2017/3/21

主観と客観の狭間のブルックナー  指揮者


クリックすると元のサイズで表示します
Dutsche Grammophon LPM 18 854 LP 1964


ヴィルヘルム・フルトヴェングラーと言えば、真っ先に浮かぶのが、ベートーヴェンだが、その演奏様式から場合によっては古く感じるものがある。それはテンポの扱いやバランスと言う事になろうが、以来と違い、極端に神格化をされないので、改めて聴き直すと、また別の発見もあろうと思う。それが巨匠のブルックナーの交響曲だが、既に他界された音楽評論家である宇野功芳氏の評論に影響をされた世代の音楽ファンには、「フルトヴェングラーとブルックナーは水と油」なんて認識の人も結構居るだろう。その論評は、モーツァルトとて同様だったが、何の先入観もなく聴くと現在の整理整頓された演奏と比べて、とても自由奔放なので、逆に面白いなんて楽曲も割とあるものだ。小生の場合は「魔笛」だった。「ドン・ジョヴァンニ」は鈍重だが、そんな彫りの深い演奏は、この時世にはないので、その意味では説得力もある。所謂”大時代”の音楽ではあるが、それは懐かしくもある。それと氏の録音データや、それらの情報については、朝日新聞等の左派系媒体のように捏造や偏向が多々あり、これは巨匠に結構詳しい音楽ファンでも混乱する程だ。それだけ変な情報が蔓延している。それは記事を書く批評家連中が、まるで「講釈師、見て来たように嘘を言い」を実践しているからで、とにかく想像だけで記事を書く。なので未だにその辺の整理が付かず、「これはどうなの?」なんてものがあり、全部解決したとは言い難い。然も「ないものがある」ような録音物の情報がまだ蔓延っている。酷いのになると関係者の証言(従軍慰安婦問題のようだ)なんてものがある。つまり証拠はないのだ。過去には、その手の捏造記事も多々あったのだから、古い音楽ファンには、まだ騙されている人も居るだろう。つまり日本のジャーナリズムの欠点は、そんな処にも影響をしているのだ。さて能書きは此処までとして、本題に触れよう。そのブルックナーの交響曲だが、巨匠の演奏として残っているものは、4、5、6(第1楽章欠落)、7、8、9番だが、これは当時では原典版と言われているバージョンで演奏をされている。面倒なのは、この作曲家は改正癖があり、多数の稿が現存しており、弟子たちの手が加わったものもある。その中ではレーヴェやシャルク版が知れているが、更に指揮者によっては更に改正をしているので、結局は、つい最近まで「何が何だか解らない」てな感じだった。だがレオポルド・ノヴァークが、ロベルト・ハースの後任として、オーストリア国立図書館の音楽関係資料の収集の責任者になってから引き継いだ、ブルックナーの研究により、客観的な各稿の整理がついたのは最大の功績としても良いだろう。ちなみにハース氏は、そのブルックナーの資料整理に関し、戦後は氏が戦前戦中とドイツ国家社会主義労働党の党員だった事から、その責任者の任を解かれた。そんな背景から、このレコードを聴くと「なるほど」と思ってしまう。そこでこのレコードだが、その楽曲は、ブルックナーの交響曲第9番ニ短調である。収録年は、1944年10月7日で、ベルリン・ベートーヴェンザールでの収録とある。原版は、ドイツAGE開発のマグネトフォンである。状態は当時のものとしては最上だが、性能の限界もあり、トゥッティ(全奏)では音も濁るが仕方ない。それとこれは実況録音との記述も多々あるが、ラジオでの放送を目的としたもので聴衆はいない。そこは随分と誤解が多い。それをいい加減な批評家連中は、確かめもしないで実況と書いた。これでは物書きとしても語学力の点で失格だろう。批評は元来、客観的なものである。なので主観的な場合は敢えて「私見だが」と断り位は入れてほしい。


それでは第1楽章だが、Feierlich, misterioso(荘重に、神秘的に)とある。その冒頭の空虚5度の開始は如何にも深刻で、当時のドイツの空気と言おうか緊張感が伝わる。それで”これこそが時代の証言なのかな?”なんて思うが、その雰囲気に引き込まれてしまう。とても暗く重苦しいが、第1主題は瞑想的で8つの動機によって形成されている。それで、第63小節からの第7動機で圧倒的な頂点を作るのだが解放された音楽にはならない。然も物凄く乱暴なアッチェレランドが掛かる。それから引き延ばすようなリタルダンドが入るので、歌舞伎の見栄のようだ。巨匠は戦前、(野村胡堂等に)吉右衛門に例えられたが、計算づくでしているので、正に播磨屋のそれを感じる。(良い例えだ。)まるで音符の裏にあるものでも探るような趣もある演奏だが、巨匠のブルックナーの演奏には、後年もそんな処がある。そこに好き嫌いが出るのだろう。小生もこの作曲家は、そんな深刻なものではないと思っている。第2主題の人間的で慈愛に満ちた響きは巨匠に向いているのか暖かく分厚い響きは、そこに平和を感じるが、浪漫的でもあり、無味乾燥な演奏よりは遥かに良い。何よりも旋律が歌っている。聴いていると曲想の感情に沿ったテンポの動きがあるが、自然なので気が付かない程だ。ホルンも効いており、なんとなく牧歌的な響きがする。弦楽器のセクションも繊細で、この頃のベルリンフィルの特色が現れている。第3主題に入った後の頂点は熱い感情が交差するが、人間の感情に即した表情的な演奏も悪くはないと思わせるものがあり、これはこれで良いのではないか?それにしてもこの頃のベルリンフィルの低弦の魅力は素晴らしい。行進曲風の主題もポリフォニックであり、管楽器のセクションも充実している。これがブルックナーか?と思う人も居るかも知れないが、聴いているうちに疑問も解けた。終始部は、この演奏スタイルでは壮大な印象がある。そんな第1楽章だった。繰り返し迫る主題がなんと雄弁な事か?続く第2楽章だが、Scherzo. Bewegt, lebhaft - Trio. Schnell(スケルツォ。軽く、快活に - トリオ、急速に)とされている。それに対し、巨匠は、どう挑むのかが最初に聴いた時は興味深かったが、この楽章は流石に賛否両論だろう。巨匠は最初から乗った演奏だが、戦闘行為そのものの荒れ方だ。それでなんか聴いたような旋律が聴こえると思ったら、スケルツォの開始和音はトリスタン和音を移調したものだった。絶えず何かに焦ったような演奏だが、トリオの部分には哀愁を感じる。だが暴力的な主題は、その通りに演奏で答えているので、些かやり過ぎだと拒絶反応を示す人も居るだろう。この辺が、「フルトヴェングラーとブルックナーは合わない」とされる由縁だろうか?第3楽章は、Adagio. Langsam, feierlich(アダージョ。遅く、荘重に)である。冒頭から厚いハーモニーだが、この楽章がとても深く、第9小節から第16小節に掛けての高揚は、ダイレクトに聴き手に迫るものがある。此処でもホルンが効いていて、その楽器が好きな人には最高だろう。(私見で申し訳ないが)ブルックナー自身、「生との訣別」と明言しただけの事はある。センチメンタルな弦の調べも素晴らしいが、展開部での解放感は爽快だ。渾然一体と言う言葉は、この演奏にこそ相応しい。久々に聴いたら、すっかりと感動してしまった。



人気ブログランキングへ 

0

2016/4/12

チェリビダッケのブルックナー  指揮者


クリックすると元のサイズで表示します
a Universal Music UCCG-1033 CD 2001


欧州楽壇では所謂、頑固爺さんみたいな人が現在は居ないせいか、この世界に有り勝ちな厳格さや荘厳な感じが薄れてきたように感じる。そんな思いからか、巨匠逝去後にヴァントが注目を浴びたのも理解出来るが、経験がものを言うような職人タイプの指揮者も居なくなった。更に残念なのは存在で圧倒するような人物も居ない事だ。正に「巨匠の時代」の終焉だが、日本でも朝比奈隆のような人も居ない。それにこの手の音楽家は作る音楽も大きかったと思う。だからそれらの巨匠達が存命だった時代は可也夢中になってクラシック音楽を聴いていた人も現在では「なんか寂しい」と思ってる事だろう。現にレコード業界も振るわない。小生もそうだが結局、音楽鑑賞で利用する媒体は未だにアナログが中心なのだ。だからこのblogとてレコードの視聴記ばかりである。なんだか愚痴みたいな前振りだが、本当にそう思う。カラヤン、ベームの時代が懐かしい。此処ではチェリビダッケのブルックナーを取り上げるが、真のブルックナー・ファンとされる人からは意外と敬遠されている。それは聴けば一目瞭然だが、オーストリアの田舎者で素朴な作曲家の作品を「あまりにも磨きすぎないか?」と。そのチェリビダッケと言えば、生前は随分とカラヤンに対し、何処のドイツの新聞社の記事かは忘れたが、「彼が大衆を興奮させることは知っている。コカ・コーラのように」と評したのは有名だ。確かにあれ程にオーケストラの威力を示した指揮者は居ない。これは私見だが、カラヤンの音楽性は演奏効果に対して敏感な音楽家だったと思う。極度に磨かれた音楽が何よりもそれを証明しているではないか。カラヤンと言えばレガートレガートの連発で分厚い音の層で音楽を作った達人だ。それと似た指揮者にはカルロ・マリア・ジュリーニが居るが、この人のレガートは気持ちが悪かった。それこそカラヤンの二番煎じだが、名盤との評価の高い、シューベルトのグレイト交響曲なんぞは楽曲の美しさが過度なレガートで台無しになっている。だが名盤だ。そこに疑問がある。「作曲家はそこまで求めたか?」と。しかしながら此処まで話を伸ばして何だが、チェリビダッケのレガートもその対極にある。それこそ「西の横綱がカラヤンならば、南に居るチェリビダッケは大関か?」と言う事になる。なのでこの二人の巨匠の共通点は凝り性なのかなとも思う程だ。そこでチェリビダッケだが、レガートのデリカシーと言う点では恐らくカラヤンに勝ると小生は思っている。神経が透けて見える程のレガートはチェリビダッケならではだ。だからこのシュトゥトガルトで行われた放送楽団の演奏とて変わりない。曲はブルックナーの交響曲第3番ニ短調である。この演奏は嘗てNHK−FMでも聴いた。然もエアーチェックもしている。それがCD化されたので懐かしい演奏だ。1980年11月24日にリーダハレで行われたものだ。これはラジオ放送が目的のものなので当然、元マスターからでは音響バランスも違う。つまりプリレファンスをされていないバランスだ。だがそこにとやかく文句をつける批評家も居る。さて演奏だが、透けるようなレガートは満開だ。そこに好き嫌いが出るのも当然だが、その放送当時に聴いていた小生は、連続するレガートに「此処まで」と感心をしたものだ。それはあまりにも理屈っぽい巨匠の音楽性に感心をしたからだが、そこから録音が極端に少ない事を残念に思った。話は戻るが、このブルックナーは最終稿とされるものだ。処々に巨匠の掛け声が入る。それが巨匠のファンには堪らないと思う。だからスケルツォはそれで気合を入れている。その上、巨大な造型で質実剛健なのだ。結構肌合いの変わったブルックナーだが、嫌いではない。こんな文章でCDの紹介になっただろうか?

人気ブログランキングへ 

0

2016/3/14

バックハウスのベートーヴェン Part.3  器楽曲


クリックすると元のサイズで表示します
King-Londn(Decca) MZ 5003 LP 1969



鍵盤の獅子王ことウィルヘルム・バックハウスが弾いたベートーヴェンのピアノ・ソナタである。尚、巨匠のレコードを御持ちの方は、御存知かも知れないが、英.Deccaには、ベートーヴェンのピアノ・ソナタの全集が、モノーラルとステレオ録音双方に在る。此処では、旧全集であるモノーラル盤を紹介する。どちらが良いかは、個人の好みかも知れないが、私は、旧全集の方を好む。何故かと言えば、後年のものと比べて巨匠が嘗て技巧派として腕を鳴らした面影を知るには、とても最適なレコードだからだ。しかし巨匠はこの頃から上手いのに下手そうに弾く。なのでこれから紹介するものも、そんな傾向の演奏だ。さて最初は第7番だ。第1楽章は、Prestoでソナタ形式だが、とても快適だ。それで此処で聴けるバックハウスは、嘗ては技巧派で評価があったピアニストだったのを彷彿とさせる演奏をしている。然も堂々としており、骨格が骨太なので、これこそベートーヴェンだと感心する。そして自由自在だ。それに駆け抜ける推進力さえ感じる。第2楽章、即ち Largo e mestoで三部形式だが、ベートーヴェン自身が「心の憂鬱を表し、そのあらゆる陰影や相を描く」と言ったとされる主題は悲しいが、巨匠は必要以上の悲劇性は表現せずに淡々と弾いている。ゆっくりと内面を見つめる表情が印象的だ。第3楽章は、Menuetto,Allegroだが、その主部は四声体的に書かれている。そんな構成の楽章なので、とても立体感がある。その主題の描き方だが、聴けばその通りみたいな演奏をしており、余計な解説をせずとも音楽の方から語り掛けてくる。終楽章はRondo,Allegroである。此処でも淡々と弾き込んでいるのは変わりない。だが主題の描き分けも適切なので、聴いているだけでも楽曲が理解出来る。此処でも作品そのものの姿を素直に表している。そして淡々と曲は閉められる。次は第9番である。第1楽章は、Allegroである。演奏はとても明確で、あるがままなのが良い。途中鮮やかで目が覚める。そしてテンポの速い個所は結構早い。そんな処に良い意味で巨匠の若い気持ちが出ている。第2楽章は、Allegrettoである。これも巨匠ならではの作為のない演奏だが、何もやっていないような演奏にも関わらず説得力がある。そこが巨匠の音楽性なのかと改めて思う。第3楽章は、Rondo, Allegro comodoである。目まぐるしく交差する主題が面白く表現されている。音色は地味だが聴くべき点は多い。コーダのトッカータ部分も見事だ。そして次は「悲愴」で知られる8番だ。この表題は珍しく作曲家自身が付けている。第1楽章は、Grave - Allegro di molto e con brioで、ソナタ形式だが「悲愴」と言う表題に捉われない演奏は寧ろ評価すべきだろう。だから深鬱な序奏部分も殊更強調をする事なく進む。それから駆け上がるのだが、その辺の鮮やかさに巨匠のヴィルトゥオーゾ的な一面を聴く事が出来る。それが聴けるのは、このモノラル盤の全集だけなのだ。後年のステレオ録音による再録には、それが消えている。しかしながらそれは奏者には仕方がない事だろう。ゼルキンやホロヴィッツの晩年もそうだった。ルーヴィンシュタインもそうだ。此処で変に細工をしない巨匠の音楽性が遺憾なく発揮されているのは第2楽章だろう。これは、Adagio cantabileで小ロンド形式だが、楽曲の味わいが滲み出ている。深さに於いてはこの楽章は再録の方が勝るとは言え、この演奏も捨てがたい。第3楽章は、Rondo; Allegroである。この演奏も何の作為もないので素直に耳に届く。小生はこれでも充分だ。最後は10番である。第1楽章は、Allegroでソナタ形式、対話をするような第1主題に特色があるがほのぼのとする。此処に温かみを感じるのだが、巨匠の演奏は、数々の艱難辛苦を共にした夫婦が昔話をする趣がある。そんな演奏である。第2楽章は、Andante主題と3つの変奏を伴うが、とても素朴な表現ながら聴き手に語り掛ける。そこが良い。第3楽章は、Scherzo,Allegro assaiでロンド形式なのだが、地味な鮮やかさが素敵だ。表現は変だが本当にそうなのだからどうしようもない。聴き終わった後からじわじわと感動した演奏だった。

人気ブログランキングへ 

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ