2014/11/24

幼児教育センターってどんなところなの?  日記

みなさんがお住まいの地域にも、幼児教育センターという施設があるでしょう。


では、幼児教育センターとは、どれくらいのところなのでしょう。


幼児教育センターとは、零才〜6歳の子供とその親御さんを対象にした施設で、以下のようなことを行っているのです。


・遊びの場の提供
・お友達づくりの場
・親同士の情報交換
・教育相談
・イベント

プレイルームや図書室という遊びの場を提供して、お子様達が自由(アメリカというイメージがありますが、実際のところはそうでもないでしょう)に遊べるようになっているのです。


また、遊びを通じて友達をつくることが出来るでしょうし、子を持つ親同士の情報交換の場としても活用可能です。


さらに、施設のスタッフに教育の相談をする事も出来ます。


親子遊びやパネルシアター、読み聞かせといった子ども向けイベントを開催したり、セミナー(講師と生徒が一箇所に集まるもの、ネット環境を利用して行われるもの、合宿形式のものなど、様々なやり方で行われます)や講演会などと言った大人(矛盾やままならないことを飲み込んでいける人のことでしょうか。
周囲の人に迷惑をかけない、不快にさせないということも大事でしょう)向けのイベントも行っているのです。


こ以外にも、幼児の身長・体重測定やママ友人をつくるイベントなどを開催しているところもあるので、積極的に参加されて下さい。


ただ、各幼児教育センターで行っている業務には違いがあります。
0

2014/5/27

生命保険の受取人は誰にしたらいい?  日記

生命保険(現在の生命保険のルーツは、エドモンド・ハレーによる生命表を元にして、年齢による保険料を設定したものだといわれています)の受取人を誰にすればよいのか、悩まれる人も多いです。


ただ、ここで理解しておかないといけないのが、誰でも受け取れる訳では無いと言う事なんです。


例えば、仲の良い友人を生命保険(日本では、普及するまでに時間がかかったそうです)の受取人にしようと思ってもできません。


基本的に、生命保険(アフラックのまねきねこダックが人気ですね)の受取人は、配偶者(当たり前ですが、婚姻関係を解消すると配偶者ではなくなります)や二親等以内に限られています。


そのため、友達や恋人を受取人にすることは出来ないと思ってください。


ただし、保険会社によっても、状況に応じて三親等内の血族までとしている場合や内縁・婚約者でも指定できる事があります。


内縁・婚約者を受取人にできる場合は、お互い独身である事や同居年数が長いことなどが条件だといわれているのです。


この条件(満たすことができないと望みや要望が叶えられない可能性が高いです)を満たさないと、内縁・婚約者を受取人にすることはできないのです。


また、保険金の受取人は1人では無く、複数人数にする事も可能です。


加えて、保険金の受取人はいつでも何度でも変更する事ができます。


こういった事を理解してた上で、誰を受取人にすれば良いのか、じっくりと考えてみてください。


結婚されている方であれば配偶者を受取人にするのが一般的ですし、未婚の方であれば両親を受取人にするのが一般的です。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ