる言語障害、構音障害を治療する、言語治法士の治療や言語リハビリを受けられる方もいらっしゃいます。
ですが、原因すらきちんと分かっていない吃音(どもり)の治療をする事はできないと思います。実際、吃音(どもり)は環境が変わったり、心理的なもの(考え方を変える)で克服した方がたくさんいらっしゃるのです。こういった事を考えても言語障害とは違うと言えます。
1

2009/6/11

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ