冬の寒さを乗り切るコツ

2013/12/3 

毎年やってくる寒い冬。寒さから身を守るためについつい厚着になってしまい、気がつけばもこもこのゆきだるま状態になっていた、なんてこともありますよね。今回は寒い冬でも、おしゃれに防寒できるコツを紹介したいと思います。


20131203183615 


1. マフラーは巻き方にもひと工夫


ニットマフラーを使うのは基本ですが、マフラーは巻き方でも温かさが違ってきます。あまりゆったり巻かず、きゅっとコンパクトに巻きます。昔からよくされるような、くるっとひと巻きして両端をたらしておく巻き方よりも、ぐるぐると巻いて結んでしまう方が何重にも巻ける分、より温かいです。


2. 手袋もシチュエーションで使い分け


指抜きグローブ レディース手袋 指なし 防寒手袋 ファッション 可愛い 手袋 便利 


手袋も素材によって特徴がありますから、シチュエーションに合ったものを選ぶとより快適です。ちょっとしたおでかけなら、はめてすぐに温かさを感じられる毛糸やフリース、自転車やバイクに乗るなど、風を強く感じるおでかけの際には、風を通さない本革手袋、指をよく使う際には指抜きの防寒手袋など使い分けます。


3. ブーツかレッグウォーマー


足元が冷えるととても寒く感じます。ブーツやレッグウォーマーで足元に風が当たらないようになるべく覆います。極寒の日に一日じゅう戸外で過ごすなど、特に寒さを感じるおでかけにはブーツの方が無難です。最近はスポーティーなタイプも出ていますので、軽い運動なら運動をする日にもブーツを履けますね。


4. 耳あてか耳まで覆うニット帽


ロングマフラー付き耳あてニット帽子 毛糸 帽子 ハット 4色選べる 


耳あても重要です。自分の耳は冷えると痛くなってくるので、耳を覆うことは重要で、もこもこふわふわの耳あてニット帽子を使っています。


5. 熱い飲み物を持ち歩く


自分が欠かせないと思うもののひとつがこれです。上記のすべてを身に着けていても寒くなってきたら、熱い飲み物で体を中から温めます。保温できる水筒に熱々の飲み物を入れて持ち歩きます。筆者は冬に出かける時には、出先が屋外であっても屋内でも、常に持ち歩く必需品です。


ひとつひとつ好きな寒さ対策グッズを使うと、寒さ対策も楽しくなります。みなさんもしっかり防寒対策をして、冬のおでかけ楽しんでくださいね。


0

iPad Air専用折りたたみBluetoothキーボード

2013/11/29 

ipad air専用レザーケース 革 カバー 人気 Bluetooth ワイヤレスキーボード 折りたたみ式


特許出願中の360度回転構造とキーボード・スライド・レール構造を採用した、Bluetoothキーボード付きiPad Air専用ケース。回転構造によりiPad Airを縦置き・横置きのどちらでも使用でき、キーボードがスライドすることで35〜85度という業界最高レベルの調整範囲で閲覧角度を設定可能だ。iPad AirのカバーケースにもなるBluetooth 3.0対応のワイヤレスキーボード。簡易スタンド機能も備えており、展開することでiPadをノートPC風のスタイルで利用できる。


 内蔵バッテリーの連続駆動時間は最大約60時間。本体サイズは24.3×18×0.5ミリ、重量は438グラム。カラーバリエーションはブラック/ホワイトの2タイプを用意している。


●繰り返し充電可能なリチウムイオン電池を搭載しており、付属の充電用ケーブルで充電可能です。

●一つひとつのキーが独立し、爪が長くても引っかかりにくいアイソレーション設計を採用しています。

●キーとキーボード本体のあいだにすき間が少なく、ゴミやホコリがたまりにくい構造です。

●キーパッドには手触りの良いシリコン素材を採用しています。


●日本語入力と英語入力をワンボタンで切替可能な文字入力切替キーを搭載しています。

●キートップにはスタイリッシュで見やすいオリジナルフォントを採用しています。

0



AutoPage最新お知らせ