| 投稿者: 買物マニア

量販店で見てさわって、買うのはネット!

ネット売上が百貨店売上を抜いた今日では当たり前のことですが、
アメリカではネット購入が徹底しています。

量販店の中にいながらその場でネットショッピングをする人が
急増しています。

というのもアマゾンドットコムが無償で提供しているアプリを
スマホに入れて量販店の欲しい商品のバーコードを撮影すると
アマゾンで販売されている同じ商品が表示され価格が安ければ
その場でアマゾンで購入できるようになっています。

これまでは消費者はパソコンを使ってアマゾンで買い物をしていました。
しかし今はほとんどの人がスマホを持っているためこのような
器用なことができるようになりました。

やがて日本でも、百貨店や量販店、ディスカウントショップで
展示されている商品をウインドーショッピングで楽しみながら
スマホを操作してネットで購入するという光景が見られる日が
やってくるでしょう。

しかし消費者の欲望はとどまるところを知らずネットショッピングは
すぐに手にはいらないとか、送料がかかるとかいったクレームを
アマゾンに押しつけます。

アマゾンはこれにも対応していてアマゾンプライムを用意しています。
年間79ドルの会費を支払うことによって送料は無料、配達は2日以内、
さらに多くの特典が付与されます。

配達が2日以内というのは日本人の感覚からすれば遅いようですが
広大なアメリカ国土ですから信じられない早さです。

つまりアマゾンを利用すればするほど送料はゼロに近づき割引や
ポイントなど多くの特典を享受できるようになるわけです。
買い物好きのアメリカ人にとっては最高のサービスです。

衣料や家電製品、カー商品、本、文具などで始まったネットショッピングも
今日では、寝具やペット商品、化粧品、オモチャ、日用雑貨など拡大を
続ける一方でディスカウントショップや小売店などはジリ貧に陥っています。

消費者心理は世界共通で同じ商品であれば1円でも安く買いたい
のは同じです。
このような店舗では見るだけで、買うのはネットという賢い
消費者のことをショールーミングと呼んでいます。

日本ではまだそこまでのシステムが完備していないので
スマホでパチリとまではいきませんが、確かに多くの商品は
量販店で買うよりはネットで買った方が送料を加えても安く手に
はいります。

10年ほど前からは模型など趣味の商品をネットだけで販売している
個人商店が増えたので趣味の品はすべてそこから買っています。

店舗不要、店員不要、万引きのリスクなし、ですから
単純計算しても半額で買えるのは当然です。
家電量販店や小売店で買うよりは1/2とか1/3で、
物によっては日替わり特価など1/5で買えるのが最大の魅力です。

ソーラーパネルや蓄電池をはじめとする太陽光発電関連の商品なら
家電量販店や小売店と比較すると公式どおり1/2か1/3になります。


個人で経営する販売店にとってはこのメリットは大きく
店舗がないのでほとんどが自由時間になりますし、
特価品や日替わり特価を設定すると客は毎日のように
アクセスしてくれます。

購入者側にとっても24時間商品を見ることができて
深夜であっても注文ができるので、これに即日配達が加われば
これほど便利なものはありません




























AutoPage最新お知らせ