奇跡のハナ差  

2000mの距離を一緒にスタートして、ゴールした時の差はたった2センチだけ。
そんな奇跡のようなことが、何回も起こっています。

女傑ライバル決戦、ウオッカが2センチ差劇勝! 現役最強馬を決めるJRA秋競馬の大一番、第138回GI天皇賞・秋が2日、東京競馬場2000メートル芝で開催され、武豊騎乗の1番人気ウオッカ(牝4=角居厩舎)が優勝した。安藤勝己が騎乗する同い年のライバル馬ダイワスカーレット(牝4=松田国厩舎)と壮絶な叩き合いの末、約2センチ退ける激戦V。

この2頭の対決は凄かったですね。
どちらも歴史に名を残す名馬。
もちろんオッズはこの2頭が人気。

他にもローレルゲレイロとビービーガルダンが数センチ差で決着するなど、
奇跡のハナ差はよく見られます。
G1の舞台でそれが起こると非常に興奮しますね。

過去にもたくさんそのような勝負がありましたし、
これからもまだまだそのような勝負はあるでしょう。
未来の名勝負に期待です。

ただ、数センチ差で敗れた方は非常に悔しい。
そのリベンジ戦なども注目の対決です。
0
タグ: 競馬

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0




AutoPage最新お知らせ