船形・蛇ガ岳  
平成21年2月15日(日)晴れ後曇り SF TS
   多賀城6:00〜内水面試験場7:40〜旗坂平8:20〜一群平8:35〜鳴清水9:10〜
三光の宮9:55〜1300m10:35-50〜三光の宮11:10-30〜内水面試験場12:15
TSさんと富谷町体育館で落ち合って船形連峰蛇ケ岳へ。国道からは連峰の全容が見えた。綺麗だが儚げで、一日は持たない雰囲気だ。
 内水面水産試験場前に車を停めて歩き出すが、至る所に地肌が見える。旗坂平の標柱はすっかり現われている。やはり、今年の雪は少ないのだ。シーズン終わりの雰囲気が漂う。
        クリックすると元のサイズで表示します
 鳴清水へのトラバースルート付近はほんとに雪が着いていない。例年はトラバースルートを使わなくてもいいくらいなのだが。三光の宮の下はいつでも雪質が良かったものだが、今日はカリカリで雪面がうねっていて、快適な滑りは期待できないようだ。
 三光の宮付近からは前船形山、船形本山、本山小屋、蛇ケ岳、三峰、北泉が一望できる。
こここからは、夏道を離れ西南方向に向かう尾根を進む。素直に辿れば蛇ケ岳だ。風が強く冷たくなってくる。いつの間にか本山方面はガスの中に。TSさんが弱気になってくる。下りの体力を温存したいとのこと。このガスでは蛇ケ岳山頂に立っても山形方面は何も見えないだろう。そんなわけで本日の最高到達点は1300m地点に。
        クリックすると元のサイズで表示します 
 瓶石から蛇ケ岳に至る夏道があるはずの谷筋を見おろしながらシールを外して滑降開始。
        クリックすると元のサイズで表示します 
 固い凸凹の斜面を、三光の宮までハラハラしながら滑り降り、昼食タイム。
        クリックすると元のサイズで表示します
 三光の宮からの下りは、雪がかなり柔らかくなり滑りやすかった。しかし、鳴清水から下は、どんどん腐れ雪になり、2月の半ばで何でこんなに不快な滑りをしなくちゃないのだと
腹をたてながらの滑降だった。
 どこに行けば、いい雪にめぐり会えるのやら。
2

 

安達太良山U  
平成21年2月8日(日)地吹雪 多賀城山岳会会員20名(山スキー9 ワカン11)
  多賀城6:00〜あだたらスキー場P8:50-9:20〜勢至平コース分岐11:00〜
くろがね小屋11:50-13:00〜勢至平コース分岐13:40〜スキー場P15:00
 あだたら高原スキー場に着いてみるとゴンドラが動いていない。冬型も緩み、曇りベースの穏やかな中を、ゴンドラ頂上駅から楽々山頂往復、昼過ぎには温泉に、などと考えていたがとてもそんな状況ではない。強風が吹き荒れ、山頂など望むべくもない。直ちにくろがね小屋行きに計画変更。小屋まで行き、状況が良くなったら希望者だけで上に行くということにして出発。
 馬車道の終点あたりに、寄せ鍋づくり中だというグループがいた。勢至平の辺りは大荒れだから行かない方がいいと言う。昨日は晴天で頂上まで行ったので、今日はもうどうでもいいという感じだ。我々はこれからなのだ。忠告を無視して次第に好転するという天気予報を信じて、樹林帯を抜けて勢至平へ突っ込んで行く。強風が吹きすさび、顔が痛い。時々風に背を向けて頬を暖める。くろがね小屋に泊まったと思われる人たちが、どんどん下山して行く。今日の行動は諦めたのだろう。
勢至平を過ぎて潅木帯のコースに入ると少し風が弱くなりホッとしたところで小休止。
        クリックすると元のサイズで表示します
やがて、くろがね小屋が谷間にうっすらと見えてきた。なんとも優しく、頼もしく見えたことか。中高年登山隊のお助け小屋だ。ダルマストーブに暖めてもらい、ビールや酒を酌み交わし、1時間以上の休憩。あとは帰るだけだ。さすがに温泉に入る人はいない。
 しばらく休んでいれば、少しは穏やかになるだろうと期待していたが、それは完璧に裏切られた。風は益々強まり、我々の老体を痛めつけようとしている。小屋を出たくないが、泊まるわけにもいかないので出発。勢至平では猛烈な地吹雪が待っていた。時折、全く視界が
きかなくなり歩みを止められる。シールを外したいところだが、変な方向に滑られたら、それっきりお別れになりそうだ。ワカン隊とも絶対離れたくないのでシールのまま進む。           クリックすると元のサイズで表示します
 後の方が視認できないので、最後尾とトランシーバ交信をしながら慎重に進む。それでも少し離れることがあり、その時に前の人の姿や方向が分からなくなったと、後で聞いた時はぞっとした。
 なんとか馬車道の入り口に着くと林のおかげで風は弱まった。踏み跡もしっかりしているのでここからワカン隊は登りのコースを下ることに、スキー隊は馬車道と林間ミックスで滑り降りることとして別れた。スキー場までの半分程を滑り降りた頃、ワカン隊から駐車場に無事に着いたとの連絡がトランシーバに入った。(帰りのバスの中で馬鹿にされるだろう)
 スキー場に着くと、朝はかろうじて動いていたリフトも止まっており、人もまばらに。
        クリックすると元のサイズで表示します
 凍りついたゲレンデや駐車場では人が吹き飛ばされたり、滑り転げたり狂乱事態。道路では雪の壁に突っ込んでいる車も。とんでもない一日だ。我らのバスの運転手さんは超慎重運転で無事に多賀城に送り届けてくれた。(命あっての物種だ。無事でなにより、ふーっ)
3

2009/1/31

安達太良山  
平成21年1月29日(木)晴れ SF YF
   多賀城7:30〜あだたらスキー場P10:15〜スキー場トップ10:45〜仙女平分岐11:15
〜安達太良山11:55-12:15〜(牛の背)〜矢筈森12:40〜峰の辻12:55〜
くろがね小屋13:05-15〜スキー場P14:15-30〜多賀城17:20
週末は悪天の予報なので、急遽休暇を取って、妻と二人で安達太良山へ。
 ゴンドラ終点でシールを着けて歩き出すが、しばらく新雪が降ってないようで雪面は固く、
踏み跡もしっかりとあるので、ツボ足でも頂上まで行けそうな感じだ。快晴無風。温度計はプ
ラス10度。少し登ると弱い風が出てくるが、柔らかく心地良い。和尚山、安達太良山、鉄山
は日向ぼっこをしている。北の方には、眠っているような蔵王がふんわりと浮かんでいる。
 平日なのにけっこう人が入っている。みんなリタイアしたような人達ばかりだ。余りの天気
の良さに、つい誘い出されたのだろう。もう、啓蟄の頃だったかな?
 とろとろと歩いていると、いつの間にか頂上下部に。スキーを外してキックステップで頂上
に登る。
        クリックすると元のサイズで表示します
 頂上はさすがに風が強く寒い。ちょっと下り、岩陰で昼食。くろがね小屋の方へはどこを滑
って行こうかなと眺めていると、矢筈森の南東斜面がいかにも最良のバーンですよと言ってい
るように輝いている。安達太良山直下のバーンは岩のボコボコが気持ち悪い。
 朝日連峰や沼の平を眺めながら牛の背を歩き、矢筈森の上に。岩場と岩場の間から滑降開始。
        クリックすると元のサイズで表示します
 綺麗な一枚バーンで雪質もなかなかいい。峰の辻へのトラバースはやめて、最下部まで滑る。
        クリックすると元のサイズで表示します
 ちょっとの階段歩行で峰の辻へ登り、くろがね小屋の前に至る沢に突っ込んで行くが雪質が
悪く苦労する。尾根に上がるとくろがね小屋が下に見えたので滑り込む。
 暖かいので中には入らず、入り口のベンチで休ませてもらい、再びシールを着けて奥岳方面
に向かう。勢至平入口でシールを外して再び滑降。ここの緩斜面は雪質が良かった。しかし、
樹林帯の馬車道に入ると、腐れ雪、モナカ、アイスバーン等の悪雪の百貨店。後から下りてき
たツボ足の方が我々を軽やかに追い抜いて行った。
 智恵子のほんとの空は美しかったが、安達太良山の雪は我々のほんとの雪ではなかった。

 船形山のブナ林の雪がほんとの雪だな。       

        
4

2009/1/25

南蔵王・不忘山  
平成21年1月25日(日)晴れ・強風 SF KI SY NY IA TS KS
   多賀城7:00〜白石スキー場P9:00〜スキー場トップ9:35〜不忘山12:15-45〜
スキー場トップ14:15〜スキー場P14:30-45〜多賀城16:20
朝、家を出ると無風快晴。蔵王が久し振りに綺麗に見える。心はせくが、県内スキー場の
リフトの運転開始はどうせ遅い。山屋泣かせだ。
 白石スキー場のトップでシールを着けて歩きだす。新雪のラッセルと思いきや、雪面は固
い。尾根筋を登ろうと思ったが、前に後にガイドツァーの一団やボードを担いだ若者達が見
えるので、より静かな、マイペースで登れる正面の大斜面コースに途中から変更。
 大斜面上部の藪帯も、例年になく薄く感じられたが、雪面がどんどん固くなり、急斜面で
もあるのでズルズル滑り、バランスを崩したり、転げてしまったりで苦労する。風も強く鬱
陶しいが何とか1600mの頂上稜線に乗り上げる。ここからは痩せた所もあり、体を飛ばされ
そうな強風なのでスキーをデポ。右手の権現沢に吹き飛ばされないように慎重に、ゆっくり
と進む。  
      クリックすると元のサイズで表示します
 そして頂上。完登できるとは思っていなかったというNYさんは大感激。
屏風岳方面は雪煙で霞んでいる。朝日連峰方面は暗雲の中。安達太良方面はずっと綺麗に
見えている。東はと見れば、太平洋の船まで見える。ダイヤモンドダスト如きも。       
      クリックすると元のサイズで表示します
 この絶景の中にずっといたいが、寒さが骨身に沁みてくる。少し下がり、権現沢を見下ろ
す所で昼食。それも十分程。すぐ、スキーデポ地点に下り、シールをはずして、大滑降、と
行けないことは判っていた。
      クリックすると元のサイズで表示します
 新雪とアイスバーンの様々な取り合わせ。重心をどこに置けばいいのやら。皆、こけつま
ろびつ、不忘(わすれじ)の滑降を味わった。
1

2009/1/19

夏油・丸子峠  
平成21年1月18日(日)快晴 SF TM SY NY KI IA TS KN
  多賀城5:00〜夏油スキー場トップ9:00〜丸子峠10:30〜谷間10:40〜丸子峠〜スキー場
    トップ11:45-12:20〜瀬美温泉〜多賀城17:00
多賀城山岳会の月例山行で、夏油・鷲ケ森山へ。
 夏油スキー場トップから歩き始めた。ちょっと歩けば丸子峠目指して滑り降りられるだろうと
思っていたが、そうなるにはかなり距離があるようようなので、まもなくシールを着けた。予想
もしなかった好天。岩手山、早池峰、秋田駒、和賀山塊、勿論焼石連峰も、はっきりと見える。
360度のみちのくの大展望台だ。目標の鷲ケ森も正面にどーんと構えている。その隣には更に
重厚な牛形山。一番奥に見えるのは焼石岳頂上部か。
       クリックすると元のサイズで表示します
1099mピークの南面をトラバースし、丸子峠への稜線の下降にかかるが、峠からの厳しそうな
登りを意識して、シールを着けたままジグザグに下って行く。転んだり、シールトラブルが起き
たりで、下りでも結構時間がかかる。スキーを諦めてワカンに履き替える人も。
 丸子峠らしき所に着くと、標識上部が微かに顔を出している。掘り出すと丸子峠と書いている。
もう、ここで終わりにしようかなという人達が例によっていつもの評定。もう少し行ってみよう
と登って行くと、突然、足下で異様な音がする。足裏をくすぐられるような変な感覚が。見ると
雪面が割れ始めている。サメの口が下から出てきたような恐怖感。あわてて、ひょいと右に飛ぶ。
雪庇の崩壊だ。見事な雪の巨大なブロックができた。       
       クリックすると元のサイズで表示します
 鷲ケ森山頂上までの尾根は、ずっと雪庇が張り出しており、上に行くほどに細くなっていって
いるので慎重に歩いていたつもりだったが・・・。より慎重に進んで行くと谷が出てきて行く手
を阻む。藪も濃い。峠を過ぎたら登りしかないと思っていたのに。地図を見てもそのとおりなの
に。ここが本当の峠なのか? メンバーの殆どの心がここで萎えてしまった。距離も短く、地図を
見ただけで雪山ハイクと決め込んでいた愚かさをたちまちに諭された。
 撤退を決めれば、みなの心と体はすぐに軽くなる。スキー場トップ近くに戻り、雪のテーブル
を作り昼の宴だ。これからは、林道研究だ、峠の研究だと話の花が咲く。
 こののち、ゲレンデ組と合流。チャーターバスに乗り、瀬美温泉にた立ち寄ってから多賀城に
帰った。       
       クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/1/13

北泉が岳(水神コース)  
平成21年1月12日(月)曇り時々雪 SF YF TA
   多賀城7:30〜泉スキー場トップ9:00〜お別れ峠9:20〜水神9:35-40〜三叉路11:05-15
  〜北泉が岳頂上11:55-12:15〜水神13:05〜(少年自然の家)〜駐車場13:30
泉が岳スキー場トップでシールを着けて、兎平を西北西に横断して行く。お別れ峠を経て水
神平着くと登山道は舗装道路のように踏み固められていた。スキーを履いたまま水神沢を向こ
う岸に渡れる所がなかなか見つからない。(以前来た時は簡単に渡れたのだが)危なっかしい雪
のブリッジを恐る恐る渡ると、そちらには期待したラッセル跡はなかった。兎ちゃんのかわい
いラッセルがあるのみ。けっこう雪は深い。水神沢沿いにしばらく進んだあとの尾根に上がる
急坂は最大の難所だった。雪が良すぎるのか積もり方が急過ぎてまだまだスカスカなのか、ス
トックが抵抗なく沈み、腕力を使えない。なかなか高度を稼げないジグザグ登りに耐えて、平
坦な尾根に出た時はさすがに嬉しかった。
 三叉路に着くと、スプリングバレーからの踏み跡があり、利用させてもらい、辿ってみると
西北に進んで行く。これでは下りは斜滑降になりつまらないので真北に進む。頂上に着くと先
行者2名が休んでいた。頂上の標識はすっかり埋もれていた。桑沼も近くの山も一切見えない。
風が冷たいのでそそくさとお昼を済ませ、滑降開始。
 期待通りのパウダー。新入会員の若者Aさんも快調に飛ばしている。
      クリックすると元のサイズで表示します
 さすが、秋田六郷・千畑スキー場の麓で育っただけある。素晴らしい足前だ。      
 我が妻は・・・、相変わらず「今日も今日とて 親方さんに芸がまずいと叱られて バチでぶ
たれ(美空ひばり)」る滑りだ。スキーは前に滑るものだと言っても・・、でも進歩したかな・? 
      クリックすると元のサイズで表示します
 圧巻は登りの時の難所、水神沢に向かって下る急斜面。なんと表現したらいいか解らない快
感、浮遊感覚。
      クリックすると元のサイズで表示します
 水神までは心地良く滑れた。水神沢の渡り返しは、スキーを外してワカンの跡を辿った。
 水神からは、まっすぐ登山道を下ったが、モナカ状の雪面にうっすら新雪が積もっている状
態で気持ちが悪かったが、それを差し引いても満足満足・至福の一日だった。
0

2009/1/10

船形連峰の不思議なミズナラ  
平成21年1月6日(火)曇時々雪 SF YF HF
   多賀城8:30〜内水面試験場10:00〜旗坂〜697m地点〜787m地点11:30-40
  〜内水面試験場12:40〜権現茶屋〜多賀城
 旗坂キャンプ場から南へ、大倉山へと伸びる尾根がある。そのちょうど中間地点に、二本の
枝が合体(融合)しているミズナラの大木があると長男に話をしたが信用しない。ならば実際に
見てみようということになった。
 内水面試験場の少し手前の広く除雪してあるところに車を停め、準備開始。ところがシール
がない。しかたなくワカンを付ける。息子はスノーシュー。妻だけ山スキー。旗坂キャンプ場
から升沢遊歩道沿いに進む。途中から別れて697m地点への登りにかかる。沢状のところをつめ
て行くと桑沼林道に出会う。さらにその上の尾根を進む。
    クリックすると元のサイズで表示します
 やがて、787m地点に到着。「そーら、このミズナラだ」と指差すと、妻も長男もびっくり。
       クリックすると元のサイズで表示します
 長男は明日、大学へ戻るので、専門の教授に何でこんなことになるのか聞いてもらうことに
した。ゆっくり観察していたいが、一応ピークだけに風が強く寒い。ちょっと菓子パンを頬張
って、ただちに下山。
 藪の濃いところなので、山スキーの妻は悪戦苦闘。(自分には快適だったはず・・・・)
       クリックすると元のサイズで表示します
 旗坂キャンプ場へと下る急斜面は、涎が出そうな絶好のコンディション。シールを忘れるな
んて、ボケが始まってるのかなーと一抹の淋しさを感じた。       
       クリックすると元のサイズで表示します
 帰り道、権現茶屋に寄り、温かいきのこ蕎麦を食べた。
0

2009/1/5

奥州胆沢・散居の里へ  
平成21年1月4日(日)晴れ
 奥州市の空家バンクの物件を見学に妻と長男といっしょに胆沢へ。
      クリックすると元のサイズで表示します
 広い敷地と重厚な屋敷が月1万5千円で借りられるのだ。こんなところにちょっとの間でも
住んでみたいという思いがたちまち湧き上がってきた。正に散居の里。雪原の中に島のように
浮かぶ屋敷。子供の頃の多賀城もこんな景色だった。豊かな屋敷林があり、勝手に侵入し、栗
や桑などを収穫した。恐ろしいモノノケに出会いそうな空間でもあった。そのような世界は、
今や全て捨て去られてしまった・・。あの頃と同じような世界がまだ胆沢にはある。住みたい。
 しかし、次男の大学受験。不景気。まもなくの給料カット。夢を打ち砕くものが次々と頭の
中に押し寄せてくる。
 結論はおあづけにし、焼石岳の偵察に西に進んだが、ひめかゆスキー場のあたりで通行止め。
単なる冬の通行止めなのか、地震の後遺症によるものなのかはわからなかった。しかたがない
ので駒が岳の登山口へ。1時間程歩こうかと思って出発したが、年末の大掃除で痛めた腰がや
はりおかしく、40分程歩いただけで引き返した。      
      クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/12/29

後烏帽子岳彷徨  
平成20年12月28日(日)風雪 SF YF KI KS
  多賀城6:00〜えぼしスキー場トップ9:25〜後烏帽子岳頂上部11:15〜(昼食12:10-25)
〜ゲレンデ中間部14:45〜スキー場P15:00
積雪順調なグランデコスキー場から西大顛・西吾妻山に登る予定で東北道を南下したが、雪が
本気で降り続く。天気は昨日に続き強い冬型。はるばる行って結局登れなかったでは悔しいので
皆と相談して近場の後烏帽子岳に目標を変更。地図は持っていないが、何度か山スキーで行って
いるから大丈夫、お昼までには下山できるなと甘く考えていた。
 えぼしスキー場トップでシールを着けて出発。急な大雪で下が十分埋まってないようで、スカ
スカと抜けて歩きにくい。スノーシューのS君は腰までもぐったりしている。風雪で見通しが悪
く近くの地形も判りにくい。平坦だと思って進むと勾配のあるところに突っ込んでしまい、スキ
ーを展開することも、後退することも難しく難儀する。バランスを崩し転ぶと一人では起き上が
れない。ストックも役に立たない。もがけばもがくほど沈んでいく。3時間位もがいていたよう
な気がするとは、わが妻の言。本当に辛く悲しい、そして腹立たしい時間なのだ。     
    クリックすると元のサイズで表示します
 頭の中の地図では、スキー場から後烏帽子岳は西北方向。しかし、素直に高みを目指すと西南
方向に進んでいく。おかしいと思いながらも上へ上へと進む。ラッセルの跡も深く、しばらく消
えないだろうと思った。いつもは、1時間前後で頂上に着くのだが、深いが半端な積雪にてこづ
らされて2時間近くかかって、頂上付近に到達。周りの山は全く見えない。吹きさらしとなって
きて、さらに進むと踏み跡がすぐに消えてしまいそうなので引き返すことに。 
    クリックすると元のサイズで表示します
 シールを外し、極上のパウダーを滑降開始、と思いきや数メートル進むとラッセルの跡は見事
に消えていた。手分けして探すが見つからない。諦めて、西南方向に登ってきたのだから、北東
方向へとコンパスを手に持って慎重に下る。思いっきり滑りたいが、小阿寺沢に突っ込んでしま
のが恐いので、なるべく下らないように滑る。油断をすると、半端な積雪で足を取られて沈没。
    クリックすると元のサイズで表示します
 しばらくして、平坦な開けた所に辿り着いた。見慣れた地形だ。そこにはラッセルが残っていた。樹林帯では消えているのに、何でこんなところに残るのかと不思議に思う。ラッセルに導か
れて再び樹林帯に入ると、また、ラッセルが消えてしまっていた。しかし、もう、スキー場トッ
プ付近に来ているはずなので昼食休憩に。
 昼食を終えて、ゲレンデ方向目指して進むが、行けども行けども出会わない。強風のためスキ
ー場の音楽も聞こえて来ない。ゲレンデトップの手前から下ったのか、行き過ぎてからくだった
のか判断できない。しばらくすると、北の方からリフトの音が聞こえてきた。助かったと思い、
音の方に進むが、いくら進んでもリフトに出会わない。やがて、リフトの音も聞こえなくなる。
澄川スキー場のリフトの音が風に乗って聞こえてきたのかもしれない。だとすれば、このまま行
くと澄川の断崖か。ゲレンデに出ることは諦めてひたすら東に進むことにした。
 なるべく尾根伝いに降りられるように注意して進む。進みながら4時頃にはビバークの準備を
しなければと考える。サバイバルについては心配ないが、明日のこのこと里に下りて行ったら、
騒がしいだろうな、ひたすら謝罪、もう冬山はやめますと言わなくては、息子は今夜どういう思
いをするかなど、あれこれ思案してしまう。
 そして、さ迷うこと2時間余り、妻が「人間だ」と叫ぶ。どういうことか一瞬理解できなかっ
たが、指差す方向を見るとスキーヤーが滑っていく。ゲレンデのすぐそばに来ていたのだ。
 そこは、ゲレンデの中間部(倉石ヒュッテ付近)だった。
 お騒がせしないで済んだことが何よりも嬉しかった。ありがとう山の神様、忍耐強い仲間達。 
0

2008/12/22

月山・姥沢  
平成20年12月21日(日)晴れ 会員10名(山スキー6名 ワカン4名)
  多賀城6:00〜志津温泉P8:20-35〜周海沼9:50-10:05〜大門海沼10:45〜姥沢11:45-12:20
〜志津温泉P13:45〜変若水の湯つたや14:10-15:10〜多賀城17:00
多賀城山岳会の月例山行で月山方面へ。
 志津温泉のはずれに車を停めて、乾いた車道を歩き出す。雪の出てきたところでシール、ワカ
ンを着ける。自然博物園に向かい、その少し手前で樹林帯に入り周海沼方面を目指す。石跳川を
見下ろすと音を立てて流れている。周海沼も相変わらず水が見えている。快晴の上に気温がえら
く高く、周海沼の畔で休みを取ると一斉に着ているものを脱ぎ始める。帽子も手袋も脱いでしま
う人達も。それでも、大門海沼を過ぎて姥沢への登りにかかると、汗を滝のように流している。
シールもどんどん濡れて重くなってくる。もう、この辺でやめようかと弱音を吐き出す人も出て
くる。(本日の平均年齢6?歳)
      クリックすると元のサイズで表示します
 自分以外は今シーズン初のシール歩行、ワカン歩行なので、まだ足がなじんでいないのだ。せ
めて姥沢まではと思い、もうちょいだ、もうちょいと鼓舞する。
 ようやく、スキー場を見下ろす地点に着き、本日はここまでーと宣言すると、「えー、姥ケ岳
に行くんでないのー?」などと勝手な声が上がるが取り合わない。青空の下に姥ケ岳はおいでお
いでをしているが、もう誰も知らん振り。雪のテーブルを作り、昼の宴に集中する。よくもまあ
こんなに食べ物を持ってくるものだと感心してしまう。食料を減らせばピークも可能なのではと
思ってしまうほどだ。
      クリックすると元のサイズで表示します
 さて、満腹になれば、残る楽しみは滑りだけ。登りのコースを忠実に下る。相も変わらずの腐
れ雪だ。
      クリックすると元のサイズで表示します
      クリックすると元のサイズで表示します
      クリックすると元のサイズで表示します
 山スキー隊もワカン隊も樹林帯では同じようなペースだったが、自然博物園からの車道からは
やっとスキー隊がリードし、面目を保った。

 いつもの温泉タイムは変若水(おちみず)の湯つたやさんへ。変若水の湯とは月山神社の祭神「
月読命」を詠んだ万葉集の歌(月読命が持っている変若水〈若返りの水〉を取ってきて、あなたに
さし上げて若返らせたいという意の歌)に因むものらしい。その湯に入り、飲みもしたが、我々が
若返ることはなかった。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ