2011/4/15 | 投稿者: me

1899年にアメリカのイリノイ州シカゴに在住していた日本人科学者のカトウ・サトリ博士が
緑茶を即席化する研究途上、コーヒー抽出液を真空乾燥する技術を発明。
1901年にニューヨーク州バッファローで開催されたパンアメリカン博覧会で
「ソリュブル・コーヒー」(可溶性コーヒー)と名づけて発表したのがはじめとされる。

ところが、1906年にジョージ・ワシントンという人物がなぜかインスタントコーヒーの特許を
取得しており、ワシントンを発明者とする文献も多い。加藤博士の経歴や正確な
名前(サトリ、サルトリとの説があり上記のリンク先ではサトリ)はわかっておらず、どのような
研究を行っていた人物なのかも不明である。また、すでに博覧会で公表されていて新規性が無く
本来の発明者でもないワシントンに対して特許が認められた経緯も謎である。加藤の発明は
現在のフリーズドライ製法につながるものと思われるが、ワシントンはいわゆるスプレードライ製法を
発明した可能性もある。

Wikipedia より。

おすすめキーワード
だてめがね
ミリタリーコート
モコモコワンピース
ボアパーカー
スヌードストール
ブリーチクラッシュスキニーデニム
ブラックストレッチクラッシュスキニーデニム
スパンコールクラッシュスキニーデニム
Vivienneサングラス
Natty
0

2011/4/15 | 投稿者: teacup.ブログ 運営担当

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0




AutoPage最新お知らせ