teacup.ブログ START!

2013/2/27 
ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0

ノロウイルス感染予防にヤクルトが有効

2013/2/27 
日本全国で猛威を振るっていますノロウイルス。猛烈な吐き気と下痢、発熱が特徴的な症状で、特効薬はないです。。その感染力はインフルエンザのおよそ100倍とも言われ、飛沫(ひまつ)感染しているともなったら、この年末年始でお出かけの多くなりますタイミング、気がかりは増すばかりだった。



厚生労働省によるとすでに海外でも感染が報告されており、お正月を海外で過ごそうとしている人たちも油断が出来ない。



その予防法としては、うがい、手洗いなど本来の方法の徹底が大切にするだのだが、実は乳酸菌がノロウイルスの感染予防や発熱時の症状軽減に利き目があることが明らかになっています。



研究結末は順天堂大大学院医学研究科プロバイオティクス研究講座を中心としているグループにより昨年発表されたもの。介護老人保健施設の入所者を2グループに分け、一方がヤクルトで知られる乳酸菌「L.カゼイ・シロタ株」(LcS)入り飲料を10月から飲み、一方はこれを飲まずに過ごしてもらった。



施設内で12月にノロウイルスが発生したのだが、飲まなかったグループは発熱日数が2・9日あったのに比べ、乳酸菌飲料を飲んでいたグループは1・5日と約半分と言う結末が出たと言います。



研究グループ使命者の山城雄一郎特任教授は「人の腸には善玉菌と悪玉菌がおり、善玉菌を増やすことで免疫力が高まます。乳酸菌飲料を飲むことで、この善玉菌が増加、腸内環境が整い免疫力も高まったことで熱が出にくくなったと言える」と説明すます。



ノロウイルスで重症化しているたくさん要因は脱水症状。熱が出ればそういうのだけ水分が蒸発し、体力を奪われます。ご老人や乳幼児にとっては相当の負荷となりますだけに、熱が抑制しられえることは、そういうのだけたくさん意味があります。



今から飲んでも遅いのでは?と思っています人もいる可能性もあるのだが、「飲み続ければ2週間程度で利き目は現れます。一日でも早く飲み始め、また飲み続けてほしい」(山城特任教授)そうで、今からでも飲みスタートすることが自衛につながます。

料理人になるために!
0



AutoPage最新お知らせ