2009/9/21

カナザワ映画祭2009  映画・DVD

Twitterやりはじめたら、ブログの更新をしなくなってしまった・・・。

おそらく私のブログ自体が呟きみたいなものだったんだろうな。

デジカメで撮影していた写真を眺めつつ、ちょっとした記録として残しておかないとと思い、久々に更新です。

9/21−9/23まで、「カナザワ映画祭」という映画イベントに参加したく、金沢市まで出向きました。
カナザワ映画祭
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
映画のラインナップの濃さ、そして爆音上映。さらにはライムスター宇多丸×高橋ヨシキのトークショウという、気合の入れ具合。衝動的に参加したくなった。
私は5本鑑賞しました。「FRAG」、「恐怖女子高校 女暴力教室」、「日本暗殺秘録」、「AKIRA」、「人間革命」です。もちろんトークショウも。

映画館での上映ではなく美術館での上映であったので、座席の座り心地は、正直つらかった。。。でも、休憩時間中、館内のオブジェを見て回ったり、夜は美術館周辺がライトアップされたりと、退屈はしなかったですね。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

ストリートライブを思わず撮影。地元のアカペラ・グループの演奏。
ガンズ・アンド・ローゼス「WELCOME TO THE JUNGLE」のカヴァー(間奏でビル・ウィザース「USE ME」!)には驚きました!なんてグループだろう?


映画一人旅だったので、思い出すと感慨深く・・・。来年もトライしたいと思います。
0

2009/9/13

iPod nanoに投入中の音源  音楽

第5世代iPod nanoを購入した。
Apple iPod nano 第5世代 8GB 最新モデル
クリックすると元のサイズで表示します
シリコンケースも同時購入。ビデオカメラ、意外と使い勝手が良さそうでは?
ま、とにかく機能アップは好し。でもって、これまで第1世代だったので、気分転換にもなり嬉しい。

なんだかんだで、好きな音を詰め込むしかないでしょ。フェイバリット!!
ジョアン・ジルベルトの伝説
Johnny Zamot Introduces the Boogaloo Frog
マイルス・デイヴィス/ネフェルティティ
マイルス・デイヴィス/マイルス・アヘッド(紙ジャケット仕様)
Quinteto Real
Specials
ザ・ローリング・ストーンズ/ラヴ・ユー・ライヴ
ザ・スリッツ/カット+2
サミーラ・サイード/我が人生の日々
Pentangle/Basket of Light
モーズ・アリソン/Mose in Your Ear
ジェイムス・テイラー/One Man Dog
Paul Butterfield Blues Band/An Anthology: The Elektra Years
JB’s/ドゥーイング・イット・トゥ・デス
加藤和彦/あの頃,マリーローランサン
Bootsy Collins/Bootsy? Player of the Year
ザ・ブルー・ナイル/Hats
佐野元春/Someday Collector’s Edition
ビリー・ジョエル/ニューヨーク52番街
チャプター8/ディス・ラヴズ・フォー・リアル
Ashford & Simpson/So So Satisfied
サ・タヴァレス/ラブライン
ランキン・タクシー/火事だぁ
ババドゥ/ババドゥ!
桜井順CM WORKS(1957-2007)
レス・バクスター/Que Mango!
パーシー・フェイス /My Love
カーティス・メイフィールド/There's No Place Like America Today
タンバ4/サンバ・ブリン
フランコ&TPOKジャズ/フランコフォニック 第2集
ユニコーン/ケダモノの嵐
A.I./DON'T STOP A.I.
安室奈美恵/PLAY(DVD付)
BENNIE K/THE WORLD
ドナルド・フェイゲン/ナイトフライ
B’z/IN THE LIFE
プリファブ・スプラウト/スティーヴ・マックイーン(紙ジャケット仕様)
CRAZY KEN BAND/ZERO
ルネース・マトゥーブ/ラスト・コンサート・ライヴ
ホイットニー・ヒューストン/アイ・ルック・トゥ・ユー
さかいゆう/ストーリー

こんな感じで、新旧のフェイバリットを、今100枚程度入れてます。
マーシャル・マクルーハン広告代理店。ディスクガイド200枚。小西康陽。に感謝です!
0
タグ: iPod

2009/9/10

マイケル・ジャクソン教科書  本・メディア

発売を心待ちにしていた一冊。
新しい「マイケル・ジャクソン」の教科書
クリックすると元のサイズで表示します
さすが西寺郷太氏、マイケルの特異性(いい意味で)が伝わってきた。少年時代からスターであったマイケルの成長物語が丁寧に書かれている。まぁ、「ほうほう」と頷くことの連続で、あっという間に読めます。次はマイケル音楽論が読みたい!
0

2009/9/6

大岩オスカール展覧会  

「やはり、観たい!」と、最終日の大岩オスカール展へ出向く。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
美術家の方の、想像力をカタチにするチカラは凄い!大岩オスカールさんの作品を鑑賞していて、ひとしきりそう思った。
美術は、その作品を通じて、自分の価値観と向き合っているような気がする。そして、鮮烈な色の刺激がある。もっと鑑賞していこう。
0

2009/9/4

グッド・バッド・ウィアード  映画・DVD

私「何、パンフレットの今野雄二先生の解説、大絶賛とな。」
友人「おう、パンフの解説、筆が走ってる。劇中音楽はタランティーノを超えたらしい。」
と、友人から聞いて居てもたってもいられず。

最寄のワーナーマイカルでは無かったため、e席リザーブでチケット購入して、
出向いた。
グッド・バッド・ウィアード
クリックすると元のサイズで表示します
ソン・ガンホが出演してる作品にハズレ無しと、つくづく思っていたのだが。そう、今回もハズレ無し。これほどまでにアクションに次ぐアクション、発砲に次ぐ発砲とは!後半のシークエンスは「駅馬車」を思わせずにはいられないほどの迫力!館内のお客さんで、カラダが前後左右に揺れて、めちゃくちゃ興奮してる人がいた。話の骨格がシンプルなだけに、アクションをたっぷり堪能できる作品でした。
0

2009/9/3

久々に名盤を  音楽

・有休取得して4連休。5日にNHK-FMで東京JAZZの生中継放送があるのが楽しみでもある。

・連休前の夜は、名盤を聞いて夜更かしである。
ゴールドフィッシュ・ボウル
クリックすると元のサイズで表示します
クレイジーケンバンドのアルバム2作目。今から10年前だからか、若干サウンドが古く感じられた(キーボードの音色とか)。が、「ウォーカーヒルズ・ブーガルー」と「ベレット1600GT-CKB仕様」といった名曲と名演が収められているし、CKBは音楽ジャンルのエッセンスの抽出が上手いことが分かるアルバムである。
ダウン・トゥー・ゼン・レフト(紙ジャケット仕様)
クリックすると元のサイズで表示します
シルク・ディグリーズ(エクスパンディッド・エディション)」の陰に隠れがちだが。ソウルフルなAORに浸れるのは、むしろこの盤だと思う。TOTOメンバーのバックアップが光る。なんといっても、時折かまされるボズのハイトーンは色気がある。意外と真似し難い節回しも特徴的。
Satori
クリックすると元のサイズで表示します
ザ・ジャパニーズ・ロックって感じで。和をサイケデリック表現できたロックとして、今もってして完成度が高く、世界に通用する音と演奏。凄すぎる。
Jump!
クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/9/2

コカコーラTVCF集  映画・DVD

第2弾もチェック。
COCA-COLA TVCF CHRONICLES 2,THE [DVD]
クリックすると元のサイズで表示します
ライムスター宇多丸師匠をして、「TVCMの最高傑作」といわしめた、「I FEEL COKE」シリーズがDVDで甦る。美男美女が織り成すコークの世界、そして松本孝美さんの笑顔は普遍。最高。森繁御大の昭和風味も面白い。AVEXのサイトで代表的なものは見れるので、ぜひ見てほしい。
2

2009/9/1

行動力力  本・メディア

書店でざっとビジネス書のコーナーを眺めていたら、大橋禅太郎氏の新刊が目にとまり購入。
行動力・力
クリックすると元のサイズで表示します
旧作の「すごいやり方」は、実は使える本であったと思う(今もカバンにしのばせて、出勤していることもある)。この書も、氏の日ごろの経験・実践から導き出された、行動するためのノウハウや考え方が紹介されている。読み手に対して、逃げ道も用意してくれているというか、「気軽にやっていこう」的に記述されていて、そこが優しい。この上なく短いセンテンスであるがゆえに、読者が実践する段になっても紛れがない、ブレない。マイ・クレドは有益であると思う。
0

2009/8/26

村井邦彦、クレージーケンバンド  音楽

twitterは、今のところ雑記帳的に使用してます。

・お盆休みによく聴いたCD。
The Melody Maker -村井邦彦の世界-
クリックすると元のサイズで表示します
今なぜか村井邦彦がマイブームです。作家としての活動期間は決して長くはないけれど、氏の洋楽的なメロディに惹かれています。ジャズやボッサの趣を歌謡曲に還元することにかけては随一だったんではないかと思えます。
ガール!ガール!ガール!(初回限定盤)(DVD付)
クリックすると元のサイズで表示します
「GT」以降、発売日に必ず買っているCKB。オール・ジャンルに取り組む多彩さとグルーヴィーな演奏は今までと変わらず。曲はいつもよりもポップ度、高いかな。
0

2009/8/23

twitter  

遅ればせながら、twitter、やってみます。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ