2009/5/28

火災保険の節約を考える  その他の保険の節約

火災保険は、火事で家が燃えた時に被害を
被った建物や家財に対して支払われる保険です。
住宅用の火災保険は建物と家財、それぞれの契約をしなければなりません。
家財の場合、高価な貴金属や美術品、
宝石など、申込書に明記する必要があります。
明記しないと、補償の対象外になることがあります。

自分の家さえ、火事を起こさなければ保険に入る
必要はないと考える方もいるようですが、
勘違いしがちなもらい火による火災については
正しい知識を見につけましょう。

隣の家からのもらい火で火災に巻き込まれても、
相手側に重大な過失がない限り、損害賠償責任は生じません。
つまり、もらい火で火災になっても、
自分の財産は自分で守らなければならないのが現状です。
火災保険に入れば、もらい火に対する補償もしてもらえます。

しかし、火災保険に高い保険料は払えないという
家庭は多いと思います。
自分の住んでいる家について知ることで、
割引を利用したり、保険料を節約しましょう。


火災保険の種類によっては、ひょうや雪による
損害も補償されますが、鉄筋コンクリートの建物に
住んでいる場合、雪・ひょうの補償ははずし、保険料を節約しましょう。
また、特約で火災水災不担特約があります。
洪水や床上浸水・土砂崩れ・高潮などの火災に対する
保険金を支払わないという特約です。

この特約をつけると保険料が割り引かれます。
高台に住んでいる方は、この特約で保険料を節約するのが賢いですね。

最近、増えてきているオール電化。
オール電化はガスよりも火災の可能性が低いため、
保険料が安くなります。

後、地震による火災は火災保険の対象外になる
ということを知っておきましょう。
0

2009/5/16

ペットにかける保険  医療関係の保険の節約

いまや日本はペット大国と言われています。
ペットは家族の一部といっても過言ではありません。
そんな、大切なペットに保険をかける人も増えてきました。
ペットにかける部分は節約したいと思う時代はもう昔の話ですね。

ペットにかかる医療費は全額自己負担のためか、
医療費が高いと感じる人が増えたのも事実でしょう。
ペット保険では通院・入院・手術といったものから、
高度後遺症障害やガンなどに対応する保険があります。
人間と同じような保障があるのがペット保険です。

ペット保険に入る際は節約するというよりも、
まずはどこまでなら自己負担できるかを考えるのが大切です。
ペットの医療費を限度額内で全額保障するタイプは
一番保険料が高くなりますが、
ペットに何かあった時には負担がなく済みます。

ただ、保障金額の限度があるという事に注意しましょう。

続きを読む
0
タグ: ペット保険

2009/5/13

自動車保険と自転車事故の増加  車関係の保険の節約

健康志向の高まりやガソリン代の節約・エコといった点から、
自転車を使う人が増えてきました。

免許がなく誰でも乗れる自転車。
自転車事故への危機意識が薄いのが現状です。
携帯をもちながら、傘をさしながら、
音楽を聴きながら自転車に乗っている人を
たくさん見かけると思います。

年々、自転車の事故が増えています。
近年、一時不停止・酒酔い運転などの
違反に対する取り締まりも厳しくなっています。

自転車の事故といっても、車に巻き込まれる被害者側だけでなく、
歩行者を巻き込むという加害者側になる
可能性がある事を忘れてはいけません。

自動車に乗る人の多くいが自動車保険に入っているのに対し、
自転車に乗る人で自転車保険に加入している人は少ないのです。
自転車での事故の損害賠償は意外と高いと言われています。
状況にもよりますが、相手側に後遺症が残ったりすると、
自己負担でやっていくのは大変です。
続きを読む
0

2009/3/3

会社員の妻は保険料を払う必要なし  社会保険関係の保険の節約

国民年金の被保険者は第1号〜第3号まで分かれます。

第1号被保険者は自営業者や無職の方、第2号被保険者はサラリーマンといわれる方、そして第3号被保険者は第2号被保険者の被扶養配偶者の事をいいます。

一般的に専業主婦は第3号被保険者と勘違いしやすいですが、会社員の妻が第3号被保険者になっても、自営業者の妻は第1号被保険者になるのです。

つまり会社員の妻は保険料を納めなくてよく、自営業者の妻は保険料を納める必要があるのです。

ただし、会社員の妻でも年収130万以上を超えると、第1号被保険者になります。
専業主婦の方は保険料に払わずに、扶養に入れるように就業時間を調整していますね。

夫の扶養に入っていても、もらえる年金は他の第1号被保険者の女性達と全く同じ金額がもらえます。

それならば、扶養に入って年金をもらうというのは、すばらしい保険料の節約のようにみえます。

しかし、必ずしも扶養にはいるのがいいというわけではありません。

収入を得たいのであればやはり共働きが一番いいでしょう。

正社員と同様に働くと、保険料を払わなければならないですが、健康保険の負担も2割になります。さらに年金も国民年金より多く支給されるのです。

また、会社を病気やケガをして休んでも、健康保険から手当てが支給されたりします。

一生、夫が元気でやっていけるという保障もないので、働けるのであれば働いていた方がいいですね。

節約という形で夫の扶養に入っているのであれば、少し考えてみてもいいかもしれません。
0

2009/3/3

子供保険には医療保険もある  その他の保険の節約

自分の子供のために保険に備えるとういのは大事なことだと思います。

しかし、どれくらいの保険に入ったりすればいいのか分からないのが本音だと思います。

子供保険には万が一に備えて子供のケガや病気に対する医療保険があります。

また、進学時に祝金がもらえたりする学資保険もあります。

まずは医療保険です。

本人のケガはもちろん、相手にケガをさせた場合なども保障されます。

保障内容によっては、死亡に対するものもあります。

しかし、死亡の可能性が低い小さい子供に対する死亡保障は節約していい部分だと思います。

保険によって保険料も様々ですが、生協の保険だと月額1000円前後の保険料ですみます。

月額1000円で、子供に対する保障はだいたいがまかなえます。負担も少ないのでお勧めですね。

また、親が加入している保険で、家族特約をつけると割安ですみます。新たに加入するのに頭を悩ませるより、今の保険に少しプラスするというのも賢い考え方です。

ただし、特約もつけて子供保険にも加入するなど、保障内容が重複することだけは避けましょう。


次に学資保険です。

子供が大きくなればなるほど、必要となるのが教育費です。
高校や大学と、出費はかさむ一方です。

出費が増える時期にお金がもらえるのはありがたいですが、学資保険は元本を割る事が多いと言われています。

貯蓄をするのが苦手という人にはいい保険かもしれません。

払い損という事にならなる可能性が高いのであれば、その保険料は節約し、自分で貯蓄する方がいいかもしれません。

0

2009/3/3

自動車が盗難にあった場合の保険  車関係の保険の節約

一家に一台はある自動車。最近、日本では自動車の盗難が年々増加しています。

自分の自動車に限ってというのは甘い考えかもしれません。盗難されたら、まずは警察に言いましょう。

警察に通報したからといって、車が戻ってくるわけではありません。戻ってこない方が多いようです。

盗難にあった際に、保険に入っていれば自己負担が減ります。

といっても自動車保険に入っているだけでは盗難の際に保険金がおりません。

自動車保険に加入した際に、盗難保険に入っていれば、保険金がでるのです。

しかし少しでも保険料を節約したい人にとっては、盗難保険に加入すると保険料があがるので入るかどうか迷うところですね。

盗難保険に入ると何が補償されるのか。

車本体を盗難された場合だけでなく、盗難目的でガラスを割られたり、キーシリンダーを壊されたりした場合も補償されます。

ただし、タイヤの盗難などは対象にはなりません。また鍵をかけ忘れたが原因で盗難にあった場合、補償がされないものもあるので注意しましょう。

盗難されて一番困ることが、盗難にあった車が事故を起こした場合、管理者責任や所有者責任を問われることがあることです。

理不尽ではありますが、損害賠償に応じなければならない時もあります。

そんな時、個人の力では応じるのが困難なので、保険に入っていると便利ですね。

メリットはあるけれど、少しでも保険料は安くしたいですよね。

もし自分の持っている車に自動車盗難防止装置が装着されていると割引があるので保険料が節約できます。
0

2009/3/3

海外旅行に行く時に加入を勧められる保険  その他の保険の節約

海外旅行に行く時に加入を勧められる保険。

保険に入っていなければ、現地でケガや病気になった時に、破格の医療費を払う事になります。

1週間ぐらいの旅行であっても保険に加入すると数千円取られてしまいます。

保険に払うお金は節約して、旅行先で少しでも美味しいものを食べたり、いいものを買いたいと誰でも思うでしょう。

しかし、この保険料を節約する方法があります。

それはクレジットカードです。現在、クレジットカードに海外旅行保険が付帯されているものがあるんです。

今や、多くの人がクレジットカードを持っています。

カードに海外旅行保険に付帯されているか知らず、保険に加入してしまう人が多いのです。

無駄なお金を使わないよう、自分の持っているカードをチェックしておきましょう。

クレジットカードを何枚も持っていても、傷害で死亡した場合は一番多い保障金額の会社からしか保険金が支給されません。

傷害を受けたときや病気になったときや持ち物を失くしたり、壊したときも保障されます。

ただし、この場合は持っているカード会社それぞれから保険金が支払われます。
つまり、持っている数だけの保険金がもらえるのはお得ですね。

年会費無料のカードだと、無料で保険に入れるのです。

ただ、クレジットカードについている保険は、3ヶ月以内の旅行に限られますので注意しましょう。

またカード会社によっては、病気やケガへの保障がないものもあるので、海外旅行に行く際はチェックしてみましょう。
0

2009/3/3

国民健康保険は海外でも使える  社会保険関係の保険の節約

国民健康保険が海外でも使えるということは、意外と知られていません。
海外で受けた医療が申請により還付されるのです。

全額を一時的に自己負担し、後に日本で手続きを行い保険給付金を受け取るのです。

ただし、日本国内と同様に自己負担が3割あります。また、日本国内で認められている医療の範囲内での保険金の給付になります。

もちろん、傷害保険ではないので、死亡や後遺障害への保険金はありません。

戻ってくる費用は国内の医療機関で必要となる保険診察料金が基準となって計算されるので注意しましょう。

そして、支給額の算定は支給決定日の為替レートが用いられます。

ただ、国民健康保険だけでは安心とは言えないので、海外旅行保険にも加入した方がよいですが、国民健康保険でカバーできる部分は節約できます。


国民健康保険の適応を受けるには受診した病院の医師に所定の用紙にサインしてもらう必要があります。

領収明細書、診察内容明細書などが必要になります。さらには外国語で書かれている場合は翻訳が必要になるのです。

日系のクリニックでは、日本語表記もしてくれますが見つけるのは大変です。


新たに保険に加入しなくても、保険金をもらえるのは嬉しいですが、少し面倒ですね。

慣れない海外で、日本語の通じない医師に事情を説明して、書類を書いてもらうのは結構大変なことです。

節約するか、多少お金がかかっても海外旅行保険に手厚く保障してもらうかはじっくり考えた方がよさそうです。
0

2009/2/28

がん保険を見直し、保険の節約をしよう  医療関係の保険の節約

がんは、日本の死亡原因の1位です。

がんになる人は本当に多いです。そのせいか、がん保険に加入している人もかなりたくさんいます。

もちろん医療保険でもがんになった際に保障の対象になりますが、がんの場合、さらに手厚い保障が受けられます。

がん保険の主な保障はがん診断給付金、がん入院給付金、がん手術給付金の3つです。
がん診断給付金は1度しか給されないという会社と何回でも大丈夫という会社があります。

加入する前にしっかりチェックすることを忘れないようにしましょう。

その他、長期入院や通院に対する保障は各会社が特約という形で用意しています。

たくさんつけた分、保険料もあがってしまうので、どれをつけて、どれを節約するかはよく考えた方がいいですね。

がん保険で気をつけなければならない事があります。

現在加入しているがん保険が古い場合、皮内がん・白血病・皮膚がんが対象外になっていることがあります。

また、がんは再発転移することがあります。その際の給付金が支払われるか支払われないかは会社によって変わってきます。

さらには良性のがんは対象外、また治療を目的としない検査入院も基本的には対象外となります。

保険料を節約したいと思っても、両方に入る事をおすすめします。

ただ、どちらかの保険を最小限にするようにしたらいいでしょう。

がんが気になる方は医療保険を薄い保障のものにし、がん保険を手厚くするのがよいと思います。

医療保険は保障を薄いものにするので、ある程度は自己負担があると見といた方がいいですね。
0

2009/2/28

ゴルフ保険とはどんな保険  その他の保険の節約

最近は、色々なものに保険がかけられるようなりました。

ゴルフをやっている方なら知っているかもしれませんが、ゴルフ保険というものがあります。

趣味で毎週のように行く方は必ず入っていてもらいたい保険です。

年に数えるほどしかいかないから、その保険料は節約したいという方も多いと思います。

しかし、安いものであれば、年間3000円ぐらいですむのです。

保険料が安いのは掛け捨てですが、長く続けるのであれば、満期型もあります。

満期型は100万ぐらいもらえたりする保険もあるので、よく考えて選んでください。

ゴルフ保険の主な補償内容は4つあります。

まずは損害補償ですね。ゴルフをしている際に、ケガや死亡をしてしまった時の補償です。

2つ目は賠償補償、対人・対物ともに補償してくれます。
3つ目はホールインワン補償。ホールインワンを達成すると思いのほか費用がかかります。

その費用が補償されるものですが、初心者には必要がないと思いますので、保険料を節約しましょう。

4つ目は盗難補償です。ゴルフ場でゴルフ用品を紛失したり、盗難されたり、破損したときに補償されます。

ゴルフ保険の目的は第3者に対する賠償補償がメインになってきます。そこの補償が厚いものを選ぶのがポイントだと思います。

ゴルフはボールがどこに飛ぶかも分からないし、誰かにあててケガをさせてしまうこともあります。

あの硬いボールがあたると、死に至る場合もあるのです。

ゴルフ場だけでなく、打ちっぱなしであってもケガの危険性は潜んでいます。
保険に入っている方が安心ですね。
0

2009/2/28

失業保険は会社を辞めた時の強い味方  社会保険関係の保険の節約

会社をやめるに至った理由はたくさんあると思います。
やめてしまったら、あなたはもう失業者です。

失業してしまったら、収入がなくなる。次の仕事が見つかるまでは節約生活をしなきゃ、と思っていませんか。

あなたが会社で働いていたときに、失業保険に6ヶ月以上入っていたら、失業給付金をもらうことができます。

給料明細を見て、雇用保険料が引かれていれば大丈夫です。
失業給付金をもらうには雇用保険被保険者証が必要となります。

必ず会社からもらいましょう。

金額は人によって異なりますが、会社の都合により解雇された場合は、自己都合で辞めた場合の2倍近く支給されるので必ずもらった方がいいですね。

失業給付金の支給対象はあくまでも働く意志のある人ということも忘れてはいけません。

支給は3ヶ月です。ただし、退職日から1年過ぎると無効になってしまうので注意しましょう。

ただし、例外があります。妊娠などで、すぐに働くことができない場合は給付期間を4年まで延長することができます。

この場合、給付の金額によっては扶養を外れ、健康保険や厚生年金を負担する必要があります。

どちらがお得なのか、よく考えましょう。

後、知らないと損することがあります。
失業保険は非課税なのは知っていますか?

失業保険から所得税が引かれることはないんです。税金の節約ができるんです。

失業した方や少し前までは失業していたが今は働いている方は払いすぎた所得税を取り戻すことができます。

必ず確定申告しましょう。しなければ、返って来ません。
0

2009/2/28

傷害保険で偶然の事故に備える  車関係の保険の節約

傷害保険とは偶然の事故により、死亡したり・ケガをした時に払われる保険をさします。

会社にもよりますが、日本国内・海外を問わずだいたいのケガが対象となります。

あくまでも、傷害保険はケガに対するものなので、病気の際には一切保険が支払われないということにも注意しましょう。

傷害保険にはさまざまな種類があります。

お勧めは普通傷害保険です。国内外を問わず、あらゆる場面で被ったケガなどを対象にしている保険です。

この保険に入れば、だいたいのケガはカバーできます。
もう一つのお勧めは家族傷害保険です。

一つの保険で家族全員が対象となるので、一人ずつ加入するより節約になる場合があるのでチェックしましょう。

他には交通事故傷害保険・国内旅行傷害保険などがあります。

個々に手厚い保障を必要としていなければ、全体をカバーできるものに加入する方が保険料を節約できるでしょう。

傷害保険の支払われない場合もしっかりチェックしておきましょう。

飲酒運転による事故でケガをした場合や脳卒中になり転倒してケガをした場合、地震で倒壊した木の下敷きになりケガをした場合など。

状況によっては保険が支払われません。

傷害保険に加入するためには保険料を払わなければなりませんが、無料で加入できるものがあるのを知っていますか。

それはクレジットカードに付帯しているものです。
全てのクレジットカードについているわけではありませんが、種類によっては加入することができます。

補償内容は高額ではないですが、自分が負担をせずにもらえるならもらっておいた方がいいですね。
0

2009/2/28

国民共済は保険料が安い  医療関係の保険の節約

国民共済の掛け金はとっても安いですよね。そのため、国民共済に加入する人は年々増えているようです。

逆に安いゆえに保障に不安を覚えて、民間の保険に加入する人も多いようです。
安い理由の大前提は営利目的の保険ではない事です。

保険料が安いので、普通の保険に比べると多少保障が薄いところもあるのは事実です。
ただし、保険料が安いからといって、全てが掛け捨ての保険ではありません。

ほとんどの保険に割戻金が発生します。しかもその割戻金は20%を超えています。
安い上に掛け捨てではないところがいいですね。

具体的にどのような部分の保障が薄いかというと、病気に対する保障が薄いのです。
その分、ケガに対する保障は手厚いです。

しかしながら、死亡原因や入院原因の多くは病気だと言われているので、その部分の保障が薄いのは痛いですね。

じゃあ、民間の保険に入る方がいいのかといえば、そうでもありません。

やはり保険料が高くなってしまうので、国民共済の足りない部分を補うという形で別の保険に入り、保険料を節約しましょう。

ただ、子供に保険をかけるのであれば、国民共済はお勧めです。

この保険もケガへの保障が厚く、病気への保障は薄いですが、子供はケガをする方がいいので、向いていると思います。

月額が900円という安さであることに加え、保障額は少ないものの、全般的にカバーをしてくれるので負担も少なくすみます。

貯蓄が出来る保険ではありませんが、保険料を節約した分、個人で貯蓄にまわしましょう。

0

2009/2/14

養老保険の種類と節約  その他の保険の節約

養老保険は被保険者が死亡した場合や保険期間の満了した場合は保険が支払われるので、保障と貯蓄の二面性をもった保険です。

老後を養うための保険です。つまり、老後に必要となるお金を貯蓄することがメインと思った方がいいです。

貯蓄性が高いため、終身保険より保険料が高く、同じ保障してもらうのに、保険会社の定期保険の6倍ぐらい保険料がかかる場合があります。

終身保険でもないので、節約したい方にはお勧めできません。

また、満期を迎えると特約の保障も切れるので注意しましょう。
他の医療保険に加入した上での検討するのがいいと思います。

60歳までの保障がメインですが、今の世の中では60歳未満で死亡する確率は低いですね。

医療を必要とする可能性は歳をとればとるほど高くなってくるのです。

養老保険には色んな種類がありますが、その中でもお勧めは一時払養老保険です。

一時払いのため、保険料が割安です。他の養老保険より保険料は節約になるかもしれません。

死亡保険金と同じだけ満期保険金ももらえます。
ただし、保険金額100万円からになるのが一般的なので、よく考える必要がありそうですね。

他にも一時払養老保険のメリットがあります。

保険期間が5年以上であれば、50万円までの利益が非課税となることです。

一時払養老保険の中でも外貨建ての一時払養老保険がいいでしょう。
外国の市場金利をベースにしているので予定利率が他のものより高くなっているので加入するにはおすすめです。

しかし、節約している方にはちょっと負担の多い保険になりそうです。
0
タグ: 保険節約

2009/2/14

生命保険を思い切って見直そう  その他の保険の節約

日本の一世帯辺りの年間生命保険料は平均50万です。つまり、月3万ぐらいですね。
保険は家の次に高い買い物といわれています。

1000万は軽く超えてしまうのです。ちゃんと見極めて節約していかなければなりません。

でも、中にはかなり安い保険料の方もいます。月に1万円を切っている人もいるのです。

なぜ安いのでしょうか。
まずは無駄を省いている事です。

年齢とともに私たちが必要とする保険は変わってきます。時代の流れも原因の一つになります。

しかしながら、多くの人が保険には入りっぱなしの状態です。
自分のニーズに合っていなくても、見直すこともなく、そのまま高い保険料を払い続けるのです。

時代の流れにあった商品が次々とでてくるので、それを上手く利用しましょう。

今の自分に必要ないものはやめ、必要なものを選ぶ。少し面倒ですが、それが一番の節約になります。

最小限の保険では色んな不安がついてまわるかもしれないですが、保険料の節約には大切なことです。

例えば1泊2日からの保障という保険もありますが、1泊2日のために保険料が少しでもあがるのであれば、自己負担をして保険料を安くした方がいいと思います。

長期的にみて、1回ぐらい自己負担できる範囲であれば、保険料はその分節約しましょう。

現在は日帰り治療できるものも徐々に増えてきているので、よく考えた方がいいですね。

分かっていても、どうしたらいいかわからないという人はインターネットを利用しましょう。

無料見積もりや、資料の一括請求もできますし、インターネットを通して無料でFPに相談できるものがあるので、無駄のない保険の選び方をアドバイスしてもらうのもいいと思います。
0
タグ: 保険節約



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ